技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース(第二次試験対策)

失敗を恐れる人に成長は無い

2021.04.24

【お知らせ】予想問題で模擬試験が受付開始です6/13(日)実施

現在、JESでは、6/13(日)に実施する予想問題による模擬試験を実施します。

これは、今年2021年07月10日・11日に予定されている試験問題をJES講師が予想して模擬試験を実施します。専門家が予想問題を作成するので、的中が抜群です。まさに「本番の問題を知ってるのか?」と疑いたくなる的中です。

しかも模擬試験は、Zoomで実施するのですが、本番と同じ時間で実施します。そのため、本番の予行演習になります。講師による添削指導もありますので直前での弱点補強もできます。

申込は、申込ページ(←ここをクリック)から申し込みください。受付は、受講の可能な部門は、14部門38選択科目です。なお受付は定員がありますので、先着順となります。定員を超えての申込は、お断りする場合があります。

【コラム本文】失敗を恐れる人に成長は無い

世の中には、熟慮を重ねてから行動(チャレンジ)する人がいます。熟慮して行動(チャレンジ)すれば良いのですが、考えるだけの人もいます。俗に言う『石橋をたたいて渡る』人や『石橋をたたいても渡らない』人です。これらの人は、一般的に成長の止まった人たちです。人間は、守りに入ると成長が止まります。あるいは、周りの人が成長する中で成長の止まった人は、止まるというより後退していると言っても良いと思います。

しかし、行動(チャレンジ)には、リスクが伴います。『失敗したらどうしようか』と心配する人は、行動(チャレンジ)できません。ですが、失敗を恐れてはいけません。貴方が失敗したくらいで会社が倒産する事など無いはずです。会社は、貴方が失敗する事よりも貴方が挑戦し無い事を危惧(心配)しています。その証拠に貴方が『これをやりたい』と宣言して、良かれと思って行動(チャレンジ)して失敗してもペナルティーは無いです。貴方が失敗しそうになれば、周りの全員が貴方を支えてくれるはずです。

なぜなら、貴方の行動(チャレンジ)が貴方と会社の成長につながるからです。

技術士試験においても同様です。『不合格になったら恥ずかしい』と行動(チャレンジ)しない人がいます。『恥ずかしい』と思うのは、大いに結構です。『不合格でもヘッチャラ』という人は、不合格です。合格したいと全力を尽くすから合格できるのです。すなわち、行動(チャレンジ)しない人は、全員不合格です。行動(チャレンジ)した人の中から合格者が生まれます。

貴方は、『不合格になったら恥ずかしい』と自分の成長を止める人ですか? それとも失敗を恐れずに行動(チャレンジ)する人ですか? もし成長したいと思うのであれば行動(チャレンジ)してください。JESの技術士合格セミナーでは、行動(チャレンジ)する人が集まっています。そして大多数の人が、合格しています。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと78日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、適性科目です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から218日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、適性科目です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)を
8つ全て答えてください。







→答えは、下記のとおりです。
専門的学識、問題解決、マネジメント、評価、コミュニケーション、
リーダーシップ、技術者倫理、継続研鑽(けいぞくけんさん)です。
従来は継続研鑽を含まない7つでしたが、現在は8つとなっています
(古い資料では継続研鑽を含んでいないことがあります)。
各コンピテンシーの説明については、日本技術士会のWebサイトを
ご確認ください。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「2)技術士法第4章規定・CPD・コンピテンシー」
に関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽にご質問
ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でもお聞き
いただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。