技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

合格論文とは

2024.07.06

【コラム本文】合格論文とは

技術士試験に求められる文について書いてみます。

技術士は評論家でありません。実務最前線の技術者です。あるいは、技術者の先頭(戦闘)を全力で進む技術者(実務家)です。

そのため、技術士に求められるのは実践的なあるいは具体的な論文です。

抽象的な論文や、具体性の無い論文ではいけません。

現実的で具体性のある論文とは、経験に基づいた定量的な論文です。数値で示された論文です。

また、実務の最前線の技術者ですから、次になすべき課題を自分で示す事が出来る人(論文)です。

今までの事実に基づいた今後の課題を示す事が必要です。(課題と問題を混同している人がいますが、技術士に重要なのは、課題です。問題ではありません)

皆さんは、試験までに自力で次の論文を書けるように努力してください。

1、経験に基づいた定量的数値で示された論文。

2、今後の課題を具体的に示す論文。

では、一発合格まで頑張りましょう。

平成24年度無料セミナー開始

きょうから2024年7月15日(月・祝)の第2次筆記試験まで9日です。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、流体力学に関する問題です)

2024年の試験日である2024年11月24日(日)第1次試験日まであと141です。2024年は、ぜひ合格しましょう。

さて、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門、環境部門、上下水道部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2023年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

上下水道部門(←ここをクリック)

 

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、流体力学に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(流体力学) 

連続の式について

シャワーヘッドに内径11mmのホースがつながっている。
シャワーヘッドの出口には200個の穴があり、各々の穴の直径は
0.50mmである。シャワーから出る水の速さが2.5m/sであるとき、
ホース内の水の平均流速として、最も近い値はどれか。

(1) 0.10m/s  (2) 0.25m/s  (3) 0.40m/s
(4) 0.50m/s  (5) 1.0m/s







⇒正解は(5)です。

Q=AV=π×0.5^2/4×200×2.5=98.2
V=98.2×4/(π×11^2)=1.03 m/s

よって解答は(5)となります。

→令和1年再試験 過去問(問題番号3-31)
を確認してみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いします。