技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

技術士試験の求めている理想像

2021.01.04

【お知らせ】無料セミナーの実施

2021年度の第二次試験の筆記試験は、7/11(日)です。試験まであと188日 です。勉強は、進んでいますでしょうか? 勉強の進んでない人のために1/11(月・祝)に無料セミナーを予定しています。2021年度に初受験で合格を目指す人・あるいは、リベンジを目指す人などを対象に合格ノウハウをお伝えする無料セミナーを実施しようと考えています。もしよかったら、下記バナーから参加を申し込んでください。

【コラム本文】技術士試験の求めている理想像(最短合格のために)

技術士試験を何年も受験する人は、知識習得を勉強の中心にしています。一発合格を目指す技術士試験の受験生は、知識習得を受験対策にしてはいけません

多くの受験生は、経験年数が10年以上です。10年以上の経験年数で蓄積した知識があれば、問題なく合格できます。もし不足していたとしても、あと少し知識を足すだけで合格できます。

経験10年以上の技術者が、不合格になる理由は、知識不足でありません。技術士試験は、知識に頼ってはいけません。知識を蓄えることで受験対策にしていると、次回の試験も危険です。

技術士試験を受験する人がやるべきは次の2点です。

1、すでに持っている知識や入ってくる知識の整理

2、整理した知識の記述方法の習得

なぜならば、技術士試験の求めている技術者像は、研究者でなく技術指導者だからです。

技術士試験が求めている理想像を理解して一発合格を目指しましょう。

では、一発合格に向けてがんばりましょう。

<第一次試験>今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です

2021年度の技術士第一次試験は、11月28日です。今日から328日後 ,です。勉強は、進んでいますでしょうか?

第一次試験の勉強用に基礎科目、適性科目、専門科目(機械部門、電気電子部門、建設部門)について第一次試験の動画をvimeoにUPしています。2021年の合格を目指している人は、vimeoに登録して視聴してください。12/25(金)までの1週間で動画を追加しました。新規追加した動画は、下記です。

基礎科目:2020年10月11日実施試験問題_第3群解説(22:03)
適性科目:2020年10月11日実施試験問題_Ⅱ1~Ⅱ5解説(19:45)
機械部門:03)-03熱工学3/3伝熱(50:22)
電気電子部門:11)電気応用-パワー半導体(26:02)
建設部門:11)鉄道(17:24)

もしご視聴されたい人は、下の科目名をクリックしてご覧になってください。

基礎科目(←ここをクリック)
適性科目(←ここをクリック)
機械部門(←ここをクリック)
電気電子部門(←ここをクリック)
建設部門(←ここをクリック)

なお、倍速再生すれば、半分の時間で視聴できます。

では、今日のコラムです。 

さて今日の第一次試験は、専門科目電気電子部門です。(貴方は正解できますか?)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
皆さん、おはようございます!
電気電子 担当講師の永澤 一也です。
一日が始まる前に、復習クイズに取り組んでみましょう!!

【復習クイズ】キルヒホッフの法則について説明してください。







→答えは、下記のとおりです。
大きく分けて2つあります。
第一法則として、「電気回路の任意の分岐点にて、流れ込む
  電流の和と流れ出る電流の和は等しい」です。
第二法則として、「電気回路の任意の閉じた経路(閉回路)
  にて、電位差の和は0」です。
複雑な電気回路を解く際に用いる本法則ですが、最初から
  これを用いることを考えず、まずは重ね合わせの理や
鳳・テブナンの定理などで解くことを試みると、短時間で
  解ける場合があります。

いかがでしたか?
上記のクイズは、テーマ「4)共通理論-直流回路(基礎)-」に
関する内容でした。

本科目について少しでも疑問点がある場合には、お気軽に
ご質問ください。
お一人お一人の知識レベルは違って当然ですので、何でも
お聞きいただければと思います。
本日も一日頑張っていきましょう!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

では、来年の合格を目指して頑張りましょう。このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に技術士になっていただきたく思います。このコラムが、読者の励みになればと思います。転記転載転送をよろしくお願いいします。