技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

まず行動しよう

2020.11.26

【お知らせ】短期集中コース

来年の2020年7月11日に技術士第二次試験の筆記試験が、実施されます。実施まであと227日です。勉強は順調に進んでいますでしょうか? JESでは、来年の合格を目指す短期集中コース(Tコース)が、12月06日(日)に実施です。12月06日(日)は、キーワード学習のまとめになります。短期集中コース(Tコース)の総まとめになりますので、楽しみに参加してください。参加を希望される人は、短期集中コース(←ここをクリック)または、下記アイコンから申込みください。なお、参加される人には、11月01日(日)11月15日(日)講演動画を事前に見てさらに課題を実施してから参加いただきます。動画を見る時間が必要なので、早めの申込みをお願いします。

【コラム本文】まず行動しよう

今日は、迷って行動でき無いでいる人に向けて書いてみます。

迷っている人にお勧めしたいのは、とにかく何かを始めてみる事です。何かを始めれば、解ってくることがあります。例えば、『この方法は、ムダが多い』などです。ムダが理解できれば、そのムダを改善すれば良いのです。ムダを改善すれば、良い方法に変わってきます。

そのため、迷っても良いのです。問題なのは、行動し無いことです。行動しなければ、何も始まりません。行動しなければ、何も変わら無いのです。むしろ他の人が、1歩づつ先に進んでいるのに貴方が変わら無いのでは、貴方は、後退しているのと同じです。貴方だけ置き去りにされている事になります。

さらに迷っているのは、貴方に行動したいという思いがあるのです。もし行動せずに失敗したら、後で後悔します。『なぜあの時に行動しなかったのだろうか』と後悔します。もし行動して失敗しても『自分に実力が無かった』と納得できます。行動して失敗すれば、実力がつきます。行動し無い人には、何も得るモノがありません。

行動して失敗しても失うモノなど無いはずです。貴方は、「失敗」という言葉が怖いのでないでしょうか? 大多数の人は、失敗という経験が怖いだけのはずです。

さあ、まず行動しましょう。他の人は、すでに始めています。貴方も今すぐに始めましょう。

もしJESの支援がほしい人は、JESの短期集中コース(←ここをクリック)に相談してください。第一次試験の合格を目指している人は、vimeoの動画セミナーをご覧ください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

 

<第一次試験>今日の第一次試験は、建設部門です

2021年度の技術士第一次試験は、10月10日と予想されます。第一次試験は今日から318日後です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。11/22(日)に動画を追加しました。追加した動画は、下記です。

・基礎科目:10)環境(24:59)
・適性科目:10)情報管理(21:01)
・機械部門:01)-05材料力学5/5(平面応力と円筒応力)(30:49)
・電気電子部門:06)共通理論-交流回路(27:08)
・建設部門:06)海岸・海洋(27:52)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目(建設部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
復習クイズ(河川)


管路流れの損失水頭について、


①管路の長さ
②管径
③平均流速


のうち、反比例するものはどれでしょうか?









⇒反比例するのは②管径です。


管路が長くなるほど、平均流速が高くなるほど、損失水頭は大きくなります。
管径が大きくなるほど、損失水頭は小さくなります。


状態をイメージしてみると掴みやすいと思います。


→平成28年度過去問(問題番号18)を確認してみてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。

次回の短期集中コース(Tコース)のセミナーは、12/6(日)です。キーワード学習の間にあうのが、12/6(日)でギリギリと思います。1/10(日)から参加を予定されている人は、間に合わない事もあります。ご承知おきください。

このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。

独学で合格の応援宣言

2020.11.25

【お知らせ】短期集中コース

来年の2020年7月11日に技術士第二次試験の筆記試験が、実施されます。実施まであと228日です。勉強は順調に進んでいますでしょうか? JESでは、来年の合格を目指す短期集中コース(Tコース)が、12月06日(日)に実施です。12月06日(日)は、キーワード学習のまとめになります。短期集中コース(Tコース)の総まとめになりますので、楽しみに参加してください。参加を希望される人は、短期集中コース(←ここをクリック)または、下記アイコンから申込みください。なお、参加される人には、11月01日(日)11月15日(日)講演動画を事前に見てから参加いただきます。動画を見る時間が必要なので、早めの申込みをお願いします。

【コラム本文】独学で合格の応援宣言

先日このコラムへのメールを戴きました。『私の事を書かれていますね』と言うメールです。このコラムは、特定の人に向けて書いていません。ですが、そのように感じた人は、コラムの内容が、貴方自身に当てはまる事だと思ってください。例えば、『来年の試験に合格したいけれど、セミナーに通わずに独学で費用を節約したい』と思っている貴方です。今日は、そんな貴方に向けて書いてみます。

JESでは、毎月無料セミナーを開いています。無料セミナーで技術士試験の合格ノウハウを説明しています。合格ノウハウを説明して『もし合格ノウハウに賛同して戴ける人は、JESに入学してください。』と話しています。その目的は、JESと受講生とのミスマッチを防ぐのが目的です。入学した後でミスマッチに気づいたのでは、お互いの損だからです。

無料セミナーに参加する人の中には、『私は独学なのですが、本当に合格ノウハウを教えてくれるのですか?』と考える人もいます。ですが、独学の人にも合格ノウハウを教えています。なぜなら、独学で合格した人も『JESで教えてもらって短期で合格できた』とPRしてくれるからです。そもそも全てのセミナーハウス(少なくともJES)は、技術士を育てて増やすのが目的です。

もしJESの支援がほしい人は、JESの短期集中コース(←ここをクリック)に相談してください。第一次試験の合格を目指している人は、vimeoの動画セミナーをご覧ください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

 

<第一次試験>今日の第一次試験は、電気電子部門です

2021年度の技術士第一次試験は、10月10日と予想されます。第一次試験は今日から319日後です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。11/22(日)に動画を追加しました。追加した動画は、下記です。

・基礎科目:10)環境(24:59)
・適性科目:10)情報管理(21:01)
・機械部門:01)-05材料力学5/5(平面応力と円筒応力)(30:49)
・電気電子部門:06)共通理論-交流回路(27:08)
・建設部門:06)海岸・海洋(27:52)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
皆さん、おはようございます!
電気電子 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!


【復習クイズ】アンペールの法則を説明してください。









→答えは、下記のとおりです。
ある閉曲線に鎖交する電流の総和は、その閉曲線上の磁界の強さ
  の線積分に比例します。
すなわち、閉じた経路(=閉曲線)に沿って足し合わせた磁界の
  強さが、この閉曲線を貫く電流の和に比例することを意味します。
式で表すと「H=I/2πr」です。Hは磁界の強さ[A/m]、Iは電流[A]、
  rは閉曲線の半径[m]です。


いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「1)共通理論-電磁気学(現象・諸法則)」
に関する内容でした。


適性科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽にご質問
ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でもお聞き
いただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。

次回の短期集中コース(Tコース)のセミナーは、12/6(日)です。キーワード学習の間にあうのが、12/6(日)でギリギリと思います。1/10(日)から参加を予定されている人は、間に合わない事もあります。ご承知おきください。

このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。

勉強は本人がするものだけれど

2020.11.24

【お知らせ】短期集中コース

来年の2020年7月11日に技術士第二次試験の筆記試験が、実施されます。実施まであと229日です。勉強は順調に進んでいますでしょうか? JESでは、来年の合格を目指す短期集中コース(Tコース)が、12月06日(日)に実施です。12月06日(日)は、キーワード学習のまとめになります。短期集中コース(Tコース)の総まとめになりますので、楽しみに参加してください。参加を希望される人は、短期集中コース(←ここをクリック)または、下記アイコンから申込みください。なお、参加される人には、11月01日(日)と11月15日(日)の講演動画を事前に見てから参加いただきます。動画を見る時間が必要なので、早めの申込みをお願いします。

【コラム本文】勉強は本人がするものだけれど

今日は、「勉強は本人がするものだけれど、独学はやめた方が良い」ことをお話ししてみたいと思います。

むかしから、「勉強は、自分でするものです」とよく言われています。勉強は、仕事と違って誰かに代わりにやってもらうことができません。仕事であれば、賃金や代金としてお金を支払う事でモノを購入したり自分の代わりに何かやってもらうことができます。良い結果が出ればそれで良いのが仕事です。例えば、自分が病気になれば、お金を払って医者に治療をしてもらいます。自分で治療法を勉強する事などありません。

ですが、勉強は、お金を支払っても勉強方法を教えてもらうだけで代わりに勉強してもらうことができません。自分の能力向上が勉強だからです。そのため、2つの誤解をする人がいます。

1つ目の誤解は、「だから独学する方が良い」と思ってしまう誤解です。確かに自分で勉強するのですが、勉強方法は、教えてもらう方が効率的です。考え方試験と知識試験の違いによる勉強方法の差を理解している人は、ほとんどいません。勉強方法の差を理解できないのであれば、勉強方法を教えてもらった方が効率的です。さらに、自分が正しいと考えている事を自分で修正できる人は、いません。自分で修正できるのは、間違えているかもしれないと思う事だけです。自分で正しいと思っている事は修正を考えません。そのため、誰かに指導を受けるのが最適です。

2つ目の誤解は、勉強を教えてもらうのが効率的と考えて、答えを教えてもらう勉強をしようとする人です。例えば、模範解答は無いのですか?と質問する人がいます。あるいは、何を暗記すれば良いですか?と質問する人がいます。これらの人は、学校で行う知識試験の得意な人です。知識試験の特徴は、問題と答えをセットで暗記することです。もし問題に対する答えを間違って暗記した場合は答えを是正して、正しい答えを暗記する事です。

しかし、考え方試験である技術士試験で答えの暗記は、不適格です。特に技術士試験は、技術責任者としての試験です。答えを教えてもらい暗記する人は、普通の技術者です。知識を暗記するのは、技術責任者でありません。試験官も自分で考える人なのか答えを暗記している人なのか、を合否判定しています。答えを誰かに教えてもらう人は、責任者不適格として不合格にします。

以上のように、効率的に勉強するには、誰かに教えてもらい、シッカリと自分で考える事です。貴方の近くの信頼できる人に教えてもらえば、1回の受験で合格できるはずです。もし、近くに教えてくれる人がいなければ、JESに相談してください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

もしJESの支援がほしい人は、JESの短期集中コース(←ここをクリック)に相談してください。第一次試験の合格を目指している人は、vimeoの動画セミナーをご覧ください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

 

<第一次試験>今日の第一次試験は、機械部門です

2021年度の技術士第一次試験は、10月10日と予想されます。第一次試験は今日から320日後です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。11/22(日)に動画を追加しました。追加した動画は、下記です。

・基礎科目:10)環境(24:59)
・適性科目:10)情報管理(21:01)
・機械部門:01)-05材料力学5/5(平面応力と円筒応力)(30:49)
・電気電子部門:06)共通理論-交流回路(27:08)
・建設部門:06)海岸・海洋(27:52)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目(機械部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
機械専門科目 メルマガ 2020/11/02


復習クイズ()


矩形はりの断面係数Zについて


横幅b、高さ2hの矩形断面を持つはりAと
横幅2b、高さhの矩形断面を持つはりBの
断面係数の比ZA:ZBはいくつになるか?




①1:4
②1:2
③1:1
④2:1
⑤4:1









⇒正解は④です。


矩形断面(正方形あるいは長方形)断面の断面係数Zは
幅をB、高さをHとすると[B×H^2/6]です。
はりA、Bそれぞれの幅と高さを代入して比を求めると
2:1となります。


なお、矩形断面の断面二次モーメントは[B×H^3/12]です。


→令和1年度再試験過去問(問題番号Ⅲ-5)を確認してみてください。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。

次回の短期集中コース(Tコース)のセミナーは、12/6(日)です。キーワード学習の間にあうのが、12/6(日)でギリギリと思います。1/10(日)から参加を予定されている人は、間に合わない事もあります。ご承知おきください。

このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。

全員が合格できると思って受験するが

2020.11.23

【お知らせ】短期集中コース

来年の2020年7月11日に技術士第二次試験の筆記試験が、実施されます。実施まであと230日です。勉強は順調に進んでいますでしょうか? JESでは、来年の合格を目指す短期集中コース(Tコース)が、12月06日(日)に実施です。12月06日(日)は、キーワード学習のまとめになります。短期集中コース(Tコース)の総まとめになりますので、楽しみに参加してください。参加を希望される人は、短期集中コース(←ここをクリック)または、下記アイコンから申込みください。なお、参加される人には、11月01日(日)と11月15日(日)の講演動画を事前に見てから参加いただきます。動画を見る時間が必要なので、早めの申込みをお願いします。

【コラム本文】全員が合格できると思って受験するが

だれでも同じですが、今日は、「人間は、自分の考える範囲でしか判断できない」を書いています。

技術士試験の勉強で受験生は、100%全員「これで合格できる」と思って受験します。ですが、最後に合格する人は約10%です。この違いは、「人間にできることは、自分の考える範囲でしか判断できない」事に原因しています。しかし、試験官は、受験生と違う範囲で判断します。そのため受験生は、「これだけ勉強しているのになぜ合格できないのだろうか?」と悩むのです。

結論は、シンプルです。試験官は、「あれが書いて無いから不合格です」や「これが書いて無いから不合格です」と判断しているだけです。

なので、何度受験しても不合格の人は、何を記述すれば合格できるかを勉強して下さい。貴方の知識は、合格できるだけの量がそろっています。あとは、何を記述するかの判断だけ勉強すれば、合格できます。もし知識で心配な人は、JESの短期集中コース(←ここをクリック)に参加して下さい。貴方を合格するまで指導します。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

もしJESの支援がほしい人は、JESの短期集中コース(←ここをクリック)に相談してください。第一次試験の合格を目指している人は、vimeoの動画セミナーをご覧ください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

 

<第一次試験>今日の第一次試験は、適性科目です

2021年度の技術士第一次試験は、10月10日と予想されます。第一次試験は今日から321日後です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。11/22(日)に動画を追加しました。追加した動画は、下記です。

・基礎科目:10)環境(24:59)
・適性科目:10)情報管理(21:01)
・機械部門:01)-05材料力学5/5(平面応力と円筒応力)(30:49)
・電気電子部門:06)共通理論-交流回路(27:08)
・建設部門:06)海岸・海洋(27:52)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、適性科目です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!


【復習クイズ】技術士の「3義務2責務」を答えてください。









→答えは、下記のとおりです。
3義務…信用失墜行為の禁止、技術士等の秘密保持義務、技術士の名称表示の場合の義務
2責務…技術士等の公益確保の責務、技術士の資質向上の責務


技術士法第4章では以下のとおり規定されています。


技術士法第4章技術士等の義務(技術士等とは,技術士及び技術士補を指す。)
(信用失墜行為の禁止)
第44条 技術士又は技術士補は,技術士若しくは技術士補の信用を傷つけ,又は
     技術士及び技術士補全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
(技術士等の秘密保持義務)
第45条 技術士又は技術士補は,正当の理由がなく,その業務に関して知り得た
     秘密を漏らし,又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなった
     後においても,同様とする。
(技術士等の公益確保の責務)
第45条の2 技術士又は技術士補は,その業務を行うに当たっては,公共の安全,
     環境の保全その他の公益を害することのないよう努めなければならない。
(技術士の名称表示の場合の義務)
第46条 技術士は,その業務に関して技術士の名称を表示するときは,
     その登録を受けた技術部門を明示してするものとし,登録を受けていない
      技術部門を表示してはならない。
(技術士の資質向上の責務)
第47条の2 技術士は,常に,その業務に関して有する知識及び技能の水準を
     向上させ,その他その資質の向上を図るよう努めなければならない。


いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「1)技術士法第4章条文」に関する内容でした。


適性科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽にご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でもお聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。

次回の短期集中コース(Tコース)のセミナーは、12/6(日)です。キーワード学習の間にあうのが、12/6(日)でギリギリと思います。1/10(日)から参加を予定されている人は、間に合わない事もあります。ご承知おきください。

このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。

合格ノウハウを知った後が重要です

2020.11.22

【お知らせ】短期集中コース

来年の2020年7月11日に技術士第二次試験の筆記試験が、実施されます。実施まであと232日です。勉強は順調に進んでいますでしょうか? JESでは、来年の合格を目指す短期集中コース(Tコース)が、12月06日(日)に実施です。12月06日(日)は、キーワード学習のまとめになります。短期集中コース(Tコース)の総まとめになりますので、楽しみに参加してください。参加を希望される人は、短期集中コース(←ここをクリック)または、下記アイコンから申込みください。なお、参加される人には、11月01日(日)と11月15日(日)の講演動画を事前に見てから参加いただきます。動画を見る時間が必要なので、早めの申込みをお願いします。

【コラム本文】合格ノウハウを知った後が重要です

JESでは、毎月無料セミナーを実施しています。その実施する思いについては、「JESが無料セミナーを実施する思いとは」(←ここをクリック)で記載しています。無料セミナーでは、JESの合格ノウハウを公開しているのですが、同じ内容を聞いて合格する人と不合格の人がいます。今日は、そんな事を書いてみます。

まず無料セミナーで説明した合格ノウハウを理解した人が、自宅で一人でやってみるとできない人が多いです。それは、スポーツで例えると野球でバットの振り方を理論的に理解してもプロ野球選手になれないのと同じです。プロ野球選手になるためには、指導を受けながら数万回・数十万回とバットを振る練習をする必要があります。理論を理解してもプロ野球選手になれません。指導を受けながらの練習が、必要なのです。

技術士試験においても同様です。JESの技術士試験合格セミナー(有料コース)では、過去問題分析キーワード学習三分割展開法ひな形論文機械的合格論文作成法を担当講師の指導を受けながら学習するだけです。特別な事などやっていません。無料セミナーと有料コースの違いは、個別指導の有無だけです。にもかかわらず、有料コースの人は、6割の人が毎年合格します。

この違いは、自分で自分の不足している学習内容が、理解できないからです。自分で気づかない不足は、個別指導で勉強するしかないのです。もし、貴方が、来年の試験で合格したいのであれば、個別指導を受ける事です。貴方が気づかない不足分は、貴方だけで見つけるのが困難です。

 

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

もしJESの支援がほしい人は、JESの短期集中コース(←ここをクリック)に相談してください。第一次試験の合格を目指している人は、vimeoの動画セミナーをご覧ください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

 

<第一次試験>今日の第一次試験は、基礎科目です

2021年度の技術士第一次試験は、10月10日と予想されます。第一次試験は今日から322日後です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。11/15(日)に動画を追加しました。追加した動画は、下記です。

・基礎科目:09)バイオテクノロジー等(31:44)
・適性科目:09)職業倫理(25:44)
・機械部門:01)-04材料力学4/5(座屈・トラス・用語)(36:15)
・電気電子部門:05)共通理論-直流回路(応用)(21:44)
・建設部門:05)河川:後半(33:13)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目(建設)です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
皆さん、こんにちは。
基礎科目の担当講師、杉本と申します。
 
このメールマガジンでは、基礎科目に関するクイズを出題し、ちょっとした
隙間時間にも手軽に勉強ができるようにお手伝いをしていきたいと思っています。
 
それでは、さっそくクイズを出題します。
次に示す日本のエネルギー消費に関する3つの記述のうち、最も不適切な記述を
示し、さらにどこが不適切か指摘してみましょう。
1. 日本全体の最終エネルギー消費は2005年度をピークに減少傾向になっている。
2. 家庭部門のエネルギー消費は、生活の利便性や快適性を追求する国民の生活
スタイルの変化から、昔から年々増加し続けている。
3. 1単位の国内総生産(GDP)を算出するために必要な1次エネルギー消費量の
推移から、日本は世界の平均を大きく下回る水準を維持している。



****************
<回答>
最も不適切なのは2番です。
家庭部門のエネルギー消費は、1970年代から1990年代までは緩やかに
増加していますが、1995年頃からは、増加せず一定といってよいかと思います。
エネルギー白書2020にエネルギーに関するグラフがたくさん載っていますので、
確認しみてくださいね。
 
継続は力なり、です。少しずつの時間でもよいので毎日勉強する時間を設けてください。
それでは、頑張ってください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。

次回の短期集中コース(Tコース)のセミナーは、12/6(日)です。キーワード学習の間にあうのが、12/6(日)でギリギリと思います。1/10(日)から参加を予定されている人は、間に合わない事もあります。ご承知おきください。

このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム