技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

【技術士第一次試験】動画学習コース

技術士第一次試験のページにアクセスいただきありがとうございます。

このページは、第一次試験の合格を応援するページです。

技術士第一次試験について

【1】技術士とは

技術士とはどのような資格か

技術士は、法律で次のように規定されています。

第二条 この法律において「技術士」とは、第三十二条第一項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務(他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く。)を行う者をいう。

2 この法律において「技術士補」とは、技術士となるのに必要な技能を修習するため、第三十二条第二項の登録を受け、技術士補の名称を用いて、前項に規定する業務について技術士を補助する者をいう。

法令は、下記URLを参照ください。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=358AC0000000025

この条文は、法律的に説明して分かり難いので解説すると次のようになります。

技術士は、技術責任者という表現が適切な資格です。自分の専門分野全般にわたって様々な洞察をして専門知識豊富な技術者を指揮・指導して仕事をする技術責任者(リーダー)です。例えば、建設分野で言えば、材料分野・構造力学分野・地質分野・社会情勢・法律家などの専門家を束ねて社会インフラを構築する技術責任者です。

各分野の専門家としては、弁理士・測量士・建築士・土地家屋調査士などがいます。機械分野や電気電子分野で言えば、電気工事士・主任技術者・エネルギー管理士・危険物取扱者などの専門家がいます。

その他の専門分野でも数千という国家資格者がいてそれらの資格者を束ねて業務を行うのが技術士(=技術責任者)です。

そのため、独占業務は、各資格者が担います。技術士には、独占業務がありません。技術責任者として独占業務を持つ各資格者を束ねて業務を実施する専門家が、技術士(=技術責任者)です。

すなわち技術士は、技術責任者(リーダー)になる資格と言ってよいと思います。

リーダー 国家資格者

【2】取得のメリット

技術士を取得すると、技術責任者(リーダー)としての能力があると認められます。専門分野の将来動向や国家体制・社会情勢などを理解して、解決すべき課題や問題点などを理解してどのように解決すべきか理解していると判断されますので、企業や団体・組織での責任者に抜擢されやすくなります。

また、技術士になる1歩手前の技術士補になると専門知識をシッカリと理解して将来の技術責任者(リーダー)になる資質を備えている技術者と理解されます。

もし貴方が、学生で就職前であれば、将来有望な人材として積極採用されることとなります。すなわち、就職活動に有利です。

社会人

社会人であれば、キャリアアップ・起業・転職の武器として役立つ資格です。技術士を取得することによって、管理職登用への道がひらけてきます。

学生

学生であれば、エントリーシートの資格欄に「技術士第一次試験合格」と記載してください。記載することで就職活動で自らの有能性をアピールして、良い企業への就職・配属部署に役立つツールとなります。

組織の責任者

【3】技術士と技術士補(技術士第一次試験合格)

技術士資格には、技術士と技術士補があります。

技術士は、技術士第一次試験に合格するか、または、指定された教育機関でJABEE認定過程を終了して一定の実務経験の後に、技術士第二次試験に合格して取得できる資格です。

技術士補は、技術士第一次試験に合格すると登録申請して登録されると取得できる資格です。ただし、実力を認めてもらうだけであれば、登録申請せずに技術士第一次試験合格者と表示するだけで十分です。そのため、就職のためにエントリーシートに記載するのが目的であれば、資格欄に技術士第一次試験合格と記載してください。

技術士 技術士補

【4】試験スケジュール

  • 受験申込書配布:令和3年6月11日(金)〜6月30日(水)
  • 受験申込受付期間:令和3年6月17日(木)〜6月30日(水)
  • 筆記試験日:令和3年11月28日(日)
  • 合格発表:令和4年2月下旬
  • 願書の入手先:試験センター 下記URLを参照
    https://www.engineer.or.jp/sub02/

その他詳細は、下記試験センターに問い合わせください。

試験日:令和3年11月28日(日)

【5】受験資格(技術士第一次試験)

特になし(年齢、性別、経験、国籍などを問わず誰でも受験可能です)

FREE

【6】試験概要

(1)実施方法

試験時間
  1. 基礎科目:1時間
  2. 適性科目:1時間
  3. 専門科目:2時間
解答形式
  1. 基礎科目:五肢択一(マークシート方式)形式
  2. 適性科目:五肢択一(マークシート方式)形式
  3. 専門科目:五肢択一(マークシート方式)形式
出題数・解答数
  1. 基礎科目:1群から5群の全ての問題群からそれぞれ3問、計15問を選択し解答
  2. 適性科目:全15問を解答
  3. 専門科目:35問のうち25問を解答
配点
  1. 基礎科目:15点満点(8点以上で合格)
  2. 適性科目:15点満点(8点以上で合格)
  3. 専門科目:50点満点(25点以上で合格)

(2)合格基準

全科目が、同時に50%以上正解で合格(科目合格はありません)

(3)出題内容

【試験科目】

1. 基礎科目(大学教養課程の定期試験程度の難易度です)

 科学技術全般にわたる基礎知識を問う問題、出題分野は、下記の(1)から(5)の通りになります。

  • (1) 設計・計画に関するもの(設計理論、システム設計、品質管理等)
  • (2) 情報・論理に関するもの(アルゴリズム、情報ネットワーク等)
  • (3) 解析に関するもの(力学、電磁気学等)
  • (4) 材料・化学・バイオに関するもの(材料特性、バイオテクノロジー等)
  • (5) 環境・エネルギー・技術に関するもの(環境、エネルギー、技術史等)
2. 適性科目(社会人の一般常識程度の難易度です)

技術士法第4章(技術士等の義務)の規定の遵守に関する適性

3. 専門科目(大学専門課程の定期試験程度の難易度です)

機械や電気電子、建設、上下水道、情報工学など20の技術部門の中から1技術部門を選択された、当該技術部門に係る基礎知識を問う問題

過去問題は、下記URLに掲載されています。

https://www.engineer.or.jp/c_categories/index02021.html

(4)受験手数料

第一次試験:11,000円

(5)試験地、試験会場

試験地は、第一次試験、第二次試験ともに、北海道、宮城県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県および沖縄県

試験会場については、受験者が選択した試験地における会場より受験者宛に別途、通知がされます。

(6)合格率

技術士 第一次試験
全21部門の合計

試験年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
受験者数(人) 17,561 17,739 16,676 13,266 14,594
合格者数(人) 8,600 8,658 6,302 6,819 6,380
合格率(%) 49.0 48.8 37.8 51.4 43.7

過去の統計情報は、下記URLに掲載されています。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/001/001012.html

落ち着けば大丈夫

【7】受験対策

(1)勉強方法

受験対策は、過去問題の解答練習です。

難易度は、大学の定期試験程度の難易度です。すなわち、かなり難しい問題が出題されます。そのため、勉強せずに受験した場合、ほとんどの人が不合格となります。

ですが、約半分程度は、過去問題の類似問題です。そのため、過去5年間程度の問題を100%解答可能としておけば、合格できます。

過去問題を出題の可能性を考慮して開設した当Webサイトの動画解説が最適と考えます。

(2)勉強期間

勉強開始期間は、人によりますが、次の期間を参考にしてください。

大学3年生:GPA(Grade Point Average)が3以上であれば本番試験の2か月前からの勉強でも大丈夫かもしれません。

大学2年生:約半年前から勉強すれば合格できるかもしれません。

社会人(大学卒・院卒):出題範囲は、1度勉強している内容ですが、忘れていると思いますので、本番試験の1年前からの勉強が必要と思います。

社会人(高卒):今までに勉強して無い問題が出ますが大丈夫です。過去問題の解説を暗記する事から始めて類似問題であれば、確実に解答できるように勉強して下さい。本番試験の1年半前からの勉強が必要と思います。

数学・化学・物理の得意な人であれば、文系の人であっても約1,000時間の勉強で合格できると思います。

2021年一発合格法のご案内

技術士第一次試験について

まず、技術士第一次試験は、次の3科目で合否判定されます。

  • 基礎科目:科学技術全般にわたる基礎知識を問う問題
  • 適性科目:技術士法第四章の規定の遵守に関する適性を問う問題
  • 専門科目:当該技術部門に係る基礎知識及び専門知識を問う問題

技術士第一次試験は、非常に難しい問題が出題されます。公式な説明では、下記と書かれています。

適性科目については技術士法第四章(技術士等の義務)の規定の遵守に関する適性について、専門科目については技術士補として必要な当該技術部門に係る基礎知識及び専門知識について問うよう配慮する。

基礎科目及び専門科目の試験の程度は、4年制大学の自然科学系学部の専門教育課程修了程度とする。

平たく言うと「適性科目は、法律や適性について試験します」「基礎科目及び専門科目は、大学生が勉強する問題を試験します」と書かれています。事実、私の知っている大学の学生(現役3年生)が受験すると合格率は、5割です。

そのため、学校を卒業して十数年を経過している社会人が受験すると合格率2割程度となります。難易度を考えるのに高校時代を思い出してください。合格率2割とは、40人学級であれば、上位8人以内に入る事を意味しています。すなわち社会人にとって難関試験です。

ですが、別の見方もあります。例えば、専門科目(建設)の例を見てください。

近年の出題傾向(2015〜2019) 土質及び基礎【4問】

図を見てわかるように出題問題に明らかに傾向があります。繰り返し出題される問題・交互に出題される問題・間隔をおいて出題される問題など、いくつかの傾向があります。

効率的な勉強には動画学習がお勧め

そして、技術士第一次試験の効率的な勉強には、JESの動画学習をお勧めします。JESの動画は、パソコンはもちろんスマートフォンなどの携帯端末でも視聴可能です。

そして、嬉しいのが、倍速再生可能という事です。30分間の勉強も通勤時間やチョットした待ち合わせの15分間で視聴できます。もちろん繰り返し視聴や画像の停止も可能です。

受講コースは、下記を用意しています。

JESの動画学習コース

1、JESの動画学習コースとは

JESの動画学習コースは、技術士第一次試験の学習動画をVimeoで視聴していただきます。

そのため、「動画で勉強したい」とご納得いただいた人は、VimeoのWebサイドで視聴の申込みをお願いします。JESのサイド(ここのサイト)では、申込できません。

2、Vimeoでの視聴は、月額で2,980円の視聴料が必要です。

3、動画内での疑問は、担当講師に質問が可能です。

4、公開動画は、下記となっています。(毎月2~3テーマ程度を追加でUP予定です)

基礎科目は、下記が公開済みです

  • 0)基礎科目の概要
  • 1)設計理論
  • 2)システム設計
  • 3)品質管理等
  • 4)アルゴリズム
  • 5)情報ネットワーク等
  • 6)力学
  • 7)電磁気学等
  • 8)材料特性
  • 9)バイオテクノロジー等
  • 10)環境
  • 11)エネルギー
  • 12)技術史等

適性科目は、下記が公開済みです

  • 0) 適性科目の概要
  • 1)技術士法第4章条文
  • 2)技術士法第4章規定・CPD・コンピテンシー
  • 3)倫理綱領・倫理規定
  • 4)知的財産・営業秘密
  • 5)公益通報者保護法・個人情報保護法
  • 6)製造物責任法
  • 7)消費生活用製品安全法・景品表示法
  • 8)リスクマネジメント
  • 9)職業倫理
  • 10)情報管理
  • 11)環境問題/保全
  • 12)科学者の行動規範
  • 13)倫理一般・社会的責任
  • 14)技術者倫理事例

建設部門は、下記が公開済みです

  • 0)建設科目の概要
  • 1)土質及び基礎 
  • 2)-1 鋼構造【前半】
  • 2)-2 鋼構造【後半】
  • 3)-1 コンクリート【前半】
  • 3)-2 コンクリート【後半】
  • 4)-1 都市及び地方計画【前半】
  • 4)-2 都市及び地方計画【後半】
  • 5)-1 河川【前半】
  • 5)-2 河川【後半】
  • 6)海岸・海洋
  • 7)砂防
  • 8)港湾及び空港
  • 9)電力土木
  • 10)道路
  • 11)鉄道
  • 12)トンネル
  • 13)施工計画
  • 14)建設環境

機械部門は、下記が公開済みです

  • 0)機械部門の概要
  • 1)機械力学
  • 2)材料力学
  • 3)熱工学
  • 4)流体工学

電気電子部門は、下記が公開済みです

  • 0)電気電子部門の概要
  • 1)共通理論-電磁気学(現象・諸法則)
  • 2)共通理論-電磁気学(コイル・コンデンサ)
  • 3)共通理論-電磁気学(無限長導体・点電荷)
  • 4)共通理論-直流回路(基礎)
  • 5)共通理論-直流回路(応用)
  • 6)共通理論-交流回路
  • 7)共通理論-過渡現象
  • 8)発送配変電-発電
  • 9)発送配変電-送配電
  • 10)電気応用-電気機器
  • 11)電気応用-パワー半導体
  • 12)電気応用-電圧制御回路
  • 13)電子応用-電子回路
  • 14)電子応用-電子デバイス
  • 15)電子応用-計測・自動制御
  • 16)電子応用-論理回路
  • 17)情報通信-情報理論
  • 18)情報通信-通信理論
  • 19)情報通信-通信技術
  • 20)電気設備-電源/配電設備と法令

5、2020年10月11日(日)実施の問題解説は、基礎科目・適性科目・機械部門・建設部門が公開済みです。電気電子部門は、5月までの公開予定です。(公開しましたら、メールマガジンなどでお知らせします)

No 科目 受講費用 視聴開始月
1 基礎科目 2,980円/月 2020年10月より公開中
2 適性科目 2,980円/月 2020年10月より公開中
3 専門科目 機械部門 2,980円/月 2020年11月より公開中
4 電気電子部門 2,980円/月 2020年11月より公開中
5 建設部門 2,980円/月 2020年10月より公開中
6 上下水道部門 2,980円/月 2022年度より対応予定(2021年6月下旬~7月上旬頃リリース予定)
7 環境部門 2,980円/月 2022年度より対応予定(2021年6月下旬~7月上旬頃リリース予定)

例えば、基礎科目・建設部門の2科目を視聴される場合は、5,960円円/月で視聴可能となります。

なお、2020年10月11日(日)実施の試験問題解説は、基礎科目・適性科目・機械部門・電気電子部門・建設部門が視聴可能です。

JESの動画を倍速視聴して、最短合格しましょう。

まずは、Vimeoで確認してください。

お試し動画

技術士第一次試験概要の動画(08:24)

基礎科目の動画(07:14)

適性科目の動画(18:12)

建設部門の動画(34:34)

機械部門の動画(18:01)

電気電子部門の概要の動画(8:42)

無料メールマガジン登録(登録すると、勉強に役立つメールマガジンが届きます)

もしよかったら、メール登録をお願いします。登録いただくと、下記の特典があります。

  1. 毎月1回程度を予定している公演に無料でご招待
  2. 勉強に役立つ情報掲載マガジンの配布

プライバシーポリシーをご確認ください

rapid-ssl入力されたデータは、暗号化されて安全に送信されます。

お名前 必須
メールアドレス 必須
メールアドレス(確認) 必須
受講を希望する科目 必須
専門科目

動画サイトの質問受付フォーム

動画サイトの質問を受け付けます。

  • 質問は、1カ月に10件以内としています。
  • 質問は、動画内の内容に限定しています。
  • 講師からの返信は、最短1日~最長1週間で返信予定です。

プライバシーポリシーをご確認ください

入力されたデータは、暗号化されて安全に送信されます。

お名前 必須
メールアドレス 必須
メールアドレス(確認) 必須
質問する動画の名称 必須
質問内容 必須