技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

昨年挫折した貴方は

2021.04.27

【お知らせ】〆切ました。

6/13(日)に予定している模擬試験ですが、4/26(月)17:00で〆切りました。多数の応募をありがとうございました。

【コラム本文】昨年挫折した貴方は

JESには、複数回受験してからJES技術士合格セミナーに参加を申込む人が多数います。いろいろ話を聞くと、マンツーマンの個別指導で無いところで指導を受けていたり独学だったりで、途中で挫折したそうです。

技術士試験は、難関試験です。そのため、キチンと指導を受けなければ、挫折するのが普通です。挫折しなくても独学では複数年受験するのが、普通です。独学で一発合格する人は、ごくまれです。独学での合格は、ほとんどの人が複数年受験です。また、指導を受けるにしても個別指導を受けるのと集団で指導を受けるのでは、天と地ほどの差が出ます。何故かというと、受験生で挫折する理由はさまざまです。一人一人に合わせた指導を受ければ、挫折を防ぐことができます。ですが、そうで無い場合は、挫折します。

もし複数年受験を覚悟されているのであれば、独学も選択肢です。ですが、最短合格を考えているのであれば、個別指導してくれる人を探しましょう。独学よりも指導を受ける方が、短期合格できるのは、貴方も理解しているはずです。本気の人は、すでに探しています。見つけて指導を受けています。行動して無い人は本気度を考えて下さい。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと75です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目建設部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から215日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、専門科目建設部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
復習クイズ(建設環境)。

3R(スリーアール)について、( )に入る言葉(英単語、片仮名)
を入れて下さい。

3Rとは、(1)、(2)、(3)の、3つのR(アール)の総称である。
循環型社会を構築していくには、(1)、(2)、(3)の順で取り
組むことが重要である。







⇒答えは、

3Rとは、(1 Reduce/リデュース)、(2 Reuse/リユース)、
(3 Recycle/リサイクル)の、3つのR(アール)の総称である。
循環型社会を構築していくには、(1 Reduce/リデュース)、(
2 Reuse/リユース)、(3 Recycle/リサイクル)の順で取り組む
ことが重要である。

となります。

→平成29年度過去問(問題番号35)を確認してみましょう。

※3R推進協議会HPに以下の説明があります。
https://www.3r-suishinkyogikai.jp/intro/3rs/

Reduce(リデュース)は、製品をつくる時に使う資源の量を
少なくすることや廃棄物の発生を少なくすること。
耐久性の高い製品の提供や製品寿命延長のためのメンテナンス
体制の工夫なども取組のひとつである。

Reuse(リユース)は、使用済製品やその部品等を繰り返し
使用すること。
その実現を可能とする製品の提供、修理・診断技術の開発、
リマニュファクチャリングなども取組のひとつである。

Recycle(リサイクル)は、廃棄物等を原材料やエネルギー源
として有効利用すること。
その実現を可能とする製品設計、使用済製品の回収、リサイクル
技術・装置の開発なども取組のひとつである。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。