技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

添削指導を開始。

2017.02.24

【お知らせ】添削指導を開始します。

第1回JESセミナーを2/19(日)に実施しましたが、残念ながら参加できなかった人にお知らせです。2/19(日)と同じ内容のセミナーを3/18(土)に計画しています。そのため、残念ながら参加できなかった人は、3/18(土)から参加予定で申込みをお願い申し上げます。なお、教材の準備が有りますので、申込みは早めにお願い申し上げます。申込みと入金の確認が済みましたら、1週間後には、勉強が開始できます。1日でも早く勉強を開始したい人は、1日も早い申込みと入金をお願い申し上げます。申込みは、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)からお願い申し上げます。

【コラム本文】添削指導を開始。

現在、『受験申込書及び業務経歴票』の下書が、添削指導を開始しています。皆さん業務棚卸を十分されているので業務内容については、問題無いようです。

ただし、その他の項目が少し心配です。例えば、地位・職名の意味を正しく理解していません。ここは、主任・係長・課長・部長などを書くのは、ダメです。技術士としてふさわしい地位や職名を記入してください。

また、経歴を「技術士に無関係だから」と歯抜けに記載する人がいます。ダメです。入社から現在まで連続して記載してください。歯抜けにすると『書けない何かがあるのか?』と試験官が考えます。合否判定に不利です。

まだ720文字詳細業務を記載するまでに到達して無い人がいるようです。頑張ってください。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

そろそろ下書き。

2017.02.23

【お知らせ】添削指導を開始します。

第1回JESセミナーを2/19(日)に実施しましたが、残念ながら参加できなかった人にお知らせです。2/19(日)と同じ内容のセミナーを3/18(土)に計画しています。そのため、残念ながら参加できなかった人は、3/18(土)から参加予定で申込みをお願い申し上げます。なお、教材の準備が有りますので、申込みは早めにお願い申し上げます。申込みと入金の確認が済みましたら、1週間後には、勉強が開始できます。1日でも早く勉強を開始したい人は、1日も早い申込みと入金をお願い申し上げます。申込みは、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)からお願い申し上げます。

【コラム本文】そろそろ下書き。

さて業務棚卸は、そろそろ終了したでしょうか? もし終了していれば、『受験申込書及び業務経歴票』の下書きを始めて下さい。データは、おすすめがWordファイルです。Wordファイルが無い場合は、PDFファイルで下書きをしてください。

下書きは、誰かに見てもらってください。JES受講生の場合は、担当講師に確認を受けて下さい。確認を受けるには、Wordファイルがお勧めです。PDFファイルでは、コメントの入力が難しいです。

もし下書きの途中であれば、技術士法第1条と第2条を再度確認して下書きしてください。なぜなら技術士法の第1条と第2条を満足して無ければ、即刻不合格になるからです。

それから720文字詳細業務は、課題のある業務を記載してください。問題のある業務は、避けた方が賢明です。課題のある業務は評価が高いですが、問題のある業務は点数が低いです。それから、評価について記載漏れする人がいますが、十分注意して下さい。720文字詳細業務は、課題と評価の点数が高いです。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

本気度確認試験です。

2017.02.22

【お知らせ】添削指導を開始します。

第1回JESセミナーを2/19(日)に実施しましたが、残念ながら参加できなかった人にお知らせです。2/19(日)と同じ内容のセミナーを3/18(土)に計画しています。そのため、残念ながら参加できなかった人は、3/18(土)から参加予定で申込みをお願い申し上げます。なお、教材の準備が有りますので、申込みは早めにお願い申し上げます。申込みと入金の確認が済みましたら、1週間後には、勉強が開始できます。1日でも早く勉強を開始したい人は、1日も早い申込みと入金をお願い申し上げます。申込みは、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)からお願い申し上げます。

【コラム本文】技術士試験は、本気度確認試験です。

貴方は、本気で頑張っているだろうか? 簡単な試験であれば、軽い気持ちで受験しても合格できます。ですが、技術士試験は、難関資格です。覚悟を決めて受験する必要があります。

例えば、『今日は残業で疲れているから勉強を明日にする』など先延ばしにして無いだろうか? あるいは、時間が無いと言いながら、TV番組などを見て無いだろうか? 休日は、『たまにある休日だから』と自宅でボンヤリ時間を過ごして無いだろうか?

技術士試験の勉強は、貴方の本気度が試されています。本気で勉強している人が、合格する試験です。誰にでも『私は本気です』と言える勉強を続けて下さい。

もしどのような勉強をすれば良いか解らない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

ムダ時間で勉強する。

2017.02.21

【お知らせ】添削指導を開始します。

第1回JESセミナーを2/19(日)に実施しましたが、残念ながら参加できなかった人にお知らせです。2/19(日)と同じ内容のセミナーを3/18(土)に計画しています。そのため、残念ながら参加できなかった人は、3/18(土)から参加予定で申込みをお願い申し上げます。なお、教材の準備が有りますので、申込みは早めにお願い申し上げます。申込みと入金の確認が済みましたら、1週間後には、勉強が開始できます。1日でも早く勉強を開始したい人は、1日も早い申込みと入金をお願い申し上げます。申込みは、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)からお願い申し上げます。

【コラム本文】ムダ時間で勉強する。

貴方は、勉強時間が足りているでしょうか? 今日は、時間管理について書いてみます。

まず勉強時間の不足はどの程度でしょうか? 不足時間を明確にする必要があります。今やっておくべき勉強は、毎日のキーワード学習2個と業務棚卸です。業務棚卸は、3月からの『受験申込書及び業務経歴票』の下書き開始に間に合わせる必要があります。

キーワード学習は、慣れている人で1個作成に30分間~1時間だと思います。そのため、キーワード学習だけであれば、1.5時間~2時間の勉強です。そして業務棚卸に1時間とすると1日の勉強は、2.5時間~3時間が必要です。もちろん、必要なのは、勉強時間で無く学習効果です。そのため、キーワード学習2個実施に時間不足であれば、それだけ長く勉強する必要があります。

さて勉強時間を2.5時間~3時間だけ確保していますか? もし確保できて無ければ、まず自分の時間を分析してみましょう。毎朝の起床時間から就寝時間までの時間を書き出してみて下さい。書き出してみれば理解できますが、何もしてないムダな時間が多数ある事に気づくはずです。私(坂林)の場合では、2時間のムダ時間を見つけた経験があります。それと前回説明した隙間時間の100分間~200分間が有ります。合計で毎日2時間40分間~5時間20分間の勉強時間を見つける事ができるはずです。

今まで勉強時間が無いと思っている貴方。ムダな時間を見つけるだけで2時間40分間~5時間20分間の勉強が可能です。ぜひトライアルしてみて下さい。

さらに効率的な勉強をしたい人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

あと147日間です。

2017.02.20

【お知らせ】添削指導を開始します。

第1回JESセミナーを2/19(日)に実施しましたが、残念ながら参加できなかった人にお知らせです。2/19(日)と同じ内容のセミナーを3/18(土)に計画しています。そのため、残念ながら参加できなかった人は、3/18(土)から参加予定で申込みをお願い申し上げます。なお、教材の準備が有りますので、申込みは早めにお願い申し上げます。申込みと入金の確認が済みましたら、1週間後には、勉強が開始できます。1日でも早く勉強を開始したい人は、1日も早い申込みと入金をお願い申し上げます。申込みは、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)からお願い申し上げます。

【コラム本文】あと147日間になりました。

7月の筆記試験まであと147日間になりました。学習は順調に進んでいますでしょうか? もしこれから学習を始める人は、急いでください。キーワード学習は、1日2個で間に合いません。1日3個の学習を考えて下さい。ですが、初めから1日3個は、難しいです。まず今週は、1週間で1個に挑戦して下さい。来週は、1週間で3個に挑戦して下さい。再来週から1日に1個に挑戦して下さ。そして3月の中旬からは、1日に3個の学習をすすめて下さい。

おそらく今から独学で勉強す人は、今回が最後のチャンスだと思います。独学で勉強するには、キーワード学習に慣れるまでに1か月程度かかります。いまから始めて1日3個のキーワード学習ができるのは、3月中旬です。その1か月を待てない人は、誰かに教えてもらってください。教えてもらえば、すぐに1日3個が学習できるようになります。

それから、JESのセミナーでは、名刺交換をお勧めしています。同じ受験生仲間で一緒に勉強すると効果的です。今年の試験に不合格であれば、来年新試験制度です。みんなで一緒に頑張りましょう。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム