技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

早い人は始めています。

2017.03.14

【お知らせ】1日完結パーフェクトコース

1日コースを公開しました。この1日コースは、複数回セミナーに参加するほどでもない人が、申込んで頂ければと思います。詳細は、1日完結パーフェクトコース(←ここをクリック)を確認ください。

【コラム本文】早い人は、始めています。

現在、徐々に差が開きつつあります。何かと言うと技術士試験の合格への道です。現在、JESでは、『受験申込書及び業務経歴票』の作成を行っています。一番早い人は、ほぼ完成に近くなっています。おそらく、あと1~2回の添削で完成します。JESのA+Bコースは、『受験申込書及び業務経歴票』が完成すれば、筆記試験対策を始めます。すなわち、早い人は、3月から論文添削を始める人もいると言う事です。

このコラムを読んでいる貴方は、どこまで進んでいるでしょうか? 筆記試験対策は、まだ早いとしても、『受験申込書及び業務経歴票』の作成を始めて無い人は、論外です。JESでは、3/1(水)の合格発表以降で申込まれた人が、3/18(土)のセミナーに参加するのが最終です。そして、『受験申込書及び業務経歴票』を一気に完成させて、筆記試験対策を始める予定です。

5月連休中は、担当講師から課題をもらって勉強します。この頃には、勉強の進んでいる人遅れている人で大きな差ができます。追いつくのが極めて困難になる人もいます。いまならまだ追いつきます。急いで『受験申込書及び業務経歴票』を作成しましょう。

もしやり方が解らない人は、JESの技術士合格セミナー(←ここをクリック)に申込んでください。3/18(土)のセミナーからJESが、合格指導します。これが最終です。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。