技術士試験専門予備校 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験専門予備校として、全部門(21部門)の合格ノウハウを教えることを宣言いたします。【代表取締役:坂林和重】 各コース一覧表(PDF)

坂林和重の技術士試験コラム

今のお勧めコース

貴方の合否を決めるのは、個別指導です。

2015.02.23

昨日2/22(日)、技術士合格セミナーで集合セミナーが終了しました。3月からは、個別指導が開始されます。そこで今日は、個別指導の重要性について説明したいと思います。

さて2月で集合セミナーは、終了しました。3月7日(土)は、3月2日(月)の合格発表で残念な結果になった人など一部の人対象の集合セミナーです。セミナーの申込が、2月までに間に合わなかった人を対象です。

そのため、3月は、実質的に3月8日(日)から個別指導の開始です。JESの技術士合格セミナーは、この個別指導を重要視しています。何故かと言いますと、技術士試験の勉強で一人一人に必要な事に違いがあります。集合セミナーは、学校の勉強のように全員に共通事項を指導します。それに対して個別指導は、例えば「〇〇年から〇〇年までの貴方の業務をこのように記載してください」など個別の事情に合わせた具体的な指導をします。すなわち、1対1の家庭教師のような指導をします。

受験生自身も思いは、同じはずです。「私(個人)が必要な事は何か?」を知りたいはずです。誰にでも当てはまる集合指導は、スタートラインに立つ程度にしかなりません。もちろんスタートラインに立たなければ、勉強が始まらないのですが、合否を決める個別指導が、一番重要です。

このコラムを読んでいる人も独学で勉強するのであれば、個別に相談できる人を身近に探してください。個別に相談する人の条件は、次になります。

1、リーダーシップなど平成27年から採用される新・採点基準を知っている。
2、貴方に言い辛い問題点も包み隠さず理解できるように話してくれる。
3、現役の技術士として最近の技術事情を知っている。

貴方も良い指導者を探して、今年の技術士試験の一発合格を目指してください。毎年合格率が厳しくなる難関試験が、さらに超・難関試験になる前に合格されることをお勧めします。貴方がやるべき事を理解できるのは、個別指導だけです。JES技術士合格セミナー(←ここをクリック)は、個別指導のセミナーです。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。