技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

2011年7月

自分の能力を信じることができれば、希望あり。

2011.07.30

みなさん筆記試験が近づくに従って不安になっていると思います。よくわかります。不安になるのは、受験生全員です。人間は、自分の成長を実感しにくいものです。自分の成長を実感する方法を話してみます。

1、不安を解消するために過去の添削論文を眺めるのも一つです。過去の指摘を見ると、納得できると思います。指摘に対してどのようにすればよいか理解できていると思います。

2、次に再度論文を解答してみてください。再解答してみると前回より良い論文を素早く記述できると思います。

この2点を感じることができれば、あなたは、成長しています。自分の能力を信じることができれば、希望があります。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

「得意な問題に落とし穴」。「聞かれている事」に解答しているか確認。

2011.07.29

筆記試験の解答でときどき見かけるのに「書きたいことを書く人」がいることです。

書きたいことを書く人は、解答用紙の最終行まで空白無しに書き切ります。

このような人は、試験終了時に「最終行まで解答できた」と満足感を実感しています。ですが、合否発表では、不合格になります。

このような人の問題点は、「書きたい事」と「聞かれている事」の違いに気づかないことです。別の言い方をすれば、問題を作って解答している人です。

もし最終行まで書き切っても不合格になる人は、「聞かれている事」にキチンと解答しているか確認してください。

特に得意な問題が出題されたときは、十分注意してください。得意な問題は、「書きたい事」を書いて不合格になる可能性が高いです。(「得意な問題に落とし穴あり」です)

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

試験直前で苦しいときは、合格した後のことを考えましょう。

2011.07.28

筆記試験まで2週間を切りました。人によっては、いまが一番苦しいときかもしれません。

もし試験直前で苦しいときは、合格した後のことを考えましょう。

例えば、技術士試験に合格すれば次の事が待っています。

1、資格手当が付いた。給料が上がった。

2、周りから尊敬された。

3、職位が一つ上がった。昇進した。

4、客先から信頼されるようになった。仕事がやりやすくなった。

5、大きな仕事を任されるようになった。

6、定年退職後の仕事で1ランク上の再就職ができるようになった。

いま苦しくとも合格すれば、良いことが待っています。2週間後には、筆記試験も終わっています。あと少し頑張りましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

どんな状態でも、あきらめないで受験する人は、いつか合格する。

2011.07.27

技術士試験は、毎年3万6千人が受験申請し、実際には2万7千人が受験します。きょうは、この差9千人の人へコラムを書いてみます。

まず9千人は、どのような人かを考えてみます。多い理由は、次の4つです。

1、受験しても無駄だとして、受験放棄した人。

2、業務などが重なり受験できない人。

3、本人や家族が病気などで受験できない人。

4、冠婚葬祭が重なってしまった人。

私はこの中で、「3」と「4」はやむなしと思っています。「1」と「2」は、受験すべきだと思っています。

「1」ですが、受験放棄は、自分で自分に不合格を出していることになります。本人は、来年受験するつもりでしょうが、おそらく来年も同じです。

なぜなら試験前までに準備万端で受験する人などいません全員が、「準備不足」で受験します。準備万端で受験しようと思っている人は、永遠に受験できないと思ってください。

次に「2」は、考え過ぎです。通常の会社員は、本人でなければできない仕事などありません。会社員は、自分の業務をだれでもできるようにするのが仕事です。会社員が、自分しかできない業務を作ってはいけないのです。(自営業は別です)

それにもかかわらず業務優先で受験をあきらめた人は、「1」が真の理由です。

「1」「2」いずれにしても、8月7日(日)の試験は、必ず受験してください。受験すればわずかでも合格の可能性があります。合格しなくても来年につながります。受験しない人は、永遠に不合格です。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

論理的考察力や応用能力が論文に表現されていれば合格です。

2011.07.26

筆記試験まで、2週間を切りました。受験されるみなさんは、気持ち穏やかでないと思います。ですが、落ち着いて勉強してください。

今から試験日までにやるべきは、専門知識の正しい理解と論理的考察力です。応用能力は、具体的な事例に専門知識を適用すれば「応用能力あり」と判断してくれます。

やってはいけない勉強法は、専門知識の暗記や予想問題の暗記です。暗記に頼った勉強は、どれだけ勉強しても合格できません。採点官が論文を見れば、論理的考察力や応用能力の有無を的確に判断できるからです。

論理的考察力や応用能力が論文に表現されてなければ、どのように高度な専門知識や理論や数式など論文に書かれていても不合格になります。

逆に論理的考察力や応用能力が論文に表現されていれば、ありきたりの専門知識などの内容でも合格できるのが、技術士試験です。

それではあと少しです。頑張りましょう。

きょうは皆さんに自責をお勧めしたいと思います。

2011.07.24

きょうは皆さんに自責をお勧めしたいと思います。

まず「自責」と「他責」について話します。自責とは、何かあった時に自分の責任ととらえることです。他責とは、何かあった時に他人の責任ととらえることです。

みなさんは、何かがあった時にその責任を何に求めますか?

例えば、会社の上司から飲み会に誘われて勉強できなかった場合です。

1、もしこの場合、上司に責任を求めると原因対策は、上司を変えることになります。

2、もし自分の責任だと考えれば、自分が変われば対策できます。

「1」と「2」で対策がまるで違います。

「1」の場合に、上司へ原因対策を伝えるのが、高いハードルです。原因対策を伝えたとしても、相手が変わってくれるかどうかわかりません。特に人間は、変化よりも安定を好みます。原因対策は、危ういと思います。

「2」の場合は、自分が納得すればよいので原因対策も簡単です。自分が変われば、自分の能力向上にもつながります。

以上から自分の能力向上のためにも、他責で無く、自責をお勧めしたいと思います。

最後に次の言葉を皆さんへプレゼントします。

自分が変われば世界が変わる。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

試験日に向けた体調管理と準備品を点検しましょう。

2011.07.23

筆記試験まで2週間になりました。皆さんの体調管理は、いかがでしょうか?

筆記試験のときに実力を最大に発揮できるように準備をしてください。

勉強スタイルが夜型の人は、朝型に切り替えてください。朝食もしっかりと取るように切り替えてください。

睡眠時間もしっかり取るように切り替えてください。

遠方から試験会場に向かう人は、試験会場近くでホテルに前泊するのも良いです。

高級ホテルにする必要ありませんが、ある程度のホテルを選びましょう。

もし試験会場に不安がある人は、事前に下見をしておくのも良いです。

筆記具は、使い慣れておく必要があります。新しいものを購入するのであれば、急いでください。

猛暑対策で水筒や冷感ジェルなども準備しておくと良いです。また冷房対策も考えておきましょう。

あと少しで、一つ目のゴールです。頑張りましょう。

技術士に求められていることが理解できれば、合格が近いです。

2011.07.21

みなさん技術士試験に向けて頑張っていますでしょうか?

もちろんこのコラムを読んでいる全員が、頑張っていると思います。また、皆さんが、同じ24時間を毎日消費しています。

同じ24時間頑張っているのですが、試験結果で合格と不合格に分かれます。分かれる理由は、大きな違いで無くほんのわずかの違いです。

その違いは、「技術士に求められていることが理解できているかどうか」です。知識量で合否が分かれるわけでありません。

7月17日(日)のセミナーである受講生が「年数がかかりましたが、技術士に何を求められているか理解できました」と言っていました。人によって10年近くかかる人もいます。早く気付いてよかったです。

この受講生は、合格できると思います。(たぶん今年度、遅くとも来年度)

みなさんも、技術士に求めれれている事が何なのか、考えながら勉強してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

合格という目的に向かって最後まで頑張りましょう。

2011.07.20

あなたは、なぜ技術士試験を受験するのでしょうか?

もし勉強にくじけそうになった時、受験理由を考えると良いかもしれません。

あなたの受験理由は、技術士という資格を使って大きな仕事をしたいからでしょうか?

海外で活躍したいからでしょうか?

給料を増やしたいからでしょうか?

定年後の事を考えてでしょうか?

責任ある立場になりたいからでしょうか?

あるいは、誰かを見返したいからでしょうか?

技術士試験を受験する動機は、どれでも構いません。100%目的が、かなうかどうかわかりませんが、大きな1歩になります。確実に目的に近づきます。

あなたの目的をかなえるためにも、最後まで頑張っていただければと思います。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

「なでしこJapan」に「あきらめない」を学んで、合格するまで頑張りましょう。

2011.07.19

きょうは、サッカー「なでしこJapan」に学んだ「あきらめない」ということを思ってコラムを書いてみます。

JES技術士セミナーは、毎年高い合格率を保っています(参加型で60~80%)。ですが、受講生で不合格になる人もいます。

また、このコラムは、JES受講生以外も見ていますそこで今日は、JES受講生以外の人へ向けて、あきらめないということについて書いてみます。

さて、このコラムを読んでいるあなたは、技術士試験に何度目の挑戦ですか?

技術士試験の難易度から考えると、複数回の受験が普通です。合格率から考えて平均的には、5~6回の受験で合格するのが、普通でしょう。

大学入試などは、ストレートで進学するのが普通であり、長くても二浪までです。他の資格試験でも2~3回の受験で合格するのが普通です。このことを考えたときに、5~6回で合格するのが普通では、合格前に挫折する人も多くいます。

ですが、このコラムを見ている人は、合格するまであきらめないでほしいと思います。合格する前にあきらめる人は、挫折という結果が残ります。ですが、合格するまであきらめなければ、合格という結果しかありません。

受験生の皆さんが、合格のコツをつかんで1回で合格できればよいのですが、もし残念な結果になっても、あきらめないでください。

サッカー「なでしこJapan」に比べれば、我々の受験している技術士試験は、毎年1,000人以上の合格者がいます。

「あきらめない」という勇気をもらって、合格するまで頑張りましょう。

今日からは、試験本番まで知識の熟成に入りましょう。

2011.07.18

JESは、昨日のセミナーで筆記試験前の予定をすべて終了しました。受講生の皆さんお疲れ様でした。

さてこれからは、ここまでに培った勉強の熟成です。もちろん人によっては、「もう少し勉強が不足している」と不安に思われている人が多いと思います。ですが、試験準備に終わりがありません。不安になる気持ちは、気にしないで勉強しましょう。

何かやるべき事が、はっきりしている人を除いて、新しいことに手を出さない方が良いです。漠然と準備不足と思っている人は、ここまでに勉強したことで消化不良になっていることを自分のものにする勉強をしましょう。

例えば次の事をやってみたらいかがでしょうか?

1、自分の論文で指摘された弱点に、何があったかリストを作成する。いわゆるあなたの弱点リストです。

2、キーワード集で自分の理解不十分な分野での読み込みです。

3、手書き論文における自分の筆記確認です。癖字・当て字・略字・誤字は、筆記試験の評価を下げます。場合によって、致命的な減点もあります。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

あなたは、本気で勉強していますか?

2011.07.17

あなたは、本気で勉強していますか?

突然に理由を説明せず問いかけをして申し訳ありません。

JES技術士セミナーでは、毎年20人に1人程度の割合で受講生と講師の間でトラブルが出ます。

トラブルの原因の多くは、論文添削で講師の指導が受講生に理解されずに発生します。

講師も本気で指導していますので、妥協しません

最後には、受講生から「あんな講師しかいないJESなど二度と行かない」となってしまう場合もあります。

私としては、非常に残念ですが、ある程度トラブルが出てもやむなしと思っています。

本気で勉強している受講生と妥協しない講師が、がんばって勉強しているのですから、多少のトラブルは出ます。

辛い事ですが、そのおかげで合格率60~80%なのです。技術士試験は、本気で勉強しないと合格できないのです。

また、受講料についても本来であれば、教育給付金の対象にすれば、国からの補助で低価格にすることができます。

ですが、対象外としています。これも、受講料を気にする人は、本気の人が少ないからです。

JESは、受講生を増やすよりも、合格者を増やしたいと思っています。

技術士試験の筆記試験が終わったころから、平成24年度の受講生を募集します。

今年もJESは、本気で合格を考えている人だけ募集しようと思っています。

JESは、20人中で19人の合格を目指して頑張ります。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

論文の手書き練習は、何回が良いか。

2011.07.16

きょうは、論文の手書き練習の回数について、話してみます。

まず手書き練習をしないで試験の本番を迎えるのは、合否を運任せにすることになります。

試験本番前に必ず手書き練習をしてください。

では、何回手書き練習をするか考えてみます。

私のお勧めは、次の各1回以上です。

1、自分の得意な問題や添削を受けて合格点になった論文のタイムトライアル。

2、初めての苦手な問題をタイムトライアル。

それぞれについて1回以上のタイムトライアルを実施して、その結果で手書き練習の回数を決めてください。(せめて、得意な問題は、時間内に書けるようにしましょう)

トライアルで試験時間になんとか解答できると思えば、1回の練習でも良いかもしれません。

一つ言えることは、全ての準備が完了して受験できる人は、一人もいないということです。

一つでもできることを増やして試験にのぞみましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

本を勉強するときは、次に書いてあることを想像しつつ勉強してください。

2011.07.15

「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎氏が、少し前のTVインタビューで次のように話したことがあります。

「新人に、研究を始めるとき1か月間は、本を読むなと指導している」のコメントがありました。

理由は「本に書いてある内容は、過去のことで新しい発想はない」とのことでした。

部分的には、理解できる内容です。技術士試験においても、本をよく読む人の中に「知識が豊富だけれども自分の考えのない人」がいます。

自分の考えが無い技術士は、致命的です。なぜなら技術的指導をする立場の人(技術士)が、自分の考えが無いのは、指導する内容が無いのと同じだかです。

しかし技術士は、知識も重要です。知識が無ければ、評論家的で信ぴょう性を疑われます。

私が受講生にお勧めするのは、「自分の考えを持ちながら資料を勉強する」ことです。技術士試験では、1か月待つことできません。自分の考えは、少しだけ先行させて「自分の考えを持ちながら勉強」してください。

本を勉強するときは、「自分だったらこう考える」と次に書いてあることを想像しつつ勉強してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

新しいことを知る楽しみを感じながら勉強しましょう。

2011.07.14

あなたは、技術士試験が仕事や生活に役立っていますか?

技術士試験は、知識の整理であったり業務の進め方を学ぶ勉強になります。

また、読みやすい論文を書く練習は、業務報告書の勉強になります。

JESの講師は、複数の技術部門を取得している人が多数います。

講師の皆さんを見ていると、技術士試験を楽しんで勉強しているようです。

楽しいので複数の技術部門に挑戦されているようです。

もし皆さんも技術士試験に早く合格したいと思ったら、楽しみを見つけて勉強すると良いでしょう。

「勉強するんだ」とおもって忍耐で勉強していると、長続きしません。また知識の吸収率も低いです。

新しいことを知る楽しみを感じながら勉強しましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

みなさん模擬試験をやってみましたか?

2011.07.12

みなさん模擬試験をやってみましたか?

模擬試験をやってみると、現在の実力が判明します。模擬試験で合格できないと、本番が厳しい結果になります。模擬試験では、次の順番で自己判定してください。

1、試験時間内に記述できるか?

試験時間内に解答できなければ、不合格です。

2、解答の指定枚数をきちんと使って記述したか?

指定枚数の最終頁で空行を1~2行以内まで記述してください。空行が多いと不合格になります。「指定枚数まで記述できない実力」と判定されるからです。

3、専門用語をきちんと使っているか?

専門家が記述する論文です。専門用語は、きちんと書かれていることが必須です。専門用語で誤字・当て字・略字などは、「本当に専門家?」と疑われて不合格です。

4、質問に答えているか?

問題で「課題を3つ挙げなさい」や「概要を述べなさい」などが指示されています。過不足なく指示通り記述します。指示通りの記述でなければ、「指示されたことができない技術者」と判定されます。

5、間違った記述が無いか?

専門分野において間違いが記述されていれば、専門家でありません。不合格の対象です。

6、理解しやすいか?

1回読んだだけで理解できる論文になってなければ、不合格です。採点する人は、忙しい人が多いです。論文を1回読んでも意味が不明な場合は、理解できない内容を記述していると判定します。不合格です。

7、実現可能な具体的内容か?

技術士は、研究者でなく実務家です。具体的な内容で記述されている必要があります。

---------------------------------------------------------------------

その他にも細かいチェック項目があります。現役技術士に採点してもらうと良いでしょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

論文で課題解決能力や応用能力をどのように表現するか。

2011.07.10

きょうは、課題解決能力応用能力の表現について説明します。

技術士試験では、論文で課題解決能力や応用能力の有無について確認されています。

みなさんは、課題解決能力や応用能力をどのように論文で表現しますか?

一番簡単な表現は、具体的な課題事例で実現可能な解決案を記述することです。

抽象的なアイデアでなく、実現可能な解決案であることが重要です。

具体的な課題を記述して、その解決策を具体的に記述すれば、「課題解決能力と応用能力」を論文で表現したことになります。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

どうすれば専門知識があると判断される論文になるか。

2011.07.09

きょうは、専門知識があることを証明する方法を話します。

さて専門知識があることの証明は、専門の知識が文書に記載されることです。専門知識が記載されることでは、どのようにしたら良いかよくわかりません。そこで簡単にできる方法としては、専門用語を使って論文を記載する事です。

簡単に言えば、専門用語が適切に記載されていることです。

ただし、充分に注意する必要があるのが、次の2点です。

1、略語でなく正式名称を使う

2、まれにしか使わない専門用語は、解説して使う

この2点に気を配りながら記載すれば、自然と専門知識があると判断される論文になります。なぜなら、専門用語を使った内容は、無意識のうちに専門的知識の内容になるからです。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

技術士試験で不得意問題が出題された時にどうするか。

2011.07.08

きょうは、筆記試験で出題された全ての問題が、不得意な場合における対処方法について書いてみます。

まずJESのセミナーでは、予想問題に頼らずどのような問題が出題されても解答できるように指導しています。

その学習法が、三分割展開法(三区分法)です。それでも人間には、得意・不得意があります。

もし不得意な問題しか出題されなかった場合は、自分の得意分野からアプローチして解答を考えます。

たとえば、下水道が得意分野の人が、上水の解答を書く場合は、「下水で問題になっている事と同じことが上水でも問題になっているはず」と考えて、解答を考えます。そして「私が上水担当の技術士であった場合は」と枕詞をつけながら、解答します。

技術士にとって重要なのは、実用可能な技術です。そして筋道を立てて具体的に記述することです。

ポイントは、下記です。

1、技術コンサルタント(技術士)として経営者宛の論文になっているか?

2、専門家らしく相手の理解できる専門用語を使って説明しているか?

3、論文を受け取った人が、「やってみよう」と思う納得する内容か?

これさえ外さなければ、合格点を取ることも可能です。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

知識試験と考え方試験、違いを試験の1週間前に気づけば、合格の可能性あり。

2011.07.07

技術士試験は、人によって1週間の勉強でも合格できることがあります。また、多くの人は、1か月の勉強で合格できる可能性があります。きょうは、技術士特有の勉強期間(年数や月数)について話してみたいと思います。

資格試験は、大多数が知識試験です。知識試験の場合は、知識を蓄えるのに時間がかかります。例えば、大学入学試験の場合は、3年間かかります。この期間は、短縮が困難です。

それに比べ技術士試験は、このコーナーで知識試験でなく考え方試験だと何度も説明しています。

考え方試験の場合は、違いに気づきさえすれば理解するのに1週間あれば十分です(私の経験です)。ただし、知識試験と考え方試験の違いに気づくのは、長い人で数年かかります。私の知人で極めて優秀な人が、7年間気づかなかった例もあります。

技術士試験は、もともと知識豊富なベテランが受験します。ベテランの中には、知識を三分割展開法で整理不要な人もいます。違いに気づきさえすれば、1週間で合格レベルになれます。

いま試験準備で苦労されている人もあきらめないでください。知識試験と考え方試験の違いを試験前の1週間までに気づけば、合格の可能性があります。最後の最後まであきらめずに頑張りましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

試験問題で「知るところを述べよ」「論ぜよ」「意見を述べよ」を書き分ける。

2011.07.06

3月から4カ月間勉強してきました。ここまで来ると試験問題で「知るところを述べよ」「論ぜよ」「意見を述べよ」と問われた時に解答を書き分けることができると思います。

きょうは念のため、それぞれの違いについて書いてみます。

1、知るところを述べよ。

この場合は、専門知識を問う問題になります。受験生が、専門知識について、どのような内容を、どの程度知っているか質問しています。そこで専門知識の現状をわかりやすく3個程度記述します。問題点や課題なども記述すると良いです。読者は、専門家で無く会社経営者だと思って、わかりやすく書いてください。

2、論ぜよ。

この場合は、論理的な説明を求めています。物事の結果や結論に対する、原理原則や原因などを論理的に筋道を立てて解説することを求めています。この場合は、結果や結論を理解できない読者を想定します。読者イメージは、原理原則や原因を理解して次のアクションをすべき会社役員を想定すべきかもしれません。

3、意見を述べよ。

この場合は、あなたの意見を求めています。問題や課題に対して、あなただったらどのように考えて行動するか、あるいはどのような結論になると思うかを記述します。問題としては、一番技術士らしい問題です。判断に困っている人が、あなたの意見を求めていると考えて記述すると良いです。

書き方としては、この3種類以外に細分化すれば細分化するほど複数あると思います。ですが、基本的には、この3種類です。与えられた問題に対して、三分割展開法で整理した知識を解答用紙に適切に配置すれば、合格が可能です。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

最後まであきらめない、最善を尽くす人が、合格できる人。

2011.07.05

そろそろ筆記試験の1か月前です。

このころになると、「どうせ今年の試験は、合格できないから」と勉強をやめてしまう人がいます。今年あきらめた人は、「来年の試験では、計画的にしっかりと勉強して合格しよう」と考えていると思います。ですが、私は断言します。そう考えている人は、来年も絶対に合格できません。

今年勉強できない理由があり、来年勉強できる理由があれば別ですが、ただ「理由もなく勉強が思うように進まないから今年の受験をあきらめる人」は、来年も何となく勉強できない1年になるはずです。

たとえ今年の合格をあきらめるにしても、残された時間で最善を尽くす人は、近い将来に必ず合格できます。

このコラムコーナーで時々書いています。合否を決めるのは、試験官でありません。あなたが合否を決めているのです。

試験官は、単に採点基準に照らし合わせて採点しているだけです。合格点に到達するかどうかは、あなたが決めています。

「合格するまであきらめない。常に最善を尽くす人」は、今年ダメでも最後に必ず合格できる人です。

        ★やればできる。必ずできる。★

今年あきらめた人は、来年もあきらめます。残された1か月でできる事を全てやりましょう。最善を尽くしましょう。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

論文が具体的でないと指摘された時の対策について。

2011.07.04

きょうは、論文が具体的でないと指摘された時の対策について話してみたいと思います。

具体的でないと評価される論文の多くは、次の3つのいずれかに該当します。

1、実施できる手順が書かれてない。

2、定量的でない。

3、断言できてない。

まず実施手順が書かれてなければ、当然具体的でありません。論文を読んだ人に実施方法を考えさせる論文では、欠陥論文と判断されても仕方ありません。どのように実施するか、実施方法を記述しましょう。

次に定量的に記述されてない場合です。技術者であるからには、定量的に物事を考える必要があります。論文の中で数値の示せる事柄は、数値で示しましょう。また、実施効果も数値で示しましょう。ただし、有効数値は、2桁で十分な場合がほとんどです。逆に有効数値を多くとりすぎると「この技術屋は、俯瞰的に物事をとらえているのか?」と思われます。

最後に断言できてない文書表現の場合です。論文内で「かもしれない」「と思う」「不明です」などの連発では、良い論文と言えません。技術士論文は、肯定的に断定した「である」文で記述してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

「いつか」と言う日は、永遠にやってこない。

2011.07.03

みなさんは、毎日忙しいと思います。私も忙しい日々を過ごしています。何かやるときは、「1日が48時間だったら良いのに」と思いながら仕事をしています。

ですが、この思いは、だれしも同じです。1日を「暇だな~」と過ごしている人は、だれ一人いません。たとえ、あなたのすぐそばで暇そうに見える人もです。

忙しいと思っている人は、「この勉強は、いつか時間ができたときにやろう」と思っています。私も同じで、やりたい勉強があって、時間ができたときにやろうと思っています。

私が高校生だった頃(約40年前です)に、英語弁論大会をTVで見ました。その時「いつか自分も流調に英語が話せるように勉強しよう」と感じました。しかし、57歳になった今でもカタコトの英語しか話せません。

今やろうと思ったことは、今やるしかないのです。「いつか」と言う日は、永遠にやってこないのです。

二度と来ない今24時間を余すことなくフルに使い切りましょう

論文の空白対策。誰でも3枚の最終行まで記述できるアドバイス。

2011.07.02

きょうは、論文の空白対策を話したいと思います。

この技術士コラムのコーナーでは、技術士試験の解答を解答用紙の最終行まで記述するようにアドバイスしています。なぜなら「3枚以内に記述しなさい」の問題で2枚しか記述しない人は、「3枚を記述できない人、2枚しか記述できない人」と判断されるからです。

では、空白になる人は、知識不足かと言うと違います。ほとんどの人は、3枚記述できるのに、方法が解らず「自分は記述できない」と思い込んでいます。きょうは、誰でも3枚記述できるアドバイスをしてみたいと思います。

3枚を記述できない理由は、書込む内容を整理しないで記載するからです。整理しないで記載を始めると、3枚目になる前に結論を書いてしまいます。結論を書いてしまうと、以降が空白になるのです。これが空白のできる理由です。

空白ができないようにするには、何を書くか整理してから記述します。

その方法は、まず問題を読んで書込む解答内容を思いついたら、問題用紙の余白などで論文構成を検討します。

論文構成が完成したら、解答用紙の左右の余白に書込む内容をメモしていきます。この時のメモは、あとで消しゴムで消すので消しやすいように薄く書きます。

この時のメモ書きが、解答用紙3枚の全体にわたって3~5行間隔で記述できれば、空白が発生しません。このメモ書きをおろそかにすると3枚の最終行まで記述できません。

もし本気で試験に合格したいのであれば、周りの受験生が解答を書き始めても、あなただけは、メモ書きが完成するまで論文構成を検討してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

皆さんに自分でできる模擬試験の受験をお勧めしたいと思います。

2011.07.01

きょうは、皆さんに模擬試験を受けることをお勧めしたいと思います。

JESでは、東京会場の受講生に毎年7月中旬に模擬試験を実施します。

模擬試験の実施目的は、次の3点です。

1、いま受験したら合格論文が、記述できるか判定する。

2、本番と同じ状態で受験した時、どのような状態になるか体験する。

3、もし合格論文が書けなければ、その原因を明確にして対策する。

毎年受講生は、「模擬試験を受験したおかげで落ち着いて受験でき、合格しました」と好評です。

このコラムをご覧になっている人へ提案です。

JESの東京会場のセミナーを受講して無い人は、ぜひ自分で模擬試験の受験することをお勧めします。模擬問題は、自分に適したものを下記を参考に準備して下さい。効果絶大です。

自分で模擬試験を準備するには、次の手順で行います。

1、過去問題、または、予想問題を準備します。

2、筆記具その他は、なるべく本番に近い状態にします。

3、休日に本番試験と同じ時間帯で受験します。

4、受験場所は、自宅以外が良いです。(例えば図書館など)

自分で選ぶ模擬問題は、なるべく難しい問題にしてください。理由は、本番の時に最悪の状態になるのを事前経験しておくためです。本番で最悪の状態は、難問を解答するしか無い場合です。

本番試験前に最悪状態を経験しておけば、本番試験の不安が解消されます。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム