技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

新試験制度の解説

皆さん同じ指摘です。

2017.03.29

【お知らせ】1日完結パーフェクトコース

1日コースを公開しました。この1日コースは、複数回セミナーに参加するほどでもない人が、申込んで頂ければと思います。詳細は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)を確認ください。

【コラム本文】皆さん同じ指摘です。

皆さん同じ事で悩んでいます。今日はそんな事を書いてみます。

毎月セミナーを実施して思うのが、皆さん同じ事で悩んでいます。前月のセミナーで質問された内容が、再度質問される場合や、同じ日に同じ内容の質問を複数人からされる事があります。

例えば、業務内容で国家資格をどのように記載するかなどです。あるいは、地位・職名をどのように記載するかです。毎回、主任や課長などと書く人がいるので『その書き方はダメです』と説明しています。

そしてさらに、指導する時も周りの人が何を指導されているかよく聞くようにお願いしています。なぜなら、皆さん同じ指導をされているのが多いからです。

例えば、貴方は、720文字詳細業務で【評価】を記載していますか? 定量的に記載していますか? 課題問題は、分けていますか?

貴方ももし誰かに指導を受けているのであれば、周りの人がどのような指導を受けているか、注意して聞き耳を立てる事です。貴方が指導されるべき同じ内容を指導されているのです。

参考にしてください。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】お休み

今日は、ビジネス書の進捗をお休みにします。他の業務が滞っていますので他の業務に専念です。

720文字詳細業務

2017.03.28

【お知らせ】1日完結パーフェクトコース

1日コースを公開しました。この1日コースは、複数回セミナーに参加するほどでもない人が、申込んで頂ければと思います。詳細は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)を確認ください。

【コラム本文】720文字詳細業務

今日は、720文字詳細業務について書いてみます。

720文字詳細業務の記載で定量的な記載の無い人が多いです。ほとんどの人が定性的な記載になっています。定性的は、ダメです。何故ダメかと言うと評論家的な文章になるからです。

評論家的な文章は、「重・厚・長・大」や「軽・薄・短・小」で誰でも記述できます。例えば次のような文章です。

この設備は、従来が重くて長い設備でした。私の研究開発によって、軽くて短い設備にすることができました。客先からも大いに評価をされています。

このような文章は、誰でも書けます。データが無いからです。試験官もこのような文章では、評価ゼロ=不合格です。

貴方が今年の試験で合格したいのであれば、定量的な文章を記述して下さい。もしやり方が解らない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】著者仲間で情報交換

今日は、著者仲間との情報交換です。良い本を出すには、出版社や編集者と著者との相性もあります。良い人同志でも考えが違うと良い本ができません。なので出版社や著者を知るのは、重要です。今日は、著者仲間で情報交換しています。

資格・特許・発表など

2017.03.27

【お知らせ】女性限定のセミナー

現在、女性限定のセミナーを検討しています。技術士試験は、男性の受験生が圧倒的多数です。しかし、女性には、女性特有の考えるべき事があります。この点について指導できるように女性講師による女性限定のセミナーを検討しています。計画が具体的になりましたら、公表しますので楽しみにお待ちください。

【コラム本文】資格特許発表など

皆さん、業務経歴票に資格・特許・発表など記載しているでしょうか? もし作成して無い人は、積極的に書いてください。貴方も理解できると思うのですが、貴方の業界で強力な大型資格を取得している人は、一目置かれると思います。資格を持っていると『この人は、この受験部門の専門家だ』と理解されるはずです。

試験官も同じです。貴方が強力な大型資格を持っていれば、この受験部門の専門家として安心して合格の判断をします。

この判断は、資格だけでなく特許・発表なども同様です。貴方の受験部門の学会や協会などで何か論文発表していれば、積極的に記述して下さい。書籍出版や基準書作成なども良いと思います。

なお資格・特許・発表は、業務内容でありませんので記述に注意が必要です。どのような表現にするかは、相談しながら進めて下さい。もし相談者が近くにいない場合は、JESの1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)に相談して下さい。貴方が合格できるように全力で支援します。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】S社を訪問しました。

先日8社から出版企画について、興味があると連絡いただきました。その1社と本日打合せしてきました。イニシャルがS社です。S社は、ビジネス書以外に専門書も出されています。今後お付き合いいただければ、さまざまな本が出版できそうです。楽しみです。

もったいない。

2017.03.26

【お知らせ】1日完結パーフェクトコース

1日コースを公開しました。この1日コースは、複数回セミナーに参加するほどでもない人が、申込んで頂ければと思います。詳細は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)を確認ください。

【コラム本文】もったいない。

昨日、知人の『受験申込書及び業務経歴票』を添削する機会がありました。業務経歴票に資格・表彰・発表・特許などの記載がありませんでした。もったいない。試験官は、これらが記述してあると受験生のレベルの高さを感じて安心します。安心して、合格のハンコを押しやすいのです。

貴方にもしこれらが有れば、積極的に記述して下さい。

記述方法の解らない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。

【ビジネス書】出版社めぐりの資料作成。

今日は、明日からの出版社めぐりのために、資料作成です。8社のうちでどこの出版社に決まるかは不明ですが、全力で資料を準備したいと思います。

キーワード学習の品質確認。

2017.03.25

【お知らせ】1日完結パーフェクトコース

1日コースを公開しました。この1日コースは、複数回セミナーに参加するほどでもない人が、申込んで頂ければと思います。詳細は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)を確認ください。

【コラム本文】キーワード学習の品質確認

ときどきで良いのでキーワード学習の品質確認をしてください。と言いますのは、的外れのキーワード学習をしている人がいます。試験直前になってから的外れに気づいても手遅れです。いまのうちにキーワード学習の品質確認をしてください。

確認方法は、キーワードシートを使って問題の解答を記述できるかどうかです。キーワードシートを見ながら問題の解答ができれば、OKです。できなければNGです。

NGの人は、まだ十分に間に合います。すぐに正しい勉強方法を確認して、挽回して下さい。いまからであれば、キーワード学習を1日3個実施すれば間に合います。

もしやり方が解らない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。合格するまで支援します。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】8社と面談です。

出版企画書を出版社に提示したら、8社から『会いたい』と連絡が来ました。そのため、来週から出版社めぐりです。得意な専門書であれば、3冊まで同時並行で原稿を書いた事があります。ですが、今回は、ビジネス書です。1冊の原稿だけにしたく思っています。夏の出版に1歩近づきました。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム