技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

良い経験をシェアーできる人は

2019.07.02

【お知らせ】必須科目の模擬問題を無料プレゼント

詳細は、下記の【技術士参考書】をご覧ください。

【コラム本文】良い経験をシェアーできる人は技術士になって欲しい人

JESが筆記試験前に実施するセミナーは、6月30日(日)で終了です。そのセミナー終了時に次のような質問がありました。

『他のセミナーハウスに参加していたが、JESに参加してJESが、良いセミナーだと分かりました』「会社の仲間をJESセミナーに参加させたい」「団体割引などありますか?」と言う問い合わせです。この人は、優れた人だと思いました。

なぜなら、自分の事で考えてみてください。自分がセミナーに参加して満足しても、まだ合格する前です。万一自分が不合格で、あとから参加した仲間が、先に合格した場合を考えて下さい。そのような時は、心穏やかでないはずです。にもかかわらず、自分の良かった経験を自分一人のものにし無いからです。このように自分の良い経験を周りの人にシェア―できる人は、ぜひ技術士になって欲しい人だと考えます。貴方も同意してくれると思います。

技術士になる人は、技術者の模範となる技術者倫理を備えた人であってほしいのです。

ある企業の担当役員は、『技術士試験教育は、弊社の人材教育です』と述べていました。

まさにJESのCSR『株式会社 日本技術サービスは、技術士試験制度を通して、人類・世界・未来に貢献する技術者の輩出を目指します』と一致します。(JESのカタログ参照116.3MB(←ここをクリック)

ESは、技術士試験に合格し活躍したい人を全力で支援します。一緒に合格まで頑張りましょう。

【技術士参考書】下記参考書をAmazonで購入した人に必須科目の模擬問題を無料プレゼント

下記の技術士参考書を2019年7月1日(月)~以降でAmazonで購入いただいた人には、6月30日(日)に実施した模擬試験の必須科目の問題を、無料プレゼントいたします。Amazon以外での購入は、除きます(ご遠慮ください)。例えば、楽天や街中の書店などでの購入は除きます。もしすでに本をお持ちの人は、応募をご遠慮いただければと思います(申し訳ありません)。無料プレゼントを希望される人は、Amazonからの書籍購入の返信メール【メール件名:Amazon.co.jp 「技術士第二次試験 合格する技術論文の書き方」の発送】希望の技術部門を記載してinfo@ejes.jpへ転送してください。返信で、希望受験部門の必須科目の模擬問題をお送りします。希望の技術部門は、必ず記載してメールしてください。

書籍購入は、こちら(←ここをクリック)からお願いします。

無料プレゼント可能な技術部門は、下記です。

機械部門・電気電子部門・建設部門・上下水道部門・衛生工学部門・農業部門・水産部門・経営工学部門・情報工学部門・応用理学部門・環境部門・総合技術監理部門(択一式を除く記述式のみ)