技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

インターネットコース
今のお勧めはこちらです
※準備中です

リミッターを外す

2020.06.25

【お知らせ】6月28日(日)模擬試験の連絡

6月28日(日)にJESでは、模擬試験を実施します。「2020/06/23 (火) 17:59」に連絡のE-mailを送信しました。参加予定の人で、5名からエラーメールが帰ってきました。参加予定の人は、まず迷惑メールホルダー内を確認して、未着であれば、JES事務局に連絡ただければと思います。

【コラム本文】リミッターを外す

世の中で実績を出している天才や秀才と普通の人の違い、貴方はなんだと思いますか? 感受性?記憶力?スピード?才能?計画力?まじめさ? いくつかあると思いますが、大きな要素の一つに限界値の高さが有ります。限界値とは、『これ以上やったら自分が壊れてしまう。もう無理』というリミッターです。この限界値は、自分を守るために誰でも持っています。

普通の人は、夜遅くまで残業をして疲れて深夜に帰宅すると『もう無理。仕事で疲れた。今日の勉強は止めて明日頑張ろう』となります。ですが、実績を出す人は、その限界値が高いです。いわゆるリミッターが外れています。例え深夜の2時や3時に帰宅しても勉強します。そしてそれを苦痛と思っていません。『誰でもできる普通の事』と思っています。なので『最近忙しくて勉強できませんでした』という言葉が出ません。

事実優れた実績を出している人を見ていると、視力や筋力など普通の人と能力的に大きな違いが無いです。同じものを見て、同じ24時間を過ごし、同じ目標を持つこともあります。ですが、普通の人は『もう無理』と思った後でも実績を出す人は、苦痛と思わずに努力を続けます。だから実績が出せるのだと思います。

先日もある人にメールを送ったら、『いま宴席中で乱文になりますが・・・』と返信が返ってきました。その人は、お酒の席でも普通に仕事ができるのだと思います。純粋に『すごい!!』と感動しました。

貴方がもし実績を出したいと思っているのであれば、リミッターを外してみる事をお勧めします。『もう無理』と思った時に『この程度は、誰でもやっている普通の事』と思い直してみて下さい。そうすれば、貴方も大きな実績が出せると思います。

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

もし、どのようにすればよいか解らない人は、JESのインターネットコース(←ここをクリック)に相談してください。貴方専属担当講師が、貴方の合格を全力で支援します。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。

【技術士参考書】新型コロナウイルス対策の想定問題の配布(期間限定~2020年7月12日まで)

2020年4月20日以降改定2版を購入(貴方でなく友人知人の購入でも構いません)、または、2020年4月20日以降カスタマーレビューを投稿(記載)いただいた人に選択科目の想定問題を1問だけですがプレゼントします。(重要キーワードのプレゼントは、終了しました

 投稿(記載)を確認後にお送りします。(購入または投稿を確認できない場合は、お送りしません。ご承知おき下さい)

書籍を購入して応募する人は、書籍を購入した時のAmazon返信メールをinfo@ejes.jp(←半角にしてください)へ転送してください。

カスタマーレビューに投稿して応募する人は、カスタマーレビュー(←ここをクリック)を投稿して「お問い合わせ」(←ここをクリック)から下記をご連絡ください。受付けた場合は、 自動返信メールが届きます。

_★件名:カスタマーレビューを投稿したので想定問題を希望します

_★お名前:
_★投稿したお名前:
_★受験部門:
_★投稿日時:

お送りするタイミングは、月末31日でまとめて 翌月の上旬(10日ころ)にお送り いたします。場合によっては、お待ちいただくことになります。ご承知いただければと思います。