技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

こんな人も合否が分れます

2019.10.09

【お知らせ】短期集中コースの受講生募集

現在、短期集中コースの受講生を募集しています。短期集中コースは、11月から勉強を開始して1月までの3か月間で筆記試験の合格に必要な基礎力を付けるコースです。勉強する内容は、試験に出るキーワード学習です。受講対象者は、まだ勉強を始めて無い人・キーワード学習が苦手な人・勉強の進まない人・基礎力の心配な人用に短期集中で勉強するコースを設定しました。来年の合格を目指す人は、申し込んでください。申込まれる人は、短期集中コース(←ここをクリック)からお願いします。

それから、短期集中コースA+Bコースセットにしたお得な合格までおまかせセット(←ここをクリック)も設定しました。短期集中コースで基礎力を付けて、A+Bコースで応用力を付けて、一気に一発合格を目指しましょう。11月からの参加は、連続合格セット(←ここをクリック)です。申込をお待ちしています。

【コラム本文】こんな人も合否が分れます

昨日に続いて合否の分かれる人を書いてみます。

結論から書くと、「模範解答を欲しがる人」「技術的知識を教わろうとする人」は、不合格です。

まず、「模範解答を欲しがる人」ですが、大学入試や一般的な資格試験では、正しい勉強方法です。何故なら、一般的な資格試験では、模範解答があり、正答の知識量で合否が決まります。例えば、100の知識のうち50を知っている人は不合格で、60を知っている人は合格と言うようなイメージです。そのため、合否は、勉強時間にも比例します。1時間で1覚える知識であれば、合格のための60を覚えるのに60時間の勉強で合格できるイメージです。

これに対して、技術士試験は、模範解答がありません。すなわち覚えるべき知識がありません。そして、コーピーしたごとく、1字1句同じ解答を書いたとしても、合否が分れることは、普通にあります。例えば、建設部門の施工管理で受験している人と建設部門の鋼構造で受験している人です。問題として、「問:貴方の重要だと思う改善技術を上げなさい」に対して施工管理で受験する人は、施工管理の技術を上げる必要があります。鋼構造で受験する人は、鋼構造の技術を上げる必要があります。自分の受験する選択科目と違う技術を上げたのでは、不合格なのです。

さらに技術士試験は、同じ解答を書いても受験年度によって合否が分れる時があります。社会環境が変化するからです。

これらを考えずに、「模範解答を欲しがる人」は、永遠に不合格なのです。

また、「技術的知識を教わろうとする人」も不合格です。技術士試験に必要なキーワードは、約300です。その300のキーワードを学術的な知識で勉強する人がいる反面、実務的な知識を勉強する人もいると思います。このように、違う知識を勉強しても問題無いのです。重要なのは、技術士として必要な知識であれば良いのです。そして、設問の解答を書くときに、自分の持っている知識で解答を書けばよいのです。人それぞれ持っている知識は、違います。そのため、受験生1人1人で記述する解答が違います。違って問題無いのです。

以上から、「模範解答を欲しがる人」や「技術的知識を教わろうとする人」は、技術士試験に不合格なのです。

これらの違いをよく理解して、最短合格を目指してください。

もし勉強方法の解らない人は、短期集中コース(←ここをクリック)合格おまかせセット(←ここをクリック)を確認ください。

【技術士参考書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本を多数の人に購入いただきました。全員合格していただくと嬉しく思います。

Amazonにカスタマーレビューを記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。カスタマーレビューの記載は、こちらAmazon(←ここをクリック)からお願いします。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。カスタマーレビューを記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から「重要キーワード希望」と連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門をお知らせ下さい。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★件名:カスタマーレビューを記載したので重要キーワード希望
_★お名前:
_★投稿したお名前:
_★受験部門:
_★投稿日時: