技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

問題によって記述方法を変える。

2018.05.08

【お知らせ】建設部門情報工学部門2組で緊急募集です。

建設部門・情報工学部門の受講生を2組で緊急募集いたします。1組で多数の申込みがあり、1組が満席になりました。しかしながら、まだまだ応募したいという要望があります。そこで2組で建設部門・情報工学部門の受講生を2組で継続して緊急募集いたします。初回5月13日(日)のセミナーは、合格論文を機械的に作成する方法の解説です。楽しみに参加してください。JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に参加を希望される人は、応募をお願いします。

建設部門情報工学部門2組で緊急募集です。

【コラム本文】問題によって記述方法を変える

皆さん解答練習をしていると思います。問題によって、書き方を変えているでしょうか?

技術士試験は、選択科目で2-1の1枚問題、2-2の2枚問題、3の3枚問題があります。それぞれの解答数は、1枚問題が2問解答、2枚問題が1問解答、3枚問題が1問解答で合計で4問解答します。そして、それぞれで採点項目が違います。1枚問題は、専門知識を確認します。2枚問題は、専門知識応用能力を確認します。3枚問題は、課題解決能力を確認します。そして全体にわたって確認されるのは、論理的思考力7つの資質です。

さてそれぞれの問題で確認される採点項目の違いを理解して、貴方は、解答の記述方法を変えているでしょうか? 採点項目に合わせて記述しているでしょうか? 記述内容が採点項目と不一致であればどんなに良い内容でも不合格です。よって、採点項目に合わせて記述方法を変える必要があります。記述方法を変えるのとのでき無い人は、不合格です。

JESでは、これらを理解するために5月13日(日)のセミナーで集中講演を実施する予定です。個別指導の時間は、少なくなりますが、『これだけは、全員理解してほしい』と言う項目について特別講演を実施する予定です。特別講演は、4人の講師によって~13:40まで実施する予定です。特別講演を受講すると、担当講師と面談やメールでの指導が、効果的になるのです。

もし特別講演に参加したい人は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)に申込みください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から「重要キーワード希望」と連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門をお知らせ下さい。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★件名:カスタマーレビューを記載したので重要キーワード希望
_★お名前:
_★受験部門:
_★メールアドレス: