技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

必要な専門知識

2021.04.19

【お知らせ】予想問題が受付開始です6/13(日)実施

現在、JESでは、6/13(日)に実施する予想問題による模擬試験を実施します。

これは、今年2021年07月10日・11日に予定されている試験問題をJES講師が予想して模擬試験を実施します。専門家が予想問題を作成するので、的中が抜群です。まさに「本番の問題を知ってるのか?」と疑いたくなる的中です。

しかも模擬試験は、Zoomで実施するのですが、本番と同じ時間で実施します。そのため、本番の予行演習になります。講師による添削指導もありますので直前での弱点補強もできます。

申込は、申込ページ(←ここをクリック)から申し込みください。受付は、受講の可能な部門は、14部門38選択科目です。なお受付は定員がありますので、先着順となります。定員を超えての申込は、お断りする場合があります。

【コラム本文】必要な専門知識

貴方は、専門知識が充分あると思います。では貴方は、技術責任者としての言動ができているでしょうか? 今日は、そんな話をしてみたいと思います。

技術士試験にチャレンジで「何でも知っている専門家」を目指して技術士試験の合格を考えている人がいます。貴方は、どうでしょうか? そのような方向性は、間違っています。確かに専門家として何でも知っている事は、良い事ですが、それでは技術士試験に合格できません。むしろ、技術士試験は、専門家としての知識が有れば充分で、何でも知っている必要ありません

例えば、技術責任者を考えて下さい。技術責任者は、専門家としての知識が必要ですが、何でも知っている必要ありません。むしろ何でも知っているけれども技術責任者としての言動のでき無い人は、厳しい評価が当然と考えます。

もし貴方が、4年間や7年間の実務経験があり専門家としての知識が有れば、あとは、技術責任者としての考え方を学んでください。文部科学省の技術士試験部会から公表された「技術士に求められる資質」が、今年の試験で合否判定されます。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと83日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、適性科目です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から223日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、適性科目です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】
技術者の情報発信について、以下の記述が正しい場合は○、
誤りの場合は×で答えてください。
「顧客から現在使用中の製品について問い合わせを受けた
技術者は、答えるために十分なデータを手元に持ち合わせて
いなかったので、迅速な対応を優先して記憶に基づき回答した」







→答えは、下記のとおりです。
×です。
記憶に基づいた曖昧さを含む情報を出すことは正確性に欠け、
顧客側で製品事故につながる可能性があります。
また、その技術者の所属する会社や組織の信頼を失う可能性も
大いにあり、大問題に発展するかもしれません。
このように事故の可能性や、会社・組織間の関係に後々影響する
ことを考慮し、会社の代表であることを意識したうえで、
多少時間がかかっても確認を行い、データや根拠に基づいた
回答を行うべきです。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「10)情報管理」に関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。