技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース(第二次試験対策)

合格する人・不合格の人

2021.04.06

【お知らせ】願書の受付が開始しました

試験センターで願書の受付が始まりました。今回のExcelファイルによる願書は、慣れるまで四苦八苦します。早めに準備されることをお勧めします。

【コラム本文】合格する人・不合格の人

あなたは、今年の試験の合否結果をどのように考えているでしょうか?

1、不合格になるかもしれない。

2、合否が解らない。

3、合格する。

今の時点で、一番合格の可能性があるのは「3、」を考えている人です。

「3、」を考える人は、勉強に行き詰った時に考えるのは、「どうすれば合格するだろうか?」です。

これに比べて、「2、」を考える人は、勉強に行き詰ると「不合格になるかもしれない。きっと不合格になる。やめておこう」となります。さらに最悪は、「1、」を考える人です。「1、」を考えている人は初めから不合格を前提です。不合格を前提では、合格できません。

このコラムを見ている人は、今年を合格前提で勉強してください。何か迷ったら、「今年合格するにはどうすれば良いのか?」と考えてください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと96日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。 今日から236日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。 2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。


機械部門
<全動画データをUP完了しました>
電気電子部門
<全動画データをUP完了しました>
建設部門
<全動画データをUP完了しました>

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。  

さて今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!
【復習クイズ】次の記述について正しい場合は〇、誤りの
場合はXで答えてください。
「鉄損は、周波数に比例して発生する渦電流損と、周波数の
2乗に比例するヒステリシス損に分けられる」





→答えは、下記のとおりです。
X。
正しくは「鉄損は、周波数に比例して発生する
ヒステリシス損と、周波数の2乗に比例する渦電流損に
分けられる」です。
ヒステリシス損とは、鉄心内の磁束の方向および大きさが
変化することにより、それに合わせて鉄心を構成する分子が
方向および配列を変えるときに発生する損失(摩擦)です。
渦電流損とは、渦電流の流れる経路は抵抗を持っている
ために電力損失を生じ、ジュール熱により温度上昇することです。
また、渦電流とは、導体の一部で磁束が変化することや
磁束が導体を切ることで、電磁誘導により導体内に起電力を
誘起して、その部分のみ電流が流れることです。
いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「1)共通理論-電磁気学(現象・諸法則)」
に関する内容でした。
適性科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。 1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。 転記転載転送をよろしくお願いいします。