技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

貴方の学習方法は正しい?

2016.08.20

いよいよ明日の8/21(日)からJESでは、来年度(2017年度)の受験対策スタートです。8/21(日)にどのようにキーワード学習をすれば、筆記試験の必須科目や選択科目に合格できるのかを説明する予定です。というのは、毎年JESの技術士合格セミナーに新しく参加する人のキーワード学習を確認するとやり方が間違っているのです。ご自分のやり易い方法でキーワード学習をされているのでしょうが、それでは、不合格です。

間違った学習方法では、選択科目(記述式)の解答論文を最後の行まで記述するネタが不足します。だから、空白ができて記述量不足で不合格になるのです。あるいは、課題解決能力応用能力文書表現ができないので、不合格になるのです。

必須科目(択一式)においても同様です。試験に出る問題を勉強しないから9問の正解ができないのです。

最速で合格するには、自分のやり易い勉強方法でなく、効果的な勉強方法が重要です。そのためにJESでは、専門充実コースで正しいキーワード学習を勉強するのです。

このコラムを読んでいる貴方も次の確認項目をチェックしてください。1つでも当てはまる場合は、キーワード学習の方法を間違えている可能性があります。

_ 1、必須科目(択一式)で9問正解できない。
_ 2、選択科目(記述式)で最後の行まで記述する知識を持っていない。
_ 3、記述していて記述内容に迷う事がある。
_ 4、応用能力の文書表現ができない。
_ 5、課題解決能力の文書表現ができない。
_ 6、問題点課題の区別ができない。
_ 7、論理的思考力を表現する文章が、記述できない。

というか、これらを対策するのが、キーワード学習を実施する専門充実コース(←ここをクリック)なのです。

もし貴方が、これらの1つに当てはまる場合は、キーワード学習の方法を見直してください。そしてムダな勉強をしないように頑張ってください。

では、最速合格のテクニックを目指して頑張りましょう。