技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

勉強方法が違えば永遠に不合格

2021.02.18

【お知らせ】セミナーの申込を〆切りました(坂林)

本日2/17(水)、JESの有料セミナーの申込を〆切りました。多数の応募をありがとうございました。JESでは、1人でも多くの人に合格していただくため、少人数で高品質のセミナーを目指して、受講生の人数を制限しています。先週募集人数に達しましたので、募集を〆切りました。現在、JESへ応募を検討されている受験生の皆様には、大変申し訳なく思います。

今後は、独学の人を対象に情報を発信していこうと考えます。ご期待ください。ありがとうございました。

【コラム本文】勉強方法が違えば永遠に不合格

きょうは、技術士の勉強法は、普通の資格試験の勉強法と違うと言うのを説明したいと思います。

2月より個別指導が始まりました。個別指導が始まると大学受験や計量士・エネルギー管理士・電験・建築士・施工管理技士・高度情報処理など一般の試験と同じ勉強方法で合格を目指す人がいます。この勉強方法では、10年間勉強しても20年間勉強しても技術士試験に不合格です。すなわち、一般の資格試験と同じ勉強方法では、永遠に不合格です。これは、技術士試験が難しいと言う意味ではありません。難易度的には、これら一般の資格試験と大差ありません。同じ程度の難易度と思っています(難易度は、私(坂林)個人の見解です)。

しかし、一般の資格試験に簡単に合格した人も技術士試験には、合格までに複数年かかっています。あるいは、最後まで不合格で諦める人もいます。不合格の理由は、一般の資格試験と同じ勉強を行っているからです。

一般の資格試験は、次のような勉強方法で合格を目指します。

1、過去問題予想問題で問題の解答練習をする。
2、間違った問題の正解を確認して正しい答えを覚える
3、問題を解答するときに不足している知識を参考書などで暗記する。
4、知識豊富な人に模範解答を教えてもらい暗記する。
5、合格できるまで勉強時間を増やし「1、~4、」を繰り返す。

ですが、これらの勉強を10年間や20年間続けても技術士試験は不合格です。「1、~5、」が通用するのは、正しい答えが、唯一1個だけ存在する試験だけです。まさに一般の資格試験は、正しい答えが唯一1個だけ存在するので通用するのです。

しかし、技術士試験は、違います。技術士試験は正しい答えが無い場合があります。あるいは、複数の正解があります。私(坂林)は、受験生の人数分だけ正しい答えがあると思っています。

ゆえに、一般の資格試験と同じ勉強方法「1、~5、」では、永遠に不合格なのです。

この違いを理解して技術士試験に一発合格を目指してもらえばと思います。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと143日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、適性科目です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。今日から283日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。2/13(土)までで下記の動画を追加しました。今回は、2020年10月11日に実施された試験問題の解説動画です。


機械部門
2020年10月11日実施試験問題_1~14解説(54:22)
建設部門
2020年10月11日実施試験問題_01)土質基礎解説(20:21)
電気電子部門
15)電子応用-計測・自動制御(24:03)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、適性科目です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

皆さん、おはようございます!
適性科目 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)
の観点から、下記の内容は適切でしょうか。
「当旅館の優待サービスを特別価格の5万円でご提供いたします」
と記載しつつも、実際は通常価格も同じ5万円である。







→答えは、下記のとおりです。
不適切です。通常価格と同じであれば、特別価格とは言えません。
景品表示法は、不当な景品類と不当表示を規制することが目的です。
この問題は、法第5条「不当な表示の禁止」の中にある「有利誤認
  表示の禁止」に関わります。
商品・役務(サービス)の取引条件に関し、実際よりも有利である
  と偽って伝えることや、競合他社の販売する商品・役務よりも
とりわけ安いわけでもないのに、まるで非常に安いかのように
  偽った宣伝などの行為が「有利誤認表示」に該当いたします。
今回の問題は「取引条件」に着目した内容でしたが、この第5条
  では「品質・規格」に関する「優良誤認表示」や、一般消費者に
  よる誤認のおそれがあると内閣総理大臣が指定したものも禁止
  していますので、一度条文をお読みいただければと思います。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「7)消費生活用製品安全法・景品表示法」
に関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。