技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

新試験制度の解説

キーワード学習は、全ての基本です。

2017.07.26

【お知らせ】無料セミナーの募集再開

九州地区(博多)関西地区(新大阪)の無料セミナーの募集を再開しました。広い部屋を探したのですが、見つけられず同じ部屋の使用時間を延長で募集人数を増加しました。これ以上の募集人数の増加が困難であるため、参加したい人は、急いで申し込みください。先着順で定員になり次第募集を〆切ります。

なお、東京地区は、まざ座席に余裕があります。安心して応募してください。参加したい人は、下記のアイコンから申込みをお願いします。

【コラム本文】キーワード学習は、全ての基本です。

JESが、なぜキーワード学習を重要視するかと言うと技術士試験の全ての基礎になる学習だからです。例えば、筆記試験の必須科目(択一式)では、キーワード学習の「1、原理原則基礎技術」から解答を考えます。また、筆記試験の選択科目(記述式)では、「2、課題」「3、問題点」「4、将来動向」から解答を記述します。

さらに11月・12月・1月に受験する口頭試験でも「1、原理原則基礎技術」「2、課題」「3、問題点」「4、将来動向」から解答することになります。

以上から8月に開始する専門充実コースでは、正しいキーワード学習を学んでいただきます。なぜなら、正しいキーワード学習でなければ、いくら勉強しても努力が、無駄になるからです。

さらに過去問題を分析することも重要です。毎年出題されるキーワードや2年連続で出題されるキーワードや一定年数間隔で出題されるキーワードがあるからです。なぜなら、貴方に試験に出るキーワードを勉強してほしいからです。

JESは、8月から専門充実コースを開始します。このコラムを読んでいる貴方も遅くとも8月には、学習を開始してください。特に独学の人は、勉強効率が悪いので、1か月先行で勉強してください。

勉強方法の分からない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に相談してください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】本田先生の本が好評です。重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、info@ejes.jp(←半角にしてください)へ連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門選択科目お知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★お名前:
_★受験部門:
_★選択科目:
_★メールアドレス:

正しいキーワード学習をして下さい。

2017.07.25

【お知らせ】無料セミナーの募集再開

九州地区(博多)関西地区(新大阪)の無料セミナーの募集を再開しました。広い部屋を探したのですが、見つけられず同じ部屋の使用時間を延長で募集人数を増加しました。これ以上の募集人数の増加が困難であるため、参加したい人は、急いで申し込みください。先着順で定員になり次第募集を〆切ります。

なお、東京地区は、まざ座席に余裕があります。安心して応募してください。参加したい人は、下記のアイコンから申込みをお願いします。

【コラム本文】正しいキーワード学習をして下さい。間違った学習は、時間の無駄です。

さてキーワード学習で一番重要なのが、下記の項目で学習することです。

_1、原理原則基礎技術
_2、課題
_3、問題点
_4、将来動向

すなちキーワードを正しいやり方を考えずに学習しても意味がありません。間違ったやり方は、労力が多くかかる反面勉強効果が無いので時間の無駄です。キーワード学習は、技術士試験の合格に必要な知識の整理です。そのため、技術士試験に必要な知識を集めて学習する必要があります。キーワード学習で苦労している人は、やり方を間違っている可能性が高いです。

例えば、燃料電池というキーワードを調べるとします。ほとんどの人が、「1、原理原則基礎技術」を調べるだけになります。しかしそんなことは、インターネットを調べれば誰でもわかります。技術士でなければ書けない事を解答に書いてほしいのです。そのためには、「2、課題」「3、問題点」「4、将来動向」なども調べる必要があります。さらにCO2削減と言うキーワードなども同様です。「1、」「2、」「3、」「4、」の全てを調べる必要があります。

また、「2、課題」と「3、問題点」については、混同しないように注意してください。課題として書くべきことを問題点に書くことやその逆をする人は、理解できて無いという評価をされて不合格です。課題と問題点は、明確に区別してください。さらに将来動向を記述できない人も評価が低いです。技術士を目指している人は、「1、」「2、」「3、」「4、」の全てをキチンと記述できる実力になってください。もし貴方が、キチンと記述できなければ、近くの技術士に教えてもらてください。近くに教えてくれる技術士がいない場合は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に相談してください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】本田先生の本が好評です。重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、info@ejes.jp(←半角にしてください)へ連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門選択科目お知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★お名前:
_★受験部門:
_★選択科目:
_★メールアドレス:

平成30年度の筆記試験の対策は。

2017.07.24

【お知らせ】無料セミナーの募集再開

九州地区(博多)関西地区(新大阪)の無料セミナーの募集を再開しました。広い部屋を探したのですが、見つけられず同じ部屋の使用時間を延長で募集人数を増加しました。これ以上の募集人数の増加が困難であるため、参加したい人は、急いで申し込みください。先着順で定員になり次第募集を〆切ります。

なお、東京地区は、まざ座席に余裕があります。安心して応募してください。参加したい人は、下記のアイコンから申込みをお願いします。

【コラム本文】平成30年度の筆記試験の対策は。

筆記試験で必須科目(択一式)に失敗した人や選択科目(記述式)で最後の行まで記述できない人は、キーワード学習の不足です。

なぜかと言いますと、必須科目(択一式)は、毎年過去問題から6割以上が出題されます。キーワードによって2年連続パターン3年周期パターンなどありますが、ほぼ6割が過去問題から出題されます。そして、残りの4割は、その年の注目キーワードから出題されます。そのため、試験に出題されるキーワードを丹念に学習すれば、必須科目(択一式)は、必ず合格できます。

さらに選択科目(記述式)は、キーワードの三分割展開法で学習した記述ネタで解答を記述できます。そのため、キーワード学習を実施しておけば、記述ネタに困りません。最後の行まで記述できない人は、キーワード学習を三分割展開法で実施して無い人です。

貴方が、もし筆記試験で失敗しているのであれば、キーワード学習を実施してください。そうすれば、来年の試験は、楽に合格できます。

キーワード学習のやり方がわからない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加してください。マンツーマンで理解できるまで指導いたします。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】本田先生の本が好評です。重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。模擬問題を応募いただいた方には、問題をお送りしました。全員合格頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、info@ejes.jp(←半角にしてください)へ連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門選択科目をお知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

★お名前:
★受験部門:
★選択科目:
★メールアドレス:

キーワード学習を300個以上実施してください。

2017.07.23

【お知らせ】いったん〆切ります

九州地区(博多)関西地区(新大阪)の無料セミナーが、満席になりました。多数の応募をありがとうございました。いったん〆切ります。申込みの間に合わなかった人は、申し訳ありません。これだけ多くの人の申込みがあるので、定員を多くできる方法を検討します。もし可能になりましたら、再度募集しますが、いったん〆切らせていただきます。ありがとうございました。再募集につきましては、来週までに検討いたします。

なお東京会場は、まだ余裕があります。東京会場の応募をお待ちしています。

【コラム本文】キーワード学習を300個以上実施してください。

来年の受験を考えている人は、キーワード学習を始めたでしょうか? キーワード学習は、300個以上を目標にしてください。それは、JESの実績で下記があるからです。

0~100個:ほとんどの人が不合格です。
100~200個:合格する人が少しいます。
200~300個:合格する人が増えてきます。
300個~:合格の可能性がかなり高いです。

少なくとも200個は、超えてほしいのです。ですが、安心して受験するには、300個以上がお勧めです。300個以上のキーワード学習をするとほとんどの問題で何も書けないという事が有りません。私(坂林)の経験で300個以上のキーワード学習をして受験したときは、本番試験の問題を見て『どの問題も解答できる』と思いました。まさにどれでも解答できるので解答する問題選びに悩みました。

貴方も筆記試験を安心して合格したいのであれば、キーワード学習を300個以上実施してください。

もしキーワード学習のやり方がわからないときは、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加してください。マンツーマンで指導します。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】本田先生の本が好評です。重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。模擬問題を応募いただいた方には、問題をお送りしました。全員合格頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、info@ejes.jp(←半角にしてください)へ連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門選択科目をお知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

★お名前:
★受験部門:
★選択科目:
★メールアドレス:

技術士試験でも類は友を呼びます。

2017.07.22

【お知らせ】いったん〆切ります

九州地区(博多)関西地区(新大阪)の無料セミナーが、満席になりました。多数の応募をありがとうございました。いったん〆切ります。申込みの間に合わなかった人は、申し訳ありません。これだけ多くの人の申込みがあるので、定員を多くできる方法を検討します。もし可能になりましたら、再度募集しますが、いったん〆切らせていただきます。ありがとうございました。再募集につきましては、来週までに検討いたします。

なお東京会場は、まだ余裕があります。東京会場の応募をお待ちしています。

それから千葉テレビでJESを取材していただきました。その番組が7月22日(土)21:00に放映されます。NHKサッカー解説者の宮澤ミシェル氏との対談です。地方テレビ局なので、ケーブルテレビや地元の見られる人だけになりますが、ご覧になってください。

【コラム本文】技術士試験でも類は友を呼びます。

『類は友を呼ぶ』と言う諺があります。この諺は、技術士試験にも当てはまります。例えば、貴方は自分一人で勉強してると勉強が進むでしょうか? JESでは、同じ受験部門同志で集まってもらいます。なぜかというと、その方が勉強が進むのです。情報交換などができるからだと思います。

また、受講生同志で日ごろから連絡を取合っているようです。月に1回のセミナーだけですと、意思疎通が限られるからだと思います。

貴方ももし近くに受験仲間がいれば、連絡を取合うことをお勧めします。そうすることで勉強がスムーズに進むようになります。

もし貴方のそばに受験仲間がいなければ、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に相談してください。多数の受験仲間が集まっています。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】本田先生の本が好評です。重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。模擬問題を応募いただいた方には、問題をお送りしました。全員合格頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、info@ejes.jp(←半角にしてください)へ連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、試験直前の頭の整理に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門・選択科目をお知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

★お名前:
★受験部門:
★選択科目:
★メールアドレス:

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム