技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

表現力の重要性

2021.02.19

【お知らせ】セミナーの申込を〆切りました(坂林)

本日2/17(水)、JESの有料セミナーの申込を〆切りました。多数の応募をありがとうございました。JESでは、1人でも多くの人に合格していただくため、少人数で高品質のセミナーを目指して、受講生の人数を制限しています。先週募集人数に達しましたので、募集を〆切りました。現在、JESへ応募を検討されている受験生の皆様には、大変申し訳なく思います。

今後は、独学の人を対象に情報を発信していこうと考えます。ご期待ください。ありがとうございました。

【コラム本文】表現力の重要性

今日は、表現力について書いてみます。

技術士試験は、言葉を使って貴方の能力を表現して、合否を判定してもらう試験です。そのため、言葉を適切に使う必要があります。この言葉を適切に使うのは、技術者にとって苦手な分野です。その証拠に、貴方は、言葉が適切か不適切かでどれだけ合否に影響するか理解して無いと思います。

例えば、次のように表現したとします。

【A】 松坂牛の特上が手に入ったから我が家でパーティーをやりましょう。霜降りの一番良いところを肉汁たっぷりで楽しめます

【B】 死んだ牛の肉が入手できたので一緒に食べたいと思います。脂肪がたっぷりで体液が流れ出していますが、臭み我慢できます。

貴方はどちらの誘いを受けるでしょうか? おそらく【A】の誘いであれば、受けると思います。【B】は断わると思います。しかし、良く考えてみると【A】と【B】は、同じ牛肉の話をしています。同じ内容でも【B】は断わるのです。有能な人で技術士試験に不合格の人は、【B】の表現です。内容が良ければ合格できるは、勘違いです。勘違いしている貴方は、不合格です。同じ内容でも表現力で合否が決まるのです。

ここまで極端でなくても多くの人が、表現力で合否を分けています。貴方も経験があると思います。貴方が不合格で、後輩が合格した経験があると思います。『俺(私)の方が実力があるのに、アイツ(あの人)がなんで先に合格するんだ』と悔しい思いをしたことがあると思います。

今年の試験で悔しい思いをしたくなければ、言葉の表現力を磨いてください。もし勉強方法が解らない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加して下さい。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと142日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目機械部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。今日から282日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。2/19(金)までで下記の動画を追加しました。今回は、2020年10月11日に実施された試験問題の解説動画です。


機械部門
2020年10月11日実施試験問題_1~10解説(39:31)
2020年10月11日実施試験問題_11~14解説(15:07)
電気電子部門
16)電子応用-論理回路(24:29)
建設部門
2020年10月11日実施試験問題_02)鋼構造解説(21:19)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目機械部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

復習クイズ(熱工学)
基本法則について
2942kJ/kgのエンタルピーを持ち静止していた蒸気が、
膨張することでエンタルピーが2622kJ/kgになった。
このときの蒸気の速度に最も近い値はどれか。
(1)  25 m/s
(2)  80 m/s
(3) 250 m/s
(4) 570 m/s
(5) 800 m/s





⇒正解は(5)です。
静止していた状態に添え字1
膨張後の状態に添え字2をつけて、
エネルギ保存則は次式の通りです。
h1+w1^2/2+gz1=h2+w2^2/2+gz2 (1)
h:エンタルピ―
w:速度
z:高さ
g:重力加速度
いま蒸気は膨張したのみで高さ方向の移動には
触れられていないためz1=z2です。
また、初期状態で静止していたためw1はゼロ。
よって(1)式は次のようになります。
h1=h2+w2^2/2
w2^2=2(h1-h2)
問題文からh1、h2の値を代入します。
w2^2=2×(2942,000-2622,000)
w2=(640,000)^1/2=800
よって解答は(5)となります。
→平成30年度過去問(問題番号3-24)
を確認してみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。