技術士 全部門 完全対応宣言
JESは技術士試験の専門セミナーハウスとして他の業務を一切行わず、技術士試験合格者を増やすことに専念する事を宣言いたします。【代表取締役社長:坂林和重】

坂林和重の技術士試験コラム

業務棚卸は、完了か?

2017.01.05

【お知らせ】近日公開 1日セミナー

このたび、1月29日(日)に1日セミナーの実施を計画する事になりました。イメージとしては、ワンポイント・アドバイスの欲しい人を対象に考えています。業務棚卸票受験申込書及び業務経歴票筆記試験の答案など確認を受けたい資料を持参いただきワンポイント・アドバイスを受けるセミナーです。ワンポイント・アドバイスの内容は、下記を考えています。

_ 1、私の業務内容は、技術士試験の受験資格があるか相談に乗って欲しい。
_ 2、これから勉強するのだけれど何をやれば良いかアドバイスが欲しい。
_ 3、キーワード学習の内容が問題無いか確認して欲しい。
_ 4、業務棚卸・受験申込書及び業務経歴票で修正すべき点があれば教えてほしい。
_ 5、昨年の筆記試験の解答でどこが悪いのか指摘して欲しい。
_ 6、その他、貴方の知りたいこと。アドバイスの欲しいこと。

受講費用としては、1万円未満を考えています。独学の人や知人に指導を受ける予定の人にもお勧めできる1日セミナーです。来週中には、公表できると思いますので、楽しみにしてください。

【コラム本文】業務棚卸は、完了?

今日は、1/5(木)です。正月気分は抜けたでしょうか? もし抜けて無いのであれば、直ちに気持ちを引き締めて下さい。JESの受講生は、2月から「受験申込書及び業務経歴票」の作成を開始します。これに先立って受講生は、業務棚卸を実施している最中です。

この業務棚卸は、非常に重要です。この業務棚卸をやらないで「受験申込書及び業務経歴票」を作成した人は、口頭試験で質問に解答できない場合があります。すなわち、口頭試験で4人に1人が不合格となりますが、その不合格の大部分の人が、業務棚卸の失敗にあります。

試験官が見た時に『この人は、合格させたい』と思って口頭試験を実施してくれれば、貴方の長所を引き出す口頭試験となります。ですが、『この人は、技術士に不適格』と思って口頭試験を実施されれば、貴方の欠点探しの口頭試験となります。それぞれの口頭試験の結果は、明らかです。すなわち、4人に1人が不合格になる原因です。

業務棚卸には、数値データも準備してください。なぜなら数値データの無い業務実績は、信用されないからです。

では、最速合格テクニックで最短合格を目指しましょう。