技術士 全部門 完全対応宣言
JESは全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

なぜ講師の意見を謙虚に聞くか

2019.08.08

【お知らせ】8月25日(日)が2020年度セミナー初日です。

JESの技術士合格セミナーを8月25日(日)に実施します。実施するのは、2019年度のCコース2020年度の専門充実コースです。現在、お申込みを頂いた人の教材準備を進めていますので楽しみに参加してください。なお8月16日(金)以降のお申込みの場合は、教材が、後日渡しになる事があります。必要な教材を当日お渡しするため8月15日(木)までにお申込み頂ければと思います。ご承知おき下さい。

Cコース:Cコースは、口頭試験対策用の資料作成コースです。今年の筆記試験で解答用紙を90%以上文字で埋めた人は、自分の合格を信じてCコースを受講頂ければと思います。Cコースをお申込みいただいた人は、至急復元論文『受験申込書及び実務経歴証明書』を提出してください。Aコースを受講して『受験申込書及び実務経歴証明書』を提出済みの人は、復元論文だけ提出をお願いいたします。担当講師が、貴方への指導方法を検討させて頂きます。なお筆記試験の結果を不安に思っている人は、「受験生全員が不安になっている」「安心している人は、0人です」を理解して次に進んで頂ければと思います。Cコースをお申込み頂ける人は、ここ(←ここをクリック)からお願いします。

専門充実コース:専門充実コースは、来年の試験合格を目指す人用のコースです。キーワード学習を中心に貴方の合格に必要な知識の習得と勉強方法を学んでいただきます。受験知識に不安がある人や、効率的に最短合格を目指す人は、専門充実コースを受講して頂ければと思います。なお、専門充実コースをお申込み頂ける人は、ここ(←ここをクリック)からお願いします。なお2020年度の専門充実コースは、総合技術監理部門を受付けていません。ご注意ください。

【コラム本文】なぜ講師の意見を謙虚に聞く必要があるか

貴方は、独学ですか? それとも誰かに教えてもらっていますか? どちらが合格に最短かと言えば、教えてもらう事です。

さて教えてもらう時には、講師の意見を謙虚に聞いて自分のものにして下さい。謙虚に聞くとは、うのみにする事とは違います。うのみにするとは、理解せずに言われた通りにするという事です。理解せずに聞いただけの内容は、自分のものになって無いので、本番試験で活用できません。なぜなら、教えられたことと全く同じ試験問題など無いからです。知識や能力は、理解する事で初めて応用することが出来ます。

さらに講師の意見を謙虚に聞か無いのもダメです。謙虚に聞くとは、講師の意見を信じるという事です。例えば、過去にこんな受講生がいました。講師の指導に対して『僕はそうは思いません』や『僕はそう考えません』などです。確かにいろいろな考え方があるので、自分の考えでやって合格する可能性もあります。自分の意見を持つことは、良い事です。ですが、講師の意見を受け入れないのは、指導時間の無駄です。疑いながらの勉強は、何時間勉強しても自分のものになりません。

指導を受けるときは、信じて理解するように努めて勉強して下さい。それが、効率的な勉強になります。

もし、どのように勉強して良いか解らない人は、JESの専門充実コース(←ここをクリック)に参加してください。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

【技術士参考書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

Amazonにカスタマーレビューを記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。カスタマーレビューの記載は、こちらAmazon(←ここをクリック)からお願いします。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。カスタマーレビューを記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から「重要キーワード希望」と連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門をお知らせ下さい。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★件名:カスタマーレビューを記載したので重要キーワード希望
_★お名前:
_★投稿したお名前:
_★受験部門:
_★投稿日時: