技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

資格に合わせた勉強方法がある

2021.04.02
【お知らせ】配布が開始になりました

願書と受験申込み案内の配布が始まりました。まず7月11日の試験は、必須科目を午前10時に実施するなど例年と同じ時間となりました。2020年は、12時から必須科目でした。

また願書のExcelファイルですが、マクロが組まれていました。マクロによって記載ミスをチェックして記入漏れを防止するのだと思います。従来と使い勝手がかなり違いますので、早めに作成して印刷してみることをお勧めします。

詳細は、下記URLを確認してください。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/007/007721.html

【コラム本文】資格に合わせた勉強方法がある

技術士セミナーに参加する人で、立派な資格を取得して参加される人がいます。「博士・一級建築士・電験1種・弁理士」などです。あるいは、偏差値70以上の大学大学院を卒業し企業で活躍している人も技術士セミナーに参加されます。

それらの人も複数回受験して残念な結果になり、どのように技術士試験を勉強してよいかわからなくて、JESの技術士セミナーに参加したそうです。

私はいつもそのような人に「どのように勉強されてましたか?」と質問しています。多くの回答が、参考書や問題集で勉強してましたです。理由は、過去の資格試験で合格できたからのようです。

これでは、いくら勉強しても複数回受験になります。「博士・一級建築士・電験1種・弁理士・大学・大学院」の試験と技術士試験とは、勉強方法が違います。求められている能力が違うからです。これらの資格に合格しても、同じ勉強方法で技術士試験に合格できません。スポーツで言えば、野球がうまくなりたいのにテニスの練習をしているようなものです。勉強方法が違うのです。

技術士試験には、技術士試験に適した勉強方法があります。逆にこれらの資格が無くても適切な勉強をすれば、だれでも技術士試験に合格できます目的に合わせた勉強方法で一発合格を果しましょう。

それから他の資格と難易度を比較したページは、下記です。参考にしてください。

技術士難易度

 では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと100日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目建設部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。今日から240日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。3/26(金)までで下記の動画を追加しました。今回は、2020年10月11日に実施された試験問題の解説動画です。


機械部門
<全動画データをUP完了しました>
電気電子部門
<全動画データをUP完了しました>
建設部門
2020年10月11日実施試験問題_07)砂防解説(03:35)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目建設部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(河川)。

ベルヌーイの定理について、( )に入る用語を答えて下さい。

ベルヌーイの定理は、(1)流体((2)と(3)がない理想流体)の(4)流において、
(5)エネルギーと(6)エネルギー、(7)エネルギーの和が常に一定となる
エネルギー保存則の1つである。








⇒答えは、

ベルヌーイの定理は、(1 完全)流体((2 粘性)と(3 圧縮性)がない理想流体)
の(4 定常)流において、
(5 圧力)エネルギーと(6 速度)エネルギー、(7 位置)エネルギーの和が
常に一定となる
エネルギー保存則の1つである。

となります。

→令和元年度過去問(問題番号17)を確認してみましょう。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 では、次の試験での合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。