技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

動画コース(A+B+C)
【技術士第一次試験】動画学習コース
今のお勧めはこちらです
2023年度のセミナーは、全て終了いたしました。
多くの参加をありがとうございました。

やれば誰でも合格できる

2024.06.22

【コラム本文】やれば誰でも合格できる

このコラムでは技術士試験の合格について厳しいことを書く事があります。皆さんは、技術士試験がどこまでの難関試験かわかりますか?

実は技術士試験は、それほど難関試験で無いのです。ただし条件があります。

やるべきことをやれば技術士試験は誰でも合格できる試験です。

これは、何日か前に皆さんに送った「やればできる、必ずできる」という言葉に込められています。

令和5年度は、2,690人もの多くの人が合格でした。合格した人は、全員がやるべきことを実施したから合格できたのです。特別の人だけが合格できるのでありません。(オリンピックで金メダルのように、世界でただ1人と違い、技術士試験は、多くの人が合格できる試験です)

納得しやすいように、皆さんの身近な例で説明してみます。

皆さんも過去に何かの試験を受験されたと思います。難関試験で、勉強中は、「本当に合格できるのだろうか?と思っていたでしょう。でも合格しました。合格してしばらくしたらどのように思いましたか?

合格する前は難関試験だと思ったが合格してみればそれほどでもなかったと思ったはずです。これが、技術士試験でも同じなのです。

技術士試験も「合格してみればそれほど難関試験でなかった」と思うはずです。

なぜなら、やるべきことをやれば技術士試験は誰でも合格できる試験だからです。

再度、皆さんに次の言葉を送ります。

やればできる必ずできる合否はあなたが決めるのです

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで23日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、金属材料の腐食に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと155です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、金属材料の腐食に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

金属材料の腐食に関する次の記述のうち,最も適切なものは
どれか。

(1) 腐食とは,化学反応または電気化学反応によって損耗する
現象のことをいう。

(2) 腐食は,局所的に生じることはなく全体で均一に生じる。

(3) アルミニウムは表面にスケールを形成することで
不働態化する。

(4) 耐食性のよいステンレス鋼は,鉄にニッケルを5%以上
含有させた合金鋼と定義される。

(5) 腐食の速度は,材料の使用環境温度には依存しない。




****************
【正答】(1)
金属の腐食に関する正誤問題。

(1)適切。
腐食とは,化学・生物学的作用により外見や機能が損なわれた
物体やその状態をいう。

(2)不適切。腐食には,全面腐食,局部腐食,粒間腐食,孔食
などがある。腐食は,一般的に言われる,表面的に「さび」が
発生することにとどまらず,腐食により厚さが減少したり,
孔が開いたりすることも含む。

(3)不適切。アルミニウムは表面に酸化物皮膜を形成することで
不働態化する。スケールは水垢。人工的にアルミニウム表面に
分厚い酸化アルミニウム皮膜を作ることによって,
アルミニウムの耐食性,耐摩耗性の向上,および,装飾
その他の機能の付加が行われる。

(4)不適切。ステンレス鋼は,鉄にクロムを11%以上含有させた
合金鋼で,さらに8%以上のニッケルを加えると耐食性が増す。
ステンレス鋼とは,クロム,またはクロムとニッケルを含む,
さびにくい合金鋼。ISO規格では炭素含有量1.2%(質量
パーセント濃度)以下,クロム含有量10.5%以上の鋼と定義。

(5)不適切。腐食の速度は,材料の使用環境に依存する。
腐食の速度は,材料の使用環境温度に影響される。一般的には
高温になるほど腐食速度が大きくなる。

したがって,(1)が正答となる。




「こんなこと聞いていいのかな?」など気にせず、何でも
質問してください。(過去問のこの問題を解説してほしい
などもOKです。)
質問をお待ちしております。(^^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

自己判断はできない

2024.06.21

【コラム本文】自己判断はできない

皆さん頑張っていますか?

おそらくこのコラムをご覧の皆さん全員が、「頑張っていますの回答だろうと思います。(もし頑張っていませんと回答する人や即答できない人は、合格が危ういです。技術士試験は、全力で頑張る人のみが合格の可能性ある難関試験です)

というか技術士試験を受験する2万9千人の全員が頑張っていますの回答をすると思います。ですが、その合格率は10%です。

これは、何を意味するかというと「他人との努力度を比較しているのでなく、自分の疲労度との比較」をしていることによります。

すなわち「自分がこれだけ時間の無い中で勉強しているのだから頑張っているはず」と判断しているのです。しかしこれは、合格という目的に対して正確な判断でありません。その結果が、合格率10%なのです。

例え仕事が忙しくて時間が取れない中でも頑張っている人でも、仕事の時間は、合否に影響しません。まして、(万が一ですが)時間の取れない理由が、TV視聴や遊びの時間であれば論外です。

自分が頑張っているかどうかの判断は、「他人との努力度比較」で実施すべきです。さらに進んでいえば、お互いに勉強の達成度を比較しあい、その結果で判断すべきです。そうすれば、勉強に過不足なく試験日を迎えられます。

皆さんにお勧めします。「一緒に勉強する受験仲間を見つけましょう。」

JESでは、参加型セミナーを受講されている皆さんに同じ受験部門同士でグループになって戴いています。グループ同士で受験情報の交換をしていただく中で、コミュニケーションを行い、お互いに励ましあって頑張っています。

皆さんも職場で受験仲間を作ってください。一緒に励ましあって伴に合格しましょう

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで24日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、環境に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと156です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、環境に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん
JES講師、環境部門 一次試験講師の濱崎です。

今回取り上げるのは、 
(廃棄物等の物質循環の管理×制度×循環型社会形成)の
マトリックスセルに分類される令和元年再試験3-10からの出題です。

3-10第四次循環型社会形成推進基本計画(平成30年6月閣議決定)
の「我が国の循環型社会形成の進展と近年の状況」及び「国民の
意識の変化」における次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

(1)循環基本法が制定された2000年から概ね10年間で循環型社会の
形成は大きく進展した。

(2)不法投棄の新規判明件数はピーク時と2016年度における件数を
比較すると,大幅に件数が減少するなど,廃棄物の適正処理が
進展している。

(3)我が国における物質フローは,資源投入から最終処分までの
流れが大きく減少し,資源循環のフローが増えている。

(4)アスベスト,PCB等のPOPS廃棄物,水銀廃棄物,埋設
農薬等の有害物のストック・廃棄物について,所在が不明なものや
適正な管理・処理を必要とするものが残されており,適正な管理・
処理の遅れが懸念される。

(5)ごみ問題への関心がある人は2007年度以降80%を超えた高い
レベルで推移している。

答 (5)

(5)「ごみ問題への関心がある人は2007年度以降80%を超えた
高いレベルで推移している」は、全体が不適切で、正しくは
「2007 年度以降 80%を超えた高いレベルで推移していたが、
2013 年度以降少しずつ減少し、2017 年度は 67%となっている」
ある。

環境部門の受験対策は頻出過去問の演習が重要です。
(廃棄物等の物質循環の管理×制度×循環型社会形成)の
マトリックスセルに分類される問題は、平成29年3-21、
平成26年3-18に出題されています。併せてご確認下さい。

以上

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

合格必須条件の1つ

2024.06.20

【コラム本文】合格必須条件の1つ

技術士試験のセミナーで次の質問を受けたことがあります。

「問題で2枚以内に記述の条件のときに、内容が良ければ1枚の記述でも良いですか?の質問です。

これは、100%ダメです。

内容がすばらしいと自己判断しても2枚以内に記述の条件であれば、2枚に記述します。

理由は、次によります。

1、まず1点目として、内容の良し悪しは、自己判断できません。内容を判断するのは採点官です。

2、次にベテランの技術者で熟知している内容は、記述項目を多く持っています。知識の無い人は、記述項目を持っていません。よって記述が少ないあまり知らないと判定されます。

3、最後に2枚に記述できる人は、枚数指定を3枚としたとき3枚に記述できるかもしれないと判断されます。2枚と指定して1枚しか記述できない人は、当然3枚を記述できない人と判断されます。

4、指定通りに書く人は、記述条件を守れる人と判定されます。記述条件を守れない人は、他のことも守ることできない人と理解されます。

以上から、記述条件が1枚のときは1枚に2枚のときは2枚に3枚のときは3枚に記述します。決して自己判断で解答枚数を変更しないようにしてください。合格のための必須条件の一つです。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで25日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、土質及び基礎に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと157です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、土質及び基礎に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

過去問クイズ(土質及び基礎)

土のせん断に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

(1) ダイレイタンシーとは、せん断に伴い体積を変えようとする
性質である。

(2) 三軸試験は、一面せん断試験と比べて供試体の主応力が明確で
供試体内に比較的一様な応力、ひずみを与え得ること、排水条件の
制御と間隙水圧の測定が比較的容易なことなどの特長を有している。

(3) 鋭敏比とは、粘性土の乱さない試料と、これを乾燥させて
練り返した練返し試料のそれぞれの非排水せん断強さの比である。

(4) リングせん断試験(ねじり一囲せん断試験)の利点は、
供試体が端面を持たないため、非常に大きな変位領域まで連続的に
せん断できることである。

(5) 限界状態とは、せん断される土が初期状態にかかわらず、
破壊時にある状態に収束することをいう。











⇒答え(3)

(1)適切。
ダイレイタンシー(またはダイラタンシー)は、土質力学で
使われる言葉で、液状化や土のせん断試験を行うときによく
使われます。
具体的には、せん断力によって土が破壊される際に、土粒子の
配列状態が変化して、体積が変化する現象を指します。
緩いスカスカの土を振動させた場合、体積が収縮します。
一方、密詰めの土では体積が膨張します。

(2)適切。


(3)不適切。
鋭敏比(St)は、土の安定性を表す指標で、粘土の特性を
評価するために用いられます。
具体的には、乱されない土の一軸圧縮強さ(qu)と、練り
返した後の土の一軸圧縮強さ(qur)との比で,

St =qu/qur と表されます。

※乾燥させてはいけません。

鋭敏比が大きい粘土は、もともとの粘土に刺激を加えるだけで
弱くなる特性を持ちます。
一般的に、腐植土や海成粘土は鋭敏比の大きい粘土とされて
います。
工事現場では、鋭敏比が大きい粘土に注意が必要であり、適切な
対策が求められます。


(4)適切。
リングせん断試験は、粘性土の残留強度を精度良く計測する
ことができます。
この試験では、中空リング状の供試体を上下に分かれたせん断箱
に収めて、垂直応力を負荷した状態で上部を固定します。
そして、下部回転可動のせん断を行い、土のせん断強さと変形の
特性を求めます。
せん断変位を無限にとることができる唯一の試験方法であり、
地すべりや斜面崩壊時の地盤の挙動を再現するために用いられます。

(5)適切。



※平成20年の過去問です(一部変更)。

以上です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

実力で合格

2024.06.19

【コラム本文】実力で合格

きょうは、予想問題が外れても合格する方法について話してみます。

まず技術士試験の目的について考えてみます。

技術士試験の目的は、受験生が技術士としての実力有無を判定することです。なぜならば、受験生が試験に合格すると「私は技術士です」と自己紹介します。そのために採点官は、受験生が受験する時に、技術士として実力があれば合格、実力が無ければ不合格、と判定します。すでに技術士としての実力のある人が合格になります。合格してから技術士としての実力を付ける人は、不合格です。

以上から、皆さんの受験対策は、「技術士としての実力を付けることになります。(予想問題を的中させるのが、受験対策でありません)

何に対して技術士としての実力を付けることであるか、それは受験部門で論議されているキーワードです。

受験部門で出題されるキーワードについて、あなたの頭の中に技術士らしい考えがあれば、どのような問題が出題されても合格です。

あなたの頭の中には、キーワード300~600個の知識がすでにあります。なぜなら、ベテランであるあなたは、業務上で知識不足で困ることが無いからです。(多少の知識補充は、どのようなベテランでもあるが、知識ゼロのキーワードはほとんどないはずです。合格点60点です。60%の知識があるはずです。)

