技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

お知らせ

【6/9追加】新型コロナウイルス感染症対策について

2020.06.09

【6/9追加】3月・4月セミナー中止とZoomへ変更したことに対する補償

新型コロナウイルスの感染防止のため3月・4月の2か月間、JESは、セミナーを中止いたしました。代替方法でセミナーを実施して「受験申込書及び業務経歴表」を完成しましたが受講生の皆さんに予定外の苦労をおかけしました。

また現在も関係者全員の健康と安全を考えて、参加型セミナーが開催できない状態です。大変申し訳なく、お詫び申し上げます。

以上から、JESでは、7月5日終了予定の参加型セミナーを、3月・4月のセミナー中止と現在も学習で苦労をおかけしている補償として、参加型セミナーのA+BコースおよびA+B+Cコースの受講生全員に下記セミナーを無償(無料)で参加可能といたします。

  1. A+Bコース期間延長(現在7/5までを7/19までに14日間延長)
  2. セミナー追加(6/28最終が、7/12、8/23の2セミナー分追加)
  3. 添削期間延長(現在7/5までを~8/23まで追加延長)

本件は、関係者各位へE-mailで連絡しましたが、こちらでも連絡いたします。もしE-mailが届いてない人は、連絡いただければ、再送いたします。

【4/27追加】JESリモートワークのお知らせとご協力のお願い

現在、新型コロナウイルスの感染拡大対策で国及び東京都から人と人の接触を8割削減が、呼びかけられています。株式会社 日本技術サービス(JES)は、8割削減の要請にこたえるため、従業員の業務を在宅勤務(リモートワーク)といたしました。

各位には、ご不便・お手数をおかけしますが、JESへ何かお問い合わせの時は、電話でなくE-mailで連絡いただけますようにお願い申し上げます。E-mailアドレスは、info@ejes.jp(←半角にしてください)です。何卒よろしくお願い申し上げます。

【追加】JES の取り組みについて

JESの技術士合格セミナーに参加している各位には、いつも協力をいただき感謝申し上げます。

厚生労働省から発表された新型コロナウイルスの感染拡大防止について、JESの取り組みについてのお知らせと、受講生・講師など協力いただいている皆様へ協力のお願いです。

なお、本件のお願いは、2月21日(金)時点でのお願いです。今後は、最新情報で差し替えます。差し替えた場合は、再度お知らせいたします。

<参考>

新型コロナウイルス感染症の対応について
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

新型コロナウイルス感染症について
(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

(新型コロナウイルスを防ぐには)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf


厚生労働省の【イベントの開催に関するお願い】に対しJESとして下記を検討いたしました。

  1. セミナー参加者は、倫理観の高い技術者であるため、感染拡大防止に協力的である。
  2. 技術士試験の合格に1年遅くなった場合、人生設計に大きな影響のある人がいる。
  3. セミナーに参加している人は、新型コロナウイルスの感染に心配がある場合、自主的にセミナーを欠席できる人である。

よって現時点で、JESのセミナー開催に変更はありませんが、次の点でJESとして対策すべきと考えています。

  1. JESは、多くの人が参加するセミナーを開催している。
  2. 参加者は、技術支援などで海外へ渡航の可能性ある技術者である。
  3. 技術者倫理を学ぶ技術士(および技術士を目指す者)として率先して感染拡大防止に努める立場にある。

以上から、JESとしては、関係各位が安心して、セミナーに参加できるように、下記対策の協力をお願いしたいと思います。なお、関係者が、新型コロナウイルスに感染した場合、セミナーを原則として中止または延期といたします。

【受講生】

  1. セミナー参加の当日または前日に検温していただき37.5度以下であることを確認ください。
  2. 感染が疑われる発熱や咳がある場合は、セミナーを欠席していただくようにお願いします。
  3. また、60歳以上や持病のある方は、率先してマスクをしていただくようにお願いいたします。
  4. セミナー実施日以前の14日以内で感染拡大地域(中国)に渡航のある方は、感染して無い事の確認ができるまでセミナー参加のお休みをお願いします。

【講師】

  1. 感染拡大地域(中国)の海外渡航などがあれば、14日間経過観察をおこない、発熱や咳などで感染して無い事の確認ができるまでセミナー参加のお休みをお願いします。
  2. 持病や年齢などで感染リスクのある講師は、マスク着用などで感染防止に努めます。
  3. 発熱や咳がある場合は、直ちに医療機関で受診して感染拡大防止に努めます。

【社内スタッフ】

  1. 可能な限り公共交通機関の利用自粛・公衆の集まる場所への立ち入りの自粛を実施します。
  2. 社内・事務所は、体温計を常備して健康管理を行います。
  3. 発熱(37.5度以上)や咳などで感染が疑われる場合、医療機関で受診し休暇(公休)を取り健康の回復に努めます。
  4. 社内・事務所は、手洗い励行と消毒用アルコールを常備して殺菌消毒に努めます。

関係各位は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対して模範となるべき言動をとられると思います。なにとぞ本件について、ご協力をお願いいたします。
以上

新型コロナウイルス感染症対策について(出典:厚労省)