技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

トータルコース(A+B+Cコース)
スタンダードコース(A+Bコース)
第一次試験 動画学習コース
2023年度のセミナーは、全て終了いたしました。
多くの参加をありがとうございました。

努力は報われる?

2024.03.04

【コラム本文】努力は報われる?

きょうは、「努力が報むくわれない人努力が報われる人」について書いてみます。

まず質問です。あなたは技術士試験の合格に努力していますか?

おそらく回答をくれる99%(ほぼ100%)人のは、「努力していると回答されると思います。

ですが、その結果としての合格率は毎年10%です。99%(ほぼ100%)と10%の差になる90%の人は努力が報われていないことになります。

不合格の人にとって見れば、「技術士試験は、俺が(私が)こんなに努力しているのに、努力を評価してくれない。何と理不尽な試験制度だ」と思えるでしょう。

ですが、本当にそうでしょうか?

私は、このコーナーで何度も記載していますが、技術士試験は合格させる試験です。試験センターは合格者を増やしたいと考えながら試験をしています。なので試験制度は、思いやりのある仕組みになっています。

ではなぜ80%の人は、努力が報われてないのでしょうか?

その答えは、(自己評価で)全員努力しているが努力を定量的に評価してないから「努力しているけれども結果につながらない」となるのです。自己評価では全員100%努力しているつもりであるが、他者から見たときに努力にバラツキがあるので「結果の出る人・出ない人」があるのです。

そこでお勧めは他者評価です。試験を受ける前に「他者から見て自分は合格レベルにあるか?」を評価してもらうのです。

JESのセミナーの実績で、論文を何通も書く内で最後の3通が合格論文になった人は、二人の例外を除いて100%合格されています。(二人の例外は、問題番号書き忘れと病気で受験辞退です)

もし「自分は、努力が報われてない」と思う人は、努力の途中で何らかの他者評価を受けることをお勧めします。

例えば、身近にいる本音で話せる現役技術士に相談するなどです。せっかく努力するのですから、良い成果を出しましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで133日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、データ流用に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと265です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、データ流用に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】
下記のデータ流用に関する記述について、適切な場合は〇、
不適切な場合は×でお答えください。
「データ流用が判明した物件の安全性確認は迅速かつ確実に
実施する必要がある。しかし、データ流用があったことのみを
もって建築物の安全性に必ず問題があると断定することはできず、
技術者はデータ流用の問題と安全性の問題を分けて考えることも
必要である。」







→答えは、下記のとおりです。
〇です。
適切な記述内容です。
データ流用の問題と安全性の問題を区別し、関係者は国民の
信頼回復のため、問題意識を共有し再発防止に取り組むことが
重要です。
また、データ流用はヒューマンエラーも関係するため、これを
前提としたルール策定が必要です。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「14)技術者倫理事例」に関する内容
でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

合格できる人は

2024.03.03

【コラム本文】合格できる人は

今日は、技術士に合格しやすい人の特徴を話してみたいと思います。

まず例によって、技術士法の第二条を見てみます。

(定義)
第二条  この法律において「技術士」とは、第三十二条第一項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務(他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く。)を行う者をいう。

この条文のすべてに当てはまるのが技術士ですが、ここで特に重要なのが、マーキングをした部分です。

すなわち

1、高等の

2、専門的

3、応用能力を

4、必要とする事項

5、指導の業務

となります。これに当てはまるのが、プロジェクトのリーダー的立場のできる人です。

すなわち、合格しやすい人は、プロジェクトのリーダーとしての考えを持てる人になります。

技術士が社内で活躍できるのは、プロジェクトのリーダー的考えで行動できるからとなります。

皆さんも、技術士を取得して、活躍していただければと思います。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで134日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、SDG’sに関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと266です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、SDG’sに関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「持続可能な開発目標(SDG’s)」に関する次の記述のうち,最も
不適切なものはどれか。

(1) 「国際開発目標(IDG’s)」の課題を踏まえ,2015年9月に
国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の
中核となるものである。

(2) 今後,経済発展が進む途上国のみならず,先進国も対象
として持続可能な開発に関する目標を定めたものであり,環境
経済,社会の三側面統合の概念が明確に打ち出されている。

(3) 17のゴールと各ゴールに設定された169のターゲットから
構成されており,「ミレニアム開発目標(MDG’s)」と比べると
水,持続可能な生産と消費,気候変動,海洋,生態系・森林
など,環境問題に直接関係するゴールが増えている。

(4) 目標達成のために,多種多様な関係主体が連携・協力
する「マルチステークホルダー・パートナーシップ」を
促進することが明記されている。

(5) 日本では,内閣に「持続可能な開発目標(SDG’s)推進本部」
が設置され,2016年12月に「持続可能な開発目標(SDG’s)
実施指針」が決定されている。



****************
【正答】(1)
環境問題に関する正誤問題。

(1)不適切。「ミレニアム開発目標(MDG’s)」の課題を踏まえ,
2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030
アジェンダ」の中核となるもの。
国際開発目標(IDG’s:International Development Goals)は
1996年に日本が提案した,
OECD-DAC新開発戦略が採択されたもの。
持続可能な開発のための2030アジェンダは,2000年の
国連ミレニアムサミットで策定されたミレニアム開発目標
(MDG’s)が2015年で終了することをうけ,国際連合が
向こう15年間の新たな持続可能な開発の指針を策定したもの。
「持続可能な開発目標」(Sustainable Devolopment Goals:
SDG’s)を中核とする。
2015年9月25日の国連総会で採択された。

(2)適切。記述の通り。
SDG’sでは途上国や先進国に関わらず,すべての国が
パートナーシップを取り,開発問題にとどまらず,経済面・
社会面・環境面の3つの側面すべてに対応することが必要と
されている。

(3)適切。記述の通り。
持続可能な開発目標の17のゴール(国連開発計画)と各ゴール
に設定された169のターゲットから構成されており,
「ミレニアム開発目標(MDG’s)」と比べると,水,
持続可能な生産と消費,気候変動,海洋,生態系・森林など,
環境問題に直接関係するゴールが増えている。

(4)適切。記述の通り。

(5)適切。記述の通り。

したがって,(1)が正答となる。



「こんなこと聞いていいのかな?」など気にせず、何でも
質問してください。(過去問のこの問題を解説してほしい
などもOKです。)
質問をお待ちしております。(^^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

正しくとも不合格

2024.03.02

【コラム本文】正しくとも不合格

受験生の多くの人が、「試験の回答は正しいことを書けば良いと考えています

確かに多くの場合はその通りです。「間違ったこと」を書けば不合格になるのが普通です。

でも本当にそうでしょうか?

正しいこと間違ったことをだれが判断しているのでしょうか?

判断するのは、採点官です。採点官は、元をたどると国からの委託を受けて採点します。

すなわち国の判断を基にして採点しています。よって、国の判断と自分の判断が違う場合は、論文の表現に十分注意する必要があります。

例えば、国は、「地球温暖化は、対策すべき問題」としています。ですが、対策不要としている学者もいます。おそらく対策不要としている学者は、技術士試験を受験しても不合格になります。

この地球温暖化は、国の意見が多数派にあります。

ですが、国が少数意見の場合もあります。例えば、薬害問題の場合は、国が少数派の時がありました。

国が少数派の場合に、技術士試験で回答するときは、いずれの意見にも偏らない両論併記が良いと考えます。(ご自身の意見が違っているとしてもです)

なぜなら、採点する基準が国にあるからです。

地動説を唱えたガリレオやコペルニクスなどの偉大な学者は、技術士試験を受験すると「周りが理解できないがゆえに」不合格になると思います。(コペルニクスなどは、当時「宗教裁判」を受けたそうです)

もっとも我々は、ガリレオやコペルニクスほどの天才でありませんので、国の意見のほうが正しいと思いますが。(いままでの考えを変えるような、最先端の研究をされている人は、注意が必要です)

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで135日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、環境に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと267です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、環境に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん
JES講師、環境部門 一次試験講師の濱崎です。

今回取り上げるのは、 
(自然生態系及び風景の保全×基礎知識×里地里山)の
マトリックスセルに分類される平成26年3-34番からの出題です。
3 -34里地里山に関する次の記述のうち,最も不適切なものは
どれか。

(1)里地里山は,集落を取り巻く二次林と人工林,農地,ため池,
草原等で構成され,国土の約5割を占める。

(2)里地里山は,固有種を含む多くの野生生物を育む地域と
なっており,全国の希少種の集中分布地域の約5割が里地里山の
範囲に分布している。

(3)里地里山は,第一次産業の場であると同時に,都市近郊に
おいては都市住民の身近な自然とのふれあいの場,環境学習の
フィールドとしても重要である。

(4)里地里山を中心に,シカ,サル,イノシシなどの中・大型
哺乳類の個体数や分布域が著しく増加,拡大し,深刻な
農林業被害や生態系への影響が発生している。

(5)都市緑地法や自然公園法においては,管理が行き届かなく
なった里地里山に関して,NPO等の多様な主体が土地所有者と
管理協定を結んで,管理を行うことができる制度


解答 (1)

(1)「里地里山は,集落を取り巻く二次林と人工林,農地,
ため池,草原等で構成され,国土の約5割を占める」の不適切
箇所は、「5割」で、「4割」が適切な表現です。環境省の報告(*)
によると、二次林約800万ha、農地等約700万haで国土3800万haの
4割程度を占める。
*:https://www.env.go.jp/nature/satoyama/chukan.html

環境部門の受験対策は頻出過去問の演習が重要です。
(自然生態系及び風景の保全×基礎知識×里地里山)の
マトリックスセルに分類される問題は、本問題とほぼ同じ問題が、
平成24年の3-32が,類似の問題が平成25年3-25に出題されています。
併せてご確認下さい。

以上

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

説得でなく納得

2024.03.01

【コラム本文】説得でなく納得

このコラムで以前に「技術士セミナーでは、考えることが勉強です」と説明しました。思考を停止してはいけません。答を教えてもらい答を暗記するのは、知識試験です。技術士試験のような考え方試験では、答を教えてもらっても意味がありません。多くの人が納得する考え方を文書にして初めて技術士試験で合格できます。

このように書くと相手を説得して合格しようとする人がいます。この説得もダメです。技術士試験で必要なのは、多くの人が理解して納得する文書です。説得でありません。説得の場合は、相手が良いと言うまでの根くらべになります。実務では、相手が根負けするまで説得するという手法もありますが、それは、技術者の行うべき手法でありません。

理解して納得してもらうためには理解しやすい見通しの良い文書を書く必要があります。この文書作成技法は、5月ごろに説明します。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで136日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、鉄道に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと268です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、鉄道に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

過去問クイズ(鉄道)

鉄道工学における線路に関する次の記述のうち、最も不適切な
ものはどれか。

(1) 曲線半径は、車両の通過性能、運転速度等を考慮し、車両の
安全な走行に支障を及ぼすおそれのないものでなければならない。

(2) こう配は、機関車のけん引重量や列車の速度を制約するなど
輸送効率に直接大きな影響を及ぼすことから、極力緩やかにする
ことが望ましい。

(3) 軌道を複数敷設する場合、隣り合う軌道の間隔は、車両同士の
接触を防ぐとともに乗客や作業員の安全が確保できるもので
なければならない。

(4) バラスト軌道の場合、保守が大幅に軽減されるが、一度敷設
するとその後の敷設位置の修正が困難となる。

(5) 軌道の欠点である継目をなくすために溶接でつないでレールを
200m以上としたものをロングレールという。








⇒答え(4)

(1)適切。
曲線半径は、列車が安全に曲線を通過できる最小の半径です。
具体的な数値は、列車の速度や車両の機械的能力によって
異なります。

(2)適切。
鉄道の設計において、こう配は車両の動力発生装置や
ブレーキ装置の性能、運転速度などを考慮して決定されます。
最急こう配の基準は、新幹線を除く普通鉄道の場合、
機関車列車がある場合は25‰、機関車列車がない場合は35‰、
リニア推進の場合は60‰とされています。
これらの基準は、急な勾配区間で列車の加速度や速度に
影響があり、前進不能となる事態を避けるために設けられて
います。
  
(3)適切。

(4)不適切。スラブ軌道の説明となっています。
バラスト軌道:
バラスト(ballast)は、鉄道路線や道路に敷かれる小石や砂の
ことを指します。
鉄道においてバラストは、レールや枕木への負担を緩和する
クッションとしての役割を果たします。
砂利と砂利の隙間が音を吸音し、線路周辺への音や振動を
軽減する効果もあります。
雨が流れやすくなったり雑草が発生するのを防いだりする
効果もあります。

スラブ軌道:
スラブ軌道は、コンクリート製の板である「スラブ」を
使っている軌道です。
スラブ軌道はバラスト軌道と比較して、保守点検・管理の
工数が少なくなるメリットがあります。
耐久性にも優れているため、長期的な視点で見ると
コスト効率が高いです。

ラスト軌道はクッション効果や吸音効果を持ち、スラブ軌道は
保守点検の手間が少なく耐久性に優れています。
どちらの軌道も鉄道路線の特性や用途に合わせて選択されます。

(5)適切。



※平成21年の過去問です。

以上です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

素直な人が成功する

2024.02.29

【コラム本文】素直な人が成功する

難関試験は、素直な人が合格しやすい傾向にあります。

例えば素直な人が先生に「この本は良い本ですよ」と教えてもらったとします。すると素直な人は、まずその本を購入して読んでみます。読んでみれば、良い本か、悪い本か、いずれか結論が出ます

これに対して疑り深い人は、「本当に良い本だろうか?」「購入して悪い本だったらお金の無駄になるし、ようすを見よう」となります。すなわち疑り深い人は、良いとも悪いとも結論が出にくい傾向にあります。

上の例のように素直な人は結論が出て先に進むのに対して、疑り深い人は結論が出ません

皆さんの周りで尊敬されている人成功している人などを見てみると素直な人が多いのに気づくと思います。

尊敬されている人・成功している人は、言われたことに素直であり、まず信じて自分で試して結論を出します。疑り深い人には、尊敬されたり成功したりする人が少ないです。このような傾向は、上記の思考によるものです。

もし皆さんも難関試験に合格したいのであれば、指導者に素直に従いそして自分で試して結論を出してください。疑り深いのはダメです。また、自分で試さずに盲目的に従うのも成功しません

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで137日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、電源システムの一般的な品質向上策に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと269です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、電源システムの一般的な品質向上策に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
電気電子 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】
情報通信機器を支える電源システムの一般的な品質向上策に
関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1)冗長なシステムのもう1つの構成法は,常用機と予備機を
準備し,常用機が故障時に予備機に切り替わって運転する
方式である。

(2)冗長なシステムの構成法の1つは,複数台の機器が
負荷を分担して運転し,故障時は故障機を瞬時に切り離し,
新規に接続する健全機より電力を供給する方式である。

(3)事故時の予備電源装置への切換においては,
瞬断切換方式に加えて,瞬断を発生させない
無瞬断切換方式もある。

(4)無停電電源装置(UPS)は,定電圧定周波電源装置
(CVCF)及び二次電池からなり,停電時にも長時間の
給電が可能な装置である。

(5)定電圧定周波電源装置(CVCF)は,交流を整流
したのち,インバータで再び交流に変換しており,
電圧や周波数の安定した電力供給が可能である。

【正答】(2)

【解説】本問は,電源システムにおける冗長方式の
知識問題です。冗長方式は機器に不具合が発生した場合
でも,継続運用できるように配慮した構成のことです。
昨今のデジタル化に伴って情報通信機器が増加しており,
このような電源システムへの理解が重要性を増しています。

(1)〇。予備機を使用する待機冗長方式は,電源システムの
品質向上に寄与します。

(2)×。この記述は並列冗長方式です。「新規に接続する
健全機」ではなく,「残りの健全機」を利用します。

(3)〇。この記述は商用無瞬断バイパス方式です。

(4)〇。UPSは停電や落雷などの電源障害が発生した
場合に,予め二次電池に蓄電しておいた電力により,
機器の継続動作を守ります。

(5)〇。CVCFは交流⇒直流⇒交流と変換します。

【参考文献】-


いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「20)電気設備-電源配電設備と
法令-」に関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム