技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

何をすれば合格できるか

2021.07.17

【お知らせ】専門充実コース

◆JESは、専門充実コース(←ここをクリック)の受講生を募集しています。

専門充実コースは、8月から勉強を開始して2022年7月18日(月・祝)の筆記試験合格を目指すコースです。次のような人に適したコースです。

1,初めて技術士試験を受験する人で、最短合格を目指したい人
2,3回以上受験しても合格できない人で、来年必ず合格したい人

勉強する内容は、試験に出やすいキーワードの集め方と、その勉強方法や、出題傾向です。試験に出るキーワードを勉強して、一発合格を目指しましょう。

【コラム本文】何をすれば合格できるか

皆さん自分の実力は、自己判断してはいけません。今日は、そんな自己判断について話してみたいと思います。

まず受験している人は、自分自身の問題点に気づいてません。気づいていれば試験に合格しています。気づかないから受験生なのです。

ただし次の事は、客観的に判断できます。

1、過去問題を時間内に解答できますか?

2、キーワード学習は、何個を達成しましたか?

これらは、客観的に判断できますが、その品質は客観的に判断できません。なぜできないかというと、解答の採点方法を知らないからです。自分では、問題点に気づかないからです。

そこで誰かに判断してもらう事になります。JESでは、担当講師が受講生の実力を判断して、「ここを強化すれば、合格できます」と弱点の指導をしています。

貴方ももし次の試験に合格したいのであれば、誰かに指導してもらう事です。そうすれば、試験日までに何をすれば合格できるかが理解できます。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

カウントダウンは、リセットしました。2022年7月18日(月・祝)に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと366です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 は、適性科目です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から 、134日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

さて、このコラムは、第一次試験を受験している人もご覧になっています。第一次試験の試験問題は、大学1年生~3年生の定期試験のような問題が出題されます。現役の学生で勉強が得意であれば、1カ月程度勉強する事で合格できます。ですが、あまり勉強が得意でなければ、4~5か月前から勉強する事をお勧めします。

貴方が、何か月勉強すれば第一次試験に合格できるかを確認するために過去問題を解答練習して見る事です。過去問題は、日本技術士会のWebサイトに平成23年からのものが掲載されています。最低限、5年間の過去問題で合格点を確実に取れるように勉強しましょう。目標得点は、基礎科目・適性科目・専門科目の全てで80%以上の正解率です。

合格基準の50%ギリギリでは、ダメです。もし自信のない人は、10年分の過去問題を解答練習しても良いともいます。10年分の過去問題を解答練習すると、出題傾向が見てきます。繰り返し出題される問題も見えてきます。シッカリと勉強して、一発合格を目指しましょう。

なお、JESでは、第一次試験の過去問題も分析しています。繰り返し出題される問題を知りたい人は、動画ページ(←ここをクリック)から確認してください。

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、適性科目です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】営業秘密の3要件を挙げてください。







→答えは、下記のとおりです。
(1)秘密管理性、(2)有用性、(3)非公知性の3つです。
(1)は「秘密として管理されていること」です。情報への
    アクセス者を特定でき、その者が秘密の情報と認識できる
    ことがこれに該当します。
(2)は「事業活動に有用な情報であること」です。企業の
    反社会的な行為(脱税、麻薬密売など)をはじめとした
    公序良俗に反する情報は、当てはまりません。
(3)は「保有者の管理下以外では一般に入手できないこと」です。
    人数の多寡は関係なく、関係者に守秘義務があります。
    また、書物・学会発表などの公開情報はこれに該当しないです。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「4)知的財産・営業秘密」に
関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。