技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

正しく理解して一発合格

2022.12.05

【お知らせ】短期集中コース動画学習コース2023年度ABCコース募集中

1,短期集中コース

短期集中コースの受講対象者は、下記の人です。

1,20歳代で一発合格を目指す人
2,解答論文がC評価の人
3,解答論文を最後の行まで記述できない人
4,記述内容知識の心配な人
5,1次・2次の連続合格を目指す人

上記の人に短期集中コース(←ここをクリック)を準備しました。短期集中コースで技術士試験の一発合格を目指しましょう。

2,動画学習コース

1次試験の択一問題は、毎年過去問題が64%出題されることを知っていますか? 1次試験対策は、試験に出る過去問題の攻略です。来年の第1次試験を受験される人は、動画学習コース(←ここをクリック)を準備しました。動画学習コースで一気に第1次試験を合格しましょう。

3、2023年度ABCコース募集中

現在JESでは、2023年度ABCコースの受講生を募集しています。近年では、技術士試験の出題傾向が変化しています。最新の出題傾向で技術士試験を一発合格しましょう。

JESでは、貴方の弱点にフォーカスして最短合格を目指します。20部門では、そのための三分割展開法ひな型論文テンプレート法機械的合格論文作成法を駆使して余裕を持った最速合格とします。また、総合技術監理部門専用コース(←ここをクリック)では、択一対策や総監ならではの勉強方法をお教えいたします。

他の受験生の1歩先を行く学習を開始しましょう。

申込みを希望される人は、2023年度ABCコース(←ここをクリック)から申込みください。

 

 

【コラム本文】正しく理解して一発合格

皆さんは、技術士試験で一番重要なことはなんだと思いますか?

私は、「技術士に求められている事を理解すること」と思っています。

通常の資格試験は、理解や知識を問う試験です。そのため普通は、知識量が一番重要になります。知識量は勉強量に置き換えることもできます。(勉強量は勉強時間や解答した問題数です)

技術士試験は、理解や知識を必要としますが一番でありません。一番重要なのは、「技術士に求められている事を理解すること=考え方」です。

そのため、何でも知っている人でも不合格に成ることもあれば、そこそこに知識があり技術士に求められている事を理解していれば簡単に合格する人もいます。

知識量=合格と理解すると合格までに長い時間がかかります。皆さんは、手早く合格するために、技術士に求められている事を正しく理解して一発合格を目指しましょう。

きょうから2023年7月17日(月・祝)の第2次試験まで224日です。

 

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、環境に関する問題です)

2023年の試験予想日である2023年11月26日(日)第1次試験まであと356日です。 2023年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、環境に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん
JES講師、環境部門 一次試験講師の濱崎です。

今回取り上げるのは、
(環境の状況の測定分析及び監視×化学物質×重金属×ICP-MS)の
マトリックスセルに分類される令和元年3-13番からの出題です。

3-13環境中の重金属元素分析法であるICP質量分析法に
関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

(1)液体試料はネブライザーで霧化した後,高周波プラズマに
導入する。

(2)試料中の測定元素は高周波プラズマの中でイオン化されて,
質量分離部で質量/電荷数(m/z)に応じて分離されて
検出器に入る。

(3)亜鉛,カドミウム,鉛の元素に対して,1μg/L以下の
装置検出下限を有している。

(4)他の元素の酸化物の分子イオンが
測定対象元素の質量/電荷数(m/z)に近い値を有する場合,
スペクトル干渉が生じる場合がある。

(5)コリジョン・リアクションセルは,非スペクトル干渉の
除去又は低減するための装置である。


解答 (5)


(5)「コリジョン・リアクションセルは,非スペクトル干渉の
除去又は低減するための装置である。」の不適切箇所は、
「非スペクトル干渉」で、「非スペクトル干渉」(「非」が
無いのが)適切な表現です。ICP―MS法はアルゴン(Ar)ガスに
高周波電力を印可して生成した誘導結合プラズマをイオン源に
用い、ICP に液体試料をネブライザーで霧状にして導入させ、
高周波プラズマによってイオン化された試料中の元素を
質量分析計 (MS) によって分離、検出する手法です
(上記(1)から(3)記載の通り)。

この手法では上記(4)の
スペクトル干渉が生じる場合があり、このような時に
コリジョン(衝突確率)やリアクション(反応物質添加)で
スペクトル干渉を除去したり低減するための装置が
コリジョン・リアクションセルです。

環境部門の受験対策は頻出過去問の演習が重要です。
(環境の状況の測定分析及び監視×化学物質×重金属×ICP-MS)の
マトリックスセルに分類される問題は、本問題と類似の問題が、
平成26年の3-9及び平成29年の3-4にも出題されているので併せて
ご確認下さい。

以上

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

知っているのに記述せずに不合格

2022.12.04

【お知らせ】短期集中コース動画学習コース2023年度ABCコース募集中

1,短期集中コース

短期集中コースの受講対象者は、下記の人です。

1,20歳代で一発合格を目指す人
2,解答論文がC評価の人
3,解答論文を最後の行まで記述できない人
4,記述内容知識の心配な人
5,1次・2次の連続合格を目指す人

上記の人に短期集中コース(←ここをクリック)を準備しました。短期集中コースで技術士試験の一発合格を目指しましょう。

2,動画学習コース

1次試験の択一問題は、毎年過去問題が64%出題されることを知っていますか? 1次試験対策は、試験に出る過去問題の攻略です。来年の第1次試験を受験される人は、動画学習コース(←ここをクリック)を準備しました。動画学習コースで一気に第1次試験を合格しましょう。

3、2023年度ABCコース募集中

現在JESでは、2023年度ABCコースの受講生を募集しています。近年では、技術士試験の出題傾向が変化しています。最新の出題傾向で技術士試験を一発合格しましょう。

JESでは、貴方の弱点にフォーカスして最短合格を目指します。20部門では、そのための三分割展開法ひな型論文テンプレート法機械的合格論文作成法を駆使して余裕を持った最速合格とします。また、総合技術監理部門専用コース(←ここをクリック)では、択一対策や総監ならではの勉強方法をお教えいたします。

他の受験生の1歩先を行く学習を開始しましょう。

申込みを希望される人は、2023年度ABCコース(←ここをクリック)から申込みください。

 

 

【コラム本文】知っているのに記述せずに不合格

技術士試験は、短期合格する人長年かかる人に分かれる試験です。短期合格は1~2年での合格です。長年かかる人とは、5年以上かかる人です。

この長くなる人は、技術士試験で求められている事が理解できて無いからのようです。

論文を拝見した後で、不足する事をいろいろと話をしてみると「書く必要が無いと思っていました」という回答が多いです。

話を聞けば書くべき内容を持っているのですが、書か無いのが不合格の理由です。書けるのに書かないで不合格に成るのは、何を書くべきか理解できていない。すなわち、求められている事が理解できて無いから不合格に成るようです。

口頭試験もしかりです。口頭試験で求められている事を、しっかりと話すことが重要です。

試験とは、能力を確認するために行われます。能力があると試験官が理解すれば、合格です。どのようにすれば能力があると認めてもらえるかを理解して受験しましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

きょうから2023年7月17日(月・祝)の第2次試験まで225日です。

 

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、都市及び地方計画に関する問題です)

2023年の試験予想日である2023年11月26日(日)第1次試験まであと357日です。 2023年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、都市及び地方計画に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

都市及び地方計画

市街地再開発事業に関する次の記述のうち,最も不適切なものは
どれか。

(1)市街地再開発事業は、既成市街地の中で高度利用を図るべき
地区にありながら、土地利用の効率が悪く、公共施設も不十分な
所について行われる。

(2)第1種市街地再開発事業は、事業区域内の土地・建物の権利を
再開発の土地・建物に一括権利変換するもので、比較的小規模の
再開発に適している。

(3)第2種市街地再開発事業の施行区域の要件には、
第1種市街地再開発事業の施行区域の要件が含まれている。

(4)第2種市街地再開発事業の施行者には、個人施行者、
市街地再開発組合が含まれている。

(5)第2種市街地再開発事業は、一般公共事業と同様な手法で、
地区内の土地・建物などを施行者が買収又は利用し、規模に
よっては権利を変換する方式をとる。







⇒答え(4)

(1)~(3)適切。

(4)不適切。第2種市街地再開発事業の施行者には、個人施行者、
市街地再開発組合は含まれない。

(5)適切。

第1種と第2種の主な違いを押さえておきましょう。

以上です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

内発的な考え方をする

2022.12.03

【お知らせ】短期集中コース動画学習コース2023年度ABCコース募集中

1,短期集中コース

短期集中コースの受講対象者は、下記の人です。

1,20歳代で一発合格を目指す人
2,解答論文がC評価の人
3,解答論文を最後の行まで記述できない人
4,記述内容知識の心配な人
5,1次・2次の連続合格を目指す人

上記の人に短期集中コース(←ここをクリック)を準備しました。短期集中コースで技術士試験の一発合格を目指しましょう。

2,動画学習コース

1次試験の択一問題は、毎年過去問題が64%出題されることを知っていますか? 1次試験対策は、試験に出る過去問題の攻略です。来年の第1次試験を受験される人は、動画学習コース(←ここをクリック)を準備しました。動画学習コースで一気に第1次試験を合格しましょう。

3、2023年度ABCコース募集中

現在JESでは、2023年度ABCコースの受講生を募集しています。近年では、技術士試験の出題傾向が変化しています。最新の出題傾向で技術士試験を一発合格しましょう。

JESでは、貴方の弱点にフォーカスして最短合格を目指します。20部門では、そのための三分割展開法ひな型論文テンプレート法機械的合格論文作成法を駆使して余裕を持った最速合格とします。また、総合技術監理部門専用コース(←ここをクリック)では、択一対策や総監ならではの勉強方法をお教えいたします。

他の受験生の1歩先を行く学習を開始しましょう。

申込みを希望される人は、2023年度ABCコース(←ここをクリック)から申込みください。

 

 

【コラム本文】内発的な考えをする

技術士の考えは、内発的でなければならないです。内発的の反対が外発的です。

内発的と外発的の例は、次のようになります。

内発的:私は、技術者に倫理観が重要だと思う。なぜなら私は、技術者倫理が社会へ重大な影響を与えると思うからです。

外発的:私は、技術者に倫理観が重要だと思う。なぜなら本には、技術者倫理が社会へ重大な影響を与えると書いてあるからです。

内発的な考えは、技術者本人の評価です。ですが、外発的な考えは、書いている本の評価です。技術士に成りたいと思う技術者は、評価してほしい自分の考えを述べる必要があります。本に書いてあることを言っても意味がありません。(本を評価しても意味がありません)

技術的体験論文などに記述した技術的判断などもすべて自分の(あなたの)考えを述べてください。技術士として評価してほしいのは技術士に成りたい自分だからです。会社上司チームなどを評価しても意味がありません

では、合格に向けてがんばりましょう。

きょうから2023年7月17日(月・祝)の第2次試験まで226日です。

 

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、フーリエ変換に関する問題です)

2023年の試験予想日である2023年11月26日(日)第1次試験まであと358日です。 2023年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、フーリエ変換に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
電気電子 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】
長さNの離散信号{x(n)}の離散フーリエ変換
(DFT:Discrete Fourier Transform)X(k)は,
次式のように表される。ただし,jは虚数単位である。

          N-1
X(k) = Σ x(n) e^-j2πnk/N , k = 0,1,…,N-1
          n=0

{x(n)}が次式のように与えられた場合,
離散フーリエ変換X(k)を計算した結果として最も
適切なものはどれか。

          | 1,  n = 0,1,N-1
x(n) = |
          | 0,  2 ≦ n ≦ N-2

(1) 1 + 2 sin 2πk/N
(2) 2 + 2 sin 2πk/N
(3) 2 - 2 cos 2πk/N
(4) 1 + 2 cos 2πk/N
(5) 1 - 2 cos 2πk/N

【正答】(4)

【解説】本問は,離散フーリエ変換の計算問題です。
問題文の条件よりX(k)は,
X(k) = 1 + e^-j2πk/N + e^-j2π(N-1)k/N
      = 1 + e^-j2πk/N + e^-j2πk e^j2πk/N
ここで,e^-j2πk = cos 2πk - jsin 2πk =1より,
      = 1 + e^-j2πk/N + e^j2πk/N
      = 1 + cos 2πk/N - jsin 2πk/N + cos 2πk/N + jsin 2πk/N
      = 1 + 2 cos 2πk/N
と求まります。

【参考文献】-

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「18)情報通信-通信理論-」に
関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、
お気軽にご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、
何でもお聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

誰もが理解できる高度な説明

2022.12.02

【お知らせ】短期集中コース動画学習コース2023年度ABCコース募集中

1,短期集中コース

短期集中コースの受講対象者は、下記の人です。

1,20歳代で一発合格を目指す人
2,解答論文がC評価の人
3,解答論文を最後の行まで記述できない人
4,記述内容知識の心配な人
5,1次・2次の連続合格を目指す人

上記の人に短期集中コース(←ここをクリック)を準備しました。短期集中コースで技術士試験の一発合格を目指しましょう。

2,動画学習コース

1次試験の択一問題は、毎年過去問題が64%出題されることを知っていますか? 1次試験対策は、試験に出る過去問題の攻略です。来年の第1次試験を受験される人は、動画学習コース(←ここをクリック)を準備しました。動画学習コースで一気に第1次試験を合格しましょう。

3、2023年度ABCコース募集中

現在JESでは、2023年度ABCコースの受講生を募集しています。近年では、技術士試験の出題傾向が変化しています。最新の出題傾向で技術士試験を一発合格しましょう。

JESでは、貴方の弱点にフォーカスして最短合格を目指します。20部門では、そのための三分割展開法ひな型論文テンプレート法機械的合格論文作成法を駆使して余裕を持った最速合格とします。また、総合技術監理部門専用コース(←ここをクリック)では、択一対策や総監ならではの勉強方法をお教えいたします。

他の受験生の1歩先を行く学習を開始しましょう。

申込みを希望される人は、2023年度ABCコース(←ここをクリック)から申込みください。

 

 

【コラム本文】誰もが理解できる高度な説明

技術士試験を受験する技術者で、「理解困難な高度なこと」を、説明して自分の能力の高さを見せようとする人がいますが、良い方法でありません。技術士試験の筆記試験での論文でも同様です。

説明を受ける人のほとんどは、「理解できる高度なこと」の説明を望んでいます。すなわち「理解できる」のが前提です。

これを外してしまうと「訳の解らないことを説明する、説明能力の無い技術者」という評価になります。

どのように良いことを説明しても理解できなければマイナス評価です。相手が理解できない内容は、説明しないほうが良いです。

ですが、相手が全て知っている内容だけの説明も評価を下げてしまいます。「誰もが知っていることしか説明できない技術者」という評価です。

相手が一番満足する説明は、知っていることを50%にして、残りの50%は、知っていることで理解できるように説明することです。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

きょうから2023年7月17日(月・祝)の第2次試験まで227日です。

 

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、平面応力に関する問題です)

2023年の試験予想日である2023年11月26日(日)第1次試験まであと359日です。 2023年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、平面応力に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(材料力学) 

平面応力について

平面応力状態となっている構造物の表面において、ある地点の
応力状態が、σz=80MPa、σy=20MPa、τxy=30√3 MPaであるとき
主せん断応力の絶対値に最も近い値はどれか。

(1)10MPa  (2)30MPa  (3)60MPa  (4)100MPa  (5)150MPa







⇒正解は(3)です。

最大/最小種せん断応力 

τ1,2=±√[(σx-σy)/2]^2+τxy^2

τ1,2=±√[(80-20)/2]^2+(30√3)^2
τ1,2=±√(900+2700)=±60

よって解答は(3)となります。

→令和1年 過去問(問題番号3-9)
を確認してみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

誰でも理解できる解答論文

2022.12.01

【お知らせ】短期集中コース動画学習コース2023年度ABCコース募集中

1,短期集中コース

短期集中コースの受講対象者は、下記の人です。

1,20歳代で一発合格を目指す人
2,解答論文がC評価の人
3,解答論文を最後の行まで記述できない人
4,記述内容知識の心配な人
5,1次・2次の連続合格を目指す人

上記の人に短期集中コース(←ここをクリック)を準備しました。短期集中コースで技術士試験の一発合格を目指しましょう。

2,動画学習コース

1次試験の択一問題は、毎年過去問題が64%出題されることを知っていますか? 1次試験対策は、試験に出る過去問題の攻略です。来年の第1次試験を受験される人は、動画学習コース(←ここをクリック)を準備しました。動画学習コースで一気に第1次試験を合格しましょう。

3、2023年度ABCコース募集中

現在JESでは、2023年度ABCコースの受講生を募集しています。近年では、技術士試験の出題傾向が変化しています。最新の出題傾向で技術士試験を一発合格しましょう。

JESでは、貴方の弱点にフォーカスして最短合格を目指します。20部門では、そのための三分割展開法ひな型論文テンプレート法機械的合格論文作成法を駆使して余裕を持った最速合格とします。また、総合技術監理部門専用コース(←ここをクリック)では、択一対策や総監ならではの勉強方法をお教えいたします。

他の受験生の1歩先を行く学習を開始しましょう。

申込みを希望される人は、2023年度ABCコース(←ここをクリック)から申込みください。

 

 

【コラム本文】誰でも理解できる解答論文

技術士試験は、試験センターが発行している「受験申込み案内」によれば、次の区分に分類されます。

1、技術部門:21部門

2、選択科目:69科目

3、専門とする事項:約1,000専門事項

この数値は、皆さんの解答を採点する採点官が皆さんと同じ専門家で無い可能性が高いということです。むしろ約1,000の専門家の中から意図して皆さんと同じ専門家とするのは、不可能に近いと思ったほうがよいでしょう。

これは、受験対策をするうえで重要な要素です。皆さんと専門が違う技術者に理解してもらえる解答をする必要があるということです。

すなわち、採点者に専門知識を要求する解答は、わかり難い解答と判断されて不合格に成ると考えるほうが良いです。

すなわち技術コンサルタントである技術士が、相手に理解できないコンサルティングをすれば、当然不合格です。

皆さんが目指す解答は、高度な内容でありながら、相手に専門知識を要求しない誰でも理解できる理想的な解答です。

相手の理解できる理想的な解答=合格です。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

きょうから2023年7月17日(月・祝)の第2次試験まで228日です。

 

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、化学式に関する問題です)

2023年の試験予想日である2023年11月26日(日)第1次試験まであと360日です。 2023年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、テレワークに関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】
情報通信技術を利用して行うテレワーク(事業場外勤務)
について,総務省はテレワークセキュリティガイドライン
(第5版)を公開している。テレワーク勤務者が実施すべき
対策として誤っている記述は次のうちどれか。

(1)テレワーク勤務者が所有する無線LANルーター等の機器
について,私物であってもファームウェアを最新版に更新
する必要性は高い。

(2)リムーバブルメディア(USBメモリ,CD,DVD等)は,
業務上必要であり,ルールで許可されている場合のみに
限らず利用できる。

(3)パスワードは,第三者に推測されにくいものを設定する。
多くの文字数を設定できる場合は,複数の単語を組み
合わせるなどして文字数が長いもの(パスフレーズ)を
設定する。

(4)セキュリティに関する研修等を受講し,セキュリティに
対する認識を高めるとともに,自らが実施している
セキュリティ対策を確認する。

(5)テレワーク端末が企業等として守るべき情報資産に
該当することを認識して適切に管理し,盗難・紛失防止に
努める。

【正答】(2)

【解説】
本問は,テレワークセキュリティガイドライン(第5版)の
「テレワーク勤務者が実施すべき対策」に関する問題です。
今後,出題される可能性がありますので,一度目を通して
おきましょう。

(1)○。脆弱性管理の観点から,組織の支給品・私物関係
なく,ファームフェアの最新化は必ず行う必要があります。

(2)×。不適切です。ルールに基づいた利用を行わなければ,
情報漏洩につながる危険性があります。

(3)〇。仮に,パスワードが第三者に知られた可能性がある
場合,早急にパスワードを変更しなければいけません。

(4)〇。セキュリティの最新動向を把握する意味でも,
組織内教育・研修の受講は重要です。 

(5)〇。テレワーク端末を含めた情報資産の盗難・紛失が
発生した場合,企業の信用失墜にまで影響が及ぶ場合が
あります。

【参考文献】
テレワークセキュリティガイドライン(第5版)(総務省)

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「10)情報管理」に関する
内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、
お気軽にご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、
何でもお聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム