技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

会社の業務を勉強に変える方法。

2017.11.11

技術士試験は、記述式試験のうちで論文試験です。論文試験は、(貴方の考え)を(文書)にする試験です。

この貴方の考えを解答に書くという事は、貴方の性格が解答に出るという事になります。そのため、普段から技術士にふさわしい考えを持つ必要があります。

技術士にふさわしい考えとは、技術責任者=技術士)にふさわしい考えです。技術士試験を受験している貴方は、普段から会社の業務で『私(貴方)が、この部署の責任者だったらどのように考えるだろうか?』と考えて業務を進めることをお勧めします。

会社の業務を技術責任者=技術士)になったつもりで進めることで、普段の業務が技術士の勉強になるのです。見違えるように貴方の業務が向上するのです。そして、技術士試験に合格できるのです。ぜひお試しください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。