技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

忙しくて勉強できない?

2021.05.15

【コラム本文】忙しくて勉強できない?

受験生の中には、勉強できない理由を他人の責任にする人がいます。今日は、その様な人について書いてみます。

勉強できない理由を他人の責任にする一番多いのが、「忙しくて勉強できない」という理由です。「毎日仕事です。残業もあるので勉強する時間がありません」と言います。ですが、実態は、毎日の食事をして人気のTV番組を欠かさずに見ています。週刊漫画をこよなく愛読しています。スマホのチェックは、毎日行います。土日の休日は、貴重な時間を目的も無くムダに過ごしている人もいます。このような人は、時間の余裕ができた時には、別の勉強できない理由を探します。このコラムを読んでいる貴方は、その様な人で無いことを期待しています。

次に多い勉強できない理由は、「勉強方法が解らない」という人です。「応用能力」「問題解決能力」そして「課題遂行能力」さらに「論理的思考力」をどのように文書で表現したら良いのか解らないという人です。ですが、本当に解らないのでしょうか? 解らないという人は、知っている人に教えてもらいに行きましたか? 技術士試験に合格した人は、どのように文書表現するか知っているから合格しています。貴方は、合格した人に教えてもらいに行ったでしょうか? 目の前に知っている人がいるのに教えてもらわない人は、自分ひとりで悩んでムダな時間を過ごしています。プライドが勉強のじゃまをしているのかも知れません。このコラムを読んでいる貴方は、その様な人で無いことを期待しています。

貴方は、勉強が計画通り進んでいますか? まさか計画が無いなどと言わないですね。いまの時期にやるべき事は、「キーワード学習・論文記述・手書き訓練」です。合格論文作成法は、理解できましたか? 7月11日(日)の筆記試験までもうすぐです。貴方には、ムダに悩んでいる時間などありません。いまは、勉強してください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと57です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験 は、専門科目機械部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から 、197日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、専門科目機械部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
復習クイズ(流体工学)

ベルヌーイと連続の式について

静止した床に置かれた大きな容器に水が満たされ、水面から深さhの
側壁に小さな穴が開いている。このとき、側壁の穴から流れ出る水の
流速として、最も適切なものはどれか。
ただし、水の密度をρ、重力加速度をgとし、粘性の影響は無視する。

(1) 2√(gh)
(2)√(2gh)
(3)ゼロ
(4)√(gh)
(5)√(gh/2)







⇒正解は(2)です。

水面の圧力をp1、速度をV1、高さをz1とします。
側壁の圧力をp2、速度をV2、高さをz2とします。

ベルヌーイの式から

V1^2/2+p1/ρ+gz1=V2^2/2+p2/ρ+gz2

V2=√[2(p1-p2)/ρ+V1^2+2gh]

容器が十分に大きいときはV1は微小であり、
V1^2≒ゼロとして扱ってよい。よって、次のようになります。

V2=√[2(p1-p2)/ρ+2gh]

p1とp2はともに大気圧であるためp1=p2となります。
つまり
V2=√(2gh)
となります。

よって解答は(2)となります。

→令和一年ど再試験の過去問(問題番号Ⅲ-29)
を確認してみてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。