技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

2014年9月

JESセミナーで来年度の合格を目指す人の苦労は。

2014.09.30

現在、来年度の技術士試験合格を目指して、JESの平成27年度技術士セミナー(←ここをクリック)に参加されている人が、頑張っておられるのでそのことを少し書いてみたいと思います。

来年度の技術士試験合格を目指している人で、皆さんが一番苦労されているのが、課題・問題点・将来動向の区分です。皆さん「解っていたつもりなのに」と勘違いに愕然とされています。

このコラムや無料セミナーなどで何度も説明したり質問に答えたりしているので、「自分は、理解できた」と思われている人が、大部分です。ですが、理解できて無い事に愕然とされるようです。事実として言葉で理解しても実際に文書にしてみると理解できて無い事の方が9割以上と多いです。

JES技術士セミナーに参加される人で説明を聞いているのですが、いざやってみると正しくできる人は、20人に1人程度です。ですが大多数の人は、5~6回のメール指導で区分できるようになります。技術士試験を受験される人は、もともと知識や経験のあるベテランばかりです。なので、どのように考えればよいか理解すれば、出来るようになります。ですが、言葉だけの説明では、理解できないようです。実際に書いた文書で確認するのが重要です。

このコラムを読まれている貴方も課題・問題点・将来動向について、文書にして誰かに確認を受ける事をお勧めします。自分で自分の気づかない間違いを見つけるのは、極めて困難です。何故ならば、気づかないで残っているから間違いなのです。

来年度は、新試験制度に完全移行して初めての試験です。全力で挑戦する必要があります。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方は、毎日少しでも勉強していますか?

2014.09.29

まもなく来年の筆記試験日8/2(日)まで300日間を切ります。ですが、すでに厳しい日数になってるのを話してみたいと思います。

本日9/29(月)で来年の筆記試験日8/2(日)まで306日間です。しかし、この306日間は、12/30(水)や1/1(木)を含んだ日数です。さらに、試験日までに病気になる日にちもあるかもしれません。そのように考えた時に貴方に勉強出来る日にちは、もうすでに300日間を切っているのかも知れません。

もちろん、12/30(水)や1/1(木)も勉強する人は、良いです。病気になって高熱を出しても勉強する人は、良いです。ですが、そんな貴方は、昨日や今日も勉強しましたか? それとも貴方は、300日間を切ってから勉強する予定ですか?

昨日や今日に勉強できなかった人は、明日も勉強できないはずです。明日勉強できない人は、試験直前になって手遅れになってから、勉強を始める人です。

もし貴方が、来年の試験に合格したいのであれば、少しでも毎日勉強する事です。例え1日に少しでも勉強すれば、いつか順調に勉強できるはずです。

いま勉強できない人は、最後まで勉強できません

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方の【課題・問題・将来動向】の区分確認は。

2014.09.28

貴方が、課題問題将来動向をきちんと区分できているか確認方法を説明します。

【1、キーワードの書き出し】

まず、5枚の用紙を準備してください。そして、5枚の用紙に番号を書き込んでください。次に5個のキーワードを抽出して5枚の用紙に1個ずつ書き込みます。キーワードは、貴方の好きなもので問題ありません。できれば貴方が、知識豊富なキーワードを選んでください。

【2、課題の書き出し】

個々のキーワードで課題だと思う事を全て箇条書きにします。番号1番の用紙に1個目のキーワードの課題を箇条書きします。この時に課題だと思うものは、全て書き出すように必死で考えます。次に2枚目の用紙で2個目のキーワードについて必死で考えます。これを5個のキーワード全て順番に繰り返します。5枚すべてを書き上げたら、書き漏らしが無いか全てのキーワードを再度確認してください。

【3、問題の書き出し】

さて次に番号1番の用紙のキーワードで問題を追記してください。課題と区分するために1行空けて追記してください。この時も問題だと思うものを全て書き出してください。今回も箇条書きで問題ありません。書き漏らしが無いように必死で書き出してください。問題について5個のキーワード全てについて書き出したら、記載漏れが無いか確認してください。この時、課題として記載したものを問題に変更するのは、ダメです。1度課題と考えた項目は、課題のままにして変更NGです。

【4、将来動向の書き出し】

最後に将来動向です。お解りと思いますが、将来動向も同じです。1枚1枚について順番に将来動向を書き出します。この時も他の項目と混ざらないように1行空けて追記してください。そして書き上げたら記載漏れが無いか確認します。将来動向も課題や問題から将来動向に変更するのは、ダメです。1度課題や問題と判断したものは、変更NGです。

【5、区分の確認】

書き出した、課題・問題・将来動向でダブりが無いか確認してください。もしダブりがあれば、ダメです。貴方は、きちんと区分できないで学習している事になります。ダブりが多ければ多い程ダメです。区分できないことになります。一番良いのは、課題・問題・将来動向が、均等にまんべんなく記載されている状態です。記載量に偏りがあるのもダメです。貴方は、出来ていますか? 貴方が、もし出来なければ、試験問題で「・・課題を述べなさい」と「・・問題を述べなさい」の設問が出題された時にどのように書き分けますか? 貴方の区分は、試験官が納得するものですか? ダメであれば書き分けられない貴方は、不合格です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

勉強が進まない人は、優先順位を考えない。

2014.09.27

優先順位を考えると勉強が進まないと言う事を書いてみたいと思います。

優先順位を考えて仕事をする人は、有能な人だと思います。今やるべき事後からやっても良い事を見極めて優先順位の高い方から処理していくのは、会社員として重要な資質です。

貴方が新人の頃に上司から教えられて、いま貴方が新人に教えているのも、優先順位だと思います。

ですが、これらの優先順位は、仕事上の事であって勉強に優先順位を持ち込んではいけません。勉強に優先順位を持ち込むと、勉強が、後回しになります。

何故かというと、勉強は、してしなくても翌日なにも影響がないからです。翌日困る事が、優先順位の高い事項です。一番優先順位の高いのは、いま困っている事です。ですが、勉強は、いま困っていません。さらに、いま勉強したからと言って褒められることもありません。だから、優先順位を考える人は、勉強が後回しになります。

勉強が後回しにならないようにするには、勉強しなければ、自分が困るようにすることです。そして、勉強すれば、褒められるようにすることです。勉強の優先順位を上げる事が重要です。

例えば、勉強の進捗を誰でも見える所に貼り出すのも一つの方法です。勉強の進捗を貼り出してしまえば、周りの人が、貴方を評価するはずです。勉強が遅れていれば、悪い評価をします。勉強が進んでいれば、良い評価をします。貼り出すことは、貴方にとって困る状態と褒められる状態を作ることができます。勉強が進まない人は、ぜひ試してください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

どのように効率的に勉強しようか考えている人は。

2014.09.26

きょうは、勉強で効率を考えてはいけないと言う事を書いてみます。

何事も効率的にするのは、重要です。会社では、常に上司から言われている事です。何故ならムダな仕事をした場合、会社の資源(人・機械・材料・方法)がムダになるからです。単にムダと言うよりは、資源を消費するのですから損害と言っても良いかもしれません。

勉強においても同様です。今日の時点で来年の筆記試験日まであと309日間です。そろそろ1日に1個のキーワード学習をしても300個を超えない可能性が出てきました。来月10月からは、「1日に2個のキーワード学習をしてください」とコメントすることになるかもしれません。ムダな勉強をしてはいけません。効率的に勉強して下さいと言うのは、当然です。

ですが、考えて下さい。いま貴方は、勉強を始めているでしょうか? 毎日勉強し、さらに効率的に勉強する事を考えているのであれば、良いと思います。しかし、勉強を始める前に「効率的に勉強しなければ」と考えているのであれば、笑止千万です。勉強を始める前に勉強の効率を考えるなど百年早いと自分に言い聞かせて下さい。

まずは、勉強を始めて下さい。そして勉強を始めてから効率を考えて下さい。もともと勉強は、効率の悪い行為です。覚えては、忘れます。そしてまた覚えるのが勉強です。覚えるのが早いか忘れるのが早いかの競争です。そして、今日勉強しても、明日から効果の出ることなどありません。もともと勉強は、効率の悪い行為なのです。しかし、勉強は、貴方にとって良い将来や良い仕事を引き寄せる一番良い方法なのです。

もともと貴方は、ベテランであり有能な技術者です。貴方は、やればできる優秀な人材です。そんな貴方は、まず効率を考えるよりも勉強を始める事を考えて下さい。

すでにJES技術士セミナーの受講生は、勉強を始めています。JES技術士セミナーの受講生は、キーワード学習を始めています。貴方も試験日まで300日間を切る前に勉強を始めて下さい。貴方であればできますやれば必ずできます

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

来年度のJES技術士セミナー申込者限定です。

2014.09.25

来年初めて技術士を受験する数人から、それぞれ「初めて受験するので不安です」のメールが来ているのでプレ・セミナーを企画しようと思います。今日は、プレ・セミナーについて書いてみます。

JESのセミナーに申込まれている人で来年初めて受験される人から「初めて受験するので、不安です」の連絡をいただいています。返信としては「いまは、キーワード学習をすれば大丈夫です。2月からのセミナー参加で合格できます」と説明しています。ですが、大丈夫と言っても不安な状態で2月を迎えるのもつらいと思います。そこで、安心して頂くためにプレ・セミナーを実施する事にしました。

このプレ・セミナーは、来年の試験を初めて受験する人や受験に不安を持っている人を対象に2月からの勉強を事前に理解していただくセミナーです。2月からのセミナーを4か月も前に経験するのですから、安心して頂けると思います。さらに勉強方法を2月のセミナーの前に理解できるので、準備も十分できると思います。JESとしても、少しでも合格率を高めることができるので10月19日(日)にプレ・セミナーを実施する事にしました。

このプレ・セミナーは、キーワード学習受験申込書及び業務経歴票機械的合格論文作成法などを2月のセミナーの前に概要を理解していただくセミナーです。プレ・セミナーに参加できるのは、JES技術士セミナーの有料セミナーに申込んで頂いた人限定です。

他の受験生が、2月から勉強するのを約4か月早く勉強するのです。初めて受験する人も安心です。初めての人も2月からのセミナーに余裕で参加できます。

主旨が、事前セミナーなので業務など予定のある人は、無理をしての参加不要です。JESのセミナーは、2月から参加すれば、合格できるように計画しています。そのため、無理な参加は、不要です。ですが、不安な人は、安心して頂くために参加されると良いかもしれません。また、モチベーションを維持するのに役に立つと思います。業務命令などで受験されるため平成27年度の技術士試験で絶対合格しなければ困る人も参加すると良いかもしれません。

1、日時

10月19日(日)14:00~16:00

2、場所

北区 北とぴあ

3、参加費

無料(平成27年度の有料セミナー申込者限定のセミナーです)

なお、本件は、有料セミナーに申込まれた人に案内メールをしていますが、数件エラーが返ってきています。もし、メールが届いてない人は、連絡をください。また、今から有料セミナーに申込まれる人には、申込まれた時点で持参品など連絡します。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

平成26年度の筆記試験問題の傾向分析が順調です。

2014.09.24

現在、平成26年度に実施された筆記試験の問題の解答解説を編集しています。今日は、その情報について話してみたいと思います。

平成26年度の問題の解答解説を編集して気づいた事を書いてみます。まず第1に平成26年度の問題は、良い問題が多くありました。良い問題というのは、技術士として今後も考えていくべき課題や問題点が多く含まれていると言う事です。新試験制度に移行して2年目というのも影響しているのかも知れません。おそらくこの傾向は、来年の試験も同じだと思います。

そこで、第2として平成26年度の問題は、貴重なキーワードが多く含まれているので、丹念にキーワードを抽出しようと思っています。平成26年度の問題に含まれているキーワードが、平成27年度の試験問題に継承されると考えるからです。

もちろん毎年試験問題が新作されるので同じ問題は、二度と出ません類似問題も出ません。しかし、平成26年度の問題を分析する事で、平成27年度の出題傾向が見えてきます。そこで、解答解説の編集がまもなく終了するので、来週からキーワードの抽出を始める予定です。

これらの分析が終了すれば、来年の筆記試験の合格に大いに役立つ資料となります。完成しましたら、JES技術士セミナー教材として、無償で謹呈しますので楽しみにお待ちください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

平成27年度は、初めて見る問題が出題されますが。

2014.09.23

先日無料セミナーで質問があった「過去問題で勉強しても不合格ですか?」について書いてみます。

技術士試験の必須科目(択一式)で平成25年度は、ほとんどが過去問題の類似でした。そして、平成26年度が、類似問題は、3問程度になりました。これは、試験制度の改革がほぼ終了する事を意味しています。おそらく平成27年度の必須科目(択一式)は、全問新作問題です。全問初めて見る問題です。新作問題なので過去問題で勉強している人は、平成27年度に不合格です。正解が8問以下の人は、100%不合格です。救済処置は、ありません。(もし今年の試験で正解が8問以下の人は、記憶が新しいうちに来年の準備をしましょう。時間がたつとせっかくの勉強した事を忘れてしまいます)

このように説明すると「過去問題が使えないのでは、必須科目(択一式)の勉強ができませんが?」と受講生から質問がありました。ですが大丈夫です。確かに過去問題を勉強しても不合格ですが、勉強方法があります。

まず理解して欲しいのは、技術士試験で確認される能力は、毎年同じだと言う事です。平成25年度平成26年度と来年の平成27年度で技術士に求められる能力は、同じです。同じ能力が求められると言う事は、問題が、決められた範囲から出題されると言う事です。

例えば、技術士試験に税理士試験の問題は、出題されません。司法試験の問題も出題されません。出題されるのは、技術士に解答を求められる問題です。よって、技術士として必要な能力を身に付ければ解答できる問題です。

以上から、来年の問題が、初めて見る問題だとしても大丈夫です。技術士としての能力があれば、解答できる問題です。安心して勉強して頂ければと思います。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

3回以内で合格しない人は、間違えている。

2014.09.22

今日は、どんなに難解な試験でも3回目の受験で合格しない人は、合格まで時間が、長くかかる理由を説明したいともいます。

まず1回目の受験で合格できない事は、あります。1回目の不合格の原因は、勉強不足です。多くの人は、どれだけ勉強すれば合格できるか理解できないで勉強しています。特に独学の人は、全員です。そのため不合格になるのです。勉強不足を対策するには、勉強する環境づくりをすることです。どこまで勉強すれば良いか、合格した人を参考に目標を設定するのがお勧めです。

2回目の受験で合格しない人は、勉強方法を間違えています。2年間勉強して勉強不足と言う事は、ありません。充分勉強しても不合格という事は、勉強方法に問題があります。勉強方法を変えて受験する事です。技術士試験では、何が求められているかを研究してください。例えば、論文試験とは、何を求めているのかを知ることです。

さらに3回目の受験でも不合格の人は、合格まで7年間~10年間以上の時間がかかると覚悟してください。3回受験しても不合格という事は、何をやれば合格できるか理解できて無いことになります。その場合は、気づいた方法を毎年やってみるしかありません。この場合は、合格までに長い時間がかかります。対策としては、誰かに勉強方法を教えてもらうのが良いです。正しい勉強を誰かに教えてもらえば、数年で合格できます。教えてもらわない人は、7年間~10年間以上の時間がかかると覚悟してください。

お勧めは、3回以内の受験で合格する事です。そのためには、勉強不足や勉強方法の間違いをなくす事です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

自分専用の参考書をどのように見つけて持ち歩くか。

2014.09.21

今日は、受験人数が少数の部門について書いてみます。受験人数が少数と言っても何人からが少数か判断が難しいので建設部門以外の全部門とします。

さて少数受験生部門の多くの悩みは、勉強する参考書が無いことかもしれません。確かに書店などに行くと並んでいる参考書は、建設部門の本と全部門対応の本が大半です。しかし、建設部門の人に「何冊の参考書で勉強しているか?」質問してみて下さい。確実に複数冊で勉強していると回答するはずです。1冊目で勉強して物足りなさを感じて2冊目を購入して、さらに、3冊目を購入するという具合です。そして「いままでに手に入れた参考書全てで十分な勉強ができるか?」質問してください。必ず「持っている参考書全部でも不足です」と回答するはずです。1冊の本だけで勉強して技術士試験に合格できる人は、たぶんいないと思います。

すなわち、1冊で全てを満足する参考書は、21部門全てにおいて存在し無いのです。よって、適切な参考書が存在し無いという点では、受験人数が少数の部門であっても建設部門であっても21部門全てで同じなのです。

ではどうするかが問題です。一番良いのは、図書館を利用して、自分の必要な情報を掲載している本を借りてコピーする事です。私の受験時代は、近くの図書館から毎週7冊の本を借りて必要な部分をコピー機でコピーしていました。コピー機は、最近のPC用プリンターで1万円も出せばコピー機能のあるものが購入できます。図書館も自宅近くの児童図書館で十分です。児童図書館に無い本は、中央図書館に問い合せて借りることができます。技術士に必要な本は、特殊なので多くの場合、中央図書館に借りるのでどこの図書館を窓口にしても同じです。中央図書館が、所蔵して無ければ、購入してくれます。書籍購入代が節約できます。

このように必要な情報をコピーで集めれば、貴方に必要な情報を1冊にまとめることができます。さらに、全てをPDFファイルにすれば、iPhoneAndroidなどのスマートフォンに入れて持ち歩くこともできます。別の機会で話したように、最近は、PDFファイルで数百冊の本を持ち歩くことが可能な時代です。試してみて下さい。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

筆記試験の解答を見ながら諮問されると言う事は。

2014.09.20

貴方は、口頭試験の準備資料ができているでしょうか? 今日は、口頭試験の準備資料の作成のコツについて書いてみます。

まず口頭試験は、貴方の記述した筆記試験の解答と業務経歴票を見ながら諮問します。と言う事は、一般的な誰にでも当てはまる諮問で無く、貴方個人に対する諮問が行われると言う事です。一般的資格の面接では、誰でも知っている事を知っているかどうかの確認諮問が行われます。この個人的な諮問と一般的な諮問の違いが技術士試験とその他の一般的な資格試験との違いです。

さてそこでです。貴方が何を諮問されるかを知ることが重要です。貴方が諮問される内容は、筆記試験の解答業務経歴票を確認する事から知ることができます。例えば、筆記試験の解答は、解答の採点基準に照らして記述すべき事項があります。貴方の解答が、記述されていれば、OKです。記述されて無ければ、NGです。そして、通常と異なる事が書いてある場合に、諮問が集中します。採点基準に照らして問題のある記述に諮問が集中するのです。

以上から筆記試験の解答の諮問で模範解答を準備するには、採点基準を知っている技術者に解答を読んでもらうのが最適です。採点基準は、平成25年の試験制度改定で大きく変わりました。最新の採点基準を知っている人に解答を読んでもらってください。

それから、業務経歴票については、720文字詳細業務が諮問されると限りません。なぜなら、諮問するのは、業務経歴票であり720文字詳細業務と決められてないからです。まして、720文字詳細業務は、完璧に出来ているのが普通です。なので、別の業務を諮問する場合が多いです。割合としては、720文字詳細業務とその他の業務でほぼ半々の割合です。

そのため業務経歴では、第2・第3の720文字詳細業務を用意します。第2・第3の720文字詳細業務にも課題や現時点での評価など必ず必要な項目が複数あります。十分注意して準備してください。最近の技術事情に詳しい人に相談するのが良い方法です。

以上、筆記試験の解答と業務経歴票を見ながらの諮問は、貴方個人の事情への諮問が多いことに注意して資料を準備してください。すなわち、技術士試験は、一般論で無く「貴方はなぜそのようにしたのですか?」等の個人的諮問があると言う事です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

自分の専門分野の勉強が、技術士試験の勉強です。

2014.09.19

今日は、技術士試験の勉強が進まない人や苦痛の人に向けて書いてみようと思います。

まず、技術士試験は、受験生が、受験部門・選択科目・専門事項の専門家で、なおかつ、技術責任者としての能力の有無を確認する試験です。すなわち技術士試験は、いま目の前にしている仕事の能力を確認する試験です。受験生の中には、「こんな試験で仕事の能力判定などできない」と思う人もいると思います。ですが、出題者は、「この問題を解ける人が、この分野の専門家です」と思って出題しています。

さらに、学校での勉強と比較してみます。学校での勉強は、「将来何かの役に立つはず」という思いで勉強しています。なので、学校の勉強は、「こんな勉強が、何の役に立つの?」と思うときもあります。ですが、技術士試験は違います。技術士試験は、受験生の思いと別に「これを解答できない技術者は、素人」と考えています。勉強する人からすれば、出来るだけ勉強する量を少なくするために「こんなの勉強しても役に立たない」と思いたいのかも知れませんが、ダメです。貴方の解答を採点する人は、貴方と違う考えだというのを理解してください。そして貴方が何を主張しても、採点者に貴方の考えは、届きません。

さて、もし貴方が、技術士試験の勉強の仕事への効果にネガティブな感覚を持っているのであれば、次の問題があるのかも知れません。それは、貴方の仕事と受験部門・選択科目・専門事項にずれがあるのかも知れません。もし正しく受験部門・選択科目・専門事項を選択しているのであれば、いま勉強している知識は、仕事に役立つはずです。今の勉強が理解できなければ、素人と判定されると思って勉強して下さい。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

なぜ応用能力・課題解決能力が、重要か。

2014.09.18

今日は、技術士試験の筆記試験で確認される応用能力と課題解決能力について考えてみたいと思います。なお、専門知識は、ほとんどの人が問題無く解答できるので省略します。

さて、応用能力ですが、なぜ技術士試験で確認されると思いますか? 技術士試験で確認されるのは、受験生が、実務家であるかどうかを確認しています。すなわち、専門知識は、勉強すれば身に付けることができます。極端な事を言えば、実務経験が無くても専門知識は、勉強できます。ですが、技術士は、実務家です。そのため、実務経験から獲得した知識を解答に記述することが重要となります。とくに会社などで「どこかの本に書いてあるような事を書くな」と注意される人は、気をつけて下さい。

さらに課題解決能力です。この課題解決能力は、問題解決能力と書いて無いことに注意してください。受験生の中には、課題と問題を区別せずに記述する人がいます。キチンと区別してください。特に課題を書くべきところに問題を書いた場合は、評価を下げてしまいます。極端な場合は、「理解して無い」と誤解される場合もあり、厳しい評価(=不合格)になります。どうしても課題が思いつかない場合は、問題を記述しても良いですが、その時なるべく小さな問題を記述してください。大きな問題を記述した場合は、最悪の評価になります。この課題解決能力を確認する目的は、技術責任者(=技術士)にふさわしい人材かどうかを確認しています。すなわち、問題は、新人からベテランまで指摘できます。ですが、課題を指摘できるのは、ベテランだけです。よって、課題解決能力を備えているのが、ベテランの技術責任者(=技術士)にふさわしい人材となります。今まで課題と問題を区別して無かった人は、これから区別してください。

以上、技術士試験は、専門知識・応用能力・課題解決能力を確認します。専門知識は、どのような資格試験でも確認されます。専門知識は、専門家であるかどうかを確認するためです。ですが、応用能力と課題解決能力を確認するのは、技術士試験だけです。技術士試験特有なので、十分注意して解答できるように勉強して下さい。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

口頭試験で毎年質問されること。

2014.09.17

口頭試験は、質問項目が決められています。今日は、口頭試験での定番質問について書いてきます。

まず受験生全員に聞かれるのが、業務経歴票筆記試験の解答です。必ず質問する項目で、試験が始まった最初に聞かれます。多くの場合、ある決められた時間で業務経歴票を説明するように求められます。そのため、1分間・2分間・3分間などの時間内で説明する練習をしておきます。この時に変な説明をすると追加質問があります。あるいは、あえて質問して欲しい部分を強調して説明すると効果的です。

続いて、筆記試験の解答を質問されます。質問するところは、何か気になるところなので、記述間違い意見の相違の部分が多いと考えて下さい。そのため、試験官が解答の訂正や補足説明の機会をくれたと理解して、必ず明確に説明して下さい。もしここで説明し無いと「専門知識不足」と評価されます。

さらに、受験部門・選択科目・専門事項に関係する質問が続けれらます。この部分は、受験部門によって必ず聞かれる質問がありますので、同じ受験部門同志や質問項目を知っている人と情報交換しておくと事前に質問事項と模範解答が解ります。

次に技術者倫理の質問では、最近の話題から質問されるときがあります。最近の話題と言うとデータねつ造や事故と責任などがあります。貴方の受験部門で話題になっている技術者倫理についても事前に調査して口頭試験を受けて下さい。

最後に技術士制度では、毎年質問される項目がありますので、事前準備してください。例えば、技術士法などは、決まった条文が質問されるので条文を暗記して模範解答を準備してください。

以上、口頭試験は、大部分が毎年同じ質問です。事前に準備しておけば安心できます。ただし、準備をしない人は、不合格になる場合が多いです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

合格論文には、守るべきルールがある。

2014.09.16

技術士試験は、必須科目(択一式)選択科目(記述式)で試験されます。技術士試験の記述式試験は、論文試験に分類されます。今日は、その論文について書いてみます。

まず論文とは、論(貴方の意見)を文(文章)にすることです。すなわち、記述内に貴方の論が無ければ、論文になりません。論が無ければ、不合格となります。

記述式では、感想文や報告書などもあります。感想文は、貴方の感じた事を書く文章であり技術士論文になりません。報告書は、事実を書く文章であり技術士論文になりません。特許なども同様に技術士論文と異なります。なお学会論文は、技術士論文と対象読者が違うので、技術士論文になりません。

さて技術士の論文には、課題が必要です。課題には、賛否両論が必要です。なぜなら、誰もが賛成する意見では、述べるまでも無い常識だからです。あるいは、誰もが反対する意見では、非常識な暴論だからです。常識や暴論だけを記述した論文は、不合格論文です。

さらに、課題は、自分の専門分野で記述します。貴方の専門と違う分野で課題を述べても「だから何なの?」といわれて、解決策が取れません。貴方が認めてほしい・合格したい・専門分野で記述してください。

そして、課題は、貴方の専門分野において意味のあることも必要です。課題が、貴方個人の事では、記述の価値無しです。そのため、課題は、貴方の専門分野において意味のある事も条件です。

これらを満足する課題を提起して論文を記述する事が、合格論文の条件になります。

課題以外でも貴方の意見提示展開結論まとめ記述順序なども合格するために遵守すべきルールがあります。これらのルールについては、長くなりますので後日説明したいと思います。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験の予想問題と求められる技術士は。

2014.09.15

ときどき予想問題で勉強しようとする人がいます。予想問題で勉強する人は、ほとんどの場合不合格になります。今日は、予想問題の是非について書いてみます。

まず、予想問題による勉強とは、「この問題と模範解答を暗記すれば合格できる」という勉強法です。確かにこの勉強法が成り立つ試験があります。それは、専門知識を確認する資格試験大学入学試験などです。これらの試験は、暗記力が重要な試験です。知っていれば合格できて、知らなければ不合格になります。よって、合格するために多数の問題と模範解答を暗記して受験します。

しかし、技術士試験は、専門知識応用能力課題解決能力を確認する試験です。暗記の通用する専門知識は、試験の一部でしかありません。まして、試験問題は、予想問題と無関係に毎年新作されます。そして、ほんの少しでも違えば、全く違う解答を求められます。例えば、「〇〇について知るところを述べよ」「〇〇について考えを述べよ」「〇〇について課題を述べよ」「〇〇について問題点を述べよ」などほんの少し違うだけで全く違う解答になります。

例えば、知るところを述べよでは、知ることを記述する必要があります。考えを述べよでは、考えを記述する必要があります。課題や問題点も同様です。それぞれ求める解答が違うので、違う解答になります。

すなわち予想問題は、一字一句的中して初めて役に立ちます。ですが、試験問題の事前漏洩でもない限り一字一句的中することなどあり得ません。勉強は、的中率を狙うギャンブルではないのです。能力アップが勉強の目的です。

まして、試験実施側が求めているのは、予想問題の的中率で無く技術士にふさわしい人材です。よって正しい勉強方法は、貴方がどのような問題が出題されても合格できる技術士にふさわしい人材になる事です。その勉強の一つが、現役技術士とのディスカッションによる意見交換です。

もし貴方が、技術士試験に一発合格したいのであれば、シッカリと現役技術士と1対1で勉強をしてください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方にとって最適な参考書とは。

2014.09.14

貴方は、技術士試験の合格のために最適な参考書を探していると思います。今日は、貴方にとって最適な参考書の見つけ方について書いてみます。

まず、貴方にとって最適な参考書とは、貴方がすべき事・貴方の勉強すべき弱点などが解る参考書です。この「貴方~」の部分は、一般論ではダメです。貴方が、別の人がすべき事や別の人の弱点を知ったところで、貴方にとって何の役にも立ちませんすなわち貴方1人のために作成された参考書が、貴方にとっての最適な参考書となります。

しかし、貴方1人のために作成された参考書は、世の中にありません。書籍は、1冊出版するのに3百万円~数百万円必要です。この投資を回収するためには、少なくとも3千冊以上を販売する必要があります。そのため、貴方1人のために書籍を出版すると言う事などあり得ないのです。

ですが貴方は、貴方にとって最適な参考書が欲しいはずです。そこでどうするかと言えば、自分にとって最適な参考書を自分で作成するのです。それが、キーワード集なのです。

すなわち、キーワード学習の目的は、自分専用の参考書作成です。

貴方は、この目的を理解してキーワード学習をしてください。

ときどき次のような人がいます。「このキーワードに課題は、ありません」「このキーワードに将来動向は、ありません」という人です。しかし、無いのでありません。貴方が気づかないだけなのです。貴方が気づかないから、勉強が必要なのです。なぜなら、課題・問題点・将来動向があるから技術士の存在価値があるのです。課題・問題点・将来動向の無い技術や制度は、技術士にとって勉強不要な技術や制度だからです。貴方が気づかない事を勉強するから、あなた専用の参考書なのです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

キーワード学習の品質確認方法について。

2014.09.13

すでにキーワードがかなり進んだ人もいると思います。そこで、今日は、キーワード学習の品質確認方法を書いてみます。

まず昨年かまたは、今年の1必須科目・2選択科目(専門知識と応用能力)・3選択科目(課題解決能力)の問題を準備します。そして、キーワードシートを見ながら、解答してみます。

もし解答が、全くできない場合は、キーワードの品質に問題があります。問題の解答ができるように品質を上げてキーワード学習をしてください。それと、キーワードが少なくて解答できない場合は、キーワードを増やしてください。

解答できる場合は、標準以上の品質です。どのような問題でも解答できるかどうかを確認してください。

どのような問題でも解答できるかどうかは、三分割展開法に沿って学習しているかどうかです。三分割展開法に沿って学習していれば、初めてのどのような問題でも解答できます。

さて今日は、キーワード学習が進んでいる人の学習品質の確認方法を書きました。ですが、これから学習する人も大丈夫です。

今日9/13(土)から学習を開始しても来年の筆記試験8/2(日)まであと322日間あります。もし明日9/14(月)から勉強するにしてもあと321日間あります。明後日9/15(火)から勉強するにしても320日間あります。重要なのは、いつから勉強するか決まっている事です。問題なのは、そのうち勉強すると思っている人です。そのうち勉強すると思っている人は、試験直前まで勉強しない人です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

貴方は、技術士試験合格の準備をしていますか?

2014.09.12

さて8月の筆記試験から約1か月がたちました。貴方は、次のステップに進んでいるでしょうか? 貴方の今の行動で未来を予想してみようと思います。

まず、口頭試験の準備をしている人です。口頭試験の準備をしている人は、良い結果を期待してください。口頭試験は、3/4の人が、合格します。口頭試験は、キチンと準備さえすれば、合格します。準備項目は、筆記試験の復元論文から想定質問と模範解答の準備です。さらに、業務経歴票からの想定質問と模範解答です。注意すべきは、720文字詳細業務で課題の説明と将来展望をどのようにするかです。問題点の説明をすると低い評価になると思て下さい。必要なのは、問題点で無く課題です。さらに、720文字以外でどのような質問をされるかを考えて下さい。あとは、定番質問に備えれば、十分合格できます。

さらに、来年の受験準備を始めている人も明るい結果が期待できます。来年の筆記試験日である8月2日(日)まで323日間です。キーワード学習も何個か進んでいるでしょうし、300個超も問題無いと思います。来年の筆記試験を楽しみに頑張ってください。

問題なのは、何もしてない人です。何もしてない人は、次の2種類の人がいます。

1、口頭試験は、合格できると思っている人。

何の準備も無しで口頭試験に合格できると考えている人は、不合格である1/4の仲間入になります。不合格まっしぐらです。現在、JES技術士セミナーの受講生は、復元論文から想定質問と模範解答を作成しています。業務経歴票から、第2第3の720文字詳細業務を作成しています。貴方と大きな差があることを知ってください。

2、来年の試験準備を始めて無い人。

今年の試験結果が悪くて来年リベンジであるのに、来年の試験準備を始めて無い人もダメです。来年になってから準備を始めるつもりでしょうが、それでは、今年と同じです。おそらく来年の筆記試験直後でも「来年こそは合格」と反省しているだけです。不合格の連続です。JESで来年合格を目指している人は、すでにキーワード学習を始めています。貴方と徐々に開きが出始めているのを知ってください。

技術士試験の結果は、貴方の行動の結果だと言う事をしっかりと理解して頑張ってください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

成功者とその他大多数で終わる人の違いは。

2014.09.11

成功者の話を聞いて「あれは、俺も考えていたんだ」とコメントをする人が、貴方の傍にいると思います。TV番組で成功者がどのように考えて成功したか紹介する番組がときどき放映されます。その時の貴方の傍の人のコメントです。今日は、そのコメントをする人と成功者との大きな違いについて書いてみます。

TV番組で成功者のどのように成功したかを紹介するサクセスストーリー番組が、放映されるときがあります。カレーチェーン店創業者・ラーメンチェーン店創業者・検索サイトの創業者・通販サイトの創業者・スマートフォン開発など成功者の物語です。その様な番組を見ていると決まって1人くらい「あれは、俺も考えていたんだ」と言う人がいます。1人くらい声に出す人がいるという事は、声に出さない人も多数いると言う事です。おそらく全国で考えるとものすごい人数が、「あれは、俺も考えていたんだ」と思っているはずです。ですが、成功者は、TV番組で紹介された人の、ただ1人です。貴方は、この1人の成功者と大多数の人の違いを理解できるでしょうか?

ただ1人の成功者とその他大多数の人の違いは、行動したかどうかです。

成功者が考えついた事は、多くの場合、誰でも考える事です。ですが、考えついた後に行動できるかどうかが、成功する人とその他で終わる人の違いです。

技術士試験も同様です。技術士試験もどのようにすれば合格できるか、多くの人が知っています。キーワード学習ひな形論文機械的合格論文作成法三分割展開法などです。しかし、合格する人と不合格になる人の違いは、行動するかどうかです。行動する人は、合格します。ただ考えるだけの人は、永遠に不合格です。貴方は、どちらでしょうか?

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験は、理系資格試験で無い。それは。

2014.09.10

貴方は、今まで多くの資格試験に挑戦してきました。そして、その資格試験に合格してきました。ですが、技術士試験は、簡単に合格できないでいます。なぜだかわかりますか? 今日は、その理由を書いてみます。

貴方は、今までに多くの資格試験を受験してきました。その資格試験は、理系資格試験だと思います。理系資格試験とは、エネルギー管理士・建築士・ボイラー技士・電験・計量士・公害防止管理者・危険物取扱者・消防設備士・情報処理技術者・施工管理技士などです。

これら理系資格試験の特徴は、必ず答えがあると言う事です。貴方は、今まで受験してきた資格試験は、必ず答えのある試験問題だったと思います。さらに、理系資格試験は、学校で勉強した理系知識が試験に出題されます。すなわち、学校の勉強の延長線上に理系資格試験があります。例えば、ベクトルを使った問題や計算問題でピタゴラスの定理などが必要な問題が出ます。その他にも学校で勉強したルートや指数計算も必要になるときがあります。

しかしながら、技術士試験は、文系資格試験です。文系資格試験は、答の無い問題も出題されます。貴方は、答えの無い資格試験に挑戦したことがありますか? さらに文系資格試験は、学校で勉強して無い範囲から出題されます。例えば、TPP・金融危機・原子力行政などです。

上記のように理系資格試験と文系資格試験では、出題される問題が違います。それにもかかわらず、理系資格試験と同じように勉強している貴方は、不合格なのです。技術士試験に合格するには、文系資格試験に合格する方法をしっかりと理解して勉強する必要があります。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

キーワード学習で必須科目と選択科目を対策するには。

2014.09.09

キーワード学習でムダな勉強をしている人を見かけました。効果の無い勉強は、時間のムダです。そこで今日は、キーワード学習のコツについて書いてみます。

まずキーワード学習の目的は、必須科目と選択科目の対策です。すなわち、択一式で正しい選択肢を選んだり合格論文を記述できる必要があります。そのためには、試験に出るキーワードを見つけてそのキーワードについて調べる必要があります。そう考えるとキーワードをやみくもに探すのでは、効率が悪いことがわかります。

さらに内容も重要です。必須科目の対策としては、原理原則基礎技術が、重要です。選択科目では、その他の区分が重要です。キーワード学習は、それぞれの区分についてしっかりと目的を理解して学習する必要があります。

そして、キーワード学習を進めている途中でキーワードの品質を確認する必要があります。なぜなら実際の問題に解答できなければ意味が無いからです。私のお勧めは、キーワード学習を始めた第1週でキーワードの品質を確認して戴きます。さらに、毎月1回程度確認すれば、キーワードの品質を保つことができます。こうすれば、合格に最適な効果的学習とすることができます。独学の人も是非お試しください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

確実に合格する人は、いつから勉強を始めるか?

2014.09.08

今日は、質問で「いつから勉強すれば合格できますか?」について考えてみます。

この質問をする人は、多くの場合出来るだけ試験近くまで勉強しなくても合格できるギリギリの勉強開始日を質問してきます。そして私(坂林)の毎回の回答は、「それは、今です」と答える事にしています。

貴方が、ギリギリセーフを狙う人であれば、今までに経験していると思います。ギリギリセーフを狙ってアウトになる事があると思います。ギリギリセーフを狙う人は、考えてほしいのです。ギリギリセーフは、時々アウトです。

そして私(坂林)は、「安心して合格したい人は、今から勉強を始めています」と伝えています。すなわち、確実に合格を狙う人は、ギリギリセーフをアウトと考えるのです。

もし貴方が、確実に合格したいのであれば、合格を決意したその日から、1日でも早く勉強を始める事です。1日でも早く勉強する事が、技術責任者(=技術士)へ合格の最短コースです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

錦織選手は、チャンコーチの指導で活躍できた?

2014.09.07

テニスの錦織選手の快進撃が止まりませんね。 素晴らしいと思います。今日は、快進撃の原動力について考えてみます。

錦織選手の活躍の陰にチャンコーチの存在がささやかれています。いろいろと話を聞いてみると、今の錦織選手の活躍は、確かにチャンコーチの指導の影響が大きいと思います。チャンコーチに出会ってから言動も強気に変わったようです。しかし、錦織選手が素直であったことも重要だと思います。

技術士試験においても同様です。技術士試験に合格するためには、誰かの指導を素直に受入れる事が重要です。確かに受験生は、優秀な人がほとんどです。確かに優秀であり自分の能力に自信を持つことは、重要です。ですが、まだ技術士試験に合格していません。貴方が、なぜ合格しないかと言うと、自分の能力を正しく発揮する方法を知らないからです。自分の能力を正しく発揮しなければ、永遠に不合格です。例えどのように優秀な人でも不合格です。

例えば、貴方はキーワード学習が、何個完了したでしょうか? 今のペースで来年の筆記試験に間に合いますか? 今までの勉強は、正しかったのですか? 採点基準に合わせて勉強していますか? 来年8月2日(日)の筆記試験まで328日間です。

貴方は、実力があります。やるべき事をやれば、必ず合格します。ですが、やるべき事をやらなければ、永遠に不合格です。貴方は、やるべき事が何かをしっかりと指導を受けて下さい。そして、その指導に従い自信を持って勉強して下さい。そうする事が、貴方にとって「最短合格」への道です。間違った勉強では、実力を出せないままに終わってしまうのです。合格のための勉強は、時間をかける事でありません。必要な事を効果的に勉強するのが「最短合格」です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

ナニワの軍師・森岡毅氏(USJのCMO)を見て思う。

2014.09.06

貴方は、森岡毅氏を知っているだろうか? 森岡氏は、関西のユニバーサルスタジオジャパンのCMO(Chief Marketing Officer)最高マーケティング責任者です。先日NHKの番組でプロフェッショナルに紹介されていました。その時に共感できたスイングザ・バット賞(正確な名称を覚えていない)について書いてみます。

このスイングザ・バット賞は、何でも良いので何かとことんこだわって常識を打ち破るようなことをした人を表彰する賞だそうです。その表彰は、成功しても失敗しても良いそうです。とにかく思いっきり何かをやった人を表彰するのだそうです。

バットは、振らなければ意味が無い。バットを振れば、ヒットになるかもしれないが、振らなければ何も起きない。どのように立派な理論があっても、バットを振らなければ、ヒットを打つ選手に成れないのである。空振りしても構わないので、豪快にバットを振って欲しい。

素晴らしいと思います。まさにその通りです。私も常々このコラムで書いています。行動を起こさない人は、成功できません。失敗を恐れて、行動を起こさない人は、成功しないと言うのでなく、あきらかに「失敗者」です。よく失敗したく無いので、慎重になる人がいます。慎重になるのは、良いですが、失敗を恐れて何もしない人がいます。ですが、何もしないのは、本当は、失敗なのです。決して成功して無いと言うのでありません。「何もしない=失敗」なのです。

人間は、誕生した瞬間から1秒1秒と言う命の時間を削って生きています。人間の一生は、1秒1秒の積み重ねです。人間は、全て確実に人生の終わりと言うゴールに向かって進んでいます。これは、どのような立派な人でも同じです。どのような大金持ちでも同じです。その人生の一部である1秒をムダにする、すなわち、何もしないのは、貴方にとって大失敗です。

貴方は、どうだろうか? 「技術士試験に合格したい」と言うのは、良いです。ですが、行動を起こしているでしょうか? もし貴方が行動を起こしてないとすれば、技術士試験に合格できないのです。行動を起こさないのは、失敗であることをしっかりと理解してください。

そして、成功したいのであれば、自分の信じる方法を見つけて全力で行動する事です。そうすれば、貴方は、技術士試験の合格に1歩近づきます。

すでに来年合格を目指す人は、勉強を始めています。貴方が行動を起こすのは、いつですか?

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

結果を出す人は、良い結果を前提に自分から行動する。

2014.09.05

テニス選手の錦織選手の活躍には、ワクワクするものがありますね。貴方は、いかがですか? 今日は、そんな事を書いてみたいと思います。

貴方は、錦織選手が才能と努力で頑張っているのを知っていると思います。私(坂林)もそのように思います。錦織選手のテニスは、5歳の時に姉のテニスに付き合って面白かったのが始まりと紹介されていました。自分から進んで学ぶことの大切さを気づかされるエピソードです。

さらには、14歳ころにテニス留学で渡米したそうです。14歳と言えば、中学2年生でしょうか? すごいと思います。行動する人が全員成功するわけで無いですが、成功する人は、行動する人の中から生まれると実感します。

そして、今日のコメントでは、「これからは、勝てると思い込むことが重要」と言っていました。確かにその通りです。勝つことを前提で試合をすることが、良い結果につながる必須条件です。

こう考えてみると技術士試験も同じことが言えると感じました。なぜなら、合格すると思い込み合格する事を前提で、自分から行動して、進んで勉強する事が技術士試験の合格につながります。

ぜひあなたも、最短合格を目指して頑張って欲しいと思います。

本気で合格を目指す人は、すでに行動している。

2014.09.04

来年の技術士試験に合格したいと考えている貴方の本気度について考えてみたいと思います。

まず独学で合格を目指している貴方です。貴方は、独学の勉強を始めましたか? 勉強を始めている人は、良いと思います。いまの時期は、来年8月2日(日)の筆記試験まで日にちがあります。効率が悪くても少しづつでも始めていれば、良いと思います。しかし、理由も無く勉強を始めて無いのは、ダメです。特に時間が無くて勉強を始めて無い」と言う人は、最悪です。いま勉強する時間を作らない人は、来年になっても同じで時間などありません。貴方が時間がたくさんあると思う瞬間は、定年後です。現役の間は、待っていても勉強時間などありません。すなわち、今時間が無くて勉強できない人は、来年の試験直前に「時間が無くて勉強できなかったので、来年また受験します」と話しているはずです。ですが、いま少しでも勉強している人は、大丈夫です。来年の試験直前には、次のようにっていると思います。「勉強不足だけれどもやるべき事は、やりました。合格できるようにチャレンジします」と言っていると思います。

次に会社や誰か知人に教えてもらう予定の貴方です。貴方は予定通り教えてもらっているでしょうか? 「いやまだです。相手の都合もあるのでまだ勉強を始めていません」と言っている人は、ダメです。確かに相手の都合は、あります。ですが、相手の都合で勉強出来たりできなかったりするのは、貴方の勉強でありません。勉強するのは、貴方です。「いま出来る事は何ですか?」となぜ相手に聞かないのでしょうか? 会社が主催する勉強でも勉強するのは、貴方です。 貴方が指示を待っている間は、合格などできません。指示待ち族に技術責任者(=技術士)になる資格などありません。誰かに教えてもらう予定の人は、いま自分だけで出来る事を聞いてください。自分から行動できない貴方は、不合格です。

最後に有料セミナーに参加予定の貴方です。有料セミナーに参加予定の貴方は、セミナーに申込みましたか? もしまだ申込んで無いのであれば、どこのセミナーでも良いので申込むことをお勧めします。すでに来年の合格を目指す人は、セミナーから教材をもらって勉強を始めています。ですが、貴方がまだどのように勉強するのか決めて無いのであれば、始める必要などありません。日にちは、まだまだあります。まだまだ日程に余裕があります。ですが、もしセミナーに申込むと決めているのであれば、どこでも良いので1日でも早く申込んで勉強を始める事です。すでに来年の合格を考えている人は、勉強を始めています。どこが主催する有料セミナーでも大丈夫です。皆さん必死になって貴方を支援してくれるはずです。

まだどうするか決めてない貴方は、1日も早くどうするか決める事をお勧めします。来年の合格を目指す人は、すでに勉強を始めています。まだまだ間に合うと言う事は、少しづつ期限が迫っていると言う事です。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

テニスの錦織選手のコメントに学ぶことがある。

2014.09.03

貴方は、テニスの錦織選手が、メジャー(全米)で8強入りしたのを知っているだろうか? 今日は、その8強入りで錦織選手のコメントについて感じた事を書いてみます。

錦織選手は、世界ランク11位で活躍している世界的なテニス選手です。昨日に日本勢で92年ぶりにメジャーの四大大会の8強入りを果たしました。これからベスト4を目指してチャレンジする選手です。92年ぶりと言う年数は、92年前を知っている人などいないと思います。その意味で、ほぼ日本人初と言っても良い記録です。

その錦織選手が勝利の記者会見で言った言葉に次の言葉があります。

「もう勝てない相手もいないと思うので、出来るだけ上を向いてやりたい」

貴方は、このコメントに何を感じるだろうか? 世界ランク11位は、確かにすごいです。ですが、日本の相撲でいえば、前頭です。平幕が、横綱大関などのいる中で言った言葉と同じです。金星に匹敵するコメントです。実力の差は、下位に比べて上位に行けばいくほど大きくなります。なのに、このコメントを言える錦織選手は、まだまだ成長できると確信します。

振り返って貴方はいかがでしょうか? 技術士試験の合格を目指す貴方は、大勢の前で「来年の試験で合格できる」と言えるでしょうか? ベテランの貴方も24歳の若者である錦織選手に負けないで頑張って欲しいと思います。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

いまJES受講生が勉強している事を参考にして。

2014.09.02

きょうは、現在JES技術士セミナーの受講生が実施している事を説明します。目的は、独学者の参考にしてもらえばと思っています。

JES技術士セミナーに申込んだ人には、約1週間程度で教材が届きます。教材が届いてからその日のうちに勉強を始める人もいます。届いた教材で、一番初めに勉強するのが、DVDの視聴です。DVDでは、何をどのように考えてどのように勉強するかを解説しています。海外受講生もいることを考慮してDVDだけでも勉強できるように構成しています。

さて現在やっているのが、キーワード学習の作成指導です。DVDで勉強のやり方を理解した受講生は、WordとExcelファイルでキーワード学習を始めます

キーワードで始めの1個は、皆さん苦労されます。その1個をE-mailで送ってもらいます。そして、そのキーワードについて、問題点を私(坂林)が指摘します。指導は、問題点をどのように考えて修正するかを指摘します。ただし、どのように修正するかの具体的案を赤ペンで記載することは、しません。さらに指摘は、同じ間違いが複数の時、1カ所だけの指摘にします。同じ問題点については、自分で探してもらいます。これには、理由があります。どの場所をどのように修正するかを考えるのが、勉強だからです。同じ勉強でも自分で考えた方が勉強効果が高いのです。ただし、問題点の有無は、自分で見つけるのが難しいので、指摘だけしっかりとします。問題点の有るのが理解できたら、後は勉強です。

さらに試験本番では、自分で考えて自分で修正する必要があります。そのため、本番でも自分ひとりで合格論文が書けるように、今から練習してもらっています。

現在の一番勉強の進んでいる人は、キーワード学習が20個ほど完成した人もいます。すでに20個に達したこの人は、来年の一発合格を考えているのだと思います。

このコラムを読んでいる人もこれを参考に頑張ってください。まだまだ日にちに余裕がありますが、一発合格を考えている人は、勉強を始めています。1日早い勉強が、1日早く合格に近づきます余裕のある今のうちに勉強を始めましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

間違った勉強は、時間のムダ。勉強しても効果なし。

2014.09.01

現在、JESのセミナーに申込んで頂いた人で、約1週間後から教材が届いた人にE-mailで指導を行っているのですが、その中で感じた事を書いてみます。

まず指導といってもほとんどの人が、私と専門が違うので専門知識は指導していません。指導しているのは、勉強方法です。JESセミナーを申込んで頂いてから約1週間程度で教材が届きます。その教材で勉強しながら、キーワードを1~2個作成してE-mailで送ってもらって見ています。

その送ってもらったキーワードを見てみると知識豊富だと言うのは、良く理解できるのですが、「せっかくの能力が発揮できてない」と強く感じます。せっかくの能力が発揮できて無いから、だから今まで不合格だったと解ります。

まず記載内容を確認する前に気づくのが、記載項目を自分の書きやすいように書き換えている人です。例えば、概要を書いている人がいます。三分割展開法では、概要の記述不要です。さらに、キーワードの特色を書いている人もいます。特色も三分割展開法の項目以外です。三分割展開法以外の項目で記述したい気持ちは、理解できます。三分割展開法で記述できないから、別の項目で記述するのです。

ですが、変えてはいけません。記述できないのは、勉強が必要だからです。それを書きやすい項目に変えるのは、勉強を避けている事になります。もし、三分割展開法でキーワードを記述できなければ、意地でも項目を変えてはいけません。三分割展開法で書けるようになるまで変えてはいけません。

目安としては、キーワード100個程度(少なくとも50個以上)の学習ができるまで変えてはいけません。空白になる項目は、勉強不足と考えて下さい。そして、100個程度に成ったら、三分割展開法に慣れるはずです。慣れてから変えるのは、問題ありません。慣れる前に、自分の書きやすい項目に変更するのは、勉強効果がありません。書けないから勉強するのです。

独学で勉強している人にもお伝えします。キーワードが100個になるまでは、項目を変えないで学習してください。記述項目を変更して良いのは、どのようなキーワードでも三分割展開法で記述できるようになってからです。それまでは、項目を変更してはいけません。

さらに、記述項目で課題・問題点・将来動向が、正しく区分できてない人が多いです。正しくできているのは、1/20人程度でした。残りの19/20人は、混乱して区分しています。もし独学の人は、誰かに違いを教えてもらってください。違いを理解せずに勉強してもムダな勉強です。時間のムダにならないように、誰かに教えてもらって勉強して下さい。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム