技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

2015年11月

技術士試験の模範解答とは。

2015.11.30

【お知らせ】模擬口頭試験(Dコース)の募集〆切です。

12/05(土)に実施する模擬口頭試験(Dコース)は、JESが実施している口頭試験対策のセミナーです。このセミナーが、11/28(土)、暫定的な定員に達しました。多くの人の応募ありがとうございました。本日から応募いただく人は、講師の増員が必要になるため場合によって申込をお断りする場合があります。応募いただいた場合は、講師の増員後に引き受ける事になります。受講希望を申込んで頂くのは構いませんが、JESから「受付可能」の連絡あるまで受講料の銀行振込やクレジット決済を行わないようにお願いします。間違えて銀行振込やクレジット決済を行った人は、返金処理をさせて戴きます。ご安心ください。なお、部門によって比較的速やかに受付可能な部門もありますので、申込みを希望される人は、先着順で申込みだけ行って下さい。後日受付の可否を連絡させて戴きます。それでは、本番である口頭試験を受験される人の全員の合格を祈念しています。

【コラム本文】技術士試験の模範解答とは。

今日は、技術士試験の模範解答について書いてみます。

技術士試験を受験する人から「模範解答をください」等と依頼されることがあります。しかしながら、技術士試験は、模範解答と言うのが有りません。極端な言い方をすれば、毎年合格できる解答が変わります2015年7月に合格できた解答でも場合によって2016年7月の試験で不合格になる場合があります。

例えば、マンション杭打ちデータ偽装問題の前後です。問題が発覚する前は、杭打ちデータが常に正しいと考えて解答しても合格できます。何故なら、法律を守ることが前提で国の行政は、全て成り立っているからです。しかし、問題発覚後は、違います。データ偽装を考慮して解答を書く必要がります。

このような事は、「3.11大震災」「TPP協定」「医薬品副作用のデータ隠蔽」など多数あります。これらの出来事の前後で合格内容が、変化します。

貴方は、合格判定の論文が変化すると言うのを理解できるでしょうか? この変化を理解して、対応しなければ技術士試験は、合格を勝ち取るのが難しい試験です。これらの変化にどのように対応するかは、別の機会に解説したいと思います。

技術士試験で何か相談事があれば、12/6(日)に実施する無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

幸運やチャンスに弱い人と強い人の違いは。

2015.11.29

【お知らせ】模擬口頭試験(Dコース)の募集〆切です。

12/05(土)に実施する模擬口頭試験(Dコース)は、JESが実施している口頭試験対策のセミナーです。このセミナーが、11/28(土)、暫定的な定員に達しました。多くの人の応募ありがとうございました。本日から応募いただく人は、講師の増員が必要になるため場合によって申込をお断りする場合があります。応募いただいた場合は、講師の増員後に引き受ける事になります。受講希望を申込んで頂くのは構いませんが、JESから「受付可能」の連絡あるまで受講料の銀行振込やクレジット決済を行わないようにお願いします。間違えて銀行振込やクレジット決済を行った人は、返金処理をします。なお、部門によって比較的速やかに受付可能な部門もありますので、申込みたい人は、先着順で申込みだけ行って下さい。後日受付の可否を連絡します。それでは、本番である口頭試験を受験される人の全員の合格を祈念しています。

【コラム本文】幸運やチャンスに弱い人と強い人の違いは。

貴方は、「幸運やチャンスの女神は、前髪しかない」あるいは、「幸運やチャンスの女神は、後ろ髪が無い」と言うのを聞いたことがあると思います。では、その理由を説明できるでしょうか?

「幸運やチャンスは、逃したら二度とつかめない」と言うのを理由にする人がいますが、違います。それは、理由ではありません。結果です。幸運やチャンスが何故訪れるかを考えれば、その理由が理解できます。

幸運やチャンスは、さまざまな良い条件が重なった時に訪れます。条件とは、時間タイミング資金・貴方の気持ち(気力)・貴方の能力周りの支援など多数です。これら多くの好条件が重なった時に貴方に幸運やチャンスが訪れます。

しかし、これらの好条件は、時間とともに変化します。時間は、1日1日と過ぎ去ります。タイミングも1日1日と失います。周りの支援も変化します。すなわち、貴方の気持ち(気力)だけではどうにもならない状態に変化します。それが貴方が、幸運やチャンスを失った状態です。

世の中には、幸運やチャンス強い人弱い人がいます。貴方がどちらかは、わかりません。もし貴方が、幸運やチャンスに弱い人であれば、その原因は、好条件の重なった時に行動しないからです。行動しないで考える人は、幸運やチャンスに弱い人です。重なった好条件のいくつかが失われた後で行動してもムダに終わるのです。すなわち、幸運やチャンスに恵まれない人は、行動しない人です。

いま貴方は、技術士試験に挑戦しようと考えています。貴方の気持ち(気力)は、準備ができています。さらに、来年の試験まで約230日間の時間があります。そして、冬休みと言う長期連休のタイミングが有ります。貴方がチャンスを逃すか掴むかは、貴方しだいです。もしよかったら12/06(日)無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。参加者には、冬休みに使える合格に役立つ業務棚卸の帳票などを差上げます。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

口頭試験対策は、せめて定番質問対策が必須です。

2015.11.28

【お知らせ】模擬口頭試験(Dコース)の募集〆切です。

12/05(土)に実施する模擬口頭試験(Dコース)は、JESが実施している口頭試験対策のセミナーです。このセミナーが、昨日、暫定的な定員に達しました。多くの人の応募ありがとうございました。本日から応募いただく人は、講師の増員が必要になるため場合によって申込をお断りする場合があります。応募いただいた場合は、講師の増員後に引き受ける事になりますので、JESから「受付可能」の連絡あるまで受講料の銀行振込やクレジット決済を行わないようにお願いします。なお、部門によって比較的速やかに受付可能な部門もありますので、申込みたい人は、先着順で申込みください。それでは、口頭試験を受験される人の全員の合格を祈念しています。

【コラム本文】定番質問対策が必須です。

年々技術士試験の難易度が高くなっているのは、ご存知の通りです。さらに今年は、筆記試験の合格者に部門でバラツキが有ります。筆記試験の合格者が多い部門は、口頭試験で厳しい質問が出る場合があります。

これから受験準備をする人は、業務経歴720文字詳細業務筆記試験の解答技術士法技術士制度で定番質問があります。この定番質問については、確実に模範解答できるようにして下さい。どの様な定番質問があるかは、参考書などに掲載されていますので、調べる事をお勧めします。また、業務経歴・720文字詳細業務・筆記試験の解答は、受験生の1人1人で違う質問になります。この質問の対策は、誰か知人に手伝ってもらう事です。知人に資料を読んでもらって予想問題を出してもらう事です。

口頭試験に残念な結果になると来年ゼロからの受験です。シッカリと準備をしましょう。

では、最短合格を目指した頑張りましょう。

合格するには、他責で無く自責にする。

2015.11.27

【お知らせ】12/6(日)に配布する帳票について。

12/6(日)の無料セミナーで配布予定の業務棚卸の帳票ですが、来年から参加する添削ABCコースを申込済みの人から問合せがありましたのでお知らせします。添削ABCコースでお渡し済みのオリジナルテキストのインデックスNo.4が、配布予定の業務棚卸の帳票です。また、専門充実コースでは、12/12(土)にセミナー会場で配布予定です。そのため、来年からセミナーに参加する人や専門充実コースに参加されている人は、心配いりません。来年の受験を独学の人やどのように勉強するか決めて無い人は、12/6(日)無料セミナー(←ここをクリック)に参加して、業務棚卸の帳票をお受け取りください。受取られた帳票を冬休みでの業務棚卸に活用ください。

【コラム本文】合格するには、他責で無く自責にする。

昨日11/26(木)、消極的な人は、不合格になると書きました。何かあると他人の責任にする人も不合格になる人です。この他人の責任にする人を他責にする人と言います。例えば、「〇〇がないから勉強できない」です。「時間が無いから勉強できない」「仕事が忙しいから勉強できない」等です。あるいは、受験参考書の少ない部門で「参考書や問題集が無いから勉強できない」などです。これらは、事実かもしれません。ですが、事実だとして対策ができるのでしょうか? そして、他の人も同じように勉強できないのでしょうか? 自分以外に対策を求める他責にしても物事が解決しないのであれば、他責にしてはいけません。例えば時間が無いです。「自分の時間管理が下手だから勉強できない」と考えれば、自分の責任として時間管理を上手になって勉強できるようになります。自分で対策できるようになります。これを他責で無く自責にすると言います。世の中の有能な人は、他責で無く自責にします。何故なら、他責では対策できないからです。参考にしてください。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

消極的な人も技術士試験に不合格です。

2015.11.26

先日、否定的な事を話す人は、技術士試験に不合格と説明しました。例えば、「〇〇だから勉強できない」と言う人です。今日は、消極的な人も不合格というのを説明したいと思います。

消極的な人とは、受け身的に勉強を「教えてもらう」と考える人です。貴方も考えてほしいのですが、技術士は、技術責任者です。貴方は、「自分は、技術責任者にふさわしい人材なので技術士と認めて下さい」と受験します。

そのため、実力が身に付く前で勉強の始めは、受け身的に勉強を「教えてもらう」のもやむなしと思います。ですが、受験日までに技術責任者にふさわしい人材になる必要があります。そうで無ければ、不合格です。

貴方も考えて下さい。貴方の上司が、消極的で受け身的な人だったらどのように考えるでしょうか? 貴方は、技術責任者に不適格と考えると思います。試験官も同様です。技術責任者にふさわしい人材が、技術士試験に合格するのです。

貴方の過去の業務で技術士にふさわしい業務に何があるかを調査してください。その調査するチャンスは、年末年始の冬休みです。冬休みの長期連休で貴方の業務や資質を棚卸して、来年の試験に一発合格を狙いましょう。

なお業務棚卸に便利な帳票を12/6(日)の無料セミナー(←ここをクリック)で配布予定です。必要な人は、参加を申込んでください。年内最後のチャンスです。

では、最短合格を目指して一緒に勉強しましょう。

今の勉強は、キーワード学習です。論文添削でありません。

2015.11.25

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

JESの専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

それから、JESは、年内の教材発送受付け12/21(月)午前までとします。おそらく年末の郵便事情から冬休み前に教材をお届けできるのが、関東など近県で12/21(月)までと思われます。離島遠隔地は、さらに厳しいと思います。ご承知下さい。なお、JESは、12/26(土)~1/3(日)まで冬休みとさせていただきます。ご承知下さい。

【コラム本文】今やるべき勉強は、キーワード学習です。論文添削でありません。

貴方は、試験に出る知識を蓄えてきましたか? JESの専門充実コースでは、キーワード学習で試験に出る知識を勉強しています。現在の達成個数は、100個~150個程度です。キーワード学習は、独学の人にも試験に出る知識を勉強する参考になるのでご説明したいと思います。

まず目的は、筆記試験口頭試験の解答で知識の充実をする事です。知識が不足していると、必須科目(択一式)で正解8問以下で不合格になります。選択科目(記述式)で最後の行まで記述できません。口頭試験で質問に解答できません。この知識を蓄えるのが、キーワード学習です。

キーワード学習では、知識の有無が重要なので書き方を問いません。文章の書き方は、添削指導を行うABCコースで個別指導します。キーワード学習では、キーワード用紙に必要な事を漏らさず書き出すのが重要です。しかも短期間で目標を達成するために短文で書き出すことです。1キーワードを複数枚のキーワード用紙で書き出すと、時間がかかるので1枚で記述します。

さてこのキーワード学習を5月連休前までに300個達成すれば、添削指導で合格論文の記述を勉強します。この添削指導が、苦労せずに勉強できます。キーワードの暗記に専念できます。解答用紙の最後の行まで記述できない人は、このキーワード学習をシッカリやってください。遅くとも筆記試験の1か月前までに300個を達成すれば、安心です。

もしキーワード学習を理解して無い人は、12/6(日)に実施する無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。いま現在の有料セミナーで実施している事を詳しく解説します。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

いまの難易度のうちに合格するのが得策です。

2015.11.24

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

JESの専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

それから、JESは、年内の教材発送受付け12/21(月)午前までとします。おそらく年末の郵便事情から冬休み前に教材をお届けできるのが、関東など近県で12/21(月)までと思われます。離島や遠隔地は、さらに厳しいと思います。ご承知下さい。なお、JESは、12/26(土)~1/3(日)まで冬休みとさせていただきます。ご承知下さい。

【コラム本文】いまの難易度のうちに合格するのが得策です。

今年の平成27年での技術士試験の最終合格率について、考えてみたいと思います。合格率は、下図のように年々厳しくなっています。

合格率としては、毎年1%程度づつ厳しくなっています。これを考えるとH27年は、14%程度になると思われます。すなわち下記です。

H27年:14%
H28年:13%
H29年:12%

ここでたかだか1%と考えてはいけません。もともと10数%の低い合格率です。毎年1割厳しくなると考えて下さい。

受験する人もレベルの高い人が極めて多い試験です。日本技術士会で試験センターの発表によると、5割が大卒です。4割が大学院卒です。すなわち、9割の人が、高学歴の試験です。「学校の成績で上位10数%の人が合格」と考えれば、その難しさが想像できると思います。

難易度がさらに上がる前に、いまのうちに合格されることをお勧めします。来年の合格を目指す人は、JESの無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。12月6日(日)に実施します。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

口頭試験、自信をつけるには、練習です。

2015.11.23

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

JESの専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

それから、JESは、年内の教材発送受付け12/21(月)午前までとします。おそらく年末の郵便事情から冬休み前に教材をお届けできるのが、関東など近県で12/21(月)までと思われます。離島など遠隔地は、さらに厳しいと思います。ご承知下さい。なお、JESは、12/26(土)~1/3(日)まで冬休みとさせていただきます。ご承知下さい。

【コラム本文練習でできない事は、本番でもできない。今日は、そんな事を書いてみます。

口頭試験を受験する人の中には、「自信が無いけれども本番では、頑張ります」と言う人がいます。危ういです。本番で頑張るのは、当然と思います。ですが、自信の無いのが問題です。自信の無い理由は、練習不足に原因があります。様々な世界で活躍している一流の人は、本番前に十分な練習をします。なぜなら、一流の人は、練習で出来る事をどれだけ本番で発揮するかが勝敗を決めると知っているからです。練習でできない事は、本番でもできません。練習でできる100%の実力を本番で何%発揮するかで勝負が決まるのです。せいぜいでできるのは、80%程度です。

貴方は、口頭試験の練習を実施しているでしょうか? 口頭試験の受験に自信を持つには、受験の練習をすることです。十分な練習をして、自信をつけてから、受験されることをお勧めします。自信を付けるには、繰り返しの練習しかありません。

もちろん練習と本番が、同じで無いと思います。本番では、練習と違う質疑があると思います。ですが、十分な練習をすることで、本番で違う質疑でも想定内の質疑になります。貴方が知らない知識を質問されても想定内になれば、対応可能になります。

貴方が独学で自分で練習するのであれば、家族の協力を得るのも一つの方法です。貴方の「受験申込書及び業務経歴票」筆記試験の答案技術士法と制度などから、家族に質問してもらうのです。定番質問は、書店で参考書から調べます。できる準備を全てやった人が、自信を持って口頭試験にのぞめるのです。貴方以外の全受験生は、十分な練習をしていると思ってください。

もし協力をお願いする人が近くにいなければ、JESに相談ください。12/5(土)模擬口頭等試験(←ここをクリック)を実施予定です。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

勉強は、本人がするものだけれど。

2015.11.22

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

JESの専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

それから、JESは、年内の教材発送受付け12/21(月)午前までとします。おそらく年末の郵便事情から冬休み前に教材をお届けできるのが、関東など近県で12/21(月)までと思われます。離島など遠隔地は、さらに厳しいと思います。ご承知下さい。なお、JESは、12/26(土)~1/3(日)まで冬休みとさせていただきます。ご承知下さい。

【コラム本文】勉強は、本人がするものだけれど。

今日は、「勉強は、本人がするものだけれど、独学はやめた方が良い」ことをお話ししてみたいと思います。

むかしから、「勉強は、自分でするものです」とよく言われています。勉強は、仕事と違って誰かに代わりにやってもらうことができません。仕事であれば、賃金や代金としてお金を支払う事でモノを購入したり自分の代わりに何かやってもらうことができます。良い結果が出ればそれで良いのが仕事です。ですが、勉強は、お金を支払っても勉強方法を教えてもらうだけで代わりに勉強してもらうことができません。自分の能力向上が勉強だからです。そのため、2つの誤解をする人がいます。

1つ目の誤解は、「だから独学する方が良い」と思ってしまう誤解です。確かに自分で勉強するのですが、勉強方法は、教えてもらう方が効率的です。考え方試験と知識試験の違いによる勉強方法の差を理解している人は、ほとんどいません。勉強方法の差を理解できないのであれば、勉強方法を教えてもらった方が効率的です。さらに、自分が正しいと考えている事を自分で修正できる人は、いません。自分で修正できるのは、間違えているかもしれないと思う事だけです。自分で正しいと思っている事は、修正を考えません。そのため、誰かに指導を受けるのが最適です。

2つ目の誤解は、勉強を教えてもらうのが効率的と考えて、答えを教えてもらう勉強をしようとする人です。例えば、「模範解答は無いのですか?」と質問する人がいます。あるいは、「どうすれば良いですか?」と質問する人がいます。これらの人は、学校で行う知識試験の得意な人です。知識試験の特徴は、問題に対する間違って暗記した答えを是正して、正しい答えを暗記する事です。しかし、考え方試験である技術士試験では、不適格です。特に技術士試験は、技術責任者としての試験です。答えを教えてもらい暗記する人は、普通の技術者です。知識を暗記するのは、技術責任者でありません。

以上のように、効率的に勉強するには、誰かに教えてもらい、シッカリと自分で考える事です。貴方の近くの信頼できる人に教えてもらえば、1回の受験で合格できるはずです。もし、近くに教えてくれる人がいなければ、JESに相談してください。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

業務棚卸で必要な事は。

2015.11.21

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

JESの専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

それから、JESは、年内の教材発送受付け12/21(月)午前までとします。おそらく年末の郵便事情から冬休み前に教材をお届けできるのが、関東など近県で12/21(月)までと思われます。離島など遠隔地は、さらに厳しいと思います。ご承知下さい。なお、JESは、12/26(土)~1/3(日)まで冬休みとさせていただきます。ご承知下さい。

【コラム本文】業務棚卸で必要な事は

冬休みには、業務経歴を棚卸して戴く予定です。その時に一番重要なのが、技術士法第2条です。技術士法第2条を満足している業務かどうか、常に確認してください。もし満足して無ければ、記載すると「この受験生は、技術士に不適格」と判断されます。合否に重大な影響を与えます。

次に重要なのが、課題です。課題のある業務を実施するのが技術士です。問題点や日々の業務を実施するのは、普通の技術者です。高度な技術者とみてもらうためには、課題の有無が重要です。

そして技術士として求められている7つの資質の有無も表現してください。例えば、リーダーシップなどです。技術士の資質が無い人は、不合格です。

最後に成功した技術的成果です。成功は必須項目で無いですが、技術的成果の有るのが望ましいです。指導する人によっては、失敗も成果と考える人がいます。ですが、やはり成功した方が良い評価になりやすいです。

一番軽視されるのが、予算金額実施期間です。受験生の大多数が、「こんなに大規模な業務をやりました」と自慢しますが、不要です。予算金額や実施期間は、ある程度あれば十分です。重要なのは、それ以前のプロセスです。

以上、業務棚卸は、検討項目が多いので今から十分準備してください。必要あれば、JESの無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。不明点は、何でも質問を受付けます。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

口頭試験の模範解答を事前に準備するには。

2015.11.20

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

JESの専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

それから、JESは、年内の教材発送受付け12/21(月)午前までとします。おそらく年末の郵便事情から冬休み前に教材をお届けできるのが、関東など近県で12/21(月)までと思われます。離島など遠隔地は、さらに厳しいと思います。ご承知下さい。なお、JESは、12/26(土)~1/3(日)まで冬休みとさせていただきます。ご承知下さい。

【コラム本文】口頭試験の模範解答を事前に準備する。

口頭試験では、下記の質問をされます。

  1、全部門共通の質問
  2、受験部門共通の質問
  3、選択科目共通の質問
  4、受験生個別の質問

この中で、「1、」~「3、」については、事前に質問内容を知ることができます。それは、自分より先に受験した人に聞くことです。どのような質問をされるか事前に知っておけば、模範解答を準備できます。

さらに、「4、」は、試験官経験者に貴方の「受験申込書及び業務経歴票」筆記試験の答案を見てもらう事で予想できます。

以上の準備をすれば、貴方は、口頭試験を確実に合格できます

口頭試験に残念な結果となれば、来年ゼロからの受験です。すなわち、「受験申込書及び業務経歴票」の作成から筆記試験の受験です。同じ受験をしないためにも口頭試験までに出来る事を全てやりましょう。近くに相談する人がいなければ、JESが、相談にのります。良かったら、模擬口頭試験(←ここをクリック)に申込んでください。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

冬休みの業務棚卸計画を立てて下さい。

2015.11.19

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

【コラム本文】今から冬休みの業務棚卸計画を立てて下さい。

来月の12月下旬から冬休みです。冬休みの計画を立てて下さい。先日から冬休みに業務棚卸の実施をお勧めしています。資料も無しに業務棚卸できません。メモデータ業務計画など幾つかの検討資料を準備してください。この時に重要なのが、課題問題効果貴方の役割などです。

課題は、なるべく大きな内容がお勧めです。そして、問題は、なるべく小さな内容がお勧めです。課題と問題は、区別して棚卸してください。混在してはいけません。さらに、効果は、今現在を調べて下さい。

そして、貴方の役割も重要です。例えば、「貴方でなくても誰でもできます」では、普通の技術者と評価されます。貴方が何を実施したかが重要です。

これら冬休みの業務棚卸に使える帳票を12月6日(日)無料セミナー(←ここをクリック)で配布します。必要な人は、参加して下さい。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

あと1つ業務棚卸の目的は。

2015.11.18

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

【コラム本文】業務棚卸の年末年始で使える帳票を無料プレゼント

12月6日(日)午後に実施予定の無料セミナーで配布する帳票を使い年末年始の冬休みで業務棚卸をしていただきます。その目的は、昨日の受験部門・選択科目を決めるだけでありません。業務経歴票にどの業務を記載するかの検討とさらに、記載した業務でどれを720文字詳細業務とするかを検討します。

まず誰でもそうですが、長年実施した業務をA4の用紙1枚に記載します。たかだか5項目で記載します。そのため、記載する業務と、記載しない業務を考える事になります。記載する業務は、技術士にふさわしい業務です。試験官が、記載した業務を見て合否を判定するのです。試験官が、「合格させたい」と思う業務を選択して記載します。

さらに業務の中で720文字詳細業務を記載します。この720文字詳細業務は、特にあなたが技術士にふさわしいと思った業務を選択して記載します。注意してほしいのが、多くの人が予算の大きい業務を記載しがちです。また、苦労した業務を記載しがちです。ですが、ダメです。技術士にふさわしい業務の判断は、予算の大小でありません。さらに、苦労した業務は、多くの人が、自賛しますがダメです。苦労したと言う事は、貴方の能力の問題です。能力が無いから苦労したとも評価できます。あくまでも720文字詳細業務に記載するのは、技術士にふさわしい業務です。

もしこれらを判断する帳票がほしい人は、12月6日(日)にJESが実施する無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。使い方など説明してお分けいたします。なお、有料セミナーに参加する人は、12月12日(土)の専門充実コースや、A+B+Cコースのオリジナル教材として全員にお渡ししますので安心してください。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

冬休みは、業務棚卸をするチャンスです。

2015.11.17

【お知らせ】インターネットコースは、〆切ました。

専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区沖縄地区からも参加される予定です。

【コラム本文】業務棚卸の年末年始で使える帳票を無料プレゼント

12月6日(日)午後に無料セミナーを実施する予定です。この無料セミナーは、年内で最後の無料セミナーです。年末年始は、多くの人が冬休み(連休)です。そこで、まとまった連休なので業務棚卸を実施して戴こうと思います。なぜなら、この冬休みを逃すと次の連休が5月になります。5月連休は、「受験申込書及び業務経歴票」を提出した後になります。すなわち5月連休では、手遅れです。そこで、今回の冬休みに業務棚卸を実施頂きたく、業務棚卸の帳票を12月6日(日)の無料セミナーで配布しようと考えています。

業務棚卸の帳票は、有料コースのA+B+Cコースなどを申込まれた人のお手元のオリジナル教材で、インデックス番号で4番になります。また、専門充実コースを受講されている人は、12月12日(土)のセミナーで配布いたします。そのため、有料セミナーの受講生は、安心してください。

さて、この業務棚卸は、重要です。何故かといいますと、同じ業務をやっても受験部門・選択科目によって合否が変わります。どの受験部門・選択科目にするかを決めるのが、業務棚卸です。例えば、同じ環境対策を業務にしている人でも環境部門建設部門上下水道部門経営工学部門など選択肢の幅が多彩です。どれを受験するかは、重要です。JESの受講生で約2割の人が、受験部門や選択科目を適切なものへ変更します。これを間違えると、7月の筆記試験で合格しても12月の口頭試験で「試験官:他の部門だったら合格したのに残念でした」となります。独学の人にも役立つ帳票なので使ってみて下さい。

もし、業務棚卸の帳票がほしい人は、12月6日(日)の無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。なお、A+B+Cの有料セミナーに参加される人は、インデックス番号の4番で配布済みになります。専門充実コースを受講される人は、12月12日(土)に配布予定です。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方は、毎日忙しくて時間が無く勉強できない人ですか?

2015.11.16

【お知らせ】専門充実コースのインターネットコースは、〆切ました。今後は、参加型で応募ください。

専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。今後は、九州地区や沖縄地区からも参加される予定です。

【コラム本文】

貴方は、勉強で理解した後にアウトプットしているでしょうか? 何事にもアウトプットは、重要です。11月は、キーワード学習の時期ですが、キーワードを書き出してリストにしているでしょうか? さらにキーワードを調べているでしょうか?

キーワード学習の重要性を理解しているけれども勉強を始めて無い人は、ダメです。重要性を理解せずに始めて無い人よりも悪いかもしれません。何故なら、重要性を理解して無い人は、理解さえすれば始めるからです。理解しても始めない人は、おそらくこれからも勉強しない人です。

もちろんキーワード学習以外の勉強方法でも構いません。どのような勉強方法でも勉強を始めれば、1歩進みます。ですが、考えているだけの人は、何も進んで無いのです。そして、勉強をやらない理由を考える人です。「〇〇だから勉強できない」と言う人は、当分勉強を始めない人です。何故なら、いまの勉強できない理由が解消されても別の勉強できない理由を見つけるからです。

いま勉強している人は、「〇〇だから勉強できる」と考える人です。勉強できる理由を見つける人です。

貴方は、どちらでしょうか? 勉強できる理由を見つける人ですか? それとも勉強できない理由を見つける人ですか? 一番多い理由は、「時間が無い」です。次に多いのが、「勉強方法が分からない」です。

そんな自分を変えたい人は、JESのセミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。JESは、勉強する人が集まるセミナーです。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

合格する人のマイルストーンは、これです。

2015.11.15

【お知らせ】専門充実コースのインターネットコースは、〆切ました。今後は、参加型で応募ください。

専門知識を勉強する専門充実コースですが、インターネットで受講するコースは、定員に達しましたので〆切といたします。多数の応募をありがとうございました。現在、東京都北区のセミナー会場に参加するコースは、まだ定員が空いていますので、今後は、参加型に応募をお願いします。なお受講生同志でコミュニケーションの取れる参加型の方が、勉強が進むのでお勧めです。参加者は、北海道愛知県島根県山口県など全国各地から前泊夜行バスなどで参加されています。

【コラム本文】合格する人のマイルストーンは、これです。

キーワード学習の進捗は、ご自分の進捗と下記を比較してください。(マイルストーン)

今日現在 :150個程度
1月末日  :200個超
5月連休前:300個超

さてJESの専門知識を勉強する専門充実コースは、終盤の12月と1月の残り2か月間となりました。独学でキーワード学習を進めている人もあと2か月間(1月末日)は、キーワード200個超を目標に頑張ってください。キーワード学習が充分に出来ていれば、筆記試験の勉強で記述ネタに困らなくなります。キーワード学習すれば必須科目(択一式)は、正解数が大幅に増加します。また、選択科目(記述式)では、記述ネタに困らなくなります。最後の行まで記述できます。ただし、選択科目(記述式)は、記述ネタ以外に必要な能力として、どのように文書表現するかも重要です。文書表現は、5月連休明けBコースで勉強します。そのため遅くとも5月連休前までにキーワード200個超を目指してください。

また、キーワード学習の目標は、300個超です。300個超は、できれば5月連休前までに完了してください。5月連休前までに300個超を完成していれば、あとは、表現方法を学びながらキーワードを暗記するだけです。これが、理想的な筆記試験対策です。もし遅れている人は、遅くとも筆記試験前までに300個超を目指してください。ただし、遅れているのでキーワードの暗記と表現方法の勉強も同時並行で進めて下さい。同時並行は、苦労を伴いますが、頑張ってください。

勉強は、早く進める方が得策です。遅くなればなるほど、ハードルが高くなり苦しくなります。いまは、1日1個のキーワード学習で間に合うと思います。ですが、やがて1日2個の実施となります。そして、1日3個の実施が必要になると「今年は、無理」となります。今年の合格を諦める事にならないように、いまのうちにキーワード学習をがんばってください。進捗状況は、今日の時点でキーワード150個前後が標準と考えて下さい。もしキーワード学習が進まない人は、JESの専門充実コース(←ここをクリック)に参加して下さい。ただし、インターネットコースは、〆切ました。東京都北区のセミナー会場で受講する参加型で応募ください。

では、最短合格を目指して一緒に勉強しましょう。

考え方試験は、勉強不足を自己判断できない。

2015.11.14

今日は、考え方試験である技術士試験は、貴方に不足している勉強項目自己判断できないと言うのを話してみます。

知識試験考え方試験の言葉は、このコラムで何度も説明しています。知識試験は、一般的な暗記の通用する試験です。知識試験は、問題集・参考書などを入手して暗記の有無で勉強します。これに対して、考え方試験は、考えを文章にして整理整頓した後誰かと論議する事で勉強します。

知識試験は、問題集・参考書などの内容が、知識として暗記されてない場合に勉強不足と気づきます。

これに対して考え方試験は、問題集・参考書などの内容が自分なりに理解できます。自分なりに解答できます。何も解答できないと言う事がありません。しかし、その解答が正しいかどうかは、別です。あえて言えば、解答が間違えているから不合格といえます。ところが、それなりに解答できるために何が間違えているか自己判断できません。知識試験のように解答できないと言う事が無いからです。

考え方試験の場合は、誰かと貴方の解答について議論する事で勉強不足を判断できるのです。なぜなら貴方が正しいと考えて記述した文章は、貴方が何度読んでも正しいと判断するからです。

もし貴方の近くで貴方の解答について議論する相手がいない場合は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。経験豊富な専属講師が、的確な指摘で貴方を技術士試験に一発合格させます。

では、最短合格を目指して一緒に勉強しましょう。

口頭試験で確実に合格するには。

2015.11.13

JESの口頭試験対策は、模擬口頭試験を実施します。今日は、そのやり方をお知らせしますので、独学の方は、参考にしてください。

まず次の書類をなるべく早く提出してもらいます。

1、受験申込書
2、業務経歴票
3、筆記試験の復元論文

これらは、模擬口頭試験での質問を検討するために事前提出してもらいます。そのため、なるべく早く提出してもらい、十分時間をかけて検討します。どうしてもすぐに提出できない人は、最遅で2日前までに提出を戴いています。ただし、質問内容は、2日間の検討内容になりますので、もっと早い方がお勧めです。

提出してもらった書類から、1人1人の質問事項を検討します。例えば、受験申込書最終卒業学科業務内容を比較して質問事項を検討します。また、業務経歴票から、過去の業務で気になる項目や720文字詳細業務で課題などの質問項目を検討します。さらに、筆記試験の解答で復元論文から、記述不備説明不足などを探して質問事項を検討します。

これらの検討により、下記を厳しく質問しています。

1、受験生の全員に共通の質問事項
2、受験部門に共通の質問事項
3、選択科目に共通の質問事項
4、各個人に個別の質問事項
5、質疑応答のその場で発生する質問事項

質問は、下の写真のように完全個別個室です。しかも午前と午後で2回実施します。

 

なぜそのようにしているかと言うと、本番の口頭試験と同じ状態自分の質問されることを理解してもらいたいからです。1人1人で質問される内容が違うのです。それが、合格の最短です。もし独学で実施される人は、資料を相手に渡して、貴方が本番で質問されることを数日間で検討してもらい、本番と同じ状況で受験練習する事です。服装も本番と同じをお勧めします。

もし、お近くでお願いする人がいなければ、JESの模擬口頭試験(←ここをクリック)に参加して下さい。残り空席は、6席です。お急ぎください。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

受験生は、全員「自分は合格できる」と思い受験するが。

2015.11.12

だれでも同じですが、今日は、「人間は、自分の考える範囲でしか判断できない」を書いています。

技術士試験の勉強で受験生は、100%全員「これで合格できる」と思って受験します。ですが、最後に合格する人は、13~15%です。この違いは、「人間にできることは、自分の考える範囲でしか判断できない」事に原因しています。しかし、試験官は、受験生と違う範囲で判断します。そのため受験生は、「これだけ勉強しているのになぜ合格できないのだろうか?」と悩むのです。

結論は、シンプルです。試験官は、「あれが書いて無いから不合格です」や「これが書いて無いから不合格です」と判断しているだけです。

なので、何度受験しても不合格の人は、何を記述すれば合格できるかを勉強して下さい。貴方の知識は、合格できるだけの量がそろっています。あとは、何を記述するかの判断だけ勉強すれば、合格できます。もし専門知識で心配な人は、JESの専門充実コース(←ここをクリック)に参加して下さい。貴方を合格するまで指導します。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

いまの進捗は、キーワード120個~150個と品質確認です。

2015.11.11

キーワード学習は、進んでいますか? 現在のキーワード達成目標は、120個~150個程度です。遅れている人は、至急挽回してください。現状であれば、1日1個の進捗で充分です。キーワードの品質は、誰かに確認を受けるのが最適です。キーワード学習では、課題・問題点・将来動向を書き出します。ですが、これらは、インターネットや書籍で調べても見つかりません。見つかるのは、専門知識だけです。そのため、課題・問題点・将来動向は、自分で考えて記載します。自分で考えて記載すると言う事は、自分が正しいと考える事を記載します。人間は、自分で正しいと考えて記載した文章を自分で訂正する事が困難です。専門知識であれば、訂正が可能です。なぜなら、インターネットや書籍に掲載されているからです。

これらの確認は、早めに受ける事をお勧めします。考え方が間違っているのを後で判明しても手遅れになる場合があるからです。

もしよかったら、勉強の遅れている人は、専門充実コース(←ここをクリック)に参加しませんか? JESでは、貴方専属の講師が貴方の遅れ挽回を支援します。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

合格ノウハウを知った後の学習で合否が決まります。

2015.11.10

JESでは、毎月無料セミナーを実施しています。その実施する思いについては、「JESが無料セミナーを実施する思いとは」(←ここをクリック)で記載しています。無料セミナーでは、JESの合格ノウハウを公開しているのですが、同じ内容を聞いて合格する人と不合格の人がいます。今日は、そんな事を書いてみます。

まず無料セミナーで説明した合格ノウハウを理解した人が、自宅で一人でやってみるとできない人が多いです。それは、スポーツで例えると野球でバットの振り方を理論的に理解してもプロ野球選手になれないのと同じです。プロ野球選手になるためには、指導を受けながら数万回・数十万回とバットを振る練習をする必要があります。理論を理解してもプロ野球選手になれません。指導を受けながらの練習が、必要なのです。

技術士試験においても同様です。JESの技術士試験合格セミナー(有料コース)では、過去問題分析キーワード学習三分割展開法ひな形論文機械的合格論文作成法を担当講師の指導を受けながら学習するだけです。特別な事などやっていません。無料セミナーと有料コースの違いは、個別指導の有無だけです。にもかかわらず、有料コースの人は、6割の人が毎年合格します。

この違いは、自分で自分の不足している学習内容が、理解できないからです。自分で気づかない不足は、個別指導で勉強するしかないのです。もし、貴方が、来年の試験で合格したいのであれば、個別指導を受ける事です。貴方が気づかない不足分は、貴方だけで見つけるのが困難です。

もし、近くに指導者がいなければ、11/14(土)に実施するJES技術士試験合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。一緒に来年の合格を目指しましょう。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

技術士試験に合格するには、1人1人勉強内容を変える。

2015.11.09

11/7(土)に無料セミナーを実施しました。その中で気になる質問がありましたので、書いてみます。

気になる質問は、「〇〇をもらえますか?」あるいは「〇〇を提供してくれますか?」と言う質問です。この質問は、従来の資格試験の勉強方法です。従来の知識試験は、知識の有無を確認する試験なのでセミナーハウスから提供された知識を理解して暗記する事で受験対策できます。大学受験・建築士・計量士・エネルギー管理士などが知識試験です。

しかし、技術士試験は、答の無い問題を解答します。なおかつ受験生の解答は、受験生の人数分だけ違ったものになります。そのため、受験生の勉強は、全員違う部分があります。(当然、同じ部分もあります)

よって、技術士セミナーの当初は、全員共通の情報を提供しますが、勉強が進むと自分で勉強内容を考える必要があります。でなければ、全員共通の部分だけ勉強しても合格できないのです。貴方だけに必要な勉強が有るのです。

この違いは、非常に理解し難いのですが、合否を決める重要な要素です。だから独学では、合格が難しいのです。もし短期合格を目指すのであれば、誰かに指導してもらうのが最短です。もし貴方の近くで指導してくれる人がいなければ、11/14(土)に実施するJESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。貴方に何が必要か指導します。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

11/8(日)に模擬口頭試験を実施しました。

2015.11.08

今日は、JESの模擬口頭試験を実施しました。JESで行う模擬口頭試験は、下記写真のように面談場所を設営します。

そして、模擬口頭試験は、扉のノックから開始されます。合格を完璧にするには、ノックのやり方から指導が必要なのです。貴方は、正しいノックのやり方が分かりますか?

中に入るとこんな感じで1人1人の面談を実施します。面談では、業務経歴票筆記試験の答案への質問を初めに行います。なぜなら、1人1人で質問事項が違うからです。誰でもそうだと思うのですが、「私は口頭試験で何が聞かれますか?」と言うのが受験生の知りたい事です。なぜなら、1人1人で聞かれることが違うのです。

そして筆記試験の解答や720文字詳細業務で間違えている記述があれば、徹底的に質問します。「貴方は、ここを間違えていますね」と言う具合です。

これらの模擬口頭試験を複数回受講する事で完璧な模範解答を講師と検討していきます。だから、JESは、合格率が高いのです。

もしよかったら、貴方もJESの模擬口頭試験(Dコース)(←ここをクリック)に参加しませんか? 次の実施は、11/22(日)です。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

そろそろキーワード学習が100個を超えましたか?

2015.11.07

さて来年合格を目指す人は、そろそろ大多数が、キーワード100個を超える時期です。貴方は、いくつできましたか?

キーワード学習は、毎日実施する必要があります。ある程度すすめると慣れて1日で2個できるようになるのが100個あたりからです。こうなればしめたもので楽になります調べる項目もキーワードに合わせて変えても大丈夫です。

キーワード学習を始めたころは、項目を変えると自分の都合の良いように変えてしまいます。それでは、自分の書ける項目だけ書く事になるので勉強になりません。自分の書けない事を調べるから勉強になるのです。

ですが、100個超えたあたりから調べる項目についてもどうすれば良いのか理解できて心配ない状態になります。あとは、300個超まで頑張りましょう。貴方の専門知識を万全にするなら、専門充実コース(←ここをクリック)です。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

一部がBやC評価で総合評価でA評価の合格の人は。

2015.11.06

皆さんの手元には、試験成績が届いているでしょうか? 選択科目がABCのどの評価だったでしょうか? 総合評価でA評価の合格としても一部でBやC評価のある人は、目標が明確です。今日は、そんな事を書いてみます。

まず一部でBやC評価については、何が原因か確認してください。口頭試験でもBやC評価の部分について質問が出ます。例えば、「試験官:解答の記載が間違えていますね。貴方は、本当にこの分野の専門家ですか?」と言われた時にどのように切り返すかです。この時に感情的に激高し試験官と口論した時は、「試験官:性格的に技術士不適格者で不合格」と判定されます。自説を正しいと主張するにも方法があります

一部でBやC評価の人は、やるべき事が有るので簡単です。ですが、全てA評価の人は、何を質問されるか解りません。全般的に復元論文を確認してください。貴方の気づかない問題点を質問されるはずです。

また、業務経歴票からの質問では、720文字詳細業務に対する準備が十分できていると思います。そのため、その他の業務について注意してください。例えば、「試験官:入社した数年後の業務で何か失敗した業務を説明して下さい」や「試験官:調査研究と書かれている業務の調査手法を説明して下さい」などです。その他では、予算処置研究発表指導方法なども質問されるかもしれません。十分準備してください。

なお、JESでは、11/22(日)12/5(土)模擬口頭試験(←ここをクリック)を実施します。貴方の服装や言葉遣い、立ち居振る舞いなども含めて指導します。無意識にやっている貴方の癖などを直すためにも参加して下さい。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

予定外の結果に戸惑っている貴方は。

2015.11.05

今回の技術士試験は、思いがけない結果に戸惑っている人が多数いるようです。今日は、そんな事を書いてみます。

まず、不合格と思って合格した人です。不合格と思った理由は、空白ページがある事や書くべき事を書かなかった事などが挙げられます。この場合は、試験官も気づいています。口頭試験の時に質問されます。どのように答えるか充分考えて下さい。このチャンスを逃さないようにしてください。JESでは、模擬口頭試験(←ここをクリック)で全力支援しています。来年の筆記試験は、今年よりも1割(合格率で1%)厳しくなります。一緒に頑張りましょう。

次に合格と思って不合格の人です。この人は、今年の春に公開された技術士に求められている資質を確認していますか。このコラムでも「7項目が公表されました」と伝えています。この7項目を意識して解答を書いている人と偶然に7項目の折込まれた解答になった人が、合格しています。貴方の解答は、7項目が無い可能性があります。専門充実コースでは、オリジナルテキストのインデックスNo.7に掲載している項目です。

いずれにしても、予定外の結果になった人は、原因を十分調査して次に備えて下さい。それが、貴方の挽回策につながります。何もしなければ、同じ結果になります。詳細について質問したい人は、11/7(土)無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。質問にお答えします。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

結果を出すには、早く始めて数量をこなすこと。

2015.11.04

先日、結果を出すには、悩むより行動が重要と説明しました。今日は、さらに早く始めて数量をこなすことが、成功率を高めると言うのを説明したいと思います。

結果を出すために悩むより行動が重要と言うのを同意いただけた人は、行動しているでしょうか? 同意できても「失敗が怖い」と思っている人もいると思います。そんな人は、なるべく早く行動する事です。失敗を心配する人は、失敗を経験しているから怖いのです。ですが、早い時期に行動を起こせば、失敗を挽回できます。ギリギリになって行動を起こすから挽回できないのです。特に失敗の怖い人は、挽回できる時間的余裕を持って、早くに行動する事です。そうすれば、失敗しても挽回でき最後には、成功します。人生で成功している人の多くが、早い時期に行動するのもこれが理由です。技術士試験でいえば、貴方は、受験準備を始めているでしょうか? もし受験を決意して、何も行動して無いとしたら、それだけで「本当に受験を決意している?」と考えて下さい。JESのセミナーには、多数の申込みが来ています。行動を起こして無い貴方は、出遅れています。

さらに、行動は、数量を多くこなすことです。とかく初めての行動は、手探り状態で始めます。そのため、僅かな情報少ない経験で始めるので、失敗する事が多いです。ですが、数量を多くこなすことで、情報や経験が蓄積されます。情報や経験が蓄積されると成功の確率が高まります。多くの情報と経験値から判断できるからです。努力して成功する人が、「量が質に変わる時がある」と言う言葉を使います。スポーツ選手でも同様です。例えば、野球選手で素振りを100回する人と10,000回する人では、圧倒的に多い人の方が、結果を出します。「本番になったら頑張ります」と言う人は、ダメな人です。練習以上の実力は、本番で出ません。技術士試験においても同様です。貴方は、どれだけ勉強しているでしょうか? 「俺は、やるときはやるよ」と言う人は、ダメな人です。いま出来ないのになぜ本番の時に出来るようになるのでしょうか?

JESでは、11/8(日)11/22(日)12/5(土)模擬口頭試験(←ここをクリック)を実施します。何も準備し無い貴方と、十分準備した人では、どのような結果になるか明白です。貴方もしっかりと準備を始めて下さい。申込んで頂ければJESが、準備不足の貴方を徹底的に鍛えます。模擬口頭試験では、本番までに貴方が何を準備すべきか教えます。

では、最短合格を目指して一緒に勉強しましょう。

口頭試験で貴方の考える正解を否定される理由は。

2015.11.03

今日は、自分で自分の欠点は、見つけられない事を説明したいと思います。

独学で技術士第二次試験を勉強して不合格の人が、多数います。他の資格試験(例えば、大学入試・計量士・エネルギー管理士・技術士第一次試験など)は、独学で合格できたと思います。ですが、技術士第二次試験は、独学で合格できません。

第二次試験を独学で不合格には、理由があります。貴方の今まで受験した資格試験は、知識試験(暗記試験)です。知識試験(暗記試験)の特徴は、知っていれば正解〇できる試験です。知らなければ不正解×の試験です。例えば、大学入試であれば、積分計算をやらせて計算方法を知っていれば正解〇できます。技術士第一次試験の例では、システムの信頼度を計算させる問題などが出ます。信頼度の計算方法を知っていれば、正解〇できます。

すなわち、知識試験(暗記試験)は、知識の有無で合否が決まります。そのため、問題と解法を暗記するのが勉強になります。暗記量が合否を決めるので、勉強時間に比例して合否が決まるのが、知識試験(暗記試験)です。

これに対して貴方が受験する第二次試験は、考え方試験です。知識試験(暗記試験)でありません。そのため、第二次試験は、勉強時間を増やしても合格できません。もちろん口頭試験などのように、暗記すべき重要事項があります。そのため、ある程度の勉強時間は、必要です。ですが、知識試験(暗記試験)のように数年間勉強しても合格できません。第二次試験は、1年間の勉強で合格する人がいます。10年間勉強しても不合格の人もいます。それが、考え方試験です。

例えば、口頭試験で次のような問題が出ます。

問題:今回の旭化成建材における杭打ちデータ偽装について貴方が考える防止策を説明しなさい。

貴方はその場で考えた防止策を面接官に説明します。もちろん貴方が、最適と考える防止策です。ですが、貴方は最適と考えても面接官は否定するかもしれません。なぜなら、貴方の頭の中にある基準で考えた防止策は、貴方にとって最適です。ですが、試験官は、貴方と別の基準を頭の中に持っています。そのため不合格になる貴方は、「面接官は、正しい答えをなぜ理解しないのだろうか?」と考えるのです。

貴方が不合格の原因は、面接官が理解しないからでありません。面接官と貴方の基準の違いです。貴方が基準の違いを理解しないのが、不合格の原因です。原因は面接官ではありません。貴方が原因なのです。

貴方の基準で考えた防止策を貴方の基準では正誤判定できません。貴方の基準で考えた防止策は、貴方は全て正しいと判断するからです。会社の業務でも同じだと思います。貴方が100%正しいと考えた事でも会社の業務で反対意見が出る事を考えて下さい。

この防止策は、貴方以外の人に正誤判定してもらう事です。そうすれば、多くの人が認める考えになるはずです。だから、第二次試験は、独学で合格が難しいのです。

もし貴方が、今回の口頭試験で確実に合格したいのであれば、11/8(日)模擬口頭試験(Dコース)(←ここをクリック)を受講して下さい。貴方が、本番試験までに筆記試験解答で訂正すべき正解の暗記事項も含めて合格する考え方を指導します。暗記には、時間が必要です。急いでください。

では、最短合格を目指して一緒に頑張りましょう。

悩んでも結果は出ない。行動するから結果が出る。

2015.11.02

今日は、先日の技術士試験の結果で迷っている人に向けて書いてみます。

迷った時は、行動するのがお勧めです。迷った時は、「やろうか?止めようか?」と考えています。ですが、迷っていると言う事は、やりたいと思っているから迷うのです。もし迷って止める選択をして悪い結果になった時を考えて下さい。貴方には、後悔が残ります。「なぜあの時に行動しなかったのだろうか?」と後悔するはずです。

反対に、行動して失敗した時は、貴方の実力です。貴方のみる目が無かったのかもしれません。貴方の能力が無かったのかもしれません。いずれにしても貴方の実力です。自分で決めた結果であれば、納得できると思います。早く始めていれば、やり直す時間もあります。遅く始めたのでは、手遅れになるかもしれません。

そして、何かの答えを出すには、行動するしかありません。行動するから結果が出るのです。試験と同じです。解答用紙を提出するから採点されるのです。もし何もしない考えているだけであれば、採点されずに棄権です。もし可能性が低いとして何もしなければ、0%です。

もし可能性が10%や20%と低いとしてもその可能性を信じて下さい。10%の可能性でも10回やれば、10%×10回=100%です。行動せずに考えるだけでは、0%です。

もしよかったら、JESの11/8(日)模擬口頭試験(Dコース)(←ここをクリック)11/7(土)無料セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。悩んでいる貴方に適切な助言をいたします。

では、最短合格を目指して一緒に勉強しましょう。

不合格と思い込んで合格通知の届いた人は。

2015.11.01

今日は、不合格と思っていたのに合格通知の届いた人に向けて書いてみます。

筆記試験の時の空白ベージが有って、書くべき事を書けずに「ダメだった」と不合格を覚悟した人が、多数いたと思います。ですが、そんな人にも幸運にも合格通知が来るときがあります。そんな時は、このチャンスを逃してはいけません。今回の筆記試験の合格率が、16%でした。来年の試験でこの狭き門を通過できるか保障が有りません。何としてでも万全の準備をしてこのまま口頭試験も合格しましょう。

さて、何を準備するかです。まず貴方が準備すべき項目を全て書き出してください。もし、筆記試験の解答で空白ページがあれば、どのように説明するか準備してください。起承転結のどの部分が不足しているかで準備する項目が違います。

自分で書き出せない場合は、11/8(日)にJESで実施する模擬口頭試験を受講してください。貴方の受験申込書及び業務経歴票復元論文から口頭試験で諮問される内容をJESが、指摘します。その指摘内容に従って本番試験までに模範解答を準備してください。JESが、貴方の準備すべき項目についてアドバイスします。もし11/8(日)の模擬口頭試験で不足していれば、(必要あれば)11/22(日)に2度目の受講を考えて下さい。貴方が、合格のために万全を尽くす人か、妥協する人か、を試されています。

事実として昨年(2014年)は、模擬口頭試験を2回受講して受験申込書及び業務経歴票筆記試験の不備を挽回した人が総合技術監理部門で1名その他の部門で1名の合計2名いました。貴方が同じように不備を挽回できるかどうかは、不明です。ですが、何もやらなければ、結果は、不合格に確定します。全力を尽くせば、合格の可能性があります。やれることは、全てやってください。

不合格と思い込んで何も準備して無かった人は、まず11/8(日)に実施するJESの模擬口頭試験(Dコース)(←ここをクリック)を受講して下さい。JESが全力で支援します。

では、最短合格を目指して全力を尽くしましょう。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム