技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

技術士試験の合格法は。

2018.01.12

【お知らせ】1月13日(土)の無料セミナーは、〆切りました

1月13日(土)の無料セミナーは、定員に達したので〆切りました。多くの人の申込みをありがとうございました。まだまだ参加したい人がおられるようなので、緊急1月20日(土)AMに無料セミナーを計画しました。

ただし、緊急に計画したのであまり多くの人の応募を受け付けられません。1月20日(土)AMの無料セミナー(←ここをクリック)に参加したい人は、早めの申込みをお願いします。もし申込みが間に合わない場合は、1月28日(日)の参加でお願いするかもしれません。ご承知おきください。

【コラム本文】技術士試験の合格法は。

『人間、やればできる。必ずできる』と言う諺があります。これは、真実だと思います。

技術士試験においても同じです。技術士試験は、やるべき事意欲をもって、効率的に勉強すれば1年間の勉強で合格できます。

これは、能力の有無に無関係です。どのような人でも普通の生活ができている人であれば、1年間の勉強で合格できます。もし合格でき無ければ、どこかに原因があります。

JESのセミナーに参加している人は、6割以上の人が、1回の試験で合格します。そしてセミナーに参加して1年~2年で多くの人が、試験に合格されます。

しかし、全国の受験生は、合格までに4年~5年かかっているようです。あるいはもっと時間がかかって10年間勉強しても不合格の人がいます。その原因は、やるべき事意欲効率のどれかにあると考えます。

例えば、JESの受講生と独学者で比較してみます。

JESの受講生は、担当講師から『貴方は、これを勉強して下さい』と1人1人の弱点を指摘してやるべき事を示します。これに対して、独学者は、自分で自分の弱点を知る必要があります。しかし、自分で自分の弱点を知る事は、至難です。なぜなら、自分が知らないから弱点なのです。自分で知っている事であれば、弱点になっていません。これが、大学受験などの勉強であれば、自分で自分の弱点を知ることができます。問題集の解答と自分の知識を比較して間違っていれば訂正できるからです。模範解答の無い技術士試験は、大学受験と違うのです。

次に、意欲です。意欲は、受験生全員が『自分は誰よりも意欲を持って勉強している』と考えます。100人いれば、100人全員が『自分は一番意欲を持っている』と考えています。ですが、100人いれば100人の意欲があります。JESの受講生は、同じ受験部門の人と一緒に勉強します。そして、100人が自分と周りの人を比較して、自分よりも意欲のある人に合わせます。すなわち、独学の人は、『自分が一番』と考えているのに対してJESの受講生は、周りと比較して自分の意欲を向上させます。

最後に勉強効率です。勉強効率も独学者は、自分で一番効率の良い勉強方法を考えます。ですが、JESの受講生は、JESの40年間の実績に加えて同じ受験仲間からのアイデアも取り込むことができます。例えば、試験によく出るサイト情報と出ないサイト情報があります。試験に出るサイト情報を勉強したほうが、効率的です。独学者は、自分の一番効率の良い勉強方法としますが、JESの受講生は、周りからの支援があるという事です。

以上の違いにより、技術士試験で全国平均13%の合格率が、JESの受講生は、6割~7割の合格率になっています。

参考にしてください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門お知らせ下さい。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★お名前:
_★受験部門:
_★メールアドレス: