技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

自分の頭で考えるとは。

2016.08.31

【お知らせ】プレ・セミナーの実施内容。

プレ・セミナーで何を習得するのか? それは、最も効果的な攻略法で技術士試験合格による挑戦するテクニックを身に付けることである。何故キーワード学習の手法・秘策が最速合格の早道であるかを理解することである。

9月11日(日)プレ・セミナー(←ここをクリック)を実施します。そのプレ・セミナーは、皆さんの要望にお答えしたく思っています。今のところは、下記のことを話したいと思います。

_ 1、来年の2月までに実施すべき事。
_ 2、キーワード学習のコツ
_ 3、キーワード学習のサンプル
_ 4、来年(2017年)の予想問題
_ 5、720文字詳細業務について。
_ 6、受験部門の決め方。
_ 7、今年(2016年)の試験で貴方の解答の問題点。
_ 8、貴方の受験資格について。
_ 9、貴方の合格の可能性は。
_ 10、三分割展開法機械的合格論文作成法ひな型論文について。

これ以外でも知りたい事がありましたら、事前に連絡してください。資料を準備しておきます。また、今年の受験申込書・業務経歴票・復元論文等をお持ちになっても良いと思います。

直前の申込では、準備が間に合いません。~9月8日(木)までを申込〆切にします。

【コラム本文】自分の頭で考えるとは。

貴方は自分の頭で考えているでしょうか? 今日はそんな事を書いてみます。

JESのセミナーでは、質問されても回答する場合と回答しない場合があります。質問に全て回答するわけでありません。貴方は、この違いが理解できるでしょうか?

技術士試験対策では、知っていればよい事と、どのように考えるかが重要な事があります。例えば、知っていればよい事の例として、口頭試験を受験する時の服装などです。あるいは、知らない事を聞かれた時にどのように回答するかです。

これに対して、どのように考えるかが重要な例として、公益と機密保持が二律背反のときにどのように考えるかです。二律背反なので『両方重要です』では、回答になりません。このような場合には、『貴方はどのように考えますか?』と質問者に考えてもらいます。何故ならば、たとえ結論が『公益の方が重要です』となったとしても結論よりも考える過程の方が重要だからです。

以上から、JESでは、知識の有無が重要な場合は、積極的に答えを教えます。ですが、答えを出す過程が重要な場合は、まず自分で考えてもらいます。それが、自分の頭で考えるという事です。全ての答えを教えてもらうのや、全てを自分で考えるのでは、合格に時間がかかります。どちらか一方だけでは、ダメなのです。

このコラムを読んでいる貴方も最速合格を考えているのであれば、知識の有無が重要な場合は、積極的に周りの人に質問してください。そして、答えを出す過程が重要な場合は、シッカリと自分の頭で考えて下さい。それが、最速合格テクニックの1つです。

もしどちらが良いか解らない場合は、JESに相談(←ここをクリック)してください。JESは、貴方の最速合格を最優先で支援します。

では、最速合格を目指して頑張りましょう。