技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

計画通り進んでいますか?

2021.04.07

【お知らせ】JESでは願書の入力サンプルを配布しました

試験センターで願書の受付が始まりました。今回のExcelファイルによる願書は、慣れるまで四苦八苦します。早めに準備されることをお勧めします。

JESでは、受講生からの入力方法の問合せが複数届いています。入力が難しいので、JESでは、受講生全員へ入力サンプルを配布しました。

皆さんも早めに準備して、不明点は、詳しい人に教えてもらって準備をしてください。

【コラム本文】計画通り進んでいますか?

あなたは、技術士試験に全力で取り組んでいますか?

全力で取り組んでいるか、次の質問で判断してください。

1、計画通り勉強しているか?

試験日まであと95日です。計画通り勉強は、進んでいますでしょうか?1月から勉強を始めたとすると、計画の半分が過ぎたことになります。もし独学者でキーワード学習であれば、少なくともキーワード解説シートが200枚以上できれば250枚作成できていますでしょうか?キーワード学習で無くてもかまいません。どのような方法でも良いので、少なくとも計画の半分以上が進んでいるか確認してください。(指導者がいる人は、指導者の指示に従ってください)

2、「受験申込書と業務経歴票」を完成したか?

「受験申込書と業務経歴票」の提出〆切は、5月連休明けになります。また完成のための技術的体験論文は下書きをしましたか? 口頭試験では、約半数の受験生が不合格です。原因は、「受験申込書と業務経歴票」と「技術的体験論文」がほとんどです。十分な準備をして下さい。

3、合格のために良いと言われたことはやっていますか?

技術士試験の合格のために良いと言われたことは、やっていますでしょうか?どんなことでも合格に良いと言われたことは何でも実施する方向で努力してください。(できないこともあるでしょうが、努力は全力でしてください)

4、勉強しない言い訳をしていませんか?

勉強しない言い訳としては、下記が定番です。

1)時間が無い。

2)やり方が良くわからない。

3)お金が無い。

言い訳は、本当ですか?

「1)時間が無い」人でも案外飲み会や趣味の会などにちゃっかり参加します。「2)やり方が良くわからない」人は、合格した人に教えてもらいましたか?少なくとも合格した人は、合格方法を知っています。「3)お金が無い」人は、生活費に困るほどの日々でしょうか?趣味には、お金を使っていませんか?

全ては、優先順位だと思います。いま勉強して無い人は、「技術士試験の合格」よりも優先度の高いことに「時間・労力・お金」を使っているのだと思います。

合否を決めるのはあなただということを肝に銘じて試験日を迎えて戴ければと思います。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと95日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目建設部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から235日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。


機械部門
<全動画データをUP完了しました>
電気電子部門
<全動画データをUP完了しました>
建設部門
<全動画データをUP完了しました>

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、専門科目建設部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(都市及び地方計画)。

パーソントリップ調査について、( )に入る用語を答えて下さい。

パーソントリップ調査は、一定の調査対象地域内において、(1)の
動きを調査するものである。

交通の(2)点・(3)点や交通(4)、交通(5)が調査対象である。

トリップの起終点を空間的に集計するための空間領域を(6)として
設定する。







⇒答えは、

パーソントリップ調査は、一定の調査対象地域内において、(1 人)
の動きを調査するものである。

交通の(2 起)点・(3 終)点や交通(4 目的)、交通(5 手段)
が調査対象である。

トリップの起終点を空間的に集計するための空間領域を(6 ゾーン)
として設定する。

となります。

※3,4は逆でもOKです。

→平成24年度過去問(問題番号30)を確認してみましょう。

国土交通省HPも押さえておきましょう。
https://www.mlit.go.jp/toshi/tosiko/toshi_tosiko_tk_000031.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。