技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

2014年1月

独学の人は、業務棚卸をする時期です。急いでください。

2014.01.31

さて明日から2月です。JESでは、業務棚卸の帳票の配布を始めました。配布の目的は、2月から始まるセミナーの予習を兼ねて業務棚卸を始めてもらうためです。ただし、予習なので不明点があっても気にしないでください。不明点があれば、何が不明なのか明確にして東京都の北区で行うセミナーに参加してください。

2月のセミナーで帳票の使い方を説明して理解してから項目を記入してもらいます。そのため、これからセミナーに申込む人も十分間に合います。十分に間に合いますので問題無いのですが、少しずつ余裕が少なくなっているのも事実です。

ただし、独学で勉強する人は、余裕がありません。何故かというと指導を受けて勉強する人は、無駄がありません。ですが、独学の人は、全てを自分で考えるので効率が悪くやり直しの場合もあります。やり直しを考えた時に学習日程を指導を受ける人に比べて1か月程度早める必要があります。

早い日程で余裕で合格するか? 出足に遅れて手遅れになるか? まさに今が分かれ道です。

独学の人は、まさに今が業務棚卸をする時期です。急いでください

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

【追伸】指導を受けて勉強する人は、まだセミナーの予習の段階であることを再度述べておきます。安心してキーワード学習を進めてください。

お急ぎください。2月からは、業務棚卸を始めます。

2014.01.30

来週から2月になります。1月は、キーワード学習に専念していただきました。2月からは、並行して「受験申込書及び業務経歴票」の作成を始めて下さい。作成といってもまずは、業務経歴の棚卸からです。

会社に入社した年から今日までの業務経歴を書き出して、整理します。整理の目的は、技術士にふさわしい業務の調査です。さらに口頭試験で質問されることを想定して「データがあるか」や「成果が出ているか」なども調査します。

ただし重要なのは、貴方が責任者として行った業務の範囲について棚卸をしてください。業務範囲を大きく取り過ぎると貴方の上司が責任者になります。貴方が責任者の範囲に限定して調査してください。

調査は、帳票を使って効率的に行うと的確に棚卸できます。棚卸した業務の中から採点基準に照らして合格できるものを720文字にします。そのためなるべく詳しく棚卸をしてください。採点基準とリンクした帳票を使うのがコツになります。

JESでは、帳票を使って担当講師と一緒になって検討します。独学の人は、いまのうちに相談できる人を見つけてください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

キーワード学習は、4項目にこだわってください。

2014.01.29

キーワード学習は、下記の4項目で進めてください。

1、原理原則基礎技術

2、課題

3、問題点

4、将来動向

キーワード学習を始めたばかりの人は、上記以外の項目に変更しようとしますが、ダメです。もちろん絶対ダメと言う事で無くキーワード学習に慣れるまでです。慣れるまでとは、100個以上(少なくとも50個以上)までです。慣れる前に項目を変える人は、なぜ変えるかを考えてみてください。項目を変える理由は、決められた通りにできない人が変えるのです。別の言い方をすれば、いまできる項目に変えて書こうとするのです。

これが、日常業務であれば問題ありません。日常業務は、結果を出すことが目的です。貴方の能力向上は、不要です。しかし勉強は、貴方の能力向上が目的です。勉強は、貴方のできないことをできるようにするのが目的です。

もちろんこの区分が、不適切なキーワードであれば、無理をする必要ありません。ですが、キーワードのほとんどがこの区分で記述可能です。技術・法律・社会制度などのほとんどが、この区分で記述可能です。

貴方がこの区分で記述できないのは、各項目を理解して考えを整理できないからです。貴方がもしキーワード学習で効果を上げたいのであれば、「課題・問題点」等のように項目をまとめたり、項目を省略してはいけません。4つの項目を変えずに記述してください。

どうしても今書けない項目は、空白にして学習してください。空白は、あとで追記しましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

キーワードは、何から抽出したらよいか。

2014.01.28

キーワード学習でキーワードを資料など何も見ずに考える人がいますが、得策でありません。キーワードを自分で考えるのは、自分で気づくキーワードのみ抽出することになります。すなわちキーワードの抽出に偏りが出ます。

キーワードを抽出するので一番のお勧めは、H19年~H25年の過去問題集です。この過去問題集で自分の受験予定の部門からキーワードを抽出します。選択科目からでなく受験部門からの抽出がお勧めです。なぜなら試験に合格した後は、選択科目の技術士でなく受験部門の技術士に成るからです。JESが配布している過去問題集は、参考に2重下線と太字でキーワードを強調しています。キーワードを抽出するときの参考にしてください

次にお勧めは、自分の業界でよく読まれている専門雑誌です。専門雑誌は、少なくとも1年間以上から抽出してください。

上記以外では、白書も良く読まれているので重要な情報源です。キーワードを抽出してください。

以上で300個超のキーワードが抽出できると思います。もし不足していると思う人は、自分の業界でよく読まれているものを探してください。例えば、業界紙学会誌などがあるかもしれません。いずれにしても情報源は、貴方の業界でよく読まれているものを選んでください。なぜなら、貴方の受験部門で試験問題を作成している人は、貴方と同じものを読んで問題を作成するからです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

私(坂林)が、無料セミナーで話した合格方法は。

2014.01.27

昨日1/26(日)にJES技術士無料セミナーを実施してきました。参加された人は、お疲れ様でした。参加された人は、「どのように勉強すれば、合格できるか」を理解されたと思います。セミナーで私(坂林)が説明したことは、下記の3点です。

1、従来の勉強方法では、合格できない。

技術士試験は、従来の勉強方法では、合格できません。従来の勉強方法とは、知識試験に対応した次の勉強方法です。

(1)参考書で覚えるべき知識を学習する。

(2)過去問題集・模範解答集・重要問題集などで解答練習する。

上記の勉強法は、知識試験の合格法です。技術士試験に合格するには、考え方試験に対応した勉強をすることが必須条件です。考え方試験を上記の知識試験で勉強しても永遠に不合格です。知識試験で勉強する貴方は、10年~20年たっても合格できません。

2、考え方試験の合格法は、下記です。

考え方試験で合格するには、個別指導を受ける事です。何故ならば、考え方試験で記述すべき解答は、一人一人違うからです。貴方が記述すべき解答は、個別指導で教えてもらうのが最適です。そして、勉強方法は、下記です。

(1)キーワード学習

(2)ひな形論文

(3)合格論文機械的作成法

(4)論文添削

3、最適な指導者は、下記です。

貴方に最適な指導者の条件は、下記になります。

(1)平成25年度から採用されている新・技術士試験制度を熟知している人。

(2)技術士試験の採点方法を熟知している人。

(3)会社の上司・同僚・研修センターなど以外であり、貴方と利害関係に無い人(←ここをクリック)。

では、「最短合格」を目指して頑張りましょう。

受験生が集まって勉強するメリットは。

2014.01.26

JESでは、2月から参加型セミナーが開始します。セミナーは、東京都北区で行います。その会場では、受講生同士が集合します。セミナーの参加で良い事は、次の点です。

1、セミナー会場には、最新情報があるので有効な情報が得られる。

2、決められた日に必ず勉強する

3、受講生同志で勉強を分担できるので勉強量を軽くできる。

4、周りのモチベーションが高いので、自分のモチベーションも高くなる

5、勉強で役に立つやり方や小物を周りが教えてくれる

すなわちセミナーに参加する人は、全員が受験生です。困っている事は、同じことが多いです。お互いに困っている事を助け合うと勉強も早く進みます

例えば、キーワード学習の遅れている人も積極的にキーワードの情報交換をしています。時には、キーワードを分担して作成すれば、勉強量を少なくできます。お互いのキーワードを見せ合う事で勉強できます。50個やった人が、10人集まれば500個です。

もうすぐセミナーが始まります。楽しみに参加してください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

皆さんキーワード学習に慣れたようで、安心です。

2014.01.25

最近JES受講生でキーワードの確認を依頼する人が、ピーク時の十分の一程度に少なくなりました。皆さんキーワード学習に慣れてきたようです。平成25年度の受験生に比べて平成26年度の受験予定者の理解が、かなり進んだようです。8月3日(日)の筆記試験が楽しみな状況です。

とは言いながらもまだまだ大丈夫です。これからキーワード学習を始める人も挽回可能です。効率的なキーワード学習で合格を目指しましょう。

さて最近の傾向でキーワード区分の「1、原理原則基礎技術」に概要を記載する人がいます。すなわち要求と違う事を記載しているのです。これはダメです。要求と違う事を書いたのでは、どのように立派な事を書いても不合格です。例えば、デートの時に「中華が食べたい」と言われて歌舞伎鑑賞に案内するようなものです。要求と違う事をしたのでは、ただ、ヒンシュクを招き時間のムダをするだけです。「1、原理原則基礎技術」には、原理原則基礎技術を記載してください。

この傾向は、「2、課題」「3、問題点」「4、将来動向」についても見られます。このコラムを読んでいる貴方は、「ここに記載して良いのか?他の区分の方が適切なのでは?」と自問自答してください。

JES受講生では、3~5回の確認と指摘で正しい区分になります。貴方も誰かに正しい区分になっているか確認を受けてください。間違った区分で勉強しても時間のムダです。貴方に時間のムダをしている余裕など無いはずです。

それから「2、課題」や「4、将来動向」を空白にする人もいますが、ダメです。いま記載できない場合は、何日かのちに必ず空白を埋めてください。現在活用されている技術・制度・法律などが、空白になる事などありません。空白になる技術・制度・法律は、使われてないキーワードです。試験に出るキーワードであれば、必ず記載できます。記載できないのは、貴方が、記載内容に気づかないだけです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験の採点基準と論理的思考力について。

2014.01.24

技術士試験では、論理的思考力が求められています。貴方は、論理的思考力をどのように文書表現していますか?

論理的思考力は、さまざまな文書で求められています。ですが、特に技術士論文では、重要視されます。何故ならば、技術士論文は、読者を納得させる実務の論文だからです。

これに対して、詩や小説などは、場合によって論理的でなくても良い場合もあります。すなわち情緒的思考です。

この論理的思考力の少ない人が、報告書などを記述すると多くの質問をされます。すなわち、多く質問される人は、「自分には、論理的思考力の文書表現が不足している」と理解してください。

技術士試験の採点基準では、論理的思考力がある事を理解してください。そして、論理的思考力を訓練してください。訓練で十分な実力を付ける事ができます。合格するためには、必須条件です。

では、「最短合格」を目指して頑張りましょう。

決断できる人が、結果を出せる人です。

2014.01.23

昨日のコラムで決断について書きました。世の中には、決断できない人がいます。

例えば、今日1/23(木)は、貴方が昨年受験した平成25年度の筆記試験日8/4(日)から172日間経過しました。この172日間でどこまで勉強が進んだでしょうか? もし今日の時点で勉強の進んで無い人は、おそらく明日も勉強が進みません

何故ならば、決断しないからです。決断するとは、「実行する事を決めて、行動する」と言う事です。この決断のできない人は、勉強が進みません

決断しない人は、何かを失うのを心配しているのかも知れません。あるいは、判断する情報が無いと思っているのかも知れません。しかし、全ての判断材料を確認して決断する人は、いません。決断する人は、手に入る情報だけで決断するのです。

もし全ての判断材料がそろうのを待って決断する人は、今年の筆記試験日8/3(日)の前日まで決断できない状態が続きます。そしてまた、残念な結果になるのです。明日から頑張る人と、今日から頑張る人の違いが、結果に出るのです。決断しない事で失うモノは、大きいのです。

昨日、楽天の田中将大投手は、ヤンキースと契約しました。田中将大投手は、一つの結果を出しました。しかし、野球を始めた子供のころ(小学生?)には、このような結果が手に入いると確証が無い状態で決断しているのです。プロを目指して行動したのです。

貴方も技術士試験合格という結果を手に入れたいのであれば、今の状態で決断することです。それでも決断できない貴方に次の言葉を送ります。

いつかできる事は全て、今日もできる

技術士試験の合格を目指している貴方であればできるはずです。平成26年度は、必ず合格しましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方は、君主論を知っているだろうか?

2014.01.22

貴方は、マキアヴェリの君主論(←ここをクリック)と言うのを知っているだろうか? マキアヴェリ(←ここをクリック)は、約500年前のイタリアの外交官です。彼は、君主とは、どうあるべきかを「君主論」という著書で書き残しました。その中に、「君主は、決断して失敗するのと決断しないで失敗するのでは、どちらが良いだろうか?」と問いかけています。マキアヴェリの言う君主とは、グループのリーダーです。例えば、国の首相や大統領であったり、会社の社長でも良いです。あるいは、何かのプロジェクトリーダーでも良いです。

貴方が君主だったとして、決断して失敗するのと決断しないで失敗するのでは、どちらが良いと考えますか?

マキアヴェリの答えは、「失敗しても決断する」です。

何故ならば、決断せずに失敗すると、失うものが大きいと説明しています。

決断しない人は、決断して失敗すると失うものがあると考えています。ですが、決断せずに失うものもあるのです。例えば、運命の女神は、前髪しかありません。決断せずに何もしない人は、幸運の女神を捕まえる事ができません。前髪を掴もうとしない人には、永遠に幸運の女神を捕まえる事が出来ないのです。マキアヴェリの時代は、戦争の時代です。決断せずに滅亡した国が多数ありました。

さて貴方は、技術士試験の合格という幸運の女神を捕まえようとしているでしょうか? 少しでも合格に良いと言われている事は、積極的にやっているでしょうか? 1%の可能性でも100回やれば、1%×100回=100%です。

良い結果を出す人は、行動する人です。 ただ待つだけの人に幸運の女神は、微笑みません。永遠に不合格なのです。

貴方は、どちらですか?

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

やるべき事をやった人が、合格します。

2014.01.21

技術士の勉強をしている人で多くの人は、「本気で勉強しています」と言います。特によく聞くのは、数年間再チャレンジを繰り返している人から「本気です」と聞きます。そして本人が言うには、毎回本気で勉強しているのだけれども不合格になるのだそうです。今日は、その「本気で勉強しているのに不合格になる人」について考えてみます。

私が強く感じるのは、不合格になる回数の多い人ほど「本気で勉強しています」と言う回数が多い事です。普段の何気ない時でも「本気です」というのです。ですが、私は、本当だろうかと考えるときがあります。なぜかと言うと、合格する人がやっている事を不合格になる人は、やって無いのです。

例えば、「この日からは、勉強を始めて下さい」と説明すると、合格する人は、勉強を始めます。しかし不合格になる人は、「遅くともいつまでに勉強すればよいですか?」と期限ギリギリの勉強開始日を聞いてきます。例えば、JESのセミナー開始日である2月23日(日)の直前に勉強を開始します。極端な人は、2月23日(日)を過ぎて「今から間に合いますか?」と問い合わせてきます。もちろん全員が不合格になるわけでなく努力して合格する人もいます。そのため、問い合わせてきた人には、「全力で支援しますので、一緒に頑張りましょう」と励まします。

しかし、例え合格できても早くに勉強を始めた人とは、ハンデ戦になります。早く勉強を始めて余裕で合格できる人に比べて遅く勉強を始めた人は、キツイ勉強が待っています。

さらにキーワード学習や論文添削です。早くに勉強を始める人は、「効率的に300個超や、合格論文3通を達成するには、どうするのが良いですか?」と質問して積極的に効率の良い勉強をします。

すなわち、合格を決める人は、やるべきことをやっているから合格するのです。しかも余裕があるので効率的に勉強しているのです。しかし、やるべき事をやらなければ、どんなに優秀な人でも不合格なのです。

複数回不合格になった貴方は、やるべき事をやってきましたか? 貴方が不合格の理由は、やるべき事をやらないからです。ただそれだけです。どんなに優秀な人でもやるべき事をやらなければ、不合格です。

今年の合格を目指している貴方は、今度こそ口先だけで無く、本気でキーワード学習と論文添削を受けましょう。そうすれば、貴方の実力が発揮できて合格できます。本気でやるべき事をやるかどうかが、合否を決めているのです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験の合格指導者は、だれが最適か。

2014.01.20

このコラムで最短合格するには、指導を受けるのが最適と説明しています。ですが、その指導者は、厳選する必要があります。真っ先に考えるのは、貴方と利害関係の無い人から選ぶことです。

例えば次の仮想的な例を考えて下さい。

貴方が、技術士に合格して管理職として昇進したと考えて下さい。資格保有者である貴方に実績を出してほしいと人事課も考えます。その助けとして優秀な部下を付けてくれたとします。しばらくしてその優秀な部下が言います。「私も技術士に成りたいので指導して戴けますでしょうか?」当然あなたは、「よしわかった」と快諾するでしょう。ですが、内心では次のように考えるはずです。

この優秀な部下は、私が指導すれば、1回の受験で合格するはずである。そして、技術士に成れば、管理職に登用されるはずである。むしろこれだけ優秀だから、技術士に合格した数年後には、私の上司になるかもしれない。(・・・・)。

貴方が、上記の上司の立場であったらどのように指導しようと考えるだろうか?

あるいは、貴方は、技術士に合格して同期の中で管理職に最短の立場だとします。貴方の同期入社の仲間から「自分も技術士に合格したいので教えてほしい」と言われたらどうだろうか?もちろん同期入社の仲間からの依頼です。依頼の回答は、「よしわかった」と快諾するはずです。

しかしどちらの場合でも、心穏やかでないはずです。

貴方が、自分の利害関係者に「技術士試験の指導」をお願いするとは、上記のような状況なのです。貴方が、指導をお願いする相手は、上記のように考えているのです。もちろん貴方の依頼に対して快諾するはずです。ですが、(・・・・)。

また、貴方の会社で技術士は、貴方1人だけだとします。技術士は、会社で1人しかいないのですから、非常に貴重な人材です。多くの重要案件は、技術士である貴方の判断で進められるとします。そこに「技術士を増員したいので優秀な数人を指導して欲しい」と会社が考えたとします。貴方が、1人の技術士だとしてどのように考えるでしょうか? もちろん貴方は、「解りました。全力で技術士を増員できる教育体制を考えます。私が最適な指導をします」と会社に回答するはずです。ですが、(・・・・)。

さらに次の問題もあります。

平成25年度から採用されている新・試験制度が、合否判定基準にどのように影響しているか情報収集に多大な労力を必要とします。採点基準に合わせて勉強しなければ、合格できません。ですが、貴方は、忙しい人のはずです。ですが貴方は、指導するのに多大な時間を掛ける必要があります。(・・・・)。

その多大な労力をかける相手(受験生)が、上記の人材だとしたら貴方は、どのように指導しようと考えるでしょうか?

貴方が、最短合格するには、合否判定基準を知っている人に指導してもらうのが最適です。ですが、指導者は、十分吟味して選んでください。その指導者人選の良否が、合否に影響するからです。

貴方と利害関係のある技術士に負担をかけてはいけません。貴方と利害関係の無い人から指導を受けるのが最適です。例えば、JESは、貴方に合格してもらうのが唯一最大の目的です。もしよかったら、JESで一緒に勉強しませんか? 同じ受験仲間が情報交換して勉強しています。キーワード学習を分担できます。分担すればそれだけで効率が良いのです。自宅で一人で勉強するのと仲間同士で協力して勉強するのでは、どちらが良いか明白です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

客観的に判断し、自己肯定感を高めて行動する。

2014.01.19

貴方は、心理学の用語自己肯定感(←ここをクリック)という言葉を知っているでしょうか? この自己肯定感とは、読んで字のごとく自分の事を肯定的にとらえる感覚の事です。

例えば、大多数の人が、「自分の能力は、中の上である」と思っています。あるいは、「自分は聖人ではないが、どちらかといえば良い人である」と考えています。自分を「中の上」と良い方に考えるのが、自己肯定感です。

このコラムを読んでいる貴方も「自分は中の上」と思っているはずです。ほとんど全員そのように思っていると言って過言でありません。ですが、全員が中の上ではありません。客観的に見れば、人間は、緩やかに分散分布しています。

この自己肯定感は、社会生活をするうえで不可欠です。そのため、自己肯定感を高める必要があります。ですが、何かを判断するときには、客観的に判断することも重要です。判断した後は、自己肯定感を高めて行動してください。

貴方は、技術士試験を何回受験したでしょうか? もし受験回数が複数回(2回以上不合格~)であれば、冷静になってやり方を変える事も重要です。同じやり方をすれば、同じ結果になるだけです。人間には、だれでも得意と不得意があるのです。例えば、キーワード学習ですでに200個を超えている人もいる事を知ってください。貴方は、何個できましたか? 貴方は、得意な事に集中して下さい。そして、不得意な事は、指導を受ける事です。

いま始めれば間に合います。ですが時間は、あまり残されていません。今月(1月)中に決断しなければ、手遅れになる人もいます。時間切れになる前に急いで始めましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

専用ファイル使ってキーワード200個超・100個超の人が、多数。

2014.01.18

JESでは、セミナー受講生にキーワード学習用の専用ファイルをお渡ししています。専用ファイルを渡す理由は、効率的なキーワード学習を進めてもらうためです。その効果もあってH25年9月までに申し込まれた人は、200個を超えたと連絡がありました。11月までに申し込まれた多くの人は、100個を超えているようです。

貴方は、何個できましたか?

キーワード学習は、慣れるまで苦労します。その苦労を少しでも楽にするためには、キーワード学習用の専用ファイルを使うのが効率的です。さらに、内容に漏れがありません。書類の整理もしやすいのです。

独学される人もキーワード学習をするときは、ファイルに工夫されると良いと思います。工夫するのは、最低限として文字数×行数とフォントです。筆記試験で使う様式にするのが一番すぐれています。そして、原稿用紙形式にすると筆記試験の練習にもなります。何故ならば、原稿用紙のマス目の使い方でも試験官の評価が違うからです。

以上をぜひ参考にしてください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

ムダな努力に気づかなければ、厳しい結果になる。

2014.01.17

JESでは、現在H26年度に技術士試験を受験するJES受講生のキーワード学習を確認しています。確認している目的は、正しいキーワード学習をしてほしいからです。間違った勉強方法では、時間の無駄になるからです。筆記試験の直前にやり方の間違いに気づいても手遅れです。

さて多くの人が間違える一つに区分項目があります。例えば一番お勧めしているのが、下記です。

1、原理原則基礎技術

2、課題

3、問題点

4、将来動向

もちろんこの区分以外でもいくつか違う区分方法があります。さらに受講生それぞれで工夫しても良い区分方法もあります。ですが、当初のうちは、上記の区分を守るようお願いしています。この区分を自由にしてしまうと皆さん「このキーワードは、この区分に記載することが無いから別の区分にする」となります。

でも本当に記載することが無いのでしょうか?

書けない人は、記載することが無いのでなく、記載することに気づかないのだと思います。何故ならば、課題・問題点・将来動向の無い技術は、将来性の無い技術です。過去の技術です。現在も生きている技術であるならば、必ず記載することがあると考えて学習して下さい。気づかない貴方は、必ず筆記試験までに気づいて記述できるようにしてください。そうしなければ、筆記試験は、厳しい結果になります。

それでは、無駄な学習をしないように頑張ってください。

自分で考えるから身に付くのです。

2014.01.16

キーワード学習を検索で見つけた情報コピーアンドペーストで済ませようとしている人がいますが、ダメです。「原理原則基礎技術」は、インターネット検索で見つける事ができても「課題」「問題点」「将来動向」を見つけるのは、困難です。「原理原則基礎技術」は、知識です。考え方である「課題」「問題点」「将来動向」は、インターネットに掲載されることが少ないです。もし見つけたとしても「貴方の考えを述べよ」の問題解答として使う事ができません。なぜなら貴方の考えで無くインターネットで見つけた事だからです。貴方の考えなのか、インターネットで見つけた事なのか、試験官は、記述内容から判別できる人です。

何も考えずにコピーアンドペーストしたキーワードは、まさにデッドコピー(←ここをクリック)です。

そうで無くてインターネットで見つけたとしても「自分であればどう考えるか?」として貴方の考えを記述してください。そうすれば、インターネットで見つけた内容でもあなたの考えになります。

単なるコピーで無く自分で考えるから良いのだと言う事を理解してください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方が勉強を始められない理由は。

2014.01.15

今日で筆記試験日まで、あと199日間になりました。毎日1日ずつ試験日が近づいてきます。JESの技術士セミナーに申込んだ人は、申込んだ1~2週間後に教材が届いて教材とメール指導で技術士試験の勉強を始めています。そして2月からのセミナー開始に備えています。貴方は、技術士試験の勉強を始めていますか? まだ勉強を始めていない人は、何故始めないのですか? 今日は、そんな貴方に向けて書いてみます。

勉強しない人の多くの理由は、「1.忙しく時間が無い、2.気力がわかない、3.何をして良いかわからない」です。勉強しない人は、いろいろな理由を説明するのですが、全てに共通しているのは、下記です。

理由は、全て貴方の中

勉強しない理由で一番多い「仕事が忙しくて勉強できない」にしても、原因は、貴方の中にあります。

まず本当に忙しくて勉強する時間が無いのでしょうか? TV番組を見ていませんか? ぼんやりと何も考えない時間がありませんでしたか? 歩きながらも仕事をしていましたか?

もし食事をしながらでも仕事をしていたとしても、それを決めたのは、貴方です。貴方がそうすると決めたのです。何故ならば、貴方の人生をどのようにデザインするか決めているのは、貴方だからです。

貴方は、何か理由を見つけて勉強しないかもしれません。ですが、全ては、貴方が決めているのです。もしどうしても勉強したいと思うのであれば、勉強できる理由を考える事です。勉強しない理由を考えるのでなく、勉強する理由を考える事です。どうしても気力が出ないのであれば、自分の周りに教材を積み上げて勉強する環境を作る事です。勉強している仲間のところへ自分から入り込むことです。

最後にもう一度言います。勉強しない理由は、全て貴方の中にあります。貴方の人生の責任者は、貴方なのです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

これが最短合格のコツです。

2014.01.14

ついに平成26年度技術士試験の筆記試験まで残り200日間になりました。貴方は、今日までキーワードを何個勉強したでしょうか? 今日まで勉強した個数を200日間に延長して予測すると300個超になるでしょうか?

今年の合格を予定されているのであれば、キーワード学習のコツを理解して早く300個を達成しましょう。コツを理解した人は、ほとんどの人が毎日2個のキーワード学習を実施しています。学習が遅れている人は、急いでください。

今日は、技術士試験の問題解答で正しく解答を記述できたか、確認方法について書いてみます。

まず一般的な資格試験では、模範解答があります。例えば、一般的な資格の例として「問:水の化学式は、H2Oですか?C2H2ですか?」 に対して、H2Oという模範解答があるので答え合わせができます。参考書などを見れば自分で正誤を判定できます。しかし、技術士試験のように模範解答の無い試験では、答え合わせができません。例えば、技術士試験の例としては、「問:貴方の専門分野で一番重要なのは、Aですか?Bですか?」に対して、「答:AとBの両方とも重要」と答える事もあるのです。あるいは、「答:AやBでなく別のCです」と答える事もあるのです。

技術士試験で大切なのは、試験官が納得する解答になっているかどうかです。この試験官が納得する解答の判定は、解答記述者自身では、無理です。何故かというと、「万人は、自分の解答を納得して書いている」からです。自分の納得している解答の不備を自分で見つけるのは、非常に困難です。もし自分の解答を納得せずに書いている人がいれば、その人は、解答時間不足でやむなしの人です。当然自分で納得できない解答の人は、不合格です。

そして、自分で納得した解答を記述した人の一部から合格者が出ます。すなわち、合否を自分で判断できないのが、技術士試験なのです。去年までの試験の受験経験と照らしてみてください。納得できると思います。

よって、技術士試験の合格を目指す貴方の対処法は、誰か合否判定できる人に「この解答で合格できるでしょうか?」と教えてもらう事です。そうすれば「ここを直せば、合格できますよ」と教えてくれます。これが最短合格のコツです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方を合否判定する試験官は、どのような人か。

2014.01.13

技術士試験で貴方の合否を判定する試験官は、貴方と別の分野の専門家であることを知っているでしょうか?さらに大学教員・官僚・技術士などの混成メンバーで貴方の合否判定することを知っているでしょうか?

重要なのは、この事を知って勉強方法が、影響されると言う事です。まず試験官が、貴方と別の専門家であることから、専門用語や専門知識は、説明し無ければ理解してもらえないと言う事です。説明せずに使うと「理解不能な事を話す技術者」と判定されて不合格になります。

さらに貴方が企業内技術者であれば、大学教員や官僚などの感覚を理解する必要があります。何故ならば、企業内技術者だけの感覚で解答を作成すると大学教員や官僚の試験官から「企業に偏った感覚を持っている技術者」と判定されて不合格になります。

上記については、筆記試験の採点は、合否判定でしか結果が出ないので、気づくことができないかもしれません。しかし、口頭試験の時に確実に気づきます。試験官に説明しても理解してもらえず再質問されるのです。「この面接官は、本当に専門家だろうか?」と思った瞬間に理解できます。「あ!!この試験官は、自分と別の分野の研究をしている大学教員だ」と理解すれば、納得できます。

そして対応の変更を迫られます。「このまま企業内技術者としてだけの感覚で説明しては、不合格になる」と理解できます。大学と共に10年近く官僚の仕事を手伝った私が本番試験の時にそのように感じたのですから、重大です。大学教員や官僚と接点の少ない人は、特に注意してください。

以上から貴方の勉強を指導する人は、貴方と別分野の専門家で大学教員・官僚・技術士の考え方が理解できる人を選ぶ必要があります。貴方が、企業内技術者としての勉強だけでは、合格できないことを知ってください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

ムダをしないためにキーワード学習の品質確認を受けましょう。

2014.01.12

先日キーワードが200個を超えた人がいますと紹介しました。さすがに200個を超えているのは、かなり進んでいる人ですが、100個を超えた人もいるようです。そこで今のうちにキーワードの品質も確認していただきたく思います。

そもそもキーワード学習は、なぜ必要かを説明します。

まず技術士試験の記述式問題は、毎年新作されます。そのため、過去問題と同じ問題は、絶対に出ません。すなわち同じ問題は、二度と出ません。さらに、問題の「てにをは」が違っただけでも解答内容が違ってきます。そして、12月の口頭試験で諮問されるときに貴方の専門事項を見て質問されます。そのため、100人受験生がいれば、100通りの解答があります。同じ解答などありません

しかしながら、何らかの方法で解答を記述する必要があります。そこで考え出したのが、ひな形論文ひな形に当てはめるキーワードです。問題の設問形式に合わせてひな形を選び、問題文から必要なキーワードを選んで解答を組立てます。

ここで重要なのが、キーワード学習で作成したキーワードシートの内容だけで解答を記述できるかどうかです。キーワード学習の品質が悪ければ、ひな形論文を学んでも解答を記述できません。キーワード学習がムダにならないように、ベテランに確認を受けてください。筆記試験の直前に「これではダメです」と言われても取り返しがつきません。貴方の努力がムダにならないように確認してもらう事をお勧めします。

このようにキーワードとひな形論文をしっかり学習すれば、貴方はどのような問題が出題されても合格できる実力者になっています。予想問題を勉強して、予想が的中すれば合格で、外れたら不合格という丁半バクチ的な勉強など合格不可能です。貴方は、偶然に左右されない真の実力を身に付けて確実に合格しましょう。

「実力通り合格する」そんな貴方になるために今のうちにキーワードの品質確認を受けておきましょう。ムダな勉強をしている暇など貴方には、無いはずです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

1月12日(日)の無料セミナー募集を〆切りました。

2014.01.11

1月12日(日)に実施する無料セミナーの参加募集を〆切りました。1月になってから特に応募者が多く、あっという間に満席になりました。多くの人の応募をありがとうございました。今日からは、原則的に1月26日(日)に参加応募(←ここをクリック)をお願いします。1月26日(日)に近い時期での申し込みは、〆切になる可能性があります。参加を考えている人は、早めに申し込んでください。

さらに有料セミナー(←ここをクリック)についても多くの人に応募をいただいています。有料セミナーの応募についても、昨年よりも速いペースかも知れません。アベノミクス効果なのか、多くの人の応募は、うれしい限りです。一人でも多くの合格者が出るように支援したく思っています。

このコラムを読んでいる人は、景気回復しているこの機会をとらえてぜひ自分に投資をしてもらいたいと思います。まさに景気回復で余裕のある今がチャンスです。

自分への投資と言う事で考えると数万円の自分への投資に迷う人がいますが、迷ってはいけません。例えば毎月3万円の投資をしたとしても1年間で36万円です。たとえ10年間続けたとしても高々360万円です。貴方の能力が向上して会社から「貴方は優秀なので定年を過ぎても5年間は、今の年収を支払います。あと5年間を継続して働いてください」と言われたとします。5年間の年収合計360万円では、どちらが多いでしょうか?

貴方は、「年収×5年間」の方が360万円より大きな金額になるはずです。毎月3万円を10年間続ける金額などよりもリターンの方が大きいのです。

お金の一番良い使い方は、自分の未来への投資です。自分への投資は、無駄になる事などありません。お金は、自分を磨くために使いましょう。まさに景気の良くなっている今がチャンスです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

すでにカウントダウンは始まっています。

2014.01.10

2月からJES技術士セミナーが始まります。現在、申込済みの受講予定者にE-mailでキーワード学習の指導を行っています。先週までは、毎日多くの人からE-mailがあり大変でした。

今週は、その指導がピークを過ぎて落ち着き始めています。皆さんキーワード学習が順調に進んでいます。特に9月にセミナーを申込んだ人は、キーワード個数が、200個を超えています。その人は、「300個を超えたら今度は、暗記に専念します」と連絡をくれました。私はその人のすごいペースに驚いています。私が合格した時よりもはるかに速いペースです。おそらくその人は、今年確実に合格されると思います。

確かに早い方が、確実に合格しますが、遅いペースの私でも合格できました。このコラムを読んでいる皆さんは、5月連休明けまでに200個を目標にしてください。200個をクリアーしただけでも5月から勉強する合格論文作成法に役立ちます。何しろ筆記試験の少し前にやっとの思いで300個をクリアーした私が、合格できたのですから大丈夫です。(ただし0個は、厳しいです。合格論文作成法は、キーワード学習が無ければ無意味ですから)

いま200個を超えている人は、いまのペースで頑張ってください。そのまま一気に300個を超えて技術士試験に余裕で合格してください。私のように普通の人は、筆記試験前に300個を超えるように頑張ってとにかく合格してください。

今の中間目標は、4月末日(5月連休前)までにキーワード個数が200個達成です。と言う事は、2月末までに100個を達成したいペースになります。

大丈夫、できます。私でもできたのですから貴方もできます。キーワード学習は、コツがあります。コツさえつかめば簡単です。8月の筆記試験まであと200日です。すでにカウントダウンは始まっています。合格できるように頑張りましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方は、技術士試験の記述勉強をして無い。何故ならば。

2014.01.09

私(坂林)は、多くの人の技術士試験に合格できない理由の一つに学校などを始めとする世の中での勉強方法にも要因があると考えています。まず技術士試験は、貴方の考えを文書で記述する論文試験です。すなわち、貴方の考えや能力を文書で表現することが求められています。貴方は、今までにそのような文書力を鍛える勉強をしてきたでしょうか?

学校で勉強した国語・古文・英語などは、歴史的な書籍の記述内容の理解の勉強だと思います。僅かに文書力の勉強は、作文ですが、表現力の採点や添削など受け無いと思います。作文を提出しても提出の有無が評価されるか、または、担当教師の感想のフィードバックがある程度です。特に理工系の人は、大学においても勉強するのが理論や数式の理解と活用です。文書表現を勉強するのは、卒業論文の時だけです。(ただし、文系の人は違うかもしれません。さすがに添削指導は、受けないでしょうが、自分の考えをレポートにする宿題があると聞いています)

それで社会人になって「学校で勉強してきたのだから良い報告書を書け」と言われても理工系の技術者には、難しいかもしれません。文書表現を勉強して無いのですから。

貴方は、どうですか? 学生時代に文書表現の添削指導を受けましたか? 社会人になって文書表現の教育指導を受けましたか?

以上から、貴方が技術士試験に合格するには、今までと違う勉強をすべきなのです。いままでと同じ勉強をしたのでは、技術士に不合格です。最短合格を目指す貴方は、自分の考えを設問の条件に沿って正しく伝える文書表現の添削指導を受けるべきなのです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

正しい原因対策をしなければ、次の試験も同じ結果です。

2014.01.08

今日は、受験回数で2回不合格の人の原因について考えてみたいと思います。

まず1回目の受験です。1回目の受験をする人は、試験をよく理解して無い人が多くいます。例えば、大学入学試験・危険物・計量士・エネルギー管理士・建築士など一般的な試験と同じ勉強方法で合格できると考えています。そのため、会社の先輩などから指導を受けているごく少数の人は、合格できますが、大多数の人は、不合格になります。一般的な資格試験と同じ勉強では、合格できません。不合格です。「自分は、優秀だからと大丈夫」思っている人も同じです。受験生全員が、「自分は、合格できる」と思って受験しています。

2回目の受験の人は、1回目の反省をして勉強をします。しかし、多くの人は、勉強量を増やすのが対策です。勉強量を増やしたのでは、合格できません。原因が勉強不足で無いからです。このように考える原因は、(解答を記述できない)=(専門知識や勉強量の不足)と勘違いするからです。

3回目の受験の人は、既に2回の受験を失敗しています。この人たちは、専門知識や勉強量の不足が原因で不合格になったと勘違いしているのでさらに勉強しようとします。この悪循環が間違った勉強となり3回目も不合格となる人が大多数です。あとは、4回目・5回目・6回目と不合格の連続です。

このコラムを読んでいる貴方は、(解答を記述できない)=(専門知識や勉強量の不足)と勘違いしないでください。本当の不合格原因は、(解答を記述できない)=(解答の記述方法を知らない)です。その証拠に貴方は、次の能力を解答でどのように表現するか知っていますか?

1、課題解決能力

2、応用能力

3、論理的思考力

それぞれは、違う能力です。毎年同じことをやっていたのでは、永遠に不合格です。次の試験でも同じです。正しい対策をして次の試験で合格をしましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

正月に決意しても、まだ勉強を始められない貴方は。

2014.01.07

今日は、新年になり「よし今年こそは、勉強するぞ」と自身で決意してもなお、まだ勉強を始めて無い人に向けて書いてみます。

まず思ってほしいのは、決意して実行できなくても諦めないでほしいと言う事です。確かに今日になっても実行できない人は、「自分で固く決意したのに実行できない」と思い悩むかもしれません。ですが、実行できないのは、ある事です。決意で勉強できる人は、数年の時間がかかるかもしれませんが、独学で技術士試験に合格できます。

決意しても実行できない人は、技術士試験に合格するため決意だけの人から実行できる人に変わる必要があります。どのように変わるかですが、まず「決意しただけでは、周りの環境が何も変わらない」というのを知る必要があります。例えば、決意してもいつもの仕事が毎日あります。仕事以外でも毎日やりたい事やるべき事があります。貴方の決意の有無にかかわらず、貴方の周りは、いつもの出来事が進んでいくと言う事です。

貴方が決意して勉強するには、決意と同時に勉強する環境を整える必要があります。環境とは、勉強計画勉強する時間です。勉強計画を作成するには、JESが配布している「理想的勉強スケジュール」を参考にしてください。勉強する時間は、毎日やっている何かを止めるのが効果的です。例えば、毎日見ているTV番組を視ない等です。そして、自分の机の上に教材を置いてしまう事です。教材は、必ず見るようにページを開いて置くのがお勧めです。

技術士試験は、決意しただけでは合格でいません。理想的な学習スケジュールで勉強を実行して初めて合格します。もし上記を実施してもなお貴方が、勉強できない場合は、誰かにサポートしてもらう事です。貴方に迷っている時間はありません。なぜならもうすぐ筆記試験日まであと200日になるからです。時間が無いのです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

合格論文作成法を理解しひな形論文を自分で作成する。

2014.01.06

昨日1/5(日)は、次の事を言いました。

1、試験に同じ問題は、二度と出ない

2、試験問題の予想は、簡単である。しかし的中しても不合格である。

では、どのようにするかです。

これに対処するのが、合格論文作成の一般化です。すなわち、個別の問題の合格論文作成を一般化して合格論文作成法としてどのような問題にも適用できるようにします。これが、ひな形論文です。

例えて言えば、数学の問題で毎回数式を考えて解答を導くのでなく、いつでも使える公式を利用して解答を導くイメージです。公式さえ作成しておけば、毎回考える事なく解答を導けます。ミスが少なく早い解答が可能となります。

この公式の作成は、皆さんも自分で実施可能です。作成する方法は、過去問題集で行います。過去問題集で数年分の模範解答を作成します。そしてその模範解答の共通項から、合格論文作成の一般化を行います。かなりの作業量になりますが、皆さん自身でも作成できます。独学の人は、チャレンジしてみてください。

JESでは、この合格論文作成法の全体説明を毎年4月のセミナーで講演しています。そして、5月のセミナーで詳細を説明して理解と実践学習をしています。6月と7月は、予想問題での解答練習になります。もしよかったら、貴方もセミナーを聴講してしてください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

合格論文作成法は、模範解答の暗記でありません。

2014.01.05

受験生の中に過去問題を解いて合格しようと考える人がいます。ですが、過去問題を解いて勉強しても不合格です試験に同じ問題は二度と出ません。何故かというと、毎年問題は、新作されるからです。そして問題を作成する人は、過去にどのような問題が出題されたか知っている人が担当します。

予想問題で勉強しようとする人もいます。ですが、予想問題でも不合格です。試験問題が完成するのは、本番試験の1か月前です。しかしその問題が手に入る事はありません。

ただし、問題を予想することは、それほど難しい事でありません。例えば、「環境と安全が試験問題に出題される」と宣言してみましょう。おそらく従来の傾向から、必ず出題されるはずです。90%よりもかなり高い100%に近い確率で予想が、的中するはずです。ですがこのように予想しても無意味です。

例えば、試験問題が手に入らないので全文を完全に一致させるまでの予想が困難だとして次のように予想問題を作成したとします。念のため、予想問題は、27,000,000通りの作成が可能です。JESの無料セミナーで解説(←ここをクリック)しています。

1、環境と安全について貴方の考えを述べなさい。

2、環境と安全について貴方の課題を述べなさい。

3、環境と安全について貴方の問題を述べなさい。

4、環境と安全について貴方の知る事を述べなさい。

「1」が本番試験で出題されたとすれば、「2~4」の問題は、ほぼ完ぺきに問題が予想できたと言えます。ですが、同じ解答を記述したのでは、どの問題であっても不合格です。

「1」は、「考え」を記述する必要があります。「課題」「問題」「知る事」を記述したのでは、不合格です。「2」についても「課題」を記述する必要があります。「考え」「問題」「知る事」を記述したのでは、不合格です。「3」については、「問題」を記述する必要があります。「考え」「課題」「知る事」を記述したのでは、不合格です。「4」も同様です。「考え」「課題」「問題」「知る事」は、すべて違う事です。違う解答を書く必要があります。

このように説明した時に、「それぞれを少しずつ記述したら合格するのでは?」と考える人がいます。ですが、それもだめです。不要な事を記述したのでは、「問題を正しく理解して無い」と判定されて不合格です。

貴方は、どのような問題を出題されても合格する合格論文作成法を理解する必要があります。合格論文作成法は、暗記すべき模範解答でありません。フレームワークです。JES技術士セミナー(←ここをクリック)では、5月に解説します。なのでどのような問題が出題されても合格できるのです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

優先順位を考える人の落とし穴。貴方はどっち?

2014.01.04

きょうは、勉強する時間の無い人に向けて書いてみます。

勉強する時間の無い人には、2タイプあります。

【1】なんとなく勉強計画を立てない人

勉強が必要だと理解しても勉強計画を立てない人は、「何もして無いのに1日が終わった。24時間は、時間が短くて勉強できない」と思っています。このような人は、多くの時間を無駄に過ごしています。例えば、友人と無駄話しをしています。あるいは、TVの娯楽番組を見て何も残らない時間を過ごしています。1日が、48時間になっても無駄時間が増えるだけです。このような人は、1日何をしたか書きだして時間を分析してください。1日で勉強できる1~2時間をすぐに見つける事ができます。無駄な時間を見つけたら、勉強時間に割り当ててください。無駄な時間を見つけて勉強計画を立てるのが重要です。

【2】やる事が多くて計画が立てられない人

このような人は、やるべき事があり計画を立てられないと言います。目の前の事が優先であると言います。確かにそうかもしれません。いま勉強をしなくてもトラブルは、ありません。勉強が必要なのは、数年先を考えての事だからです。それに比べて今やらなければトラブルになる事は、多数あります。このような人は、常に目の前の事を優先します。なぜなら、優先順位を考えて行動しているという大義名分があるからです。そして、数年先でも目の前の事を優先しています。すなわち、数年先のことを考えた勉強が、永遠にできないのです。数年先の勉強は、優先順位が低いからです。このような人は、まず勉強時間を決めてください。そして残った時間で目の前の事をやるようにしてください。大丈夫です。勉強は、意識しなければやりませんが、トラブルになる目の前の事は、意識しなくてもやります。計画など無くても目の前の事は、終わっていきます。

貴方は、【1】と【2】のどちらの人でしょうか? どちらの人であってもまず勉強時間を決めてください。例えば、早起きしての2時間寝る前の2時間などを勉強時間に固定します。そして残りの時間を目の前のやるべき事に割り当てます。大丈夫、心配しなくても貴方は隙間時間を見つけて目の前の事が終ります。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験と一般的な資格試験の違いは。

2014.01.03

技術士試験の勉強と一般的な資格試験の勉強と勉強方法が違うのを貴方は、理解しているでしょうか? 勉強方法に違いがあるのを理解せずに受験対策をすると極めて効率の悪い勉強になります。

一般的な資格試験は、過去問題集や予想問題集を解答練習して勉強します。その勉強の目的は、問題に対する模範解答を暗記するのが目的です。何故かというと問題に対して解答すべき模範解答が、唯一【一つだけ必ず】存在するからです。そのため、一般的な資格試験は、問題を解くことで勉強します。

必須科目(択一問題)は、問題を解くことで受験対策可能ですが、選択科目は、ダメです。なぜなら、選択科目は、模範解答が無いからです。貴方が技術士試験に合格できない理由は、これを理解して無いからです。

もし貴方が、効率的に勉強して1回の受験で技術士試験に合格したいのであれば、この違いを理解して勉強してください。そうすれば、貴方は、次の技術士試験で合格できるはずです。もし違いを理解できなければ、まだまだ合格できません。

次の試験でも不合格となり、合格までにあと数年必要となります。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験に合格するため達成すべき目標がある。それは。

2014.01.02

昨年、合格できなかった人に【今年こそは、合格して欲しい】と思って書いてみます。

貴方は、「何をどれだけいつまでにやれば合格できる」という目標を持っているでしょうか?

目標を持っている人は、その目標の実現に頑張ってもらいたいと思います。しかし、もし目標を持ってない人は、次の数値を目標にしてください。

キーワード学習:300個超

合格論文作成:3通

JESの受講生は、この数値をクリアするように頑張って勉強しています。だからJESの受講生は、合格率が高いのです。キーワード学習で合格論文に書き込む材料をそろえます。そして合格論文作成3通で合格論文作成法を理解します。

今年8月3日(日)の筆記試験まであと212日です。キーワード学習は、1日2個できます。なので今日からキーワード学習を始めても筆記試験までに400個以上できます。合格論文の作成は、5月からの3か月間で集中して頑張ります。1通目の作成は、複数の添削を受けるので時間がかかります。多くの人が、1か月半かけて1通目を完成します。ですが、試験直前の3通目完成は、極めて短時間に完成できるようになります。

さあ今年の技術士試験で合格しようと考えている貴方は、きょうから1日2個のキーワードを目標に頑張ってください。そして5月からは、毎月1通の合格論文作成を目標に頑張ってください。目標が達成できたときに貴方は、技術士試験に合格しています。夢を現実にするため一緒に頑張りましょう。

では、「最短合格」を目指して頑張りましょう。

謹賀新年。めんどくさい事が、近道になる。

2014.01.01

きょうは、元旦です。良い一年を迎えられそうですか?

きょうは、「めんどくさい事が、近道」と言う事を説明してみたいと思います。

メジャーリーグの鈴木一郎選手が、あるドキュメンタリー番組で「めんどくさい事が、近道」と言っていました。また、日米通算4,000本安打を達成した記者会見で、「4,000本安打を達成するために8,000本の失敗をした」と誇らしげに言っていました。一郎選手いわく「8,000本の失敗が嫌でバットを振らなければ、4,000本のヒットも無かった」と言う事です。

貴方はどうでしょうか? 毎日の勉強は、めんどくさい事でしょうか? しかし、そのめんどくさい事をやらなければ、技術士試験に合格しません。めんどくさい事をどれだけ効率的に合格へつなげるかを工夫することです。

一郎選手は、うまく工夫して8,000本の失敗を4,000本のヒットにつなげました。8,000本と言う失敗が、遠回りで無く4,000本安打への近道になったのです。工夫が無ければ、単なる8,000本の失敗で終わったでしょう。4,000本安打は、ありませんでした。

貴方も工夫すれば、めんどくさい事が、技術士試験合格という成功につながります。めんどくさい事が、工夫次第で正しい勉強法で効率的な近道に変わるのです。もし工夫しなければ、ただのムダで終わってしまいます。合格するのか不合格にするのかは、貴方が決める事です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム