技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

技術士試験 講座案内

技術士試験 講座案内
技術士試験講座コース紹介
コースの選び方
コース内容・価格一覧
教材紹介
セミナー日程一覧
お申し込み・お支払い

技術士試験講座風景

技術士試験講座コース紹介

コース一覧

表は横スライドでご覧いただけます。

No コース 内容 日程 この中からお選びください
参加型 インターネット
コース
動画
1 専門充実
コース

受付中

キーワード学習を中心に学習して簡単な技術論文作成で基礎力を付けます。

詳細はこちら

8月~1月

JESが一番お勧めするコースです。

同じ受験部門の受講生通しの情報交換ができます。

担当講師以外の様々な専門家の講演を聞くことができます。

北海道や沖縄県からも前泊で参加されます。

詳細はこちら

遠方の受講生にお勧めのコースです。担当講師の十分な指導を受けることができます。

日程調整さえキチンとすれば、いつでもどこでも指導を受けられます。海外からも大丈夫です。

詳細はこちら

合格まであと1歩の人で、情報があれば良い人にお勧めのコースです。

他のコースと同じ情報をお届けいたします。質疑応答は、できません。

詳細はこちら

2 Aコース

『受験申込書及び業務経歴票』を作成します。

詳細はこちら

2月~4月
3 Bコース

筆記試験対策をします。

詳細はこちら

5月~7月
4 Cコース
受付中

復元論文・720文字詳細業務から口頭試験対策をします。

詳細はこちら

8月~10月
5 Dコース
受付中

模擬口頭試験を体験して頂きます。圧迫面接です。

詳細はこちら

11月~12月

今のお勧めコース

Dコース
専門充実コース
今のお勧めはこちらです

組合せ例(複合コース) ※組合せコースが、料金的にお得です。

A+B+Cコース 合格への道・徹底基本講座(受験申込書と業務経歴票作成)/筆記・選択と必須対策(筆記試験対策)/口頭試験での説明資料作成(試験官へ口頭説明するレジメ作成)
A+Bコース 合格への道・徹底基本講座(受験申込書と業務経歴票作成)/筆記・選択と必須対策(筆記試験対策)
B+Cコース 筆記・選択と必須対策(筆記試験対策)/口頭試験での説明資料作成(試験官へ口頭説明するレジメ作成)

特別コース

一発合格保障コース 合格への道・徹底基本講座(受験申込書と業務経歴票作成)/筆記・選択と必須対策(筆記試験対策)/口頭試験での説明資料作成(試験官へ口頭説明するレジメ作成)
インターネットコース 遠隔地および海外出張者の方向け
論理的DVD独学攻略コース

基本コース ※上にある組合せコースの方が、料金的にお得です。

Aコース 合格への道・徹底基本講座(受験申込書と業務経歴票作成)
Bコース 筆記・選択と必須対策(筆記試験対策)
Cコース 口頭試験での説明資料作成(試験官へ口頭説明するレジメ作成)
Dコース 模擬口頭試験対策

自分に合ったコースの選び方

一番お勧めするコースは、【Aコース】【Bコース】【Cコース】をセットにした【A+B+Cコース】です。ただ、一番申込の多いのは、【A+Bコース】です。

【Cコース】は、筆記試験の受験後1週間程度以内の申込みであれば、間に合います。そのため、筆記試験の手ごたえでCコースを追加申込みも可能です。

安心コース 約3~4割の人が、A+B+Cコースを選択します。 参加型:229,960円
インターネット:283,690円
一番人気 約5割の人が、A+Bコースを選択します。 参加型:164,640円
インターネット:198,940円

なお、東京都北区で受講する参加型と【インターネットコース】では、参加型がお勧めです。

最上級コースは、【一発合格保障コース】です。ただし、このコースは、業務命令による受験など不合格が許されない場合のコースです。

そのため、よほどの人でなければ、一発合格保障コースでなく【A+B+Cコース】で充分です。

【動画】ABCDコースの説明

理想的な合格へのステップ

理想的な合格へのステップ 専門充実コース 専門充実コース A+B+C+Dコース A+B+C+Dコース A+B+Cコース A+B+Cコース A+Bコース A+Bコース 専門充実コース Dコース Dコース Dコース Cコース Cコース Bコース Bコース Aコース Aコース 専門充実コース 専門充実コース 専門充実コース

  • 第二次筆記試験で残念な結果の人が、専門充実コースを申込みます。
  • 第二次筆記試験合格発表で残念な結果の人が、専門充実コースを申込みます。
  • 第二次試験合格発表で合格した人が、Dコースを申込みます。
  • 第一次合格発表で合格した人が、専門充実コースを申込みます。
  • 専門充実コースを修了した人が、A+Bコースを申込みます。
  • Aコースを修了した人が、3月から4月の間で順次Bコースへ移行します。
  • Bコースを修了した人が、第二次筆記試験を受験します。
  • 第二次筆記試験の結果に自信のある人が、Cコースを申込みます。

コース内容・価格一覧

全コースともに【添削回数無制限】
(別途、添削なしコースもあります)

添削例

こんな感じで真っ赤に添削します。

お申し込みから1週間後に教材が届き勉強を開始できます。坂林代表から直接E-mailで指導を受けられます。

技術士試験講座 コース内容・価格一覧

表は横スライドでご覧いただけます。

コース名称 添削回数無制限
【★1 動画ファイル付】
添削なし
【★1 動画ファイル付】
会場参加 インターネット
二次試験 総監併願 二次試験 総監併願
C 口頭試験での説明資料作成
8月・9月・10月
スクーリング3回・添削無制限
99,980円
(総監受験含む)
151,380円
102,140円
(総監受験含む)
157,040円

A , B , C ,口頭の
いずれか ★3

1コース ★4
24,000円

2コース ★4
45,000円

3コース
60,000円

4コース
80,000円

A+B 【一番人気】
2月・3月・4月・5月・6月・7月
スクーリング6回・添削無制限
164,640円
(総監受験含む)
246,520円
198,940円
(総監受験含む)
278,070円
A+B+C 【安心コース】
2月・3月・4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月
スクーリング9回・添削無制限
229,960円
(総監受験含む)
349,640円
283,690円
(総監受験含む)
395,032円
模擬口頭試験
11月or12月
46,100円
(総監受験含む)
69,100円
46,400円
(総監受験含む)
69,920円
一発合格保障コース
2月・3月・4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月
888,888円
(総監受験含む)
1,333,332円
最大24回の分割払いが可能(クレジット決済)

上記の受講料をクレジット決済で分割支払いの場合は、最大で24回の分割が可能です。

1回数千円、しかも後払いで、今すぐ勉強を始められます。
(分割金利は、クレジット会社で異なります)

分割払いの詳細はこちら

銀行振込手数料は、お客様がご負担下さい。

★1  会場参加・インターネット・論理的動画独学攻略コース

自宅で動画だけでも学習可能な動画ファイルと教材をお送りします。
(業務多忙や長期出張などで万一の場合でも安心です)

  • Aコース(受験申込書と業務経歴票作成):動画ファイルを2本
  • Bコース(筆記試験対策) :動画ファイルを2本
  • Cコース(口頭試験の諮問対策資料作成):動画ファイルを2本
  • 口頭試験(模擬面接) :動画ファイルを1本

★2  論理的動画 独学攻略コース 二次試験

論理的動画独学攻略コースは、技術士第二次試験実力錬成講座で撮影した動画をご自宅へお送りするコースです。自身で学習管理される受験生には、お得な料金設定になっています。個別指導・添削・質疑応答が、不要な人向けの設定です。

★3  A , B , C ,口頭のいずれか

ここの2コースはA+BコースやB+Cコースなど、3コースはA+C+口頭など任意の受講組合せで、申込み時に連絡下さい。連絡のない場合は、直近のコースから配信いたします。

★4  1コース/2コース

1コースと2コースは、オリジナルテキストとお渡しする適切な資料で勉強していただきます。

カタログ・価格表・合格対策スケジュール(PDF)

価格表 価格表
【サイズ:2.3 MB】
総合カタログ 総合カタログ
【サイズ:116.3MB】
合格対策スケジュール 合格対策スケジュール
【サイズ:209KB】

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe社の無償ソフト「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない場合は、こちらよりダウンロードください

教材紹介

申込むと最短1週間でこれだけの教材が届いてすぐに勉強開始です。

有料セミナーに申し込まれた人には、下記の資料をお送りします。最短1週間後から学習できます。最短合格は、早期学習の開始です。

下記の「教材(主に使用する教材)」「(無償謹呈教材)」「期間限定で非売品・謹呈の教材」は、申込コースに合わせて送るものと送らないものがあります。

さらに送る時期は、それぞれの発送時期に従います。(下記は、期間限定内でA+B+C+模擬口頭コースを申込んだ場合の最大リストです)

下の写真は、「A+B+C+口頭試験コース」を申込まれた人に無償で謹呈する教材の写真です。(一部の教材は、PDFファイルでお渡しします)

教材の写真

無償謹呈する教材の中には、下の写真のように合否判定できる判定基準もあります。

合否判定できる判定基準

教材(主に使用する教材)

【この教材がすべて0円で手に入ります。追加料金はかかりません。】

表は横スライドでご覧いただけます。

No 教材名 発送時期 コース 市価参考価格
(非売品)
A B C D
1
技術士試験全体の解る動画 入金後 1~2週間
14,900円→0円
2
オリジナルテキスト
28,300円→0円
3
H25年必須科目問題解答解説
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
4
H26年必須科目問題解答解説
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
5
H27年必須科目問題解答解説
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
6
H28年必須科目問題解答解説
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
7
H29年必須科目問題解答解説
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
8
H25年問題分析資料
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
9
H26年問題分析資料
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
10
H27年問題分析資料
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
11
H28年問題分析資料
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
12
H29年問題分析資料
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
13
H30年必須科目問題解答解説
※PDFファイルでお渡し
完成次第(12月ごろ)
5,000円→0円
14
H30年問題分析資料
※PDFファイルでお渡し
5,000円→0円
15
口頭試験オリジナルテキスト 講習会場、同封、11月郵送配布のいずれかで発送
6,000円→0円
模擬質疑応答記載Part1~4
6,000円→0円
16
各コースの教材動画
撮影後2週間程度
(全コースで7本の動画ファイル)
3月、4月(動画ファイル2本)
19,800円→0円
6月、7月(動画ファイル2本)
19,900円→0円
9月、10月(動画ファイル2本)
19,700円→0円
11月(動画ファイル1本)
14,800円→0円
小合計
184,400円

すべて0円

なお、1日受講コース、模擬口頭試験コース、動画1コース、動画2コースは、テキストはNo.2のオリジナルテキストです。

上記資料を渡し済みの人(再受講・追加受講など)は、渡し済み資料を利用ください。

※一部で作成中の資料は、後日お送りします。郵便事情によって郵送に2週間かかる地域もあります。

お送りする教材

学習テキスト(このテキストで学習を進めます)

1. オリジナルテキスト(全コース)

副教材

以下は、申込みされた人に無償提供しています。よって、書籍や過去問題集など購入不要です。

2. 書籍(コースに応じて)
3. 過去6年間の試験問題集(H25年~H30年試験問題分析資料付き)(Bコース)
4. 学習用動画(コースに応じて)

講師が出版した書籍・非売品資料

JESで準備している書籍が次々でそろっています。JES有料セミナーを申込まれた方には、講師が出版した下記書籍(弘文社、産経新聞出版、オーム社、非売品資料)を謹呈いたします。

【注1】なお、JES有料セミナーの申込コースによって指導に不要な書籍や資料などを除きます。

書籍:非売品資料の平成25年~平成30年の技術士試験問題(6年分)が、分析資料付きで手に入ります。試験問題資料は、技術士試験に出る?重要キーワードを強調文字にしてあります。

書籍【全コース/一部Bコース対象】
試験問題分析資料【Bコース対象】

セミナー(スクーリング)日程一覧

【30年度】参加型セミナースケジュール・セミナー内容

【30年度】第1組と第2組の区分は、下記です

  • 第1組:建設部門、上下水道部門、水産部門、環境部門、総合技術監理部門
    ※総合技術監理部門は、1組に参加をお願いします。
  • 第2組:上記以外すべての部門

AコースとBコースで初回は、集合セミナーといたします。個別指導は、第2回目から実施します。Cコースは、初回から個別指導を行います。また、Cコースは、第1組・第2組合同でセミナーを実施しますのでいずれを選んでも同じ日程で参加してください。

※H30年は、全てのセミナーを北区 北とぴあで実施します。

セミナースケジュール

表は横スライドでご覧いただけます。

コース No 【30年度】日程 セミナー内容

第1組

建設部門、総合技術監理部門、上下水道部門、水産部門、環境部門総合技術監理部門

第2組

左記以外すべての部門

A
3回実施
1 2月17日(土)
会場:北とぴあ

【集合セミナー】

業務棚卸方法と技術士試験の勉強方法について

(1)

3月17日(土)
※対象者以外の参加不可
会場:北とぴあ

3月の合格発表で残念な結果になった人を対象にセミナーを開催
(口頭試験の結果を考慮した内容を中心に第1回目を実施)

2

3月18日(日)

3月25日(日)

【個別指導】

「受験申込書及び業務経歴票」の作成(下書きなど)

会場:北とぴあ
3

4月8日(日)

4月15日(日)

【個別指導】

「受験申込書及び業務経歴票」の作成(清書など)

会場:北とぴあ
B
4回実施
4

5月13日(日)
※第1組と第2組の合同実施
会場:北とぴあ

【集合セミナー】

合格論文作成のために勉強すべきことなど

5 5月20日(日) 5月27日(日)

【個別指導】

合格論文作成法の指導

会場:北とぴあ
6 6月10日(日) 6月17日(日)

【個別指導】

論文作成と添削指導など

会場:北とぴあ
7 7月1日(日)
※第1組と第2組の合同実施
会場:北とぴあ

【個別指導】

模擬試験と採点による添削指導など

C
3回実施
8 8月26日(日)
会場:北とぴあ

【個別指導】

筆記試験の復元論文による想定質問の準備など

9 9月16日(日)
会場:北とぴあ

【個別指導】

「受験申込書及び業務経歴票」からの想定質問の準備など

10 10月20日(土)
会場:北とぴあ

【個別指導】

毎年質問される内容の準備など

【2019年度】参加型セミナースケジュール・セミナー内容

【2019年度】第1組と第2組の区分は、下記です

  • 第1組:建設部門、上下水道部門、環境部門、総合技術監理部門
    ※総合技術監理部門は、1組に参加をお願いします。
  • 第2組:上記以外すべての部門

AコースとBコースで初回は、集合セミナーといたします。個別指導は、第2回目から実施します。Cコースは、初回から個別指導を行います。また、Cコースは、第1組・第2組合同でセミナーを実施しますのでいずれを選んでも同じ日程で参加してください。

※2019年は、全てのセミナーを北区 北とぴあで実施します。

セミナースケジュール

表は横スライドでご覧いただけます。

コース No 【2019年度】日程 セミナー内容

第1組

建設部門、総合技術監理部門、上下水道部門、環境部門総合技術監理部門

第2組

左記以外すべての部門

A
2回実施
1

2月10日(日)

2月16日(土)

【個別指導】

業務棚卸方法と技術士試験の勉強方法について

会場:北とぴあ
2

3月24日(日)

3月31日(日)

【個別指導】

「受験申込書及び業務経歴票」の作成(下書きなど)

会場:北とぴあ
B
4回実施
3 4月7日(日) 4月14日(日)

【個別指導】

「受験申込書及び業務経歴票」の作成(清書など)

会場:北とぴあ
4 5月12日(日) 5月19日(日)

【個別指導】

合格論文作成法の指導

会場:北とぴあ
5 6月09日(日) 6月16日(日)

【個別指導】

論文作成と添削指導など

会場:北とぴあ
6 6月30日(日)
※第1組と第2組の合同実施
会場:北とぴあ

【個別指導】

模擬試験と採点による添削指導など

C
3回実施
7 8月未定
会場:未定

【個別指導】

筆記試験の復元論文による想定質問の準備など

8 9月未定
会場:未定

【個別指導】

「受験申込書及び業務経歴票」からの想定質問の準備など

9 10月未定
会場:未定

【個別指導】

毎年質問される内容の準備など

お申し込み・お支払い方法

お申し込みについて

FAXまたはお申し込みフォームより、お申し込みください。

途中からのコース変更は、割高になります。

お支払い方法について

銀行振込・クレジットカード

銀行振込手数料は、お客様がご負担下さい。

クレジットは、ご希望の分割払いも可能です。「分割回数3~24」/「リボルビング」

分割払いの詳細はこちら

VISA・MASTER・DINERS JCB・AMEX
技術士試験講座コース紹介
コースの選び方
コース内容・価格一覧
教材紹介
セミナー日程一覧
お申し込み・お支払い