技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

1年間の勉強計画

2018.08.09

【お知らせ】価格改定の告知

8月15日00:00にインターネットコースは、価格改定します
理由:インターネットコースは、従来3月15日が学習開始でした。新・試験制度により、勉強時間が不足するので参加型に合わせて1カ月早めて2月中旬に変更します。2月分の1か月セミナーを増加するため価格改定を行います。8月15日0時までに申込まれた人は、旧価格で2月から参加可能といたします。もし申込みを予定されている人は、8月14日23時までのお得な旧価格のうちに申込みください。
A+Bコース
_専願:旧価格165,780円(3月~7月) → 新価格198,940円(2月~7月)
_併願:旧価格247,170円(3月~7月) → 新価格278,070円(2月~7月)
A+B+Cコース
_専願:旧価格236,410円(3月~7月) → 新価格283,690円(2月~7月)
_併願:旧価格359,120円(3月~7月) → 新価格395,032円(2月~7月)

【コラム本文】1年間の勉強計画

来年の試験に合格するために準備をしていますか?

準備の1番目は、勉強計画です。1年間でどのように能力を高めていくか計画が必要です。なぜなら、計画が無ければ実行でき無いからです。

計画で一番よくつかわれるのが、2:1:1の法則です。これは、試験日までの期間を2:1:1に分割する計画法です。大学予備校など、多くの試験対策機関で使っている計画法です。さて現在は、来年の筆記試験まで12か月です。そのため、始めの6か月・次の3か月・最後の3か月で2:1:1の期間になります。そして次のように計画します。

8月~1月(6か月):基礎力養成期間
2月~4月(3か月):応用力養成期間
5月~7月(3か月):実践力訓練期間

JESでは、8月~1月(6か月):基礎力養成期間でキーワード学習を実施します。この6か月間は、試験に必要な知識能力などのインプットをする時期です。キーワード学習でどんな問題でも解答を記述できる知識と能力が身に付きます。

次の2月~4月(3か月):応用力養成期間で「受験申込書及び業務経歴票」の作成と必須科目の記述練習をします。この時に、キーワード学習の成果が出ます。キーワード学習がシッカリできている人は、記述ネタに困りません。この期間で必須科目に対してキーワード学習で得た知識・能力をどのように記述すれば合格できるかを理解します。

最後の5月~7月(3か月):実践力訓練期間で選択科目に対する記述練習をします。5月~7月(3か月)をもう少し細かく分けて、5月で選択科目の2を勉強します。6月で選択科目の3を勉強します。そして、7月で模擬試験で勉強します。

これから勉強する貴方は、これらを参考にして勉強計画を立ててください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から「重要キーワード希望」と連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門をお知らせ下さい。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★件名:カスタマーレビューを記載したので重要キーワード希望
_★お名前:
_★受験部門:
_★メールアドレス: