技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

常にB評価になる人の原因は

2021.02.15

【コラム本文】常にB評価になる人の原因は

キーワード学習で気になる事があります。添削を複数回繰返して「原理原則基礎技術」「課題」「問題点」「将来動向」の区分は、皆さん出来るようになりましたが、数値の記述不足がまだ是正されません。

数値の無い文章は、技術文章と言えないです。数値の記述は、重要です。キーワード学習を進めているうちに是正しておかなければ、論文記述練習になっても治りません。論文記述練習は、キーワード学習の内容を転記する要領で記述します。なので、キーワード学習の品質がそのまま論文の品質になります。

例え合格論文作成法を学習してもムダに終わります。合格論文作成法は、キーワード学習で整理した知識を文章に適切に配置する役割です。配置するべき知識が不十分ではB評価しか得られません。永遠にB評価で不合格になってしまいます。

A評価やC評価でなく毎回B評価になる人の多くが、このパターンです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

今日で7月11日に実施される技術士二次試験の筆記試験まであと146日です。頑張って勉強しましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。今日から286日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。2/13(土)までで下記の動画を追加しました。今回は、2020年10月11日に実施された試験問題の解説動画です。


機械部門
2020年10月11日実施試験問題_1~14解説(54:22)
建設部門
2020年10月11日実施試験問題_01)土質基礎解説(20:21)
電気電子部門
15)電子応用-計測・自動制御(24:03)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


皆さん、おはようございます!
電気電子 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!
【復習クイズ】
スイッチが開いていて、直列に接続されているコンデンサC [F]
には電圧V [V]が生じていたものとします。
その後スイッチを
閉じて、抵抗R [Ω]も直列接続した際に発生する過渡現象に
ついて、次の記述のうち誤っている内容はどれでしょうか。
(1)電流はスイッチ投入時にゼロであり、その後徐々に増大していく。
(2)充分長い時間が経過するまでに抵抗Rで消費するエネルギーは、
1/2×CV^2である。
(3)徐々にコンデンサの電圧が減少していく理由として、抵抗に
エネルギーが供給されていくためである。





→答えは、下記のとおりです。
(1)が誤りです。
(1)…×。
スイッチを投入した瞬間はV/Rであり、徐々に
減少してゼロへ近づきます。
(2)…○。
充分長い時間が経過するまでの間、この回路の
電圧はVです。
(3)…○。
時間経過に従って、コンデンサから抵抗に
エネルギーが移っていきます。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「7)共通理論-過渡現象-」に
関する内容でした。
本科目について少しでも疑問点がある場合には、
お気軽にご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、
何でもお聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。