技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

不平不満の多い人は不合格

2019.05.25

【お知らせ】参加型とWeb型で模擬試験の連絡

昨日、6/30(日)に東京都北区北とぴあのセミナー会場で実施する模擬試験と、インターネットコースの自宅で実施する模擬試験について、JES受講生の各位へメールをお送りしました。メールの届いて無い場合、再送いたしますので、連絡を頂戴できればと思います。よろしくお願いいたします。

【コラム本文】不平不満の多い人は不合格

長年セミナーを開催していると『この人は合格するかも』と思う人がいます。そのように思うきっかけは、いろいろあるのですが、その中にただひたすら勉強に集中している姿があります。外乱阻害要因に惑わされずに勉強に集中している人は、『合格するかも』と思わせます。

反して『不平不満の多い人は不合格』と感じる事が多くあります。不平不満の多い人とは、次のような事を言います。『私には、勉強する条件がそろって無いので勉強でき無い』・『勉強を教えてくれる人がい無いので勉強でき無い』・『仕事が忙しくて勉強でき無い』『勉強方法が解らないので勉強でき無い』・『勉強する時間が無いので勉強でき無い』などです。

不平不満の多い人は、勉強でき無い理由を説明します。そして、勉強し無い方向で物事を考えます。そのため、勉強し無いで不合格となります。しかし、合格する人は、同じ境遇でも不平不満を言いません。合格する人は、勉強できる方法を考えます。例えば、『この条件を整えれば、勉強できる』・『勉強を教えてくれる人を探して連絡してみよう』・『仕事を早く片付ければ勉強できる』・『勉強方法が解らないけれど解る範囲で勉強してみよう』・『隙間時間を見つけて勉強しよう』などです。

すなわち、不平不満の多い人は、勉強できない方向で考えます。そのため、不平不満の多い人に不合格が多いのです。これは、失敗する人にマイナス思考が多く、成功する人にプラス思考が多い事にも通じます。

もし貴方が、今年の試験に合格したいのであれば、不平不満を言わない事です。むしろ良くなることを考えて下さい。例えば、『〇〇すれば勉強できる』と考えて下さい。これが、引き寄せの法則です。

もしどのようにすれば良いか解らない人は、JESの1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)に参加してください。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

【技術士参考書】重要キーワードプレゼント

JESの新試験制度に対応した参考書が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonにカスタマーレビューを記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。カスタマーレビューの記載は、こちら(←ここをクリック)からお願いします。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。カスタマーレビューを記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から「重要キーワード希望」と連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門をお知らせ下さい。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★件名:カスタマーレビューを記載したので重要キーワード希望
_★お名前:
_★投稿したお名前:
_★受験部門:
_★投稿日時: