技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

独学でできる合格の判断基準。

2017.11.18

11月19日(日)に実施する無料セミナーでは、独学で合格できる判断基準をお教えしようと思っています。そして、どのようになれば、合格できるかも示してみたいと思います。

なぜかと言うと、3年も4年も独学で勉強するのは、時間の無駄です。何をやれば独学でも合格できるかを示して、時間短縮してもらえればと思うのです。

またさらに、これができなければ、独学で合格でき無い基準も示したいと思います。なぜなら、何年勉強しても合格できないのでは、極めて残念です。勉強するからには、最後に合格できるのが望ましいです。

技術士試験は、難関試験ですが、大丈夫です。やる事さえやれば、1回の受験で合格します。どんなに失敗しても2回の受験で合格できなければ、時間の無駄です。

合格ノウハウを知りたい人は、JESの無料セミナー(←ここをクリック)に参加してください。

.

JESが無料セミナーを実施する思いは。

2017.11.17

JESでは、無料セミナーを時々実施します。直近では、11月19日(日)(←ここをクリック)に実施します。そして、無料セミナーに参加をお勧めしています。これは、受験生とJESのミスマッチを防ぐ目的があります。

受験生の中には、「予想問題をください」や「何を暗記すれば良いですか?」などの質問をする人がいます。毎回無料セミナーで「JESでは、予想問題の的中率で合格を目指しません」「実力を付けて合格できる事を目指します」や「暗記の勉強で無く理解の勉強を目指します」と説明しています。

これ以外でも無料セミナーにおいて合格を目指すテクニックを説明して、納得された人だけJES受講生になって戴く事を目指しています。JES受講生は、実力を付けてキチンと合格できる勉強を目指しています。

なぜそのようにするかと言うと、納得せずミスマッチでJES受講生になるとお互いに不幸になります。ミスマッチを挽回するのにお互い多大な時間・労力・費用を必要とします。そのため「こんなはずではなかった」と言う状態を防止するため無料セミナーに参加をお勧めしています。

これによって本当に技術士試験に合格したい人だけがJES受講生になってくれます。受験生は、受講料のムダを防止できます。JESは、セミナーの合格率を高めることができます。お互いにWin(実力通り合格)-Win(合格率向上)の関係になれるのです。

さらに10人に1人程度の実力者は、独学2~3年で合格できる人がいます。その人は、ほとんど独学を選択されます。その場合にも独学で勉強されるのであれば、2~3年で無く1回の受験で合格できるようにと無料セミナーで合格ノウハウをお教えしています。

そのときに、ぜひ、「JESの合格ノウハウを教えてもらって独学で合格できた」と周りの残り9人の人に伝えてほしいとお願いしています。お互いを理解するお試しセミナーが、無料セミナーなのです。

そんな無料セミナーに貴方も参加をお願いします。参加を希望される人は、下記アイコンをクリックして申込み下さい。貴方の参加をお待ちしています。

.

無料セミナーで見学会を実施します。

2017.11.16

無料セミナーで見学会を実施します。

すでに2018年度の合格を目指して、多くの人が勉強を始めています独学の人も参加歓迎です。質疑応答の時間を作っていますので、いま勉強で行き詰っている事を質問いただければ、助言させて頂きます。

見学会は、来年の合格を目指して勉強している専門充実コースを見学です。現在キーワード学習を進めています。受講生は、ほぼ全員が100個を超えているので見学すると勉強になるはずです。

来年の試験を独学で受験する予定の貴方。貴方の参加をお待ちしています。

.

試験官は、論文を通して貴方を見ています。

2017.11.15

【お知らせ】11月26日(日)の講師の増員決定です。

11月26日(日)の講師が、増員できました。受講生を若干名ですが、募集いたします。もし応募を考えている人は、至急申込み下さい。若干名なのですぐに満席になるかもしれません。受付は、銀行入金、または、クレジット決算の先着順で確定させていただきます。

1、11月12日(日):終了しました。
2、11月26日(日):講師の増員決定。(若干名)------------△
3、12月09日(日):空席13です。-----------------------〇

なお定員に達した場合申込みを辞退させてただく場合があります。その場合は、銀行入金を返金、または、クレジット決済をキャンセルさせていただきます。ご承知おきください。

【コラム本文】試験官は、論文を通して貴方を見ています

技術士試験の最大の特徴は、論文試験です。論文試験とは、(貴方の考え)を章にする試験です。また、文章は、記述者の特性も表現されます。試験官は、筆記試験の答案を通して受験生の特性も見ていることになります。

例えば、筆記試験の答案で打合せの必要な対策案を解答用紙に記述するときに下記3つの記述を考えます。

1、ミーティングを実施する。
2、毎週ミーティングを実施する。
3、毎週月曜日の朝09:00~10:00にミーティングを実施する。

それぞれで、試験官の受け取り方が違います。この場合、どれが正解とは言えません。前後の状況次第です。ミーティングを実施する事だけが重要であれば、「1、」で十分です。ですが、より詳細な記述が必要な場面は、「3、」が正解となります。あるいは、別の場面では、中庸の「2、」が正解の場合もあります。

さて試験官は、上記のような文章を採点をし最後に筆記試験の合否判定をします。すなわち、試験官は、『技術士にふさわしい(〇評価)』または『技術士に不適格(×評価)』と文章を読んで評価するのです。

技術士試験の合格を目指している貴方は、『技術士とはどのような考えをするべき人か』を考えながら勉強して下さい。知識だけでは、技術士に合格できません。合格方法を知りたい人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に相談してください。JESは、全力で貴方を支援します。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門お知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★お名前:
_★受験部門:
_★メールアドレス:

貴方は、試練で試されている。

2017.11.14

【お知らせ】11月26日(日)の講師の増員決定です。

11月26日(日)の講師が、増員できました。受講生を若干名ですが、募集いたします。もし応募を考えている人は、至急申込み下さい。若干名なのですぐに満席になるかもしれません。受付は、銀行入金、または、クレジット決算の先着順で確定とさせていただきます。

1、11月12日(日):終了しました。
2、11月26日(日):講師の増員決定。(朗報です)----------☆
3、12月09日(日):空席29です。まだ余裕があります。-◎

なお定員に達した場合申込みを辞退させてただく場合があります。その場合は、銀行入金を返金、または、クレジット決済をキャンセルさせていただきます。ご承知おきください。

【コラム本文】試練で試されている。

貴方は、来年に向けて勉強を開始しているでしょうか? 10月31日(火)の合格発表から2週間が過ぎました。良い結果の人は、良かったと思いますが、『合格できた』と思って残念な結果の人にとって不合格は、辛いだろうと思います。

ですがその辛い気持ちを乗り越えて戴きたいと思います。1度その辛い気持ちを乗り越えれば、次の試練を乗り越える実力を身に付けることができます

成功者は、波乱万丈の人生を過ごしている人が多いです。成功者は、波乱万丈の辛い気持ちを乗り越えたことで実力が身について成功したのです。

今あなたは、試されているのです。いまの試練を乗り越えて合格の栄冠を勝ち取るか、それとも挫折するかは、貴方が選ぶことです。どちらにするかは貴方が決めることです。ですが、あと1歩先に合格がある事だけは、しっかりと考えてください。

もし、貴方が、1人で悩んでいるのであれば、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に相談してください。JESは、全力で貴方を支援します。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門お知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★お名前:
_★受験部門:
_★メールアドレス:

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム