技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

やるべき事をやれば合格できる

2019.03.13

【お知らせ】セミナー申込の受付再開勉強遅れ挽回セミナーの案内

【1】JES技術士合格セミナー(←ここをクリック)の受付を再開しました。ただし、人数限定での受付です。部門によっては、定員オーバーになれば2~3日中に〆切る場合があります。例えば、総合技術監理部門農業部門は、現在お断りしています。ご承知おきください。今から申し込む人は、3/23(土)に実施する予定の勉強遅れ挽回セミナーに参加できます。勉強遅れ挽回セミナーは、JESで2月に実施したセミナーと同じ内容を実施します。すでに先行して勉強している人に追いつきたい人は、参加してください。勉強遅れを挽回する最後のチャンスです。なお現在の参加日は、建設部門も含めてすべて2組での参加となります。

【2】それから、3/17(日)に無料セミナーを実施します。新・試験制度の注意点などを解説する予定です。参加したい人は、無料セミナー(←ここをクリック)から申し込んでください。なお、すでに有料セミナーに参加している人や3/23(土)の勉強遅れ挽回セミナーから有料セミナーに参加予定の人は、参加不要です。

【コラム本文】やるべき事をやれば合格できる

貴方は、やるべき事をやっているだろうか? ほとんどの人が、『〇〇をやりたいのだけれど、でき無い』と答えると思います。例えば、資格試験でいえば、勉強すれば合格に近づきます。勉強は、誰かに教えてもらえば効率的に実力が付きます。勉強時間と合格率が比例すると知っています。そして今のままでは、不合格になると知っています。

実は、大多数の人は、どのようにすれば良い結果が出るか知っているのです。資格試験では、どのようにすれば合格するか知っているのです。

ですが、やるべきことができずに毎年不合格になる人が多数います。なぜだか解りますか?

それは、やるべき事をやる仕組みが無いからです。例えば、今日勉強し無くても何も変化がありません。これが勉強し無ければ罰則があれば、勉強するはずです。1時間勉強すれば、1,000円もらえるのであれば、勉強するはずです。

ここに勉強を進めるコツがあります。勉強の有無が明確に解る仕組みがあれば、勉強が進むのです。そして、やるべき事を実施する仕組みがあれば合格できるのです。

JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)は、合格カルテキーワード管理表添削指導票講師からの質問・あるいは勉強の課題などで勉強を進める仕組みを作っています。貴方も今年の試験に合格したいのであれば、勉強する仕組みを作って勉強を始めてください。そうすれば、まだ間に合います。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【技術士参考書】カスタマーレビューに投稿した人 に『受験申込書及び業務経歴票』記載例を無料配布

「合格する技術論文の書き方」が、多くの人に読んで頂き好評です。感謝を込めて『受験申込書及び業務経歴票』の記載例を無料でプレゼントしたいと思います。

書籍を購入いただいた人でAmazonにカスタマーレビューを記載いただいた人に『受験申込書及び業務経歴票』の記載例をプレゼントしたいと思います。カスタマーレビューの記載は、こちら(←ここをクリック)からお願いします。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。カスタマーレビューを記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から「受験申込書及び業務経歴票を希望」と連絡いただければ、返信で『受験申込書及び業務経歴票』をお送りします。『受験申込書及び業務経歴票』を受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、下記<応募要領など>をお知らせ下さい。『受験申込書及び業務経歴票』は、下記受験部門を準備しています。

<準備している受験部門>01機械部門、04電気電子部門、05化学部門、07金属部門、09_02建設部門(項構造及びコンクリート)、09_07建設部門(道路)、09_10建設部門(施工計画、施工設備及び積算)、10上下水道部門、11衛生工学部門、12農業部門、13森林部門、14水産部門、15経営工学部門、16情報工学部門、17応用理学部門、19環境部門、20原子力放射線部門、21総合技術監理部門

<応募要領など>
_★件名:『受験申込書及び業務経歴票』希望
_★お名前:
_★投稿したお名前:
_★受験部門:
_★投稿日時: