技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

【技術士第一次試験】動画学習コース
今のお勧めは、こちらです

具体的でない論文対策

2022.07.06

【コラム本文】具体的でない論文対策

きょうは、論文が具体的でないと指摘された時の対策について話してみたいと思います。

具体的でないと評価される論文の多くは、次の3つのいずれかに該当します。

1、実施できる手順が書かれてない。

2、定量的でない。

3、断言できてない。

まず実施手順が書かれてなければ、当然具体的でありません。論文を読んだ人に実施方法を考えさせる論文では欠陥論文と判断されても仕方ありません。どのように実施するか、実施方法を記述しましょう。

次に定量的に記述されてない場合です。技術者であるからには定量的に物事を考える必要があります。論文の中で数値の示せる事柄は、数値で示しましょう。また、実施効果も数値で示しましょう。ただし、有効数値は、2桁で十分な場合がほとんどです。逆に有効数値を多くとりすぎると「この技術屋は、俯瞰的に物事をとらえているのか?」と思われます。

最後に断言できてない文書表現の場合です。論文内で「かもしれない」「と思う」「不明です」などの連発では、良い論文と言えません。技術士論文は、肯定的に断定したである文で記述してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

7月18日(月・祝)に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと12日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、平面応力状態に関する問題です)

来年の試験予想日である2022年11月27日(日)第1次試験まであと144日です。 2022年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

 ・基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

 ・環境部門(←ここをクリック)

 なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、同期発電機に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【復習クイズ】
同期発電機とインバータの並列運転で電力を供給しており,
同期発電機の出力は10 kVAで力率が0.8(遅れ),インバータ
の出力は有効電力が4 kW,無効電力が2 kvar(進み)である。
このとき,合計出力の力率は次のうちどれか。

(1) 遅れ0.667   (2) 遅れ0.832   (3) 遅れ0.913
(4) 遅れ0.949   (3) 遅れ0.987

【正答】(4)

【解説】本問は同期発電機の計算問題です。
同期発電機およびインバータの出力をそれぞれPs+jQs,
P1+jQ1とすると,

Ps + jQs = 10 × { 0.8 + j√( 1 - 0.8^2 ) } = 8.0 + j6.0
P1 + jQ1 = 4.0 - j2.0

合計出力 = ( Ps + jQs ) + (P1 + jQ1 ) 
= 8.0 + j6.0 + 4.0 - j2.0 = 12.0 + j4.0

したがって,合計出力の力率は,
12.0 / √( 12.0^2 + 4.0^2 ) = 0.949(遅れ)
と導出できます。

【参考文献】-

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「11)電気応用-パワー半導体-」に
関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

空白をなくす対策

2022.07.05

【コラム本文】空白をなくす対策

きょうは、論文の空白対策を話したいと思います。

この技術士コラムのコーナーでは、技術士試験の解答を解答用紙の最終行まで記述するようにアドバイスしています。なぜなら「3枚以内に記述しなさい」の問題で2枚しか記述しない人は、「3枚を記述できない人2枚しか記述できない人と判断されるからです。

では、空白になる人は、知識不足かと言うと違います。ほとんどの人は3枚記述できるのに方法が解らず自分は記述できないと思い込んでいます。きょうは、誰でも3枚記述できるアドバイスをしてみたいと思います。

3枚を記述できない理由は、書込む内容を整理しないで記載するからです。整理しないで記載を始めると、3枚目になる前に結論を書いてしまいます。結論を書いてしまうと以上終了となって以降が空白になるのです。これが空白のできる理由です。

空白ができないようにするには、何を書くか整理してから記述します。

その方法は、まず問題を読んで書込む解答内容を思いついたら、問題用紙の余白などで論文構成を検討します。

論文構成が完成したら、解答用紙の左右の余白に書込む内容をメモしていきます。この時のメモは、あとで消しゴムで消すので消しやすいように薄く書きます。

この時のメモ書きが、解答用紙3枚の全体にわたって3~5行間隔で記述できれば、空白が発生しません。このメモ書きをおろそかにすると3枚の最終行まで記述できません。

もし本気で試験に合格したいのであれば、周りの受験生が解答を書き始めても、あなただけは、メモ書きが完成するまで論文構成を検討してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

7月18日(月・祝)に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと13日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、平面応力状態に関する問題です)

来年の試験予想日である2022年11月27日(日)第1次試験まであと145日です。 2022年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

 ・基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

 ・環境部門(←ここをクリック)

 なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、平面応力状態に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(材料力学)

平面応力状態

閉目能力状態における応力成分に関する次の記述のうち、
最も不適切なものはどれか。

(1)純粋せん断の応力状態では、主応力の和はゼロである。

(2)主往路y九が作用する面と主せん断応力が作用する面の
なす角度は、45度である。

(3)主応力の差は、主せん断応力に等しい。

(4)垂直応力成分の和は、座標系の取り方によらず一定で
ある。

(5)等二軸引張りの応力状態ではどの方向の面においても
せん断応力成分はゼロである。







⇒正解は(3)です。

主応力の差と主せん断応力との関係は次の通りです。
τ1,2=±1/2(σ1-σ2)

よって正しくは、主応力の差の1/2が主せん断応力に
等しい、となります。

→平成29年度試験過去問(問題番号3-9)
を確認してみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

技術士合格が条件です

2022.07.04

【コラム本文】技術士合格が条件です

さて今日は、技術士取得でのメリットについて話したいと思います。

次の例は、JESの講師・受講生などの例です。

技術士に技術士に合格すると海外旅行および報奨金30万円が支給されさらに昇格昇進条件の会社が多いです

実際にコンサルタント会社の場合は、管理職になる条件の一つに「技術士である事」が含まれてると聞いています。

私の大学の同窓生で女性ですがある会社の課長さんがいます。

「女性で課長さんは、頑張られましたね」と言うと「いえ技術士になると自動的に課長なんです」との回答でした。

また技術士になると、2万円~(Max20万円)の資格手当がつく会社もあります。ある電力会社は、合格お祝い金として報奨金30万円が支給されます。

ただ皆さんは、お金が目的で技術士になろうとしているのでないかもしれません。

お金も重要ですが、技術士取得での最大の魅力は大きな仕事ができる事です。

国が技術力を認めて社会的信用がつくことです。海外でもプロフェッショナルエンジニアとして、認めてもらえます。

新しく飛躍するためにも技術士に合格するのは、大きなきっかけになります。

ぜひ頑張って、技術士試験に合格しましょう。

7月18日(月・祝)に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと14日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、消費生活用製品安全法に関する問題です)

来年の試験予想日である2022年11月27日(日)第1次試験まであと146日です。 2022年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

 ・基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

 ・環境部門(←ここをクリック)

 なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、消費生活用製品安全法に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】「消費生活用製品安全法」で定義している
「消費生活用製品」として当てはまるものは、次のうち
どれでしょうか。
(1)調理用器具 (2)船舶 (3)消火器具 (4)食品





→答えは、下記のとおりです。

(1)の調理用器具が対象です。

「消費生活用製品」とは、
一般消費者の生活の用に供される製品を指しますが、
この調理用器具以外については、ほかの法令で個別に
安全規制がある製品のため、対象外です。

船舶は船舶安全法、消火器具は消防法、食品は食品衛生法です。
消費者庁にて、最近発生した「消費生活用製品の重大製品事故」
を公表しています。
どのような製品・事故があるのかご確認いただくと、
「消費生活用製品」についてイメージをつけやすいと
思います。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「7)消費生活用製品安全法・
景品表示法」に関する内容でした。
本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。

お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

技術士試験対策の王道

2022.07.03

【コラム本文】技術士試験対策の王道

以前ですが、「技術士試験に合格するには技術士の実力をつけるのが、受験対策」と述べました。

これが技術士試験の究極の受験対策であり、受験対策の王道です。

逆に、予想問題による受験対策は、予想が外れると思ってください。(JESの予想が的中することを願っていますが)

さてそれでは、あなたは技術士の実力がつきましたか?

あなたは、技術士法第二条に照らして技術士と言えますか?

 

 第二条  この法律において「技術士」とは、第三十二条第一項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務(他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く。)を行う者をいう。
 
あるいは、あなたがイメージしている頼りになるベテランの技術コンサルタントあるいは指導者)」になる事が出来ましたか?
.
試験では、これをしっかりと文章で表現してください。
では、一発合格を目指して頑張りましょう。

7月18日(月・祝)に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと15日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、処理時間に関する問題です)

来年の試験予想日である2022年11月27日(日)第1次試験まであと147日です。 2022年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

 ・基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

 ・環境部門(←ここをクリック)

 なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、処理時間に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ある駅に1つの改札があり、1分当たり8人が到着する。
この改札の1人当たりの平均処理時間を6秒とする。この時、
利用客が改札に並んでから処理が終了するまでの平均の時間
として正しいものはどれか。ただし、単位時間あたりに到着
する人数の分布はポアソン分布に、また処理に要する時間は
指数分布に従うものとする。参考までに、本問題に関係する
計算式を次に示す。


待ち行列長=利用率÷(1-利用率)
平均待ち時間=待ち行列長×平均処理時間
利用率=
単位時間当たりの平均到着人数÷単位時間当たりの平均処理人数
平均応対時間=平均待ち時間+平均処理時間


(1) 10秒   (2) 24秒   (3) 30秒   (4) 36秒   (5) 40秒





****************
【正答】(3)
題意より、求めるべき「利用客が改札に並んでから処理が
終了するまでの平均時間」とは、平均応対時間であると分かる。
問題文中に示された式に数値を代入していく。
単位時間を1分=60秒とする。
利用率
 =単位時間当たりの平均到着人数 ÷ 単位時間当たりの平均処理人数 
 = 0.5人÷(60秒÷60秒/人)) = 0.5
待ち行列長=利用率 ÷ (1 - 利用率)=0.5 ÷ (1- 0.5)  = 1.0
平均待ち時間 = 待ち行列長×平均処理時間=1.0 × 60 =60秒 
平均応答時間 = 平均待ち時間+平均処理時間 = 60+ 60 = 120秒
よって,正答は(3)である。


「こんなこと聞いていいのかな?」など気にせず、何でも質問
してください。(過去問のこの問題を解説してほしいなども
OKです。)
質問をお待ちしております。(^^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

自分を信じて勉強するが

2022.07.02

【コラム本文】自分を信じて勉強するが

技術士試験を受験する人は、他の試験に比べて自信を持っている人が多いようです

この自信は、結果に良く作用する場合は良いのですが、悪く影響する場合もあります。

結果に良く作用する場合は、「私は合格できる」と信じて勉強することです。

ですが、自信が有りすぎるあまりに、自分の勉強スタイルを変えない人がいます。

自分の勉強スタイルを変えないのは、悪い結果になる場合が多いです。

例えば次の例です。

1、始めて受験する人は、技術士試験の特徴を知らずに勉強すると効率が悪いです。

2、再受験の人は、前と同じ勉強スタイルですと同じ結果になります。

お勧めするのは、自分を信じて勉強するがアドバイスは謙虚に聞き入れることです。

技術士試験で残念な結果になった人の2~3割の人が、自分の勉強スタイルを変えない人です。

では、一発合格を目指して自信を持って謙虚にしっかりと勉強しましょう。

7月18日(月・祝)に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと16日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、道路舗装に関する問題です)

来年の試験予想日である2022年11月27日(日)第1次試験まであと148日です。 2022年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

 ・基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

 ・環境部門(←ここをクリック)

 なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、道路舗装に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

道路舗装に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

(1)低騒音舗装とは、車両走行に伴う発生するエアポンピング音
などの発生を抑制するなどにより騒音を低減する舗装であり、
一般的には密粒度アスファルト混合物を用いることが多い。

(2)中温化舗装とは、舗装表面に到達する日射エネルギーの
約半分を占める近赤外線を高効率で反射し、舗装への蓄熱を
低減することによって路面温度の上昇を抑制する舗装のこと
である。

(3)積雪寒冷地域や路面の凍結する箇所では、耐摩耗性の高い
アスファルト混合物を表層に使用するが、アスファルト量が
少ないほど耐摩耗性が向上する。

(4)車道及び側帯の必須の性能指標は、輪荷重の繰り返し載荷に
関係する疲労破壊輪数、塑性破壊輪数、及び車両の走行性に
関係する平たん性である。

(5)コンクリート舗装は、自動車荷重によるせん断には抵抗
するが曲げには抵抗できないので、たわみ性舗装という。







⇒答え(4)

(1)不適切。低騒音舗装において、空隙率の小さな密粒度
アスファルト混合物ではなく、空隙率の大きな開粒度アスファルト
混合物を表装・基層に用いることで、吸音性とタイヤの
パターンノイズを抑えることができる。

(2)不適切。中温化舗装とは、中温化剤(特殊添加剤)を
アスファルトに加えることで、アスファルト混合物の製造・
施工の温度を30℃程度低減し、二酸化炭素排出量を低減する
ものである。

(3)不適切。積雪寒冷地域や路面の凍結する箇所では、耐摩耗性を
確保するために、石粉(フィラー)を増やし、かつアスファルト量
の多い混合物が用いられる。

(4)適切。

(5)不適切。コンクリート舗装は曲げにも抵抗できる。たわみ
性舗装と呼ばれるのはアスファルト舗装である。対して
コンクリート舗装は剛性舗装と呼ばれる。

以上です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム