技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

合格したい人が今やるべき事は

2019.07.10

【お知らせ】8/3(土)東京で無料セミナーの実施

8月3日(土)に東京で無料セミナーを実施します。今回の無料セミナーでは、7月15日(月・祝)の実施内容を踏まえて口頭試験の準備対策や来年度の試験対策を解説します。今年は、年末まで、東京以外での無料セミナーを予定していません。もし東京以外の人でも無料セミナーに参加したい人は、申込みください。近日中に申込みコーナーを設置する予定です。

【コラム本文】合格したい人が今やるべき事は

もうすぐ試験ですが、やれることは全部やりましたか? 今までやってきた努力の成果が今度の試験に発揮されます。頑張ってください。

さて今から高得点を望むなら、特に今やるべきは、タイムトライアルだと思います。今まで指摘されてきた自分の弱点を是正して、自分のできる最高の解答を時間内に書くタイムトライアルを試してください。

タイムトライアルでは、まず先に自分の弱点を書きだしてください。例えば、誤字の多い人は、余白に「誤字確認」と書きます。また問題をよく読まない人は、「問題を読んだか?」と書きます。

JESの受講生でいえば、論文を提出すると毎回5~8件の指摘事項があります。合格論文を作成するまでに5回程度提出します。すると1通の合格論文を完成させるまでに40件程度の指摘事項があります。何通も論文を提出すれば、多数の指摘事項があります。ノートにいっぱい書きだすことができます。

この指摘事項を是正するだけで高得点が望めます。今は、新しいことを学ぶのでなく指摘事項を是正しつつタイムトライアルに頑張ってください。

では、「最短合格」を目指して頑張りましょう。