技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

本番試験と同じ条件で解答練習してください。

2017.06.11

【お知らせ】選択科目Ⅲの合格論文作成法(これで合格できます)

6月18日(日)に選択科目Ⅲの解答作成法を解説予定です。選択科目Ⅲは、1問の解答で筆記試験の得点で50%を占めます。すなわち得点配分が高いのです。そのため、筆記試験の合否は、選択科目Ⅲの良否で決まるといっても過言でありません。その選択科目Ⅲの解答作成法を6月18日(日)に解説予定です。もし興味のある人は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)で参加してください。

【コラム本文】本番試験と同じ条件で解答練習してください。

解答練習をするときにパソコン・スマホ・参考書やインターネット情報などを見ながら解答作成する人がいますが、ダメです。添削を受ける論文作成と、自分で行う解答練習とは、別です。いまは試験直前の1か月前です。今となっては、本番試験と同じ状態で解答練習してください。同じ制限時間手書き何も見ないで解答練習してください。本番試験で使う定規・筆記具・電卓も今から使い慣れてください。手書きは、解答用紙1枚当たり20分間で計算してください。今できるようにならなければ、本番試験でもできないと考えて練習してください。そのためには、指導技術士から指摘された、貴方の弱点リストを作成して、同じ間違いをしないようにシッカリと弱点リストを暗記してください。同じ間違いをしないことです。

JESでは、貴方の担当講師が、貴方の弱点を指摘しています。同じ間違いをする人は、本番試験でも同じ間違いをします。担当講師の赤ペン指導をリストにして何度も読み返すことをお勧めします。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。