技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

行動すれば合格できる

2022.07.30

【お知らせ】早期割引無料セミナー

1)早期割引

2023年度の合格を目指す人に割引制度の開始です。2023年の合格を目指して専門充実コース(Sコース)または口頭試験説明資料作成コース(Cコース)を~7/31(日)までに申し込まれる人は、8,000円の受講料を割引いたします。割引を希望される人は、セミナーを申込んでクレジット決済を定価金額で終了して連絡をお待ちください。事務局から8,000円の返金口座の問合せを行います。もし銀行振り込みで申し込まれる人は、定価から8,000円を減額した金額で振り込みください。なお割引適用は、7/31(日)までです。専門充実コース(Sコース)と口頭試験説明資料作成コース(Cコース)以外のコース(例えば、すでに申込み済みの人や、1日コース・動画コース・プレミアムコース・模擬口頭試験を申込む人を除きます)には、割引を適用できません。

 2)2023年度の試験準備開始

無料セミナーを下記で開催します。参加希望者は、申し込みください。

【コラム本文】行動すれば合格できる

今日は、7月15日(月・祝)に行われた技術士試験で満足な結果を残せなかった人へ書いてみます。

さて貴方は、技術士試験で満足な結果の出なかった理由をどのように考えているでしょうか? 運が悪かった? 勉強する時間が無かった? 勉強を教えてくれる人がい無かった? 私の考える原因は、どれも違うと思います。

貴方が、良い結果を残せなかったのは、キーワード学習添削論文不足です。JESの受講生でキーワード学習300個超と合格論文4通以上を実現している人は、満足できる結果を残しています。それが、JESの合格率6割を実現しているのです。貴方は、キーワード学習300個超合格論文4通以上を達成しなかったから、満足できる結果を残せなかったのです。

英単語を暗記せずに英作文ができ無いのと同じように、キーワード学習300個超が合格論文に必要なのです。英文法を理解せずに英作文ができ無いのと同じように、合格論文4通以上が必要なのです。

ですが、大丈夫です。やる事さえやれば合格できるのが技術士試験です。きょうは、来年の筆記試験日である7月17日(月・祝)まであと352日す。今から頑張れば余裕で間に合います。来年こそは、満足できる結果を残しましょう。いまは、思い悩んでも結果を出すことなどできません。結果は行動する事で得られるのです。

もし貴方1人で勉強方法が解らない場合は、JESに相談してください。JESが、専門充実コース(←ここをクリック)で貴方の合格を全力で支援します。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

きょうから2023年7月17日(月・祝)の第2次試験まで352日です。頑張りましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 です(今日は、流れの基本に関する問題です)

来年の試験予想日である2022年11月27日(日)第1次試験まであと120日です。 2022年は、ぜひ合格しましょう。

JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)

適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

環境部門(←ここをクリック)

 なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。さて今日の第一次試験の問題 です。(今日は、基礎科目に関する問題です)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

数種類のライトを並べ、ライトをつけた状態(ON)と消した
状態(OFF)を考える。例えば、2つのライトを使った場合には、
次の4通りの状態を表現できる。

ライト1    ライト2 
ON      ON
ON           OFF
OFF               ON
OFF               OFF

8個のライトを用いる場合には、3個のライトを用いる場合と
比べて表現できる状態の数は何倍になるか。

2倍  (2) 8倍  (3) 16倍  (4) 32倍  (5) 64倍




****************
【正答】】(4)

ライト1つに対して、ONとOFFの2通りの状態がある。
よって、問題例のライトが2つの場合は、2^2=4通りを
表現できる。

3個のランプを用いる場合は、2^3=8通りを表現できる。
8個のランプを用いる場合は、2^8=256通りを表現できる。
よって、8個のランプを用いる場合には4個のランプを用いる
場合と比べて256÷16=2^8÷2^3=2^5倍の表現ができる。
よって、2^5=32倍であるので、正答は(4)である。

「こんなこと聞いていいのかな?」など気にせず、何でも
質問してください。(過去問のこの問題を解説してほしい
などもOKです。)
質問をお待ちしております。(^^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは、拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。