技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

データで管理する。

2017.01.06

【お知らせ】1日セミナーを公開しました。

先日紹介した1日セミナーを公開しました。『重要ポイントアドバイスコース』(←ここをクリック)です。このコースは、基本的に独学知人に指導を受けている人を対象にしています。もちろん社内他のセミナーハウスなどで指導を受けている人も含みます。ほんの少しだけアドバイスが欲しい人を対象にしています。例えば下記です。

_ 1.私の業務内容は、技術士試験の受験資格があるか相談に乗って欲しい。
_ 2.これから勉強するのだけれど何をやれば良いかアドバイスが欲しい。
_ 3.キーワード学習の内容が問題無いか確認して欲しい。
_ 4.業務棚卸・受験申込書及び業務経歴票で修正すべき点があれば教えてほしい。
_ 5.昨年の筆記試験の解答でどこが悪いのか指摘して欲しい。
_ 6.自作問題など持込問題の解答確認。
_ 7.その他、貴方の知りたいこと。アドバイスの欲しいこと。

受講費用は、9,800円としました。参加日は、1月29日(日)10:00~16:00です。東京都北区セミナー会場で実施しますので、参加したい人は、申込ページ(←ここをクリック)から申込みください。

【コラム本文】データで管理する。

冬休みは、どの程度勉強できましたか? 勉強できた量によって、実力の差がつきました。このコラムを読んでいる人は、ある程度勉強が進んでいる事を願っています。

さて勉強は、進んだ量が解るように管理すると効果的です。例えば、キーワードなどは、実施個数をグラフにすると、グラフが順調に右肩上がりで進んでいると安心できます。

また、業務棚卸などは、実施項目をリストにして消し込んでいくとどれだけ進んだか解ります。

貴方は、どのように勉強の進捗を管理しているでしょうか? どのような管理をしているか解りませんが、もし何もして無ければ、せめてキーワードの実施個数をグラフ管理だけでもされることをお勧めします。そうすれば、漠然とした不安からデータ管理ができるように変える事ができます。データ管理すれば、実施できた時に達成感が出ます。目標300個を基準にデータ管理する事をお勧めします。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。