あなたがこれから試験日までに実施する勉強は、あなたの頭の中にあるキーワード300~600個の内で試験に出そうなキーワード100~300個をキーワード集にすることです。

キーワード集にした100~300個について、技術士試験用に知識の整理をすることです。この知識の整理が、三分割展開法三区分法です。

別のコラムで300個を超えるキーワード集の作成が、勉強の目標と話しました。キーワード集が完成したとき、あなたはどのような問題が出題されても技術士試験合格60点以上を獲得)となるのです。この状態は、あなたに技術士としての実力が備わったことを意味しています。

明日は、それでも予想問題で勉強してほしいことを説明したいと思います。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで26日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、熱電対に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと158です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、熱電対に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
電気電子 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】
熱電対に関する以下の記述について,[ ア ]~[ エ ]に当て
はまる適切な組み合わせはどれか。

「熱電対の二つの接合点に温度差を与えると,起電力が発生
する。この現象を[ ア ]効果といい,この起電力を[ イ ]と
呼ぶ。
熱電対の接合点における高温側を[ ウ ],低温側を[ エ ]
という。」

◆  ア       イ    ウ    エ
(1)ペルチェ  熱起電力 冷接点 温接点
(2)ペルチェ  温起電力 冷接点 温接点
(3)ペルチェ  熱起電力 温接点 冷接点
(4)ゼーベック 温起電力 温接点 冷接点
(5)ゼーベック 熱起電力 温接点 冷接点

【正答】(5)

【解説】本問は,ゼーベック効果に関する知識問題です。
高温の半導体やデバイスを温度測定する際に,一般的な
温度計は用いられないために熱電対を利用します。
ゼーベック効果とは対の関係にあるペルチェ効果は異種の
金属や半導体を接合し,電圧をかけたときに吸熱・発熱する
現象です。

【参考文献】-


いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「5)共通理論-直流回路(応用)-」
に関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

合格論文の作り方

2024.06.18

【コラム本文】合格論文の作り方

論文の作成は、いきなり記述せず30分程度の構想検討してからにしてください。(検討時間は、個人差があります)

記載内容を充分に検討せず書き始めると良い論文が書けません。なぜかといいますと、次の問題点があるからです。

1、題意を正確につかめず書いてしまう場合がある。

2、構想を決めずに記載すると始めと終わりで内容が違う場合がある。

3、書くべきことが漏れる可能性もある。


さて検討内容は、次になります。

1、問題の理解(問題の要求事項の理解)。

2、記載すべき項目と結論の検討。

3、記載順序の検討

4、段落見出し(小見出し)の検討。

5、記載分量(配分)の検討。

6、解答用紙の余白への記載メモの記述。(解答完成後に簡単に消せるようにメモする)

7、図表などを含めた配置の検討。(解答完成後に簡単に消せるようにメモする)

なお上記の「1~5」は、頭の中で検討せずに問題用紙などに書込んで目に見える形で検討します。頭の中だけで検討すると考えをまとめるのに時間がかかります。不備も出ます。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで27日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、熱力学に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと159です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、熱力学に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(熱力学) 

SI単位について

比熱、温度伝導率(又は熱拡散率)、比エンタルピーのSI単位の
正しい組合せとして最も適切なものはどれか。

比熱:    温度伝導率:  比エンタルピ―:
(1)  J/(kg・K)   W/(m・K)   J/kg
(2)  J/(kg・K)   m^2/s     J/kg
(3)  W/(kg・K)   m^2/s     W/kg
(4)  J/(m^2・K)   J/(m・K)   J/(kg・K)
(5)  J/(m^2・K)   W/(m^2・K)  J/(kg・K)






⇒正解は(2)です。

エンタルピ
H=U+PV[J]

比エンタルピ
h=u+pv[J/kg]

比熱
c=dq/dT=Tds/dT[J/(kg・K)]

熱拡散率
α=λ/cpρ[m^2/s]
ただし、λは熱伝導率[W/mK]

よって解答は(2)となります。

→令和1年 過去問(問題番号3-25)
を確認してみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム