技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

ひな型論文のつくり方。

2017.02.15

【お知らせ】2/19(日)の教材を準備中。参加お知らせE-mailは再送しました。

現在、2/19(日)の第1回Aコースの教材を準備しています。教材の発送は、下記で予定しています。申込み予定の人は、少しでも早めの申込をお願いします。

《 申込み日による教材発送予定 》

_ ~2/12(日)までの申込み:2/13(月)発送予定。---------------------済
_ 2/13(月)~2/15(水)の申込み:状況によってセミナー会場渡し。
_ 2/16(木)~2/17(金)の申込み:セミナー会場渡し
_ 2/18(土)~の申込み:仮の教材で勉強して戴きます。

それと、昨日2/14(火)の夕方に時間割を再送しました。お送りしたE-mailで持参品など確認してセミナーに参加して下さい。

【コラム本文】ひな型論文のつくり方。

貴方は、ひな形論文をマスターしたでしょうか? 今日は、独学の人に向けてひな型論文のつくり方について説明したいと思います。

昨日のコラムでも理解されたように合格論文は、決まった形が有ります。その形に合わせると簡単に合格論文が作成できます。キーワード学習で勉強した知識を形に当てはめる感覚です。

さてひな型論文のつくり方は、過去問題と過去の合格論文を集める事から始めます。そして、『・・・知るところを述べよ』や『・・・貴方の考えを述べよ』など問題の要求ごとに合格論文を分類します。各分類内の共通事項で合格論文の枠組みを抽出します。

ここまでくれば、ひな形論文は、ほぼ完成です。後は、筆記試験までひな型論文を使って合格論文の作成練習だけです。一発合格を目指している人は、ぜひ試してください。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

文書構成は極めて重要。

2017.02.14

【お知らせ】2/19(日)の教材を準備中。参加お知らせE-mailは再送する。

現在、2/19(日)の第1回Aコースの教材を準備しています。教材の発送は、下記で予定しています。申込み予定の人は、少しでも早めの申込をお願いします。

《 申込み日による教材発送予定 》

_ ~2/12(日)までの申込み:2/13(月)発送予定。---------------------済
_ 2/13(月)~2/15(水)の申込み:状況によってセミナー会場渡し。
_ 2/16(木)~2/17(金)の申込み:セミナー会場渡し
_ 2/18(土)~の申込み:仮の教材で勉強して戴きます。

それと、2/19(日)の時間割と持参品の連絡が届かなかった人がいるようなので、本日2/14(火)の夕方に時間割を再送する予定です。お送りするE-mailで持参品など確認してセミナーに参加して下さい。

【コラム本文】文書構成は極めて重要。

本日JESの受講生から嬉しいメールが来ました。2016年の筆記試験でご自分の解答した問題の解答例を市販の書籍で確認されたそうです。確認して『文書構成が自分の解答と極めて似ている事に気づいた』と言う事でした。そして『合格するために文書構成が重要』と改めて納得されたそうです。

メールを戴いて嬉しくなりました。『やはり文書構成を理解して戴いていた』と嬉しくなりました。問題でAを質問されたら、aと解答します。Bと質問されたらbと解答します。ABCと質問されたらabcと解答します。すなわち、質問に順番に解答すると、文書構成が機械的に同じになるのです。機械的に解答できるから、だから機械的合格論文作成法なのです。

JESの受講生は事実として筆記試験に合格して、口頭試験の結果待ちです。受講生は、『文書構成が重要』を多くの人に伝えて最短合格して欲しいと願って連絡してきました。ありがたいです。

この機械的合格論文作成法をマスターすれば、誰でも合格論文を作成できます。貴方も機械的合格論文作成法で一発合格を果たしてください。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

一事が万事。

2017.02.13

【お知らせ】2/19(日)の教材を準備中。参加お知らせE-mailは再送する。

現在、2/19(日)の第1回Aコースの教材を準備しています。2/12(日)までの申込であれば、事前にお送りできますので、申込まれる人は、早めに申込下さい。また、来週の2/16(木)以降のセミナー直前に申込まれた人は、セミナー会場渡しになります。教材は、事前に確認された方が良いと思いますので、申込み予定の人は、早めの申込をお願いします。

それと、2/19(日)の時間割と持参品の連絡が届かなかった人がいるようなので、明日2/14(火)に時間割を再送する予定です。お送りするE-mailで持参品など確認してセミナーに参加して下さい。

《 申込み日による教材発送予定 》
_ ~2/12(日)までの申込み:2/13(月)発送予定。
_ 2/13(月)~2/15(水)の申込み:状況によってセミナー会場渡し。
_ 2/16(木)~2/17(金)の申込み:セミナー会場渡し
_ 2/18(土)~の申込み:仮の教材で勉強して戴きます。

【コラム本文】一事が万事

昨日2/12(日)は、メールの書き方で合否が予想できると書きました。メール以外でもその人の言動を見ると合否が解ります。諺(ことわざ)に『一事が万事』と言うのが有ります。件名や差出人の名前をキチンとしない人は、他の事でも問題のあるのがほとんどです。

例えば、否定的な人は、不合格です。『資料が無いから勉強できない』『時間が無いから勉強できない』『相手の教え方が悪いから理解できない』『やる気が出ないから勉強できない』『疲れているから勉強できない』『私なんか・・・』などです。否定的な人は、勉強し無い理由を探すのが得意です。

また言いわけの多い人も同じです。『家族に重大事が有り勉強できませんでした』『体調が不調で勉強できませんでした』『緊急な仕事が入り勉強できませんでした』『海外出張が有り勉強できませんでした』などです。勉強できない理由は、理解できます。理由が理解できるからと言って、勉強し無くて合格できる理由になりません。どのような理由があっても勉強しなければ、不合格です。

不合格の人は、『言いわけになりますが、・・・・』と理由を述べますが、おそらく勉強しなかった理由を自分に説明したいのだろうと思います。確かに何らかの理由があれば、気持ちが楽になります。

しかし合格できる人は、理由のいかんにかかわらず勉強しなければ不合格と言うのを理解しています。そのため、不要な理由など説明しません。おそらく、家族や自分に重大事があったとしても同じだろうと思います。誰もが認める理由があっても勉強しなければ、不合格です。

不合格になる人は、不合格者同志で同じ特徴を持っています。貴方はそのような事が無いようにご自身を確認してみて下さい。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

メール文書力で合否が解る。

2017.02.12

【お知らせ】2/19(日)の教材を準備中です。

現在、2/19(日)の第1回Aコースの教材を準備しています。2/12(日)までの申込であれば、事前にお送りできますので、申込まれる人は、早めに申込下さい。また、来週の2/16(木)以降のセミナー直前に申込まれた人は、セミナー会場渡しになります。教材は、事前に確認された方が良いと思いますので、申込み予定の人は、早めの申込をお願いします。

《 申込み日による教材発送予定 》
_ ~2/12(日)までの申込み:2/13(月)発送予定。
_ 2/13(月)~2/15(水)の申込み:状況によってセミナー会場渡し。
_ 2/16(木)~2/17(金)の申込み:セミナー会場渡し
_ 2/18(土)~の申込み:仮の教材で勉強して戴きます。

【コラム本文】メール文書力で合否が解る。

メールを見て『この人は、落ちる!!』と思う人がいます。すなわち、メールを見ると技術士試験に不合格がなんとなく解る人がいます。今日は、そんな事を書いてみます。

技術士試験は、論文試験です。相手に伝わる文書を書くのが合格の必要条件です。メールも同じで相手に伝わるのが必要条件です。

例えば、メールの件名本文が、無関係のメールです。メールの件名で「鈴木です」・「佐藤です」・「田中です」など自分の名前だけ書く人です。これでは、件名を見てもメール内容が、不明です。件名で判断できないので、過去になって振り返る時に毎回本文を全て読む必要があります。

さらに、かなり過去のメールの返信を延々と使って、メールの件名と内容が、かい離している人がいます。もっとひどいのは、メールの件名を書か無い人もいます。

メールの本文の最後に自分の署名の無い人がいます。本文に氏・名のうちで名字(みょうじ)だけ書く人もいます。極端な人は、署名どころか名前を全く書か無い人もいます。本文に名前が無いのでメールアドレスで誰から来たのか調べるのですが、そのような人の多くは、メールアドレスの名前もローマ字になっている事が多いです。あるいは、メールアドレスが、ランダムな英数字の組合せの人もいます。

メール本文では、箇条書きを使って段落を分けて工夫する人がいるかと思言えば、全く無頓着な人もいます。メール本文は、相手に理解してもらう事で目的を達成します。そのため、相手に理解しやすい本文とします。相手に誤解されやすいメールを出す人は、技術士試験の論文も誤解されやすい文書になっている人が多いです。貴方はどうでしょうか?

参考にしてください。

隙間時間の有効活用。

2017.02.11

【お知らせ】2/19(日)の教材を準備中です。

現在、2/19(日)の第1回Aコースの教材を準備しています。2/12(日)までの申込であれば、事前にお送りできますので、申込まれる人は、早めに申込下さい。また、来週の2/16(木)以降のセミナー直前に申込まれた人は、セミナー会場渡しになります。教材は、事前に確認された方が良いと思いますので、申込み予定の人は、早めの申込をお願いします。

《 申込み日による教材発送予定 》
_ ~2/12(日)までの申込み:2/13(月)発送予定。
_ 2/13(月)~2/15(水)の申込み:状況によってセミナー会場渡し。
_ 2/16(木)~2/17(金)の申込み:セミナー会場渡し
_ 2/18(土)~の申込み:仮の教材で勉強して戴きます。

【コラム本文】隙間時間の有効活用。

貴方は、隙間時間を活用しているでしょうか? 隙間時間とは、5分間~10分間程度の何もしない時間です。人には、1日20回以上の隙間時間があると言われています。すなわり、人には、100分間~200分間の隙間時間が毎日あると言われています。

例えば、何かを買いに行くときの移動時間・トイレに行くときの時間・何かを待っている時の時間・会議の合間・等です。

この隙間時間は、使いようによってまとまった時間よりも勉強に有効です。なぜなら、勉強は、始めと終わりが効率が高いのです。そして短時間に集中した方が効果も高いです。1時間勉強したのでは、始めと終わりがそれぞれ1回だけです。ですが、5分間の隙間時間を12回であれば、始めと終わりがそれぞれ12回もあります。

さらに1時間の勉強であれば、中だるみが有ります。ですが、5分間×12回=1時間では、中だるみが有りません。5分間に集中して勉強できます。

このように、隙間時間を有効に活用する人は、勉強が上手くできる人です。参考にしてください。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

技術士試験コラムリスト

技術士試験コラム 最新一覧

カテゴリ別コラム

月別コラム