技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

今やるべき事は。

2016.08.28

【お知らせ】プレセミナーの実施内容。

プレ・セミナーで何を習得するのか? それは、最も効果的な攻略法で技術士試験合格による挑戦するテクニックを身に付けることである。何故キーワード学習の手法・秘策が最速合格の早道であるかを理解することである。

9月11日(日)プレ・セミナー(←ここをクリック)を実施します。そのプレ・セミナーは、皆さんの要望にお答えしたく思っています。今のところは、下記のことを話したいと思います。

_ 1、来年の2月までに実施すべき事。
_ 2、キーワード学習のコツ
_ 3、キーワード学習のサンプル
_ 4、来年(2017年)の予想問題
_ 5、720文字詳細業務について。
_ 6、受験部門の決め方。
_ 7、今年(2016年)の試験で貴方の解答の問題点。
_ 8、貴方の受験資格について。
_ 9、貴方の合格の可能性は。
_ 10、三分割展開法機械的合格論文作成法ひな型論文について。

これ以外でも知りたい事がありましたら、事前に連絡してください。資料を準備しておきます。また、今年の受験申込書・業務経歴票・復元論文等をお持ちになっても良いと思います。

直前の申込では、準備が間に合いません。~9月8日(木)までを申込〆切にします。

 

【コラム本文】今やるべき事は、過去問題分析です。

もうすぐ9月です。勉強は進んでいますでしょうか? 今日は、技術士試験に合格するために今やるべき事を書いてみます。

まず来週の8月31日までには、過去問題の分析を終了させてください。9月からは、過去問題の分析に従ってキーワードの抽出を始めて下さい。過去問題の分析が終了する前にキーワードの抽出を始めるのは、勉強効率が悪くなります。試験に出無いキーワードを集めても無意味です。キーワード学習の前に、どの様なキーワードが試験に必要かを分析してください。

最速合格のテクニックの1つが、試験に出るキーワードで勉強する事です。そのためには、過去問題の分析が重要です。

さらに、キーワードを抽出しただけでは、無意味なのは、誰でも理解できます。では、抽出したキーワードでどのように勉強するかです。ムダが無く一番効果的な方法が、三分割展開法です。せっかく試験に出るキーワードを抽出したのですから、そのキーワードを三分割展開法で勉強してください。三分割展開法の特徴は、機械的に出来る事です。三分割展開法は、悩まなくて済むので、便利です。

そして、これらの勉強した内容で来年(2017年)に実施する添削コース(A+Bコース)では、パズルを組立てるように合格論文作成法を勉強します。この合格論文作成法は、キーワード学習の成果をパズルのように機械的に組み立てて合格論文とする方法です。よって、来年(2017年)の添削コース(A+Bコース)で勉強するのは、機械的合格論文作成法と言います。この機械的合格論文作成法には、キーワード学習が必須です。そのため、来年の4月30日までには、少なくともキーワード学習を200個終わらせてください。可能であれば、300個終わらせていると安心です。

さていま貴方やるべき事は、過去問題分析です。そして9月から分析に従ってキーワードの抽出です。そして、キーワードの抽出に少し遅れてキーワード学習を始めて下さい。目標は、来年の4月30日までにキーワード200個以上の完成です。合格率を上げたい人は、4月30日までにキーワード300個以上を目標にしてください。

勉強方法が不明点な人は、9月11日(日)のセミナーで講師に質問してください。時間がありません。急いでください。

では、最速合格テクニックで合格を目指しましょう。