技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

試験官は、論文を通して貴方を見ています。

2017.11.15

【お知らせ】11月26日(日)の講師の増員決定です。

11月26日(日)の講師が、増員できました。受講生を若干名ですが、募集いたします。もし応募を考えている人は、至急申込み下さい。若干名なのですぐに満席になるかもしれません。受付は、銀行入金、または、クレジット決算の先着順で確定させていただきます。

1、11月12日(日):終了しました。
2、11月26日(日):講師の増員決定。(若干名)------------△
3、12月09日(日):空席13です。-----------------------〇

なお定員に達した場合申込みを辞退させてただく場合があります。その場合は、銀行入金を返金、または、クレジット決済をキャンセルさせていただきます。ご承知おきください。

【コラム本文】試験官は、論文を通して貴方を見ています

技術士試験の最大の特徴は、論文試験です。論文試験とは、(貴方の考え)を章にする試験です。また、文章は、記述者の特性も表現されます。試験官は、筆記試験の答案を通して受験生の特性も見ていることになります。

例えば、筆記試験の答案で打合せの必要な対策案を解答用紙に記述するときに下記3つの記述を考えます。

1、ミーティングを実施する。
2、毎週ミーティングを実施する。
3、毎週月曜日の朝09:00~10:00にミーティングを実施する。

それぞれで、試験官の受け取り方が違います。この場合、どれが正解とは言えません。前後の状況次第です。ミーティングを実施する事だけが重要であれば、「1、」で十分です。ですが、より詳細な記述が必要な場面は、「3、」が正解となります。あるいは、別の場面では、中庸の「2、」が正解の場合もあります。

さて試験官は、上記のような文章を採点をし最後に筆記試験の合否判定をします。すなわち、試験官は、『技術士にふさわしい(〇評価)』または『技術士に不適格(×評価)』と文章を読んで評価するのです。

技術士試験の合格を目指している貴方は、『技術士とはどのような考えをするべき人か』を考えながら勉強して下さい。知識だけでは、技術士に合格できません。合格方法を知りたい人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に相談してください。JESは、全力で貴方を支援します。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

【ビジネス書】重要キーワードプレゼント

本田先生の本が好評です。多数の人に購入いただきました。全員合格して頂くと嬉しく思います。

さて、書籍を購入いただいた人でAmazonに書評を記載いただいた人には、重要キーワードをプレゼントしたいと思います。★★★★★(星5つ)を頂けるとありがたいですが、★の数には、こだわりません。書評を記載した人は、お問い合わせ(←ここをクリック)から連絡いただければ、返信で重要キーワードをお送りします。重要キーワードは、受験勉強用に活用していただければと思います。連絡いただくときは、受験部門お知らせください。重要キーワードは、21部門の全てを準備しています。

_★お名前:
_★受験部門:
_★メールアドレス